• 2019年7月10日

J:COMに払っている料金がどうもよくわからないと仰るので、J:COMの会員サポートサイトにログインして内訳を確認してみました。インターネット・TV・電話・電気をまとめています。つまり電気代も含んでいるのですね。

テレビは有料チャンネルはそんなに見ないそうです。見ないのに営業の人が来て安くなると言われて、何だか電気まで契約してしまったそうで納得が行かないご様子。テレビのセットトップボックスのせいで録画もできないそうで、今までにネットが繋がらなくなってモデムの電気の入れ直しに苦労した思いもあって、フレッツ光に乗り換えを検討して試算してみました。J:COMは9,800円の解約金がかかります。しかも電力のサービスの解約金が20,000円もかかる。乗り換えるには初期工事費やテレビの共聴工事もかかりますし、強く勧めることも迷いました。2年縛りの切替月まで待ってもと思いましたが、違約金を払っても元が取れるほどの金額なので今回乗り換えとなりました。

乗り換えの電話も立ち合います。契約はNTTに直接電話。光コラボは多少安いのですが、何かあった時の対応が非常に悪いのでNTT直接の契約がお薦めです。J:COMのコース名が確認できないと電話の番号移行ができないので、それも大変で、お客様に来ている書類の表記とNTT側の表記が一致しないのでした。おそらくKDDIの電話でなければ良いみたいです。

申込みができて、テレビの工事はいつもお願いする家電工事屋キツカワさんに依頼。NTTでもやるのですが、光の工事と別でテレビ工事が来るので時間が読めず丸一日潰れます。当日何があってもなんとかしてくれるキツカワさんはやはり安心です。

申込みが確定すると、J:COMに解約の電話を入れるのですが、これがすごい引き止めに合います。1回の電話で受付すらしてくれません。考え直せと言うわけです。違約金がかかる、工事費もかかると脅すような口調で言われます。これは他のお宅でも聞いているので予めお伝えしてありましたが、そう聞いていても心が折れそうになったそうです。

開通の月の月末でJ:COMを解約しようとしましたが、10日開けないといけないとか言われたそうです。他のケーブルテレビさんはそんなことはありません。他のケーブルテレビさんは対応も良いのですが、J:COMになるとみんなこういう対応の会社になってしまうそうです。これは同業他社さんに聞いても同様です。

料金を比較した表を参考までに載せておきます。J:COMさんはいろんなキャンペーンをやるので料金がわかりにくい。初期費用はかなり安くなることもあるようです。ホームページを見ると安そうに見えるのですが、いくつか重要なポイントがあって、安いコースはインターネットが遅い。たいしてやらないからとこれを選ぶ人が少なくないのですが、ネットが遅いとパソコンの調子が悪くなります。WindowsUpdateに時間がかかるからです。そして、電話料金がアナログ回線に比べれば安いのですが、NTTのひかり電話よりは高いです。電気も安くなるとまとめていましたが、それほど安いとも思えず、色々調べた結果、東京ガスとまとめることになりました。J:COMサイトで解約金を調べるのも苦労しました。「解約金があります」とは書いてあるのですが、なかなか金額が見つかりませんでした。お客様宅にある申込書控えにも「解除について(解約にかかる費用、最低利用期間等の)説明を受けた。」とチェックは入っていますが、金額が見つかりませんでした。

無事開通しましたが、引き込みの場所からテレビの接続ではキツカワさんが頑張ってくれて、壁に穴を空けて天井裏まで通してくれました。今までよりもかなりスッキリときれいになりました。録画もSTB(セットトップボックス)が無くなったので、録画機器のリモコンでできるようになりました。これ大事。

この試算には、J:COMのインターネットの遅いコースは選択肢に入っていません。無線ルータは既存のものを使います。J:COMはタブレットを無料でプレゼントしていますが、ファーウェイなのが気になります。高齢者にファーウェイ製品を配って良いものでしょうか。

