• 2018年2月11日

ASUSのZenfone5の液晶を割ってしまいました。
絶対に落とさないよう、落下防止のコードをつけていましたが、ジャケットのポケットに入れた状態で、車のドアに挟んでしまったのです。ショック大きい。
購入後約3年。もちろんメーカー保証は終了。
問い合わせメールへの返事によると、修理代は、検証料金:5.000円、修理料金:5.000円、部品料金(LCD):7.000円、合計17,000円(税抜)。
機器は初期化されるそうです。
フィルムを貼っているので割れても破片は飛び散らず、若干割れたあたりの反応が鈍いのですが、一応使えるのでゆっくり悩みます。

すごく使っているので、そろそろ容量もメモリも不足気味。
買い替えも良い時期かとも思いますが、後継機としてすごく欲しい機器も特に無し。
修理に出して戻ってくるまで1〜2週間、携帯電話・LINE無しは絶対無理。
タブレットにSIMカードを移し替えて・・・と考えましたが、サイズが違う。
考えた末に、Zenfone4 を購入し、Zenfone5は自力で修理を試みることにしました。
どちらにしても、SIMカードはMicroSIMから NANO SIMに交換が必要です。
SIMカードはNifMo(シェア)、サイズ変更をWEB上から申し込んで2営業日で新SIMカードが発送されました。
新スマホにSIMカードを挿入して動作確認を済ませた上で、旧スマホの修理にかかります。

ネット上に、同じく自力で修理した人の情報が結構あります。
以前、iPhone5のパネル交換に挑戦した時の道具が使えます。
アマゾンでパーツと両面テープを購入。

Zenfone5をシャットダウンし、SIMカードやSDカードを外して、ネジを外します。
小さなネジ4個、少し大きいネジ7個。1箇所シールが貼ってあります。
これを外した形跡があると、保証期間でも保証が無くなるのでしょう。

Zenfone4 Max Zenfone4 Max

蓋がパカッと開き、基盤とパネルを繋ぐケーブル・コネクタを外します。

Zenfone4 Max 基盤 Zenfone4 Max

黄色いフィルムを外して保管。
コネクタの白い押さえを上げるとケーブルが抜けます。

Zenfone4 Max Zenfone4 Max Zenfone4 Max 

基盤を抑える2つの爪を少し抑えて、基盤が外れました。

Zenfone4 Max

バッテリーからケーブルを剥がしておきます。
次に、パネルを剥がすのですが、接着されているのでドライヤーで接着を暖めながら、隙間にピックを差し込んで浮かせて行きました。
結構大変。ゆっくり焦らずに・・・。
でも、割れているので細かい破片がこぼれてちょっと指を切っちゃいました。

Zenfone4 Max

左が壊れたパネル。右が交換用。下の絶縁用シートとか、カメラの回りの丸いシートも移しました。
写真を撮りわすれましたが、黒いフレームに両面テープを丁寧に貼っていきます。

Zenfone4 Max

ここに基盤を戻すのですが、先に下のケーブルを差し込みます。
この辺、写真を撮り忘れているのは、気持ちに余裕が無かったんですね。
後は元通りにケーブルを差し込んで行きます。ゆっくり、ゆっくり。

Zenfone4 Max

ケーブルを接続したら、蓋を閉める前に電源をON。
ちゃんと起動ができました。

Zenfone4 Max

後は、ネジを全部閉めて、SIMカードやSDカードを挿入して、カバーも閉めて、動作確認。
完璧です、うれしい!!

