• 2007年2月26日

どうして繋がらなかったか

PC:NEC LaVie LL700GD1J
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-HP-G54/PHP
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN
どうしてもインターネットに繋がらないとの事で訪問しました。
ONUと無線ルータの接続はランプも正常です。
パソコンは無線内蔵でしたので、内蔵無線のほうをデバイスマネージャで無効にし、フレッツ接続ツールは一旦スタートアップから外します。
ウイルスバスターは停止。
無線LANカードのドライバに「!」がついているのでこれも削除し、ドライバを入れ直します。
すると、無線は繋がりました。AOSSは一度は成功していたようです。
ルータのインターネット接続設定をして、ホームページが見れるようになりました。
その後、フレッツ接続ツールはアンインストールして完了です。

  • 2007年2月25日

3台PCのAOSS設定

3台のデスクトップパソコンを無線接続ご希望です。
設定の為にPCは全部無線ルータのあるリビングに用意してくださいました。
PC:日立 Prius One AW33P
OS:WindowsXP SP2
PC:Sony Vaio PCV-W110
OS:WindowsXP SP2
PC:富士通 FMV-Deskpower CE50J5
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-AM54G54/P
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:Biglobe
お客様ご自身で設定を試みてどうしてもできなかったそうです。
まずは、前に使っていたフレッツの接続ツールをアンインストール。
そして、古いクライアントマネージャーもアンインストール。
無線LANのドライバも入れなおして、クライアントマネージャー3でAOSSを試みます。
富士通PCはAOSSで接続できましたが、日立PCとSonyPCがAOSSに失敗しました。
まずは、繋がっているPCからルータ設定を完了。
その後、日立PCとSonyPCは一旦LANケーブルで有線接続しておいて、無線ルータの管理画面を開き、AOSS情報からESS-IDと暗号化キーをコピーして、クライアントマネージャーに手入力でプロファイルを登録。
日立PCはこれで接続。
ところが、SonyPCが暗号がAESに対応していません。
無線LANカードがこれだけ古いのでした。
それでAOSSに失敗したのかも。
仕方ないので、暗号レベルをWEP128bitに落とします。
これを手入力でプロファイル登録して接続。
日立PCもプロファイルを修正して、接続。
ところが、これで終わりかと思ったときに、なぜかインターネットが表示されなくなりました。
ルータの管理画面を確認すると、ONUから切断されているようです。
ONUと無線ルータの電源を入れ直ししてもダメ。
試しに、ONUと無線ルータを接続しているLANケーブルを別のものに交換してみました。
すると、接続できました。
ところが、日立PCのみ妙にインターネットの表示に時間がかかります。
有線接続すると普通に表示できます。無線のみが異常に遅い。
試しに無線LANカードを差し込んでいるスロットをもう片方に変えて設定し直してみました。
すると、早く表示できるようになりました。
どうやら、片方のスロットが不良かもしれません。
それでAOSSも失敗したのかも。
フレッツスクエアもちゃんとみることができます。
それぞれのPCを元の部屋に戻して、無線が繋がる事を確認して頂き、完了です。
久々にはまって設定に2時間もかかってしまいました。

  • 2007年1月27日

設定用CD-ROMが使えない

ADSLからFTTHに乗り換えたところ、設定用CD-ROMが古いOSに対応しておらず、自分では設定が出来ないので訪問をご希望でした。
PC:富士通 FMV-BIBLO NE3/43E
OS:Windows98SE
PC:SOTEC PC-STATION
OS:Windows98
LAN:PR-200NE
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN
確かにCD-ROMがWindowsXPと2000にしか対応していません。
でも、ブラウザでルータのIPアドレスを入力すれば設定は可能です。
ところがパスワードが設定されているようで、管理画面に入ることができません。
お客様は自分ではできなかったので覚えが無いそうです。
仕方なくルータを初期化。これで検証機で設定用CD-ROMを使って設定できます。
後は、2台のPCを繋げばインターネットに繋がります。
デスクトップの方が綴じるボタンが数字に変わっています。
これはフォントキャッシュの破損トラブル。久しぶりに見ました。
「ttfCache」ファイルを削除して再起動。
でも、だめだったので、セーフモードで起動し、再起動してOKです。
昔は良く見かけたトラブルです。

  • 2007年1月14日

無線機故障

PC:東芝DynaBook WX3727CDS
OS:WindowsXP SP2
LAN:NEC WR7800H/TC
インターネット接続:ADSL→FTTH
キャリア:TEPCO
ISP:T-com
インターネットがADSLからFTTHに変更したところ繋がらないとのことで訪問しました。
無線機のランプがオレンジに点灯しています。
オレンジ?うーん、普通は緑です。
取扱説明書のランプの解説を読んでもオレンジというのが載っていません。
ありえない状態なので故障ですね。
仕方ないので有線接続してメールアドレスの変更を済ませました。
有線でも繋がらなかったとの事でしたが、なぜか繋がりました。
でも、しばらくすると繋がらなくなり、一旦繋がらなくなると、メディアコンバータを再起動しても繋がりません。
今までもこんな調子だそうです。
うーん、無線ルータを買い替えて設定してみて、それでも切断されるようだとメディアコンバータの不良もありえるかと思います。

  • 2006年12月7日

内蔵無線に!マーク

PC:富士通 FMV-Deskpower LX50R
OS:WindowsXP SP2
LAN:RV-230SE、WHR-G54S
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:T-com
なぜかできなかったそうで、拝見しますとデバイスマネージャーの内蔵無線LANに「!」がついています。これじゃできません。
ドライバの更新は失敗するので、一旦削除して、ハードウェアの検出をかけますとちゃんとドライバが入りました。
とりあえず無線は繋がります。
で、FTTHのルータ「RV-230SE」が未設定です。
付属のCD-ROMでは有線LANでの設定か、RV-230SEの無線での設定しかできません。他社の無線アクセスポイントでの設定ではできないようです。
ダメモトでやってみると、「機器が正しく接続されていません」と拒否されてしまいます。
ルータの管理画面から直接設定を入力し、無線機はブリッジ接続し暗号化して完了しました。