  • 2019年3月8日

ISDNからひかり電話へ移行

お客様の業務でお使いのISDN、何度もいろんなところから切り替えだとか機器を回収したいとか電話が来るものの、よくわからないので全部断っていたとのこと。ISDNは2024年1月に終了が決まっています。こちらはすでにインターネットはNTTでFTTHを契約しているので、ひかり電話に移行した方が料金も安いはずです。ただ、ISDNのTA(TD505)と「レカムマルチメディアホームシステムFX」(1998年の製品)があるので、これをどう移行するかがちょっと面倒です。少しづつ付属の電話機が故障したりして、ご自身で市販の電話機を接続しているので、これを機会にホームシステムは廃棄で構わないとのこと。お客様もいつ替えても良いけど、何を聞かれても訳がわからない。NTTのお客様番号などもわからない。そこで、申込み手続きからお手伝いすることになりました。

繋がっている機器の名称や、子機・FAX等の使用状況を確認しようとしたところ、NTTのONUに繋がっている光ファイバー線が抜けかかっています。中の繊維1本でかろうじて繋がっていますが、ランプ状態を見ようと機器を傾けるとランプ2つ(AUTHとPON/TEST)が消灯します。元の位置に戻すとランプが4つ点灯してネットも普通に使えますが、これはまずいのでISDNの件と同時に説明します。

まずNTTに電話をかけると、すぐに繋がりますがお客様情報が無いとのお返事。ドコモ光に転用していたんですね。ドコモ光の書類を探して電話をかけ、こちらはかなり待たされます。やっと繋がって本人確認だけしていただいてから、私が状況説明。ISDNからひかり電話に移行の希望と、光ファイバーが切れかかっているのでその対応をと伝えて、ひかり電話のオプション(ナンバーディスプレイのみ、ダブルチャネル無し)・加入権休止などの手続きが約30分かけて終了。6日後に開通するとのこと。

次に切れかかっている光ファイバーをどうするのか、担当者が何か確認したところ、修理が終わってからひかり電話の手続きになると言い出しました。「えっと・・・、最初に両方ご説明しましたよね、そちらでうまくやってください。」と私。そういう事もあるかもしれないから、最初に伝えたのです。でも、お客様はご立腹。怒られた担当者さん、「では、修理の打ち合わせの結果、開通日までに間に合わなかった場合はお手数ですがお電話を頂きたい」とのこと。修理対応はNTTの対応なので早いはず。それで了承して手続きを終えました。折返しの修理担当からの電話はすぐに来て、修理は翌日になり(有償修理は仕方無いでしょう)、開通日に合わせて訪問設定することになりました。

その後、お客様から修理が終わった旨と、開通日が遅れるとの連絡が入りました。電話の加入権関係の手続きで遅れたらしい。ルータは届いていますが、開通日が遅れる。約束の日(開通日前)にルータや電話機を接続すると電話が使えなくなりますし、開通日を過ぎて繋がずにいるとやはり電話が使えなくなります。結局開通日の翌日に訪問してルータと電話機・FAXの接続設定を済ませました。

今回お客様かなりご立腹で、「NTTに戻したい、料金かかってもいいから!」と仰せでしたが、一番面倒な事態はこの件で完了です。ちなみに、転用戻しは初期工事費18000円と契約期間途中だと違約金が発生、電話は一旦アナログに戻さないと番号が無くなってしまいます。転用する時は何もしなくて良かったのですが、それは一方通行で、戻すのは大変です。何も問題が無ければ良いですが、携帯ショップなどで安くなると言われて簡単に転用に応じてしまうと、今回のように何かあると非常に面倒です。でも、この転用の仕組みを作ったのもNTTなんです。よく請求書がひとつにまとめられて良いと言われるのですが、まとめてしまうと何にいくら払っているのかわからなくなります。さらに家族でまとめてしまうと、誰がどのくらい使っているのかわからなくなります。

残ったISDNの機器、何も案内が無いし、時々回収したいと電話がかかってきていたのも気になります。機器に書かれている会社の電話は使用されていません。NTTに電話して聞いてみました。レンタルの記録が無いので廃棄で構わないとのことでした。

  • 2018年2月25日

移転に伴いインターネット・録画機器

お引越しでネットとTVの接続設定に伺いました。

テレビと録画機器の接続は、事前にケーブルと接続先にマークしておきました。
引越し先は近くなので、引っ越し開始から1時間後で現地に入りましたが、テレビの運び込みは後になり、待ち時間が長いのと、エアコンがまだつけられなくて寒いのとでちょっとまいりました。

