• 2020年4月7日


PC:富士通 LIFEBOOK WU1/X
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i3
Memory:8GB
HDD:500GB

パソコンを1週間ぶりに起動したところフリーズし強制終了、電源を入れ直してYoutubeを起動すると画面が暗くなってマウスポインタだけになり、しばらく待って強制終了。再度電源を入れると富士通のロゴが表示され「お待ちください」が20秒程クルクル…… で、再度電源を入れても同様だそうで訪問しました。

電源を入れてみるととりあえず起動しましたが、何か起動しきれないような気配があり、タスクバーで砂時計がくるくる続きます。再起動も「お待ちください」から進みません。

 

このパソコンはバッテリーが内蔵なので、ケースの裏蓋を外してバッテリーの抜き刺しをすると正常に起動できました。これは初めてではありません。

こちらのお宅はインターネット回線がADSL(YahooBB)で、WindowsUpdateに時間がかかります。その上、1週間使わないようだとパソコンの側も処理がなかなか終わりません。今まではADSLが月額3000円代で安いので速度が遅いのを我慢してきましたが、今回は光回線(NTTフレッツ光)に替える事になり、事前にWEBから電話予約にて回線申し込みをしておきました。

予約通りに、NTTから電話が来て、スピーカーにしてNTTとお客様と私で話をしました。
無線ルータは既存の物を使うので、無線LAN無し+2年契約のギガライン(月額4700円)。ひかり電話も申し込んで番号移行。固定電話はほとんど使わないのでお勧めのひかりAは断って、基本(月額500円)+ナンバーディスプレイ(月額400円)。工事担当者にルータ設定だけしてほしいのでリモートサポート(月額500円)を申し込み(後で解約)。プロバイダは最安のBBエキサイト(月額500円)。ひかりTVは不要。
光コラボは少しくらい安くてもお勧めしません。

4/22に工事が決まりました。
本人確認書類の手続きのためにメールアドレスを伝えましたが、キャリアメール(Docomo・au・Softbank)はPCに届かない事が多いので(今回も届いていなかった)、Gmailを使うようにして、その場で本人確認書類のWEBからのアップロードまで完了。

インターネット回線さえ安定していれば、何が来てもなんとかできます。
あとは、iPadをお持ちなのでiOSのアップデート。パソコンが不調でも、iPadがあればなんとかなります。今後はリモートでサポートできるように準備完了。

  • 2020年4月6日


4/3のWindowsUpdateの後、なぜか音楽CDをパソコンに挿入しても再生されなくなったとのこと。

「 DVD RWドライブ(D:) Audio CD 選択して オーディオCDに対して 行う操作を選んでください。 」

と出ますが、その先に出るはずのアプリ名などが出ないのです。
こちらは「PowerDVD」をお使いです。

世間は新型コロナウイルスで大変なご時世。私も訪問作業は慎重にならざるを得ません。この機会にリモートサポートをご提案しました。お客様はパソコンに疎いので自信が無いと仰せですが、勇気を出して頂きました。

リモート接続して確認すると、確かにそのとおりです。WindowsMediaPlayerを起動して再生することも可能ですが、それは今まで使っていません。

パソコンを再起動すると、これらは全部改善しました。
「Power DVD」も起動し、音楽CDもビデオDVDも。
結局、WindowsUpdateトラブルだったのでしょう。お客様が何か間違えたわけではありませんし、今後どうすれば良いかも残念ながら何とも言えません。Windowsとはそういうものだと思って、調子が悪かったら再起動してください。

  • 2020年3月29日

VPN(通信暗号化)のすすめ


ここ5年以上、パソコンにウイルスが入った話はほとんど聞かなくなり、詐欺サイトや詐欺ソフトが猛威を奮っています。ウイルスではないのでセキュリティソフトでは防げず、一旦削除しても何度もひっかかるお客様も少なくなく、どうしたものかと思っていましたが、うちで試していたVPNソフトがお値段も手頃になり、使い勝手も良かったのでレビューします。

Surfshark(リンクは貼りません)

運営会社 Surfshark.Ltd
所在地はイギリス領ヴァージン諸島。
使用端末無制限、家族OK。
ブラウザの拡張機能(CleanWeb)で、広告・トラッカー・マルウェアカット可能。
料金 24ヶ月で更新したら、+12ヶ月さらに安いので追加しました。
36ヶ月契約で$67.75(¥7,669)。

ログ無しポリシー。
令状のカナリア。

令状のカナリア

令状のカナリア

どこの国の会社で、どこの国と関わっているかは重要です。
子供や孫が来てパソコンを触るお宅には入れたほうが良いでしょう。
ただ、お客様が自分で更新するのはハードルが高い。
サポートは英語です。