  • 2006年11月17日

オンデマンドTV

LAN:BBR-4MG、VDSL装置VH-100-S
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN
オンデマンドTVの設定ですが、まずフレッツスクエアからドットネットの申し込みをする必要があります。
こちらのパソコンはキーボードを押していないのに、勝手に「i」がたくさん入ってしまいます。ジュースをキーボードにこぼしたそうで、これでは設定できないので、検証機で設定することにしました。
ところが、フレッツスクエアに接続できません。
ルータまでは通信中になるのですが、ホームページは表示されません。
ルータを初期化して再設定してもダメ、もちろんVDSL装置とルータの電源の入れ直しもしています。
試しにVDSL装置をパソコンに直結してみるとフレッツスクエアに接続できます。
今回はSTBのご依頼なので、検証機でそのままドットネットの申し込みを済ませ、HUBとSTBを接続。
ところが、こちらのテレビはAVケーブルの赤の入力端子がありません。
お客様ご了承の上、赤抜きで接続。
ちゃんとテレビが映るようになりました。
インターネットも接続確認して、OKです。

  • 2006年11月12日

オンデマンドTV

LAN:RT-200NE
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:ぷらら
ネットワークにテレビを接続する作業です。
その前に、フレッツスクエアからドットネットの申し込みをする必要があります。
こちらのパソコン、妙に調子が悪く、スパイウェアに感染しているようで、フレッツスクエアを開こうとすると海外サイトに飛ばされます。
PCはマルチセッション対応ルータ「RT-200NE」があるのに、フレッツ接続ツールで接続しており、うまくいきません。
今回はインターネット接続はご依頼ではなく、テレビの接続がご希望なので、検証機をルータに接続してルータのマルチセッションの設定をし、そのままドットネットの設定まで完了。
セットトップボックスをテレビに繋いで、自動で設定が完了すると、インターネットテレビが見られるようになりました。
お客様のパソコンは、起動時にフレッツ接続ツールは立ち上がらないように設定変更しておきました。

  • 2006年10月26日

INTERNET AQUOS

2台無線設定
PC:NEC LaVie PC-LL500/2
OS:WindowsXP SP2
SHARP INTERNET AQUOS PC-AX100M
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-AMG54/U
インターネット接続:FTTH
キャリア:TEPCO
ISP:T-COM
この無線アダプタ「WLI-U2-KAMG54」は、CD-ROM無しでドライバのインストールから、クライアントマネージャ3のインストール、そしてAOSSのらくらく無線設定までができるのでとても便利。
こちらのノートパソコンもCD-ROMが認識しないので丁度良かったです。
ところで、SHARPの「INTERNET AQUOS」のほうがTVとの接続がされていませんでした。
TVのほうだけで使っていたようです。
これはTVに接続するPCで、初期設定が必要なのです。
有償でもやってほしいということで、やってみました。
アンテナコードが3分配で、CSやらBSとPCと繋がります。
キーボードもワイヤレスで、キーボードとリモコンでマウス操作をします。
お客様はこれが無線内蔵と思っていたそうですが、実際には有線LANのみです。
仕方ないので、ノートパソコンにセットアップしたUSBの無線アダプタをこちらにも使用してセットアップを済ませました。
後で同じ商品を購入して接続していただけば良いです。

  • 2006年10月4日

WDS接続

PC:SHARP INTERNET AQUOS PC-AX100M
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-HP-G54、WLA2-G54、WLI-TX4-HP
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN
断熱材のせいか、ONU設置の部屋からこのAQUOS PCの所まで無線親機「WHR-HP-G54」の電波が届きません。
途中の廊下に「WLA2-G54」を設置し、検証用PCで有線接続し、WDS接続設定をしました。
お客様ご自身でもほぼ正しく設定できていたのですが、フレームバーストが有効になっていました。これを無効にして、無線チャンネルと暗号を同じにして、ONUと無線機を全部電源を入れ直します。
これで中継アクセスポイントまでは繋がりました。
あとは、AQUOS PCに繋がっている無線コンバータ「WLI-TX4G54」を「WLA2-G54」に接続します。
これで完了のはずが、どうもインターネットが遅いです。
繋がってはいるけど、ひどく遅い。
試しに無線チャンネルを変更してみると、快適になりました。

  • 2006年9月28日

無線アクセスポイント故障

PC:富士通 FMV-6366 NU4/L
OS:Windows98
LAN:Planex GW-AP11H→WHR-G54S/P、PCI GW-NS11H
インターネット接続:FTTH(インターネットマンション)
キャリア:Fiberbit
ISP:Fiberbit
無線が突然検出できなくなりました。
検証機でも検出できません。
初期化しても検出できません。
ルータに有線接続するとインターネットに繋がります。
これは無線アクセスポイント(GW-AP11H)の故障ですね。
故障では仕方ないので、そのままお客様と一緒に無線機を買いに走りました。
今度は無線ルータにしました。
無線LANカードとのセットモデルなのですが、こちらのパソコンはOSがWindows98の初期型なので、対応していません。
カードは今までのを使うことにして接続をしてみます。
Planexのユティリティソフトでは自動検出できないようなので、親機の内容を手入力で設定して、暗号も手動で設定します。
これでインターネットに繋がりました。