• 2016年10月7日

ADSL速度変更手続きしたお宅です。ADSLモデム モデムが届いたので訪問しました。

モデム(NEC Aterm DR207C)は設定済みで送られていました。
いや、添付の案内には「設定してください」と書かれていて、パスワードは空欄にしてくださいと書いてあります。
でも、モデムを交換してみると、ランプがPOWER・ADSL・PPPが点灯していました。
念の為、管理画面から設定内容を確認。問題無し。

次に無線機(Aterm WR8170N)のファームウェアを更新。
これは今年4月に脆弱性が発見されていたもの。

Aterm製品におけるセキュリティ向上のための対処方法について[2016年7月21日更新]

プロバイダ(Biglobe)に保安器の交換依頼をかけてあるのですが、なかなか手配が進みません。
お客様からBiglobeに再度確認したところ、「こちらからの連絡を待って欲しい」とのことです。
おそらくBiglobeで受け付けてNTT対応になるのだろうと思います。

結果として、インターネットは無線LANの電波は弱いものの、ADSL自体は少し早くなりました。
少なくとも1M以上は出ています。
これでWindows10 Aniversary Updateが終わってくれれば良いのですが、なかなか1M程度では大変です。
無線の電波はやはり弱く、波が大きい。
古いお住まいでもあり、モデムとパソコンが宅内のまったく反対側にあって、少しくらい設置場所を変えたとしても効果が見込めません。
この後もWindows10のアップデートではトラブルも予測されるので、非常時用にLANケーブルを置いて来ました。
無線LANの障害が起こった場合は、これで有線LAN接続して、気長に待てるようならそのうちWindowsUpdateで修復されるかもしれません。

  • 2016年9月26日

ADSL速度変更

パソコンのメールにエラーが出るそうで、何が悪いのか原因の切り分けに訪問しました。

PC:NEC LAVIE NS700/D
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:8GB

LAN:NEC Aterm WR8170N
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:Biglobe

1FにADSLモデムと無線機、2Fでパソコン1台のみのご利用です。
メールのエラーは出たり出なかったり。
ホームページも表示されなかったりで、つまり時々切れている。
1Fで検証用PCを有線LAN接続してみました。
速度はもともと1Mコースで、下り642kbpsくらいしか出ていません。
モデムと無線機の電気を入れ直してみたところ、少し速度が早くなって下り810kbpsになりました。メールも受信できました。
でも、メールソフトよりBiglobeのWEBメールを使ったほうがトラブルは少ないです。Biglobe webメール
それでも、1Mコースはいくら何でも遅すぎます。
スマホやタブレットならまだしも、パソコンは無理。
でも、少し速度が上がったとは言え、pingを打つと時々切れているのがわかります。
試しに保安器の一次側にモデムを接続してみると、若干切れる頻度が少なくなりました。保安器は6PTで、電話がかかる度に着信断があります。
光に乗り換えるほどにはお客様はネットの利用がありません。

まずは、Biglobeにコース変更を手続きすることにしました。
1Mコースよりは利用料は高くなりますが、FTTHよりは安い。
しかし、電話は全く繋がらないので、パソコンでBiglobeのサポートサイトで手続きしようとしましたが、1MのADSLではサポートサイトが重すぎるのか、まるで進みません。
しかも、裏でWindowsUpdateがダウンロード中です。
これをキャンセルして何かトラブったら目も当てられないので、私のスマホでWEB上からコース変更の手続きを済ませました。
eAccessは今ではYmobile、つまりソフトバンクです。
このままコース変更は受け付けておらず、ADSLコース(50M)への変更になります。
保安器も交換して欲しいので、平日にお客様から電話して手続きしていただきました。
これでどの程度改善するか様子を見ます。


 

  • 2016年7月7日

ADSLモデム不良

ネットが調子悪いそうで伺いました。
訪問当日、電話が繋がりません。

原因は、ADSLモデムの電源コード接続部分がゆるゆるで、抜けやすい状態だった為です。
こちらはKDDIのメタルプラスなので、モデムの電源が抜ければ電話も使えません。
これはモデム交換するべきなので、ISP(プロバイダ)に電話しましたが、モデム交換はISPからKDDIに連絡して、折り返しの電話・・・と何やら段取りが悪い。
KDDIに直接電話しようにも、故障受付の電話番号が無く、なかなか繋がらない。
そうこうしている間にもモデムの電源が抜けて、電話が途切れる始末。
お客様もがんばって強く主張して、モデム交換になりましたが、交換は自分でしなくてはいけません。
ISPもキャリアも、電話はライフラインだってわかってる?