 

  • 2018年2月10日

ASUS Zenfone4 Maxを買ったよ

Zenfone4 Max

Zenfone5の液晶を割ってしまって、購入後3年なので買い替えを検討しました。
比較検討したのはiPhone SEだけ。
海外で使えるスマホの代表的なのがASUSとiPhone。
他にもあることはあるけど、私のネットワークに入れて良い候補に入らない。

Zenfone4 Max(ZC520KL)

見た目、iPhoneっぽい(笑)。
Zenfone5よりちょっとだけ大きい。本当はもうちょっと小さくなってほしい。
片手で操作できるくらい、胸のポケットに収まるくらい、そうiPhone SEがそれだった。
もちろんSIMフリー、トリプルスロット、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、4,100mAhの超ロングバッテリー、リバースバッテリー内蔵。デュアルレンズカメラ。
カタログはここ

すごいっすね、モバイルバッテリー持たなくて良い。
microSDカードは最大256GBなので、ネットに繋がらない場所に動画や音楽を持ち出すことも可能です。 
ひとつ要注意なのは、「手袋モード」が無くなったこと。
IngressやポケモンGo、バイクで使う人にはかなり重要かも。

Googleアカウントで同期しているので、移行はすごく簡単。
ただ、2段階認証だけは全部やり直す必要がある。
意味を考えれば当然ですね。
銀行・株取引や、暗号通貨などやる人は、壊れてから買い換えるより、早めにサブスマホは購入しておいた方が良さそうです。
ましてや、ショップで交換してきちゃうといったいどうなるのか・・・。
私はショップでスマホを契約したことがないので想像もできません。
何もかも1台だけで済ませたいという人が少なくないけど、恐ろしいことですよ。

 

  • 2018年1月15日

WindowsUpdateで「Windows10をインストールできませんでした」と出て、更新を確認すれば通常のWindowsUpdateができますが、毎回このエラーが出ます。
Windows10への強制アップグレードをキャンセルしたパソコンでよく見かけます。
あちこちでよく見かけるので気持ちが悪い。対処法を確認してみました。

マイクロソフトのコミュニティなどで案内されている方法、マイクロソフト公式の修復ツールとか、更新プログラムを非表示にするとか、コマンドプロンプトであれこれ・・・というのは、結局未改善らしくて、答えは海外サイトに。
↓こちらのサイトにお世話になりました。(感謝!)
WindowsUpdate修復 – Windows10へのOSアップグレード失敗エラーからの復帰 - [雑記]
Error 80004004-40019 in Windows Update

regeditで、下記を削除

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate
\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0]

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate
\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0\0000]

  • 2018年1月5日

iPhone・iPadでOfficeファイルを編集してクラウドに保存

出張先でOfficeファイルを編集してメールに添付して送りたいとのこと。
お客様はOffice365のアカウントを持っているので、iPad、iPhoneにWord・Excelアプリをインストール。
Office365にサインインします。
クラウドサービスはDropbox、GoogleDriveを使用しています。

まず、編集したいファイルをDropboxに入れておきます。
iPhone・iPadのExcelを起動し、ファイルを開き、編集する。
メニュー左から2番めのマーク→「コピーを送信」→「別のアプリケーションで送信する」→「Gmail」を選択。

EXCEL EXCEL EXCEL EXCEL

Gmailの新規作成画面に添付されるので、メール作成して送信。
Dropboxに名前をつけて複製保存はできますが、上書き保存は出来ないようです。

パソコンやiPadで頻繁に編集するなら、WordやExcelで常時OneDriveに保存するのが良いかもしれません。
スマホに空き容量が充分でない場合は、Officeアプリはサイズが大きいので必要な時だけ入れれば良いでしょう。

  • 2018年1月5日

Macのメールの添付ファイル

Macのメールの添付ファイルが、メール本文に含まれてしまって使いづらいとのご質問。
WindowsのLiveメールなどと同じに添付ファイルとして認識したいそうです。
Gmailを使えば、WindowもMacも同じなので一番楽なんですが、複合機からスキャンしてメールする際に、パソコン既定のメーラーを使う必要があるのです。
これは添付ファイルをアイコン表示にすることで解決しました。
↓adobeサイトに解説があります。
画像をメール本文内に表示させずに添付する方法(Macintosh)

メール作成画面で、普通に添付するとこうなる。

Macメール

画像を[Control]を押しながらクリック→[アイコンとして表示]

