• 2008年10月24日

ADSL阻害要因(ガス集中監視システム)

ADSLが開通できない要因の一つに、ガス集中監視システムがある。
これは使用したガスメーター量を電話配線で検収するシステムである。
これを設置することで、ガス会社の人はメーターを見に来なくて済む。

配線はこのようになっている。
電柱→保安器→ガス集中監視システム→屋内MJ→モデム→電話機
または、
電柱→保安器→ガス集中監視システム→屋内MJ→スプリッタ→モデム
                                    |→電話機

事前に電話で状況を伺い、これがあるようならガス会社に電話して対応してもらう。
ところが、このシステムをすでに止めていても、配線が残っているだけでも阻害要因になる。
お客様はもう使用していないので、阻害要因として存在するという自覚が無い。
電話で聞かれても、「ありません」と答えてしまう。
いや、そもそも存在自体ご存じないことも多い。
今回は、ガス会社の許可を得て、配線を切り離しました。

こんなふうに原因が分からないまま、1ヶ月も2ヶ月もインターネットが使用できない事がよくあるのでした。


  • 2008年9月29日

ADSLリンク不可

スタッフが訪問したADSL開通作業、モデムがリンクアップしないと電話がかかってきました。
モデム初期化も試したし、ガス検やドアホン・ホームテレホンなどの阻害要因は無いとのこと。
そのお宅のモジュラジャックのところに「SASJ-21」と書かれていて、2つ差し込み口があるけど、どちらに接続してもリンクアップしないとのこと。

うーん、それ怪しい。

急遽、検証用モデム持参でかけつけ、検証用モデムを試してもリンクしないのでモデムの不具合ではありません。

 
試しに、これを外して普通のMJをつけるとリンクアップしました。
お客様も有償でも良いから仰るので、取替工事をして、無事ADSL開通です。

後で調べたところ、これ転換器です。

電話を2台接続すると、普通は片方を通話中にもう片方の電話機で受話器を上げると通話が聞こえてしまうのですが、それを聞けなくする機能があるようです。


  • 2008年7月13日

インターネットは何を契約すれば良いでしょう?

移転されたお客様からご相談を受けました.
移転前はケーブルテレビでインターネットをご利用でしたが、移転先はマンションで、ケーブルテレビは入っていないのだそうです。
お友達は「光にしたら?」と言うし、ソフトバンクは勧誘に来るし、半年は安くなるとかで、どうしたら分からなくなってしまったとの事。
そもそも、このお客様はあまりインターネットを使用していません。
時々お孫さんが遊びに来るそうで、その時にパソコンをさわっていくそうです。
まずはマンションの管理会社に光が入っているマンションなのかを確認するようご案内しました。
でも、「何でも自由に契約してください」というお返事。
よくわかっていないようです。と言うことは、多分光は入っていません.
お住まいは3Fなので、申し込めば開通はできるかもしれませんが、マンションで個別の契約では一戸建てと同じ契約になり、割高です.
それなら、ADSLの信頼性の高いところを契約した方が良いでしょう.
お勧めしたのはT-COMの5Mプラン。料金は光の半額以下です。
ADSLの最安はYahooBBだと思っている人も多いですが、実はT-comのほうが安い。1Mコースはもっと安いですが、そこまで低速だとちょっと苦しいです.
6ヶ月間半額なんてキャンペーンは、キャンペーン終了後に自分でADSLの乗り換えができる人でなければ何も得ではありません。
このお客様はストリーミング配信などのご利用はありませんし、インターネットとメールをするくらいなら5Mくらいで充分です.
ご本人はダイヤルアップでも構わないと仰いましたが、それはかえって割高です.
それにセキュリティソフトの更新などを考えたら常時接続である程度の速度が出ていた方が良いです。
お孫さんがパソコンをさわるならなおさらセキュリティはしっかりしておいた方が良い.
セキュリティソフトも期限切れだったので、「CANON NOD32アンチウイルス」をセットアップ。

パソコンのメモリも512MBでそんなに多いわけではありませんが、重たいセキュリティソフトが無いので、結構さくさく動いていますし、インターネットの閲覧もよそのパソコンより待たされずに見れています.
VistaパソコンでNortonなど入れてFTTHに契約している人が見たら、ちょっとショックを受けるかもしれません.
要は目的に応じてうまく調整すれば良いのです.