  • 2015年9月17日

YahooモデムYahooからモデム交換依頼が来たそうです。
それ以前に、ADSLが繋がらなくなったとのこと。
自分でモデム交換が自信が無い、説明書きに色々書いてあるのが、全部やって良いのか心配です。

訪問してみると、まず古いモデムに刺さっている2本の電話線が逆です。
これでは繋がりません。
ネットが繋がらなくて色々やっているうちに間違えたのかもしれません。
無線機のルータのスイッチがAutoになっていました。
これは、ブリッジに変更。
私が設定した時はブリッジにしたと思うので、やはり色々やっているうちに間違えたのかもしれません。

ともかく、正しくADSLモデムを交換して、無線機も電源を入れ直すと繋がりました。
無線LANの電波もそれほど強くはありません。
モデムと無線機は1Fで、2Fへは中継器をつけています。
いろんな不安定要素がありますね。

この電話線が逆というケース、何度も経験があります。
インターネットが繋がらないので、プロバイダーのサポートに電話をかけると、とりあえずモデム交換になり、送られてきたモデムを取り付ける際に間違えてしまうようです。
最初の繋がらなかった原因とは別の繋がらない原因を作ってしまうわけです。
ADSLは電話線を使うので、ドアホンやホームテレホン、親子電話など、過去にいろんな電話サービスがあって、宅内の配線状況によってはADSLを繋げるために電話工事をしています。
これらはその工事をした時に、工事人に聞いておかなければわからないでしょう。図面もありません。
工事人の名誉の為に言うなら、何年もたってから電話で聞かれてもわかりません。
プロバイダに電話で聞いてもわかりませんし、どんなにパソコンに詳しい人に聞いてもわからないのです。
かかりつけの電気屋さんとちゃんとお付き合いしましょう。

それから、ADSLモデムに付属する説明書、全部読んでそのとおりにやって、おそらくやらなくて良いことまでやって、その時にまた間違えると、ここでも繋がらない別の原因を作ることになりかねません。
新規契約の場合でも、交換の場合でも同じものが送られてくるのですから仕方ありません。

  • 2015年9月8日

電話線ADSLが繋がらなくなったそうで訪問しました。
なんか蔦が絡まっていてわかりにくい。
探っていくと、電話線が切れています。
切れた反対側が見つからない。
蔦の中にありました。
切断面が明らかに刃物で切断したものです。
植木屋さんが入った直後から繋がらないそうです。
これを接続し直して復旧。

ADSLがNTTではないし、タイプ2で電話の契約も無いので、NTTに電話しても対応してもらえないのです。
植木屋さんはネットで見つけた激安店だったそうです。
高くつきましたね。


  • 2015年1月28日

Nexyz.BB→auひかりに乗り換え

auひかりパソコンの入力がローマ字入力になってしまったのをかな入力に直してほしいとのご依頼でしたが、訪問してみるとインターネットが繋がりません。
モデムなどの配線はいじってないそうですし、モデムの電気を入れなおしても改善しないので、プロバイダ(SoftbankBB)に電話したところ、モデム交換になりました。
とりあえずモデム交換しても回線が復旧するかどうかはわからないし、サポートの対応はかなり時間がかかるのは確実で、回復したってもともとReachDSLで回線が遅いので、この機会に光に乗り換えを手配しました。
こちらの集合住宅はauひかりとUSENが入っています。
この2つで設備が一杯になってしまって、NTTの光を入れるスペースが無いそうです(あーあ)。

仕方ないのでauひかりに申し込み。
ALSOKが入っているので、念の為電話も光にしても良いか確認。
もともとBBPhoneで使っているのでまず問題無いはずですが、ALSOKに電話をかけると、工事担当者が見に来ないとわからないとか仰る。
まあ、見に来たいなら見に来てもらえば良いでしょう。
とりあえず、auにそう言うと、一応ネットのみの申し込みにしておくので、後で電話を追加の連絡が欲しいと仰る。