Macメール

これがアイコン表示。

Macメール

添付する際にいちいちこれをやるのが面倒という場合はメーラーの設定を変更します。
ターミナルで以下を入力。

defaults write com.apple.mail DisableInlineAttachmentViewing -bool yes

元に戻すには以下を入力。

defaults write com.apple.mail DisableInlineAttachmentViewing -bool false

メール受信側は、添付ファイルを保存したり、Macのメールなら「クイックルック」でプレビューしたりできます。

Macメール

どっちが使いやすいかはむしろ受け取る側の事情です。
例えば、Windowsでもメール本文に画像ファイルを埋め込んで送る人がいますが、後でメール一覧からそのメールを探す場合、添付ファイルのついてたあのメール・・・と思って探すと見つかりません。
メール本文の文字サイズやフォントも、受信した側が好みでどうにでもするのですから、なまじいじってもメールサイズを大きくするだけだったりします。

  • 2017年12月25日

Canon MP610我が家のプリンター、Canon MP610。
マゼンダが頻繁に出なくなり、クリーニングで復活するのですがまたすぐに出なくなります。
もう一台Brotherの複合機を購入していますが、写真印刷などではCanonの方が美しい。
スキャンもこれの方が良いのです。
すでに2013年9月末日で修理対応も終了しています。
ネットでは、これは名機とされて、自力でヘッド洗浄する人の記事も見られます。
スキャナもどうやら調子が悪いので、ダメ元でヘッド洗浄してみました。

ヘッドを外しました。
以前はヘッドも販売されていて、自分で交換できました。これがCanonの良いところだった。

 Canon MP610 Canon MP610  Canon MP610 Canon MP610

ネットで情報を得て、お湯で洗いました。
マジックリンを使うと良いらしいけど、マジックリンが無かったのでマイペット。

ヘッド洗浄 ヘッド洗浄

綺麗になった!数時間放置して乾かす。

ヘッド洗浄

で、玉砕しました。
数回クリーニングしてもマゼンダは出ません。
ダメだったお手本です。良い子は真似しないように。

結局、ヤフオクで再度中古を落札しました。
めでたし、めでたし。

 

  • 2017年12月25日

AppleIDパスワード紛失しアクティベーションロック!

AppleIDの管理お客様のiPad mini、iOSをアップデートしようとしたところ、AppleIDパスワードがわからず、パスワードリセットを試みましたが、AppleIDに設定しているメールアドレスはすでに無効になっており、秘密の質問もひとつは通ったようでしたが、2つめがわかりません。
そのうちアクティベーションロックがかかってしまいました。
たとえiTunesで初期化してもアクティベーションロックがかかったままでは使えません。
Appleのサポートサイトでいろいろ確認して、次回お客様宅を訪問する日時に電話をもらう予約をしました。

そして、予約の時間に5分過ぎて電話が来ました。
電話をスピーカーにして事情を説明、メールアドレス認証ができないこと、秘密の質問がわからないことを伝えると、再度秘密の質問の心当たりを聞かれましたが、やはり1つしか合っていないとのこと。
しばらく電話を保留にして何か確認しているようです。
購入証明書があれば本人確認ができるとのことでした。
でも、すでに破棄してしまっています。
購入店から再発行してもらえるそうですが、海外で知人に購入してもらっています。
また電話が保留になってしばらく待つと、クレジットカードの登録があるので、その番号の前と後ろの数字を聞かれました。
これが一致したので、パスワードリセットが許可されました。

24時間後にパスワードリセットの案内を今受信できるメールに送るので、そこから3時間以内にパスワードリセットができるそうです。良かったですよ。
Appleのカスタマーサポートの人も一生懸命対応してくれて、とても暖かったです。ありがとうございました。

ところで、到着時マウスが反応せず、どうやらiMac購入から一度も充電していなかったのでした。
大慌てでケーブルを探し、iMacに接続してしばらく待つとマウスが使えるようになりました。

  • 2017年12月20日

canon mp610Canon MP610のBluetooth接続に成功したので覚書。
QNAPのNAS TS231にUSB接続して、Ubuntu・iMac・Ubuntuで使っているのですが、iMacがmacOS High Sierraにアップデート後(だと思う)印刷できなくなりました。
USB接続すれば印刷できるのですが、いちいち切り替えるのも面倒・・・と思っていろいろググっていたら、Bluetoothで接続の情報を見つけました。