インターネットは会社に出入りの業者が引っ越し手続きをしたのですが、プロバイダを一旦解約して加入し直すのか、移転手続きだけにするのかはっきりせず、結局引っ越し前にはプロバイダの書類も届かず、引っ越し当日にはネット・電話は開通できませんでした。

ついでに1Fから2Fで、無線LANの電波状況を確認。
問題無さそうです。

電話した時は書類発送が引っ越しまでに間に合わないという話だったのが、実際は移転手続きだけで、
接続ID・パスワードは変わらないので、書類発送は無しとのこと。何やってんだか・・・。
最初からそういう話なら、前回設定できたのに。

ともかく、新しいルータにID・パスワードを設定、電話機設定。
無線機(Aterm PA-WR9300N-HP)は移転前と設定変更無し。
前はひかりTVをご利用でしたが、新しい住まいに入居してみると、ルータからテレビへのLANケーブル配線がお気に召さず、申込を保留なさいました。
同じフロア内で、無線機からTVまでは障害物も無いので無線LAN接続も可能かもしれませんが、代わりにFire TV Stickをご購入。
これの設定は、ご自身でできるところまでやっておられましたが、FTTH開通前の低速なモバイルルータでの接続だったので、設定まで終えて力尽きていました。
アマゾンのプライムビデオは最近頑張っているので、ひかりTVは要らないかもしれません。

電話機も設定。
プリンター設定。

  • 2018年1月15日

パソコンが調子が悪いので買い替えをご依頼です。
インターネット回線もADSLからFTTHに変えたいとのこと。
いえ、もともとフレッツひかりを契約していたのに、Softbankに勧誘されてADSLに乗り換えてしまって、モデムの設置位置もご不満だったとのこと。

ノートパソコンを納品し、NTTに回線契約の電話をしました。
電話をスピーカーにして、一緒に話を聞いて、わからない部分は補足します。
無線LAN付きのセットコースだと月額が高いので、無線機はこちらで購入し、無線LAN無しのコースで契約。
光配線がすでにあり、自分でルータ設置ができれば初期費用が安く済むので、設定は私がやることにしました。
開通を確認してから、Softbankに電話してADSLを解約。
開通前に電話するとしつこく引き止められるので、WEB上で解約を試みましたが、わかりにくいサイトを進んだあげくに解約は電話しろと。
だったら最初から解約は電話のみとわかりやすく書いて欲しい。
お客の時間を何だと思っているのだ(何とも思ってない、知ってる)。
それで開通を確認した上でSoftbankに電話すると、自動音声対応だけで解約になりました。
メモが取れないので途中からスマホで録音。
これ、普通のユーザーはちゃんと解約できるのか?

解約時の対応って、メーカーごとに結構違います。
NTTとかOCNとかって、解約でも契約でもまったく態度が変わりません。
オペレーターのレベルに当たり外れも感じたことがありません。
一番評判悪いのがJ◯◯◯。

SoftbankのBBセキュリティをアンインストールしてインターネット回線がFTTHになったら、パソコンの調子が良くなってしまいました。
遅いADSL回線でのBBセキュリティ(Symantec)やWindowsUpdateがが不調の原因だったようです。
これもよくある話です。

  • 2016年12月28日

フレッツ光J:COMの1Mコースご契約で、パソコンのWindowsUpdateでもドライバのインストールでも、メンテナンスが困難なお客様です。
初期セットアップも大変でした。
メールを開くだけでもあまりに時間がかかって、パソコンを捨てたくなるとのこと。
もちろんコース変更して高速なコースにすればマシにはなるのですが、どうせそれなりの金額を払うのなら、NTTのフレッツ光マンションタイプにした方がお得。今回この提案でご依頼いただきました。
もともとフレッツ光をご契約だったのをJ:COMに安いと言われて乗り換えていたので、電話加入権は休止になっていて、電話番号は変わらずにできます。
J:COMにした時点でもともとのプロバイダのBiglobeを300円/月ほど払ってメールアドレスを継続していましたから、今回はそれを接続するコースに変更です。これはBiglobeのサポートサイトから手続き。
NTT光でもプロバイダが代理店のコースとか色々あるのですが、私は少し高くても直接NTTと契約する方をお勧めします。
後々何かトラブルが合った時にはこの契約の違いによって、対応の手続きが違うからです。