  • 2020年3月24日


Softbankのショップで安くなると言われてインターネットをフレッツ光からSoftbank Airに変えたらテレビが映らないとのこと。電話で説明されても埒が明かず、意味不明なので訪問しました。

まず、ひかりTVはNTTぷららのサービスです。Softbank Airでは見れないので、10:00営業時間開始すぐに電話をかけて解約。地デジ以外が映らないのですが、マンションの壁にはアンテナ端子が2つあり、テレビから同軸ケーブルも繋いであって、なぜか片方は壁に挿さずにおいてあります。これを差すとちゃんとBSもCSも契約無しで見れるものは見れます。買い物のチャンネルが見たいと仰せなので、パソコンでインターネットから見れるのをご案内。

安くなると言われて乗り換えたそうですが、マンションなら一番安いのはNTTのフレッツ光です。なんでわざわざ乗り換えなければいけないのかわかりません。しかも工事不要って言ったって、Airターミナル代(59,400円)が工事費より高いんですけど。しかもこのAirターミナル、中古を売り飛ばしてもよそでは使えません。NTTに戻したほうがよいかしら?と言われても解約には違約金とこのAirターミナル代全額一括支払になります。

インターネットの速度測定をすると、測る度速度が違い、波があります。当然NTTよりは遅くなっています。寝室に置いていらっしゃいましたが、リビングの情報分電盤の中に移設し、HUBに接続。

スマホにはペイペイを入れられて、Gmailのパスワードが生年月日と名字で設定されているのでパスワード変更。電気もまとめると安くなると勧誘されているそうですが、まとめない方が良いです。

  • 2020年3月21日


テレワーク導入作業で、Macをどうするかかなり悩みました。以前はMacは標準で画面共有ができました。それが macOS Mojaveで『どこでも My Mac』廃止。介護の見守り案件の時もこれが使えなくて困りました。
Appleから「Apple Remote Desktop」というアプリが公開されているのですが、10,000円もする上に、レビューの評価が低い。

今回「Screen4 for macOS」を試しました。 
まず、遠隔操作されるパソコンに「Screen connect」をインストールし、Screens IDを取得。iCloud IDと紐づけします。

次に接続するパソコンに「Screens 4」をインストールして、Screens IDでログイン。

すると、以前の「どこでも My Mac」と同じ操作が可能になりました。
遠隔操作アプリでMacに対応しているものもあるのですが、毎月課金になるのより、このシェアウェアはとてもお得です。

Screen for macOS

  • 2020年3月2日

Googleからメールがブロックされた


お客様のホームページのメールリンクから送信されたメールが、Googleでブロックされたとご相談です。

Mail Delivery Subsysem <mailer-daemon@googlemail.com>からで、

メールのブロック
○○○@icloud.coへのメールはブロックされました。
詳しくは、下記の詳細な技術情報をご覧ください。

ホームページに記載されたメールアドレスはiCloudのメールで、Gmailで受信しています。そのGoogleが出したメッセージということです。

私も初めて見ました。メールテストをホームページのリンクからと、問い合わせフォームからもやってみましたが、まったく正常です。お客様の方でもテストして見たそうですが、まったく正常だったそうです。

仕方無いので、「一時的な問題かもしれませんから、ホームページのお知らせに、メールブロックされる事象がありましたと書いておけば良いと思います。続く場合はメールフォームからお知らせください」とアナウンスをお願いしました。それ以上はブロックされたご本人でないと対応できません。

  • 2020年2月21日


パソコン購入をご依頼です。運良く見つかったのがこれ。

ACERPC:Acer XC-886-F78V (Aspire XC-886)
OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-9700
Memory:8GB
SSD:512GB

Display:ASUS VZ249HR-J 

Acerは台湾メーカー、SSDはマストです。バランスの良いパソコンです。
初期セットアップでローカルアカウントの選択肢が無くなりました。Microsoftに登録しないとパソコンを使わせない仕様です。そして、登録するとエラー。これは無視して進めました。
MS-OFFICE2019のダウンロードが全く進みません。気配もありません。と思いきや、突然完了。途中の画面がおかしかっただけ?
セキュリティは「NOD32アンチウイルス」。バンドル版のセキュリティソフトはアンインストール。
複合機の設定で、スキャンしてパソコンに送る設定がなぜか通りません。共有フォルダを作成して、他のパソコンからもネットワーク越しにアクセスできますが、複合機からはNG。samba1を有効にしてもNG。これは複合機のメーカーのCanonにお任せすることになりました。

そして、トラブルメーカーのメール設定。
Outlook2019です。メールはドメインメールで、ロリポップ。サポートサイトにちゃんとOutlook2019の設定方法が案内されており、そのとおりに設定すると、一発で完了。これは素晴らしい。
他のISPはOutlook2019の案内はなかなかありません。