CANON PIXUS MG6230、MP610、MP600をBluetooth化できるPLANEX BT-MICRO4 USBアダプタ
うちにあるのがまさにこれ!
試してみたところ、あっさり繋がりました。
念の為手順を記録します。

canon mp610BT-MICRO4アダプタをプリンターのUSBに接続。
ランプが点灯から点滅に変わります。
パネルの[セットアップ]-[本体設定]-[Bluetooth通信設定]-[機種名選択]でひとつ選択。
[アクセス拒否設定]は「しない」。
[セキュリティ設定]はパスキーを使う場合は「有効」。
[パスキー変更]は必要なら設定。

iMacでBluetooth接続し、[システム環境設定]-[プリンタとスキャナ]でプリンタ追加。簡単に設定完了しました。
canon mp610 

このプリンター、名機と呼ばれていて、私も一度故障した際も中古で再購入しました。

  • 2017年12月17日

Windowsのアドレス帳をMacの連絡先に移行

WindowsパソコンからiMacへ乗り換えたお客様。
Liveメールのアドレス帳を移行ご希望です。
パソコンはひどく調子が悪いので、ハードディスクを取り出して、別のWindowsパソコンにUSB接続し、データコピーしました。

USB接続したハードディスクの[ユーザー]-[ユーザー名]-[アドレス帳]を開き、全部コピー。
パソコンの[アドレス帳]フォルダ内に全部貼り付け。
[エクスポート]メニューで、CSVかvCard、または念の為両方でエクスポートしました。連絡先の環境設定
※ こちらのサイトにお世話になりました(感謝)。
Windowsのアドレス帳を、文字化け無しにMacのアドレスブックに移行する方法
Macのアドレスブックに、TSVやCSVを使用して大量のアドレスデータを入力する方法

Macへ移動して、連絡先を開き、環境設定で
vCardのフォーマットを[2.1]
vCard2.1のエンコーディングを「日本語 (Mac OS)に設定。
[ファイル]-[読み込む…]でvCardなら一つずつ読み込み。
CSVなら、関連付けを確認して一括で読み込み。

私はこれで文字化けせずに移行出来ました。
上記サイトによれば、なお文字化けする場合は、エクスポートしたファイルをエディタで読み込み、文字コードを「UTF-16」、改行コードを「CR」で保存し直す方法が紹介されています。

  • 2017年12月16日

詐欺サイト12/14(木)突然にIEでYahooのトップページが読み込めなくなったそうです。
Yahooのトップページと、銀行のページ。
会社のノートパソコンのうち、富士通が4台、DELL10台ほどあって、全部Windows7。
障害が発生したのは富士通の4台のみで、メールは問題無し。他ネットで繋がるアプリも問題無し。
富士通は全部32bitで、DELLはもしかしたら64bitだったかもしれません。
そして、12/16(土)に訪問。
なんでも、翌日12/15(土)にはなぜかあっさり復旧したそうです。
2台は詐欺ソフト(askや、WinZip Driver Updater、Internet Speed Tracker Internet Explorer Toolbarなど)も入っていましたが、他は問題無さそうです。
イベントビューアを見ても、特にエラーも吐いていません。
GoogleChromeは試していないそうです。
12/13に全台のパソコンにKB4054518 (マンスリー ロールアップ)が入っているので、その関係が何かトラブルを呼んだのかも・・・。

・・・でした。
【アプデ】 WindowsUpdate 2017年12月度 注意事項と各KBメモと直リンク [Update 2: 『ESET NOD32アンチウイルス V7.0』導入環境でHTTPサイトに繋がらなくなる]
ESET NOD32アンチウイルス V7.0 をご利用の一部の環境で、HTTPサイトに接続ができない

◆ 発生日時 [2017.12.14 18:30 更新]

2017年12月13日 20時30分頃 ~ 2017年12月14日 18時30分頃

ぴったり合いますね。
こういう時は、IEではよくある事と割りきって、とりあえずGoogleChromeを使っていただくのが良いと思います。