  • 2008年5月23日

モデム交換したらリンク不可能

そのお客様はADSLをお使いです。

モデムが故障したので交換したら繋がらなくなってしまったのだそうです。

こちらのお宅は、電話線が露出配線で、外から引込んだ電話線を玄関で一旦引き出し、近くの電話機と、少し離れたパソコンのある部屋へと分岐しています。

なので、この分岐のところにスプリッタを設置することになります。

接続は間違っていません。



ところが、リンクしません。

スプリッタの位置にモデムを接続するとリンクします。

間にスプリッタをつけるとリンクしません。

交換前のスプリッタでも、新しいスプリッタでもダメです。スプリッタ不良ではありません。

スプリッタや延長コネクタ等、何か間に入れるともうリンクしません。

この分岐のところの配線はお客様が自分でしたようです。

電話は正常に繋がります。ノイズもありません。



NTTからの距離などを確認すると、4km以上あるので伝送損失もけっこう大きいです。

ギリギリで届いているADSLだったのでしょうか。

前のモデムと機種が変わってしまったので、ギリギリだったのがダメになってしまったのでしょうか・・・。



外の保安機から直接電話線を引っ張ってモデムを繋いで見ました。

やはり間にスプリッタをつけるとリンクしません。

保安機の前に繋いで見てもリンクしません。

・・・?配線は関係無い?



原因は、何だったと思います?

交換品で送られたモデムに同梱されていた電話線の不具合です。

電話線を変えたらリンクしました。

ああ、いろいろ考えすぎてしまいました!!

もーーーー、お客様と大爆笑です。

それにしても、ちゃんと気づけてほんとーーーーに良かった(冷汗)。









  • 2008年5月23日

無線トラブル多発

PC:NEC LaVie LL500/6

OS:WindowsXP SP1

LAN:WHR-HP-G54、WLI-CB-AMG300N

インターネット接続:ADSL

ISP:YahooBB



無線設定ができないそうで訪問しました。

訪問してパソコンを起動してみると、無線アダプタのドライバインストールが始まりました。

これを完了して、無線接続はするのですが、IPアドレスが「169.254.xxx.xxx」です。

無線は暗号無しでも繋がりません。



無線ルータに検証機を有線接続すると正常にインターネット使用できます。

無線接続もできますが、接続と切断を繰り返しています。

無線チャンネルを数回変更してみましたが効果無し。

近所に無線機はあるようですが、1台のみでチャンネルも違います。

ファームウェアは最新です。



検証機でAOSS設定を試みますが、これも失敗します。

お客様のパソコンでは↓こんなメッセージで失敗します。

「AOSSでエラーが発生しました(IOComplete不正値)」



お客様のパソコンで別の無線LANカードを試そうとするとドライバが入らなくなってしまいました。

最後の完了のところで「できませんでした」となります。

仕方ないのでシステムの復元をして、訪問時の状態に戻し、ドライバを入れ直しできました。



お客様のパソコンを無線ルータに有線接続してみました。

やはりIPアドレスは「169.254.xxx.xxx」、検証機では繋がります。

これで接続できない原因がお客様のパソコンだけにあると特定できました。



セキュリティソフトはソースネクストの「ウイルスセキュリティゼロ」と「PC-GATE」。

「ウイルスセキュリティゼロ」は、インストール後にネットワーク設定が変わるとダメなんです。

最初から、これが臭いとは思いましたが、検証機でも繋がらない状態では原因が特定できず、「ウイルスセキュリティゼロ」のCD-ROMも見当たらないそうなので、入れ直すことも不可能です。