こちらの配線はちょっとややこしいので、ネットワーク機器とALSOKの関係を絵に書いておき、工事の人が目につくようにモデムや電話の近くに置いておき、申し込みの経緯と連絡先も全部書いておきました。
お客様にも、この後の段取りを書いておきました。

ところが、後日お客様から電話が来る。
「Yahooモデムの交換品が来たので交換して欲しい。ALSOKがあって工事が大変なのでやっぱり光はやめたい」とのこと。
そんなはずは無いのだけど、やめたいとお客様が仰るなら私が止める筋合いはありません。
で、交換に伺って確認すると、思ったとおりモデム交換してもネットは復旧しません。
説明書には最大で12時間かかるとか書いてあります。想定内。
そもそも、原因が何かはまだわからないし、集合住宅なら光はそう高くないので変えたほうが絶対良い。

で、ALSOKは連絡来ないらしい。
こっちから電話かけて、工事担当が休みだとか言うので、「だれでも良いので技術的なことがわかる人」に話をする。
「ALSOKさん、電話回線がひかりでも問題無いですよね。今までもBBphoneでしたけど。」というと、そのとおり問題無いとのこと。

auひかりにもその旨電話して、電話もひかりにするよう依頼。
担当者別件対応中だそうなので、出た人に伝える。
お客様も工事はいらないと聞いて、どうせADSL繋がらないし、やっぱり光にすると仰せ。

数時間後、au担当者から私の携帯に電話がかかる。
お客様は何を言われても自分ではわからないので、何でも私の携帯を教えて良いと伝えておいたのです。
2件連絡事項、まず、電話の追加申し込みを別の窓口に電話して欲しいとのこと。ちょっと待って、それはダメでしょ。他人が契約の手続きは出来ないでしょう。と言うと、これについては担当者さんから手配してくれるとのこと。
もうひとつ、お客様のau携帯とまとめて請求にする手はずが、携帯の契約者名が下の名前が間違っているので出来ないとのこと。そんなバカな・・・、これはauショップで訂正手続きをしてほしいとのこと。料金銀行引き落としなのに、なんで通るんだ。

なんとかau工事日が決まり、当日私も立ち会う。
先にauさんが到着してて工事は始まってました。
ここでまたトラブル、ネットのみ、ひかり電話無しで工事していました。連絡が来てないとのこと。
すぐに確認してもらって、電話も有りに変更。
ALSOKがあるのに連絡せずに工事始めている。
電話線に「抜き取り禁止」って書いてあるのに。
無事開通して、電話が通じるのだけ確認して帰ろうとするので、「まだダメですよ」と止めて、ALSOKに電話をかけてテストをする。問題無し。
この工事担当者、いろいろトラブルがあったのに、一言も謝らない。
終わって帰ってから、お客様配線が邪魔だと仰るので、延長コードを追加して整理。

無事開通したので、NexyzBBに解約の電話。お客様もともと電話で勧誘に負けてNexyzBBに契約したのがご不満で、いろいろ説明されるのが嫌で私に替わる。
替りに聞いて大事なことだけ伝える。

Nexyz.BBのメールはほとんど使っていないので削除して、auメールをThunderbirdに設定。またこれがややこしいこと。
個人情報保護法バリバリのセキュリティ。
みんな自分でできるのか?
これなら、メールはGmailにした方が良さそう。
ま、こちらはこの先多分もうずっとこのまま回線を変えることは無いのでこれで良し。

いやいや、こちらのお宅は何かお祓いしたほうが良いのではないかと思うくらいトラブルが続く。どの業者も何かしでかす。

  • 2014年7月19日

ADSLが繋がらなくなったそうで訪問しました。
前はできていたそうです。
確認すると、保安器の横に何か機器があります。

ADSLアダプタ

ADSLアダプタ

これを回避すると、モデムがリンクします。
これは、ガス会社さんのADSLアダプタ(屋外スプリッタ)でした。
ガス検知器やガス検針器が電話線を使って情報をガス会社に送るのですが、昔からこれが原因でADSLが繋がらなかったり、速度が落ちたりするのです。
インターネットに繋がらないのでガス会社には連絡して対応してもらったものだそうで、ガス会社さんに聞いたところでは、これは新しい製品だそうです。

