• 2018年6月25日

iPhoneの写真を外付けHDDにコピー(Mac)

iPhoneの写真のバックアップを取る方法と同期について、ネットでググると古い記事もヒットしてわかりにくいので整理してみました。正しい方法が一つでは無いので逆に複雑になってしまいます。iCloudはすぐに一杯になってしまうし、Dropboxも・・・では、もっとも簡単に失敗無くできる方法は何なのか。

iPhoneからUSB接続メモリに直接コピー

これはデータ量が多すぎなければ一番簡単。


iPhoneからUSB接続HDDへ、Macで操作してコピー

データ量が多ければこれかなと思います。
HDDはMacのディスクユーティリティでフォーマット、Windowsでも開きたければどちらでも開けるようにexFat形式でフォーマット。

iMacにiPhoneとUSB接続HDDをケーブルで接続し、「イメージキャプチャ」でコピーします。

Macのイメージキャプチャで、「読み込み先:」に、USBHDDを選択。コピーしたい写真を選択して「読み込む」、または「すべてを読み込む」。

 

  • 2018年6月18日

Windows10とセキュリティソフト

パソコンの画面にNortonの期限が切れるとかなんだとか出て、セキュリティソフトが必要だと思って、どういう訳かソースネクストの「ZEROスーパーセキュリティ」をダウンロード購入して、ダウンロードしたもののうまくできなくて訪問となりました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/C
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

まず、Windows10には「Defender」が最初から入っているので、普通の個人宅ではまずこれだけで良いはずです。なぜか6/14にNortonやら「Amazon Assistant」「Teoma Search App」「Auto~ Mechanic~ 2018」が入っているので、これらをアンインストール。

 

購入してしまった「ZEROスーパーセキュリティ」は勿体無いですが、不要なのでインストールしません。勿体無いからとインストールすると、かえってリスクが増えます。ただでさえ、Windows10はWindowsUpdateのトラブルがあるのに、セキュリティソフトまで他社のものをインストールして、トラブルの可能性を増やすだけです。

このパソコンはWindows7からのグレードアップであり、インターネット回線がADSLなので、常駐するソフトはなるべく少なくするべきです。毎月実施されるWindowsUpdateの為に、パソコンは影響を受けるでしょう。Windows10ならこれはどうしようもありません。

ブラウザはedgeをお使いで、トップページはNifty。ソースネクストの広告がたくさん出ています。何か広告が出たのを警告と思ったかもしれません。「Teoma Search App」はJavaのアップデートで入るらしい(askみたい)。試してみたところ新規インストールでは出なかったけど、インストールガイドに言い訳っぽい文章がありました。

これらはウイルスではないので、どんなに優秀なセキュリティソフトを導入していても、防ぐことはできません。自分で入れたことになるのですから。
ソースネクストは「駅探エクスプレス」は使っていますが、メールマガジンは必要無いのですべて受信しない設定にしました。
Liveメール1011をお使いで、これも何かトラブルが出たら、もうサポート終了しているので、使用も終了です。NiftyのWEBメールを使えるようにしてあります。

時々、パソコンの反応が遅いように思いますが、そのうちWindowsUpdateで修正されるかもしれません。
次回はメモリ増設した方が良いと思います。

  • 2018年6月13日

パソコンをWindows10に買い換えたお客様、どうしても、旧PCとは使用感が違います。

一太郎をお使いなのですが、買い替え時に旧PCに入っている一太郎のDVDディスクが見つからず、最新バージョンをダウンロード購入しました。

しかし、どうも使い勝手が違うらしく、高齢でもあり馴染めません。パソコンが変わったことと、OSがWindows7から10に変わったこと、一太郎のバージョンが変わったこと、パソコンメーカーが変わったこと、何のせいなのかわからないので、メーカーのせいとなってしまいます。でも、使っているのは一太郎とブラウザだけなので、おそらく一太郎の操作方法が変わったのが大きいかと想像します。

その後、一太郎のディスクが見つかったので最新バージョンをアンインストールし、旧バージョンをインストールし直しました。

一太郎は、2011から新しく「オリジナルタイプ」が導入されましたが、「クラシックタイプ」に切替が可能です。こういう思いやりは評価したいと思います。

画面タイプを切り替える

今回もクラシックタイプに切り替えると、使いなれたUI画面になったようです。文字が小さいそうで、初期のフォントをゴシック体に、文字サイズ11に変更しました。これで様子を見ましょう。楽々はがきセットアップ。



携帯電話がガラケーですが、早めにスマホを購入して少しづつ慣れることをお勧めしたところ、奥様にiPhone SEをご購入となりました。通信はSo-netの0simを契約。

一生ガラケーでいられるわけではありませんし、急にガラケーから乗り換えるとパニックになってしまいますし、電話帳の移行も簡単ではないのでぼちぼち慣れていきましょう。0simは自宅では宅内の無線LANに接続するので、外出時のみ通信を使用します。よっぽど使わない限り無料です。よっぽど使うようになったらプラン変更を検討すれば良いです。携帯キャリアのような2年縛り、3年縛りはありません。