年末の忙しい時期で心配しましたが、希望の日にちで開通工事でき、MDFの場所など管理人さんもよくわからなかったのですが、取次代理店さんの配慮で早めの時間帯で工事してもらえて、お客様も気持ちよく開通できました。
今回は私は当日の立会ができなかったのですが、工事に来た人も親切で良かったそうです。
翌日、訪問してルータ設定完了。
これでパソコンも安定すると良いのですが。

J:COM NET 1MサービスでWindows 10をご利用の場合、PC動作が重くなる可能性について

  • 2016年4月14日

auのADSL終了

FTTHau one netのADSLご利用のお客様、ADSLサービス終了のお知らせが来たそうで、FTTHに乗り換えるのか、乗り換えるとしてどこを契約するのかご相談です。
以前にKDDIの事前調査を受けた時は、壁の中の引き込みが不可能と言われたそうです。
いろんなところから勧誘が来るそうですが、お客様はあまりネットをつかっておらず、メールをたまにするくらいです。

私の提案では、とにかくトラブルの少ない事が最優先。
NTTフレッツ光+BBExcite+ひかり電話を契約して、メールアドレスはGmailに切り替えることにしました。

2年ぶりに伺ったお客様ですが、パソコンが本当にきれいです。
ああ、使ってないんだなぁ・・・という感じ。
せっかくなのでメモリを上限まで増設しておきました。

FTTH工事は、エアコンの穴を通してもらうことになりました。
もしかしたら私が穴を空けることになるかも・・・と思って準備してましたが、大丈夫でした。
メールアドレス変更を知り合いに通知するのが難しいそうなので、その場でアドレス帳の全員宛に、BCCで一斉メールでお知らせを送りました。
ついでにテレビにもLANケーブルを接続してアクトビラを見れるようにしました。
せっかく光になったんだから、使いましょうよ。

  • 2016年4月13日

お引越しをしたお客様のFTTH引き込み工事に立ち会い、電話・LAN・TVの工事及び設定をしました。
電話機も機種の提案と購入をして、事前にパナソニック デジタルコードレス電話機「VE-GD72DL-W」を購入して持参しました。
最近の電話機は、迷惑電話対応機能や録音機能が充実しています。

こちらのマンションは今までVDSLで光を引き込んでいたようなのですが、NTTはVDSLの新規申し込みを終了しており、ギガマンション(光配線)での契約となりました。
プロバイダは最安のBBExcite、メールはとりあえずauのメールアドレスをプラン変更で継続しましたが、以前のように2〜300円では済まないそうで、もったいないので徐々にGmailに移行することになりました。
引っ越しからFTTH工事まで少し期間があったので、ホームページを見てメールをするくらいできるよう、モバイルルータをお貸ししました。

ひかり電話なので、ルータとパソコンと複合機(FAX付)と、電話機をそれぞれLANケーブルと電話線で接続しなければいけません。
ルータと電話機は近くなのですが、パソコンと複合機(FAX付)が別の部屋です。
これは前の住まいの時も同様で、LAN・電話の配線工事をしました。
途中にテレビがあるので、テレビのところでLANをHUBを経由させておきました。これは、将来的にテレビもLAN接続すると思われるためです。

LAN工事

LAN工事
テレビが映りません。
すべて接続はしていますが、「接続されていません」とメッセージが出ます。
前の住まいからそれほど遠くない場所で、同じ市内です。
おかしいと思ったら、テレビの視聴設定をやりなおす必要があったのでした。

壁に穴を空けてLAN配線をし、モール施工で仕上げました。
電話は一つの番号でFAX兼用ですが、普段あまり使わないので、まず複合機に接続して、複合機から電話機側への戻し配線をしています。
電気のコンセントも数が少ないので、7つ口でコードの長いものを購入し、予め家具の後ろを通しておきました。