想像ですが、前からADSLは繋がってはいたがかなり速度は遅かったでしょう。
それが、何かの原因で繋がらなくなって、ガス会社さんが新しいアダプタに交換したけど、やっぱりダメだったんですね。
ADSLというのは元々不安定な技術で、電話線を利用するので宅内環境にも大きく左右されます。
それに、キャリアが違えば接続方式も違う。
NTTのADSLは繋がったとしても、ソフトバンクでも繋がるとは限らない。
ガス会社さん側で、無線で通信するタイプのアダプタに替えるそうです。
ADSLキャリアもガス会社も、もう少し情報共有すれば、お互いに仕事が楽になると思いますよ。

  • 2014年7月3日

WiMax2+ずっと前からKDDIのADSLでインターネットを利用してきたお客様です。
メーカーから電話が来て、9月にADSLが終了するので、別のサービスに乗り換えて欲しいとのこと。
で、勧めてきたのが「Wi-Fi WALKER WiMAX2+HWD14」。
よくわからないけど、6月末までに申しこめば安くなると言われて2年契約に応じてしまったそうで、設定がわからないのでご依頼です。
とにかく急いで訪問しました。嫌な予感がビンビン。

SIMカード装着して、充電して、無線LAN接続すると、なかなかいい感じです。
この製品はWiMax2+、WiMax、LTEの3種類に切り替え可能で、デフォルトでWiMax2+可能な場合はこれに繋がるようになっています。
すぐに繋がって、速度も今までのADSLよりすごく早い。
ファームウェアを更新して、設定内容を確認して、液晶の表示内容の確認などしましたが、2台目、3台目のパソコンを繋いだところで切断されてしまいました。
しばらく待っていると再度繋がりましたが、今度はえらく低速で、WiMaxになってしまい、アンテナ1本出たり出なかったりです。
そう、これを恐れていました。

こちらのお客様はインターネットのトラブル対応など自分ではできないお宅です。
そこに電話で勧誘してこんな新製品を進めるなんて・・・。
とにかくすぐに電話して解約の意向を伝えます。
お客様一人では電話で説明もできないので、代わって説明します。

そちらの都合で電話してきて、ADSL終了したいからこのサービスに変更をと勧めてきた。
地図上ではWiMaxの対応エリアではあるが、この家の中では電波は不安定で使用できない。
常時接続のADSLの代替として、これを勧めるのはあり得ない。
繋がるかどうかわからないのに、2年契約にされた。この2年契約は自動更新で、解約できるのは更新になる1ヶ月だけでそれ以外の月では違約金が発生する。
繋がらない時はサポートセンターが対応するとしても、その都度電源の入れなおしとか、SIMカードの抜き差しとか、お客様はそんなサービスだと思っていない。
ADSLは9月末までなのに、6月末までに契約をと急がせた。
WiMaxが繋がらなければLTEに切り替えできるというが、LTEだと通信料の上限がある。これもNG。

昔、ADSLと電話の配線がうまくいかないケースがたくさんあって、電話工事をしているお宅も少なくないので、今後トラブルは増えると思います。

  • 2014年6月23日

保安器が無い!?

ADSLの障害で訪問したお宅です。
宅内に阻害要因が無いか確認すると、なんと保安器がありません。
保安器が無いのは阻害要因ではありません。ここで1階と2階とに電話線が分配されていたのが原因と思われます。
これを使用していない2階への分配を切り離して安定しました。
念の為NTTさんにお電話しましたが、無いってのは初めて見ました。

保安器

  • 2013年12月5日

無線LAN接続

PC:lenovo G500
OS:Windows8

パソコンを購入したものの、無線LAN接続ができないそうで訪問しました。
正しいネットワークキーを入力してOKです。
Windows8は初めてなので色々ご説明。
セキュリティは「Microsoft Security Essential」をインストール。

他のWindowsXPのパソコン2台が動作が遅いとご相談ですが、メモリも少ないし、サポートも終了するので、買い換えるかタブレットにした方が良いと思います。
こちらは以前にADSLからFTTHに乗り換えようとしたのですが、家の作りが面倒で、引き込み工事が大変で断念していました。
最近も勧誘が来るそうですが、それなら今のADSL(eAccess)のコースを確認して、プラン変更で効果があるかどうかを確認した方が良いと思います。