• 2018年6月13日

パソコンをWindows10に買い換えたお客様、どうしても、旧PCとは使用感が違います。

一太郎をお使いなのですが、買い替え時に旧PCに入っている一太郎のDVDディスクが見つからず、最新バージョンをダウンロード購入しました。

しかし、どうも使い勝手が違うらしく、高齢でもあり馴染めません。パソコンが変わったことと、OSがWindows7から10に変わったこと、一太郎のバージョンが変わったこと、パソコンメーカーが変わったこと、何のせいなのかわからないので、メーカーのせいとなってしまいます。でも、使っているのは一太郎とブラウザだけなので、おそらく一太郎の操作方法が変わったのが大きいかと想像します。

その後、一太郎のディスクが見つかったので最新バージョンをアンインストールし、旧バージョンをインストールし直しました。

一太郎は、2011から新しく「オリジナルタイプ」が導入されましたが、「クラシックタイプ」に切替が可能です。こういう思いやりは評価したいと思います。

画面タイプを切り替える

今回もクラシックタイプに切り替えると、使いなれたUI画面になったようです。文字が小さいそうで、初期のフォントをゴシック体に、文字サイズ11に変更しました。これで様子を見ましょう。楽々はがきセットアップ。



携帯電話がガラケーですが、早めにスマホを購入して少しづつ慣れることをお勧めしたところ、奥様にiPhone SEをご購入となりました。通信はSo-netの0simを契約。

一生ガラケーでいられるわけではありませんし、急にガラケーから乗り換えるとパニックになってしまいますし、電話帳の移行も簡単ではないのでぼちぼち慣れていきましょう。0simは自宅では宅内の無線LANに接続するので、外出時のみ通信を使用します。よっぽど使わない限り無料です。よっぽど使うようになったらプラン変更を検討すれば良いです。携帯キャリアのような2年縛り、3年縛りはありません。

液晶フィルム貼り付け、落としても壊れないようカバーを装着、リングを貼り付けて、Gmail、iCloud、Dropbox、LINE、Youtube、Radikoなど設定。

勉強する必要は無いのです。ただ慣れるだけです。ガラケーが故障したら電話番号も移しましょう。

  • 2018年5月4日

プリンターの買い替えで伺ったお客様、前回スマホを無線LAN接続したのですが、機種変したら私の設定したプリンター設定やメール、お気に入り・Dropboxが全部消えました。
このauのらくらくスマホ、どこがらくらくなのかわからない。
いや、前々からドコモのらくらくホンなどあの手のスマホが本当に簡単なのか疑問でした。
ショートカットを移動することすらメニューをさがさないとできない。
入力システムの切換も簡単にはできない。
何しろ何も簡単には変えられないようにできている。
つまり、困った時に友達や家族に聞いても簡単に助けてもらえない。
次回機種変する時はiPhoneにした方が良いです。
いや、お願いだかららくらくスマホはやめて欲しい。
これに慣れさせられたら、逆に他のスマホは使えなくなってしまうでしょう。
若者は、親がまだ元気なうちに早くiPhoneに慣れてもらったほうが良いです。
もっと年を取ってからだと大変で、携帯ショップでらくらくホンなんか買わされたらたまりませんよ。
もはやスマホを持たないという選択肢は無いと考えて欲しい。
そして、安いandroidの中華スマホはパソコンの次に危険です。

  • 2018年4月29日

Googleを語る詐欺

androidスマホの画面に突然こんなのが出ます。「無料インストール」をクリックしてはいけません。これは、Googleの名を語る嘘広告です。

パソコンにもよく見かける詐欺ソフト・詐欺サイト。 でも、画面一杯にこんなのが出ては普通の人はどうしたら良いかわからないかもしれません。

この場合、ポップアップが出ているので、まず「戻る