今回は、いろいろと訪問してみないとわからない事が多かったので一人で全部やりましたが、さすがに疲れました。
本当はBSアンテナ工事もしたかったのですが、マンションの位置が悪く無理でした。

  • 2016年2月7日

ネットワーク機器お客様より移転する旨ご相談頂いていました。
移転先は集合住宅で、契約中のフレッツ光をそのまま移転手続きするようご案内。
J:COMも入っているそうですが、NTTの継続をお勧め。
引っ越し当日にNTT工事だそうなので、翌日朝から設定に伺いました。

PC:NEC LaVie
OS:Windows10
LAN:RV-S340HI、NEC Aterm WR8160N
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:ぷらら

ルータ設定。
無線LANはそのまま設定変更無し。
ひかりTV接続設定(ST3204)。
なぜかすごく時間がかかりました。
念の為インターネットの回線速度を計測しましたが、取り立てて遅くはありません。
ネットワーク機器今日はひかりTVのサポートはお休みなので、もし今後も不安定になるようなら、サポートに問い合わせて頂くようご案内。
そして、テレビアンテナ工事。
こちらはアンテナの引き出し口がベランダの物置の中にあり、壁に穴が空いているので、そこから同軸ケーブルを部屋内に引き込みます。
配線も整理。
スマホの通信料金が何万もかかっているそうで、無線LAN接続しました。

  • 2015年12月18日

ひかり電話ルータ法人のお客様、突然インターネットが繋がったり繋がらなかったり不安定になったそうで緊急訪問しました。
ひかり電話もご契約で、ルータのランプは正常で、有線LAN接続も正常、でもブラウザーで他のページに表示ができません。最初に出ているサイトはキャッシュでしょう。
ひかり電話も繋がりません。
その後再度確認すると、今度はPPPが消灯しています。ひかり電話は点灯。
ルータの再起動を試すと、一瞬ブラウザーでネットが表示されましたがすぐにできなくなり、ルータのランプもPPP、ひかり電話が今度は消灯しています。
私のスマホで無線LAN接続しましたが、同様にネットはできません。
ルータのログを確認したかったのですが、管理画面のパスワードがわかりません。
NTTの障害をネットで確認しましたが特に報告はありません。
NTTの電話受付終了時間の17:00までに時間が無いので、急いで故障受付(0120-000113)に電話をし、状況を説明すると翌日訪問修理になりました。
その直後ネットは見れるようになり、電話も正常に使えるようになりました。

翌日、修理が終わりました。
結局、集合住宅のMDF内の機器のポートを変えて改善したそうです。
事前に、「有償修理になる場合がある」とか、「ルータの再設定を作業員がする場合は有償になる」とか、「金額は作業員の説明を聞いてくれ」などと、お客様が直に電話を受けていたらかなりイライラするであろう説明が続き、最後のアンケートもアンケート自体がイライラしますが、今回は無償修理になりました。

  • 2015年9月17日

NTTフレッツひかりJ:COMをやめて、NTTフレッツ光をお申し込みです。
NTTの引き込みの位置がJ:COMとは違うので、LAN工事も必要になりました。
無線LANも可能ですが、お仕事でお使いのお客様なので、メインマシンは有線LANにしておくべきと思います。
こちらは、NTTのホームテレホンが入っており、ドアホンも電話機で取っています。
J:COMの前はNTTのアナログ回線だったので、元通りにすれば大丈夫なはずなんですが、あたりをつけてやってみましたがうまくいきませんでした。
電話配線が元のNTTのものと、追加でJ:COMがしたものとあり、露出配線で1階と2階に渡っており、整理しきれません。
今回は、新しい電話機(子機付き)を購入し、FTTHルータの側に設置し、ドアホンは今までどおり古い電話機で応対することにしました。
今のドアホンが故障したら、その時にはドアホン一式と全部見直すことになるでしょう。

ところで、J:COMさんたら解約するとなるとすごい電話対応なさるそうで、その口調にびっくりだそうです。
解約するお客様だって今まで使って頂いて料金払ってくださってたのですから、もう少し気をつけたほうが良いと思います。