ロリポップを含むGMOインターネットグループは新型コロナウイルスの感染拡大に備えて、全パートナー(従業員)在宅勤務切り換えました。行動と判断の速さに敬意を表します。

  • 2020年2月19日

ASAHI-NETのOutlook設定


Windows10パソコンの初期セットアップで、一番リスキーなのがメール設定。特にISPのメール設定。今回もOutlook2010からのデータ移行。ASAHI-NETのサポートサイトにはOutlook2019の設定方法は2016までしかありませんでしたが、それを参考にいくつか試して何とか設定できました。

Officeのセットアップはなぜかエラーが出ます。エラーが出ても完了できました。

  • 2020年2月16日


10年ぶりにご連絡いただいたお客様、Windows7終了に伴いパソコン買い替えのご依頼です。昔はパソコンは10年もったんです。無線ルータも10年前の物なので、これも使えてはいますがセキュリティ上替えるべきなので交換することになりました。さすがに量販店に残っているパソコンは少なく高い。どうせサポート終了は過ぎてしまったので、「大丈夫でしょうか?」と聞かれても、「大丈夫です」と言えるはずもありません。これでも技術者であり、インストラクターです。すぐにIIYAMAのパソコンのカスタマイズと発注を済ませて、約3週間後の納品となりました。古いパソコンはIIYAMAで下取り手配しました。

何もかも変わります。
無線ルータセットアップ(NEC PA-WG2600HS)
スマホとの連動も考えてGmail取得。
GoogleChromeセットアップ。
プリンタ設定(EPSON PM-A820)
MS-OFFICE2019セットアップ。

新しいパソコンの事を勉強しようと思ったら、本を買ってはいけないとご説明。本が出版される時点ですでに情報として古い。必要な情報はいつもインターネット上にあるとお話しました。

作業完了後、お父様の満州時代の話や祖先のお話、そういう事がパソコンやインターネットでわかるようになった話など・・・。進歩が早いのは素敵なことですよ。

  • 2020年2月5日

OUTLOOK2019でメールのパスワードが通らない


パソコンを買い替えたそうで、訪問しました。

dynabook P2-T9KD-BGPC:dynabook P2-T9KD-BG(P2T9KDBG)
OS:Windows10 Home 64bit

LAN:Buffalo WSR-1166DHPL
インターネット回線:FTTH
キャリア:Fiberbit
ISP:Fiberbit

プリンター:EPSON EP812-A

ウイルスバスタークラウドを抱き合わせで買わされていらっしゃいましたが、不要なので返品していただくようご案内。旧PCにはインストールされていましたが、それでも「SpyHunter 5」がインストールされていました。無駄です。

こちらはインターネットマンションで、Fiberbitのメールをご利用ですが、今までお使いのWindowsLiveメールは終了しているので、Outlook2019で設定することにして、それ以外のプリンター設定やユーザー登録はスマホに登録されているGmailですることにしました。これもパスワードが通らないのでパスワードリセット。

ところが、Outlookでメールアドレスとパスワードを入力しても通りません。Fiberbitのサポートサイトを確認しても、Outlook2013までの設定方法しか説明はありません。何度確認してもダメで、試しにパスワード変更を試みるとちゃんとできるので、パスワードは正しかったということになります。

Fiberbitに電話してその旨伝えて、電話で聞きながらの設定となりました。
まず、最初に入力するメールアカウントはメールアドレスの「@」を「-(ハイフン)」に変えたものです。そして、一応先に進めるので詳細を手入力で編集します。
電話で聞きながら作業なのでメモも取れず、記憶は曖昧ですが、受信メールアカウントは「-」を「@」に戻し、送信アカウントは「-」にします。送信ポートは「25」→「587」。
これで設定できました。細かい所を再度確認したいのですが、Outlook2019は編集画面の開き方が難しく思い出せなかった。
この情報はサポートサイトにもどこにも書かれていません。
サポートのお姉さん曰く、いろんなケースがあるので書けずにいるとのこと。異論はあるがお姉さんのせいでは無いのでお礼を述べて終了。

データ移行の為にDropboxを設定。LiveメールからOutlook2019へアドレス帳を移行。宛名職人から住所データをCSVに出力。

心の底からOutlookは使うべきではないと思いました。
そして、みんなGmailに乗り換えるべきと思いました。

そして、やっと設定が終わって、スマホ(らくらくホン)を無線LAN接続したところ変なエラー、インターネットが切断されています。今までも時々こういう事があったそうです。パソコンのデータ移行作業が一時停止されました。
切断されて無線ルータを電気の入れ直しをした後が面倒です。いちいちBuffaloの回線確認が入ります。

もうね、Fiberbitもやめた方が良いと思いました。
でも、マンションの配線が原因なら他のauやSoftbankに替えても同じかもしれません。その辺を管理組合などに確認していただくようご案内。