液晶フィルム貼り付け、落としても壊れないようカバーを装着、リングを貼り付けて、Gmail、iCloud、Dropbox、LINE、Youtube、Radikoなど設定。

勉強する必要は無いのです。ただ慣れるだけです。ガラケーが故障したら電話番号も移しましょう。

  • 2018年6月11日

パソコンの画面を録画する(MAC)

パソコンの画面で操作内容を音声を含めて動画として録画したいと思います。調べたところ、Macでは標準ソフトのQuickTimeでできました。

問題は音声です。自分の声はiMacのマイクで入力ですが、パソコンの音声は別途「Soundflower」が必要です。

↓ここからDL及びインストール。

Signed Version for Yosemite/Mavericks/El Capitan/Sierra/High Sierra

セキュリティが警告を出すけど、都度許可したりしてインストール。

システムの環境設定で出力を「Soundflower(2ch)」を選択すると、パソコンからは音声が消え、ソフトで音声を認識します。

QuickTimeを起動し、[ファイル]-[新規画面収録]で、メニュー録音ツールバーが表示されるので、録画ボタン右の下向きくさびをクリックし、録画したい範囲をドラッグで設定して、録音開始。[esc]で再度ツールバーを表示し録画終了。Dropboxに保存して、他OSでも再生できて音声も認識できることを確認。

  • 2018年5月19日

Google Homeが無線LANに切断されるそうで訪問しました。
他のスマホは安定して繋がっているそうで、私のスマホも現地で接続したところ、一度も切れませんでした。
念の為無線機のファームウェアを最新にアップデート。
GoogleHomeは触ってみるとセットアップへと誘導されましたが、このまま再設定するのは必要無いと思うので中断し、電源コンセントを抜き差し、すると正常に動作しました。
取扱説明書を確認すると、繋がらない時は電源の入れ直しと書いてあるので、やはりこれが正解でしょう。
Google Home自体のアップデートは自動でされるので、手動で設定をいじる必要は無いようです。
初めてGoogle Homeを触りましたが、音声認識はかなり良くてSiriよりスムーズかもしれません。

こちらのお宅は無線LANの電波が届かない部屋があります。
このGoogle Homeの電波はそこでも届いているので、無線中継機能もあったら良いのですが。それができるのは「Google WiFi」。
WiFiメッシュネットワーク機能、現在ではこの「Google WiFi」とASUSの「AIMesh」が注目されるところです。うちのASUSの無線ルータはファームウェアでこれに対応しましたが、「AIMesh」を構築するにはもう一台対応機を購入しないといけません。もう一つ中継器を持っているけど、残念ながら対応機種では無かった。うーん、この金額を考えるとまだ有線LAN工事した方がお安い。でも、試してみたいわ。

  • 2018年5月16日

5/11から、パソコンを起動するとこんなメッセージが出て使え無くなったそうです。

User Profile Serviceサービスによるログオンの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません。

PC:富士通 LIFEBOOK
OS:Windows7 Pro SP1 64bit

結構昔からある障害ですが、この頃頻発しているようです。
バッテリーを一旦外してもNG。
スタートアップ修復は「問題無し」と。
システムの復元は「不明なエラー」。

不明なエラー

セーフモードで起動し、管理者アカウント作成。
レジストリでプロファイルを操作すれば直るとの情報があり、見てみましたが、プロファイルのバックアップが見当たりません。
イベントプロシージャのログにはバックアップを作成した旨の記載があるのですが・・・。


そして、システムの復元は失敗したものの、なぜか正常起動できました。
こういうケースは以前もありました。
別のお客様ですが、「WINDOWS7、正規品ではありません」と出るようになってしまった時、やはりシステムの復元に失敗したのに、なぜか直りました。
他にも似たような経験があって、システムの復元から復元の失敗で終るまでの過程で何か修復されるのかな・・・と想像しています。
Christal Disk InfoでHDDに異常無しを確認。
WindowsUpdateして、正常起動を確認。
再発するとの情報もあるので、様子を見ていただくようご案内。

参考:“ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました” エラー メッセージが表示される

  • 2018年5月14日

眼鏡を失くしました。グッチのフレームに遠近両用レンズです。
ショック大きい( ;∀;)。。。
実はこれで2回めで、1回めは降ろしたてのアニエスベーの眼鏡でした。
眼鏡というものは失くなるものだという結論に達しました。
無くさないようにチェーンをつけるというのも考えましたが、どうしても気分的に嫌です。
スマホは落としたら追跡機能があるので、眼鏡だってどうにかなりそうなものだと思い、調べたところ・・・。
見つけました!!
ORBIT
眼鏡に装着するアダプタで、スマホのアプリで追跡したり、置き忘れしないようアラーム設定ができます。
この会社の製品はAmazon.comなどで販売されているのですが、この製品はまだ日本では販売されていませんでした。
どうしても試したくて、これが使えるフレームで再度眼鏡を作ろうと思い、輸入しました。
メーカーサイトの販売は海外発送に対応していないので、スピアネットを使いました。
米国から輸入する時はいつもこれを使います。米国のスピアネットで宅配便を受け取ってくれて、日本へ転送するサービスです。
手数料を振り込んでから約10日で届きました。

無事到着。充電してとりあえずサーバーに接続。
 

充電して、スマホにアプリをインストール。
ORBITアカウントを作成して、ログインすると、無料会員登録し、メールで認証し、アダプタの登録までできました。
Bruetooth設定後、GPSの誤作動の際の反応などを確認。
我が家はGPSがちょいちょいずれます。多分建物の構造のせいで、スマホと眼鏡を一緒に置いてあってもちょいちょいアラームが鳴ります。
なので、両方が同じ無線LANで接続されている場合はアラームを鳴らさないよう設定。
これでパソコンからでも、「iPhoneを探せ」のように使えます。

眼鏡自体のつけ心地は何も変わりません。

追記:眼鏡との接着が両面テープなのですが、この隙間に髪の毛が引っかかります。何か良い回避方法は無いかな・・・。

  • 2018年5月13日

「Microsoft Office 互換機能パック」終了

Windows10のパソコンでOffice2003をお使いのお客様、近頃特定のEXCELファイルで文字を入力するとEXCELがフリーズしてしまいます。
また、WORDにPDFの文字列をコピーすると文字化けしてしまいます。
特定の人からのメールの添付ファイルが開けません。
GoogleChromeのGmailで受信すると、GoogleChromeで開けます。
GoogleDriveでExcelファイルに入力できます。
スマホでも操作できます。
自分だけで使うならそれでも構わないのですが、他人とファイルをやりとりするとなると困ります。
「Microsoft Office 互換機能パック」を探しましたが、ちょうど4月末で終了してしまいました。
うちのパソコンにどこかに残ってないかと探しましたが見つからず・・・。
Office2007をお持ちなので、それをインストール。
Powerpointが無いので、2003のPowerpointと併用したかったのですがエラーが出ます。
お客様の別のパソコン(Windows7)にPowerpointが入っているので、今回は入れないことにしました。
2007のみインストールでトラブルは全部解消されました。
Windows10のUpdateでだんだんダメになるようです。
Office2010以降で古いOfficeファイルの画像などがずれることもあるので、なんでも最新にという訳にも行かず様子を見ながら移行しています。

ところで、デスクトップ上のEXCELやWORDのショートカットアイコンの右上に矢印がついていて、ぐぐってみたところNTFS圧縮されているマークだそうです。
うちのパソコンには無いわ。

  • 2018年5月4日

プリンターの買い替えで伺ったお客様、前回スマホを無線LAN接続したのですが、機種変したら私の設定したプリンター設定やメール、お気に入り・Dropboxが全部消えました。
このauのらくらくスマホ、どこがらくらくなのかわからない。
いや、前々からドコモのらくらくホンなどあの手のスマホが本当に簡単なのか疑問でした。
ショートカットを移動することすらメニューをさがさないとできない。
入力システムの切換も簡単にはできない。
何しろ何も簡単には変えられないようにできている。
つまり、困った時に友達や家族に聞いても簡単に助けてもらえない。
次回機種変する時はiPhoneにした方が良いです。
いや、お願いだかららくらくスマホはやめて欲しい。
これに慣れさせられたら、逆に他のスマホは使えなくなってしまうでしょう。
若者は、親がまだ元気なうちに早くiPhoneに慣れてもらったほうが良いです。
もっと年を取ってからだと大変で、携帯ショップでらくらくホンなんか買わされたらたまりませんよ。
もはやスマホを持たないという選択肢は無いと考えて欲しい。
そして、安いandroidの中華スマホはパソコンの次に危険です。

  • 2018年5月4日

ネットがしょっちゅう切れるとのこと。
パソコンもタブレットもスマホも一緒に切れるそうなので、無線機を疑いましたが、1台だけ有線LANのパソコンもあるので、それもだとしたら、ネット回線の問題かもしれません。
無線機も一応交換ご希望なので、これで改善しないならNTT対応になるでしょう。
無線機のファームウェア更新、プリンター(CANON MG7130)も設定変更し、ファームウェア更新。
WindowsUpdate。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/M
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:8GB

こちらの奥様はパソコンは使いませんが、iPhoneとiPad miniをお持ちです。
パソコンサポートのついでにその無線LAN接続の仕方などをご説明すると、ご自分で入力なさいます。
今回はYoutubeを見るのにブラウザで見ているとのことなので、iPhoneアプリをインストールして、Googleアカウントでサインインまでご説明すると、一緒に見ながらどんどんiPad miniを設定なさいました。
今までまったくパソコンをやらなかった女性は、むしろスマホに向いているかもしれません。