でも、これで特定できたので、お客様ご了承の上アンインストール。「PC-GATE」もアンインストール。

これでIPアドレスが更新できました。



暗号を手入力で設定し、「クライアントマネージャ3」で設定しましたが、再起動後切断されてしまいます。

そこで、「クライアントマネージャ3」をやめて、WindowsXPの無線機能で接続設定。

今度は再起動後もすんなりと接続されるようになりました。

無線チャンネルもいろいろ試して、切断されないチャンネルが見つかりました。

セキュリティソフトもフリーソフトの「AVG」をご案内。

それから、YahooモデムがIPアドレスを更新し辛いです。



なんだか、無線LANのあらゆるトラブルが満載でした。





  • 2008年4月20日

ADSLリンクせず

ADSLモデムがリンクせず、モデムを交換しても変わらないとの事で訪問しました。

理由は簡単でした。ホームテレホンです。

プロバイダのカスタマーもどうしてこれを確認しないのかわかりません。

古いホームテレホンで、市販の電話機をつけられず困っているとの事。

なーんだ、それならお安い御用です。



ホームテレホンの前に電話の局線を引き出してモデムに接続。

このモデムはスプリッタ内蔵タイプなので、モデムの後ろ電話機側からホームテレホンに戻してやります。

ついでにモデムの後ろで二又にわけて市販の電話機もつなげます。

これで、今までの電話も、市販の電話も両方使えます。



めでたし、めでたし。

  • 2008年2月22日

ナンバーディスプレイが表示されない

電話機にナンバーディスプレイが表示されないのだそうです。

KDDIメタルプラスでIP電話(050-xxxx-xxxx)をご利用で、メタルプラスにする前、eAccessのADSLだった時は問題なかったのだそうです。

モデムの電話詳細設定でもナンバーディスプレイを使用する設定になっており、カスタマーサポートに電話しても問題無く、念の為モデムを交換しても改善されず、電話機のメーカーに電話してもMJから電話機を直結すれば表示されるので、電話機側は問題無いとのことだそうで、訪問することになりました。



どこを確認しても上記のとおりで間違い無く、持参した検証用電話機ではナンバーディスプレイは表示されます。

どうやらIP電話(050-xxxx-xxxx)からの着信はナンバーが表示され、普通の番号からの着信はデータエラーとなります。

モデムの設定で、IP電話を使用しない設定に変更するとナンバーは表示されます。

プロバイダからは電話機との相性問題と言われ・・・。



ところが、ちょっと思いついてMJの電話線の極性を反転させて見ました。

すると、改善されました。

ナンバーディスプレイ表示されます。

どうやらこちらのお宅は電話の極性が反転しているのです。

普通は反転していても問題無いのですが、たまたまこちらでは障害に繋がってしまったようです。

昔はYahooBBはよく極性反転アダプタを配っていましたっけ。

  • 2008年1月29日

ADSLとドアホン

ADSLを導入したら、ドアホンが電話から鳴らなくなった。

また、電話の着信はできるが、発信がモデムの電源を抜かないとできないというお客様です。



ドアホンアダプタのあるタイプで、ホームテレホンになっています。

モデムはスプリッタ内蔵タイプです。

ドアホンアダプタならたいていはモデムの後ろでドアホンアダプタを接続すれば良いのですが、こちらの場合はやはり発信ができませんでした。

そこで、スプリッタを外付けで設置し、モデムを内蔵スプリッタを使用しない方法で接続します。

これで、発信はできるようになりました。



でも、ドアホンが電話機で鳴りません。

これはドアホンアダプタと電話機を接続するケーブルの為でした。

ホームテレホンなので、普通の電話線では鳴りません。

ADSLモデムをつけた時に換わってしまったのでしょう。モデムとの接続の方に使われていました。

これを入れ替えてOKです。

  • 2008年1月17日

電話着信時リンク切れ

法人のお客さまですが、ADSLで加入電話の番号とIP電話の両方を使い分けています。

これが、電話使用中に他から着信すると、モデムがリンク切れを起こし、インターネットは切断され、電話にはノイズがひどいノイズが入るのだそうです。

接続のMJ以外に電話機は繋いでおらず、プロバイダのサポートを受けて、モデムを3度も交換したそうですが改善されず、訪問しました。



原因は、

事務所で電話が鳴っているのを工場でもわかるようにベルがつけてあったのです。

保安器から事務所と工場とに分岐されており、その為ノイズやリンク切れを起こしたのでした。

このベルへの接続を外すとリンク切れは無くなります。



でも、これは必要との事で、配線を変えることにしました。

保安器から分岐するのではなく、スプリッタの後ろで分岐させます。

幸い、分かりやすい配線経路になっており、既存のモールにきれいに納めることもできました。

  • 2008年1月10日

ADSLモデム故障

古いパソコンの調子がいよいよ悪くて、インターネットに繋がらないので買い替えます。

Macを買うので設定に来てください。

と呼ばれて伺いましたが、パソコンは正常です。

インターネットに繋がらないのは、ADSLモデム自体がリンクアップできていません。

初期化してみましたがリンクしません。電話は繋がるので配線には問題ありません。

ISPのサポートに電話したところ、回線調整となりました。

1日たっても改善されず、その後モデム交換になったそうです。



パソコンの動きが悪いのはマウスを掃除したら良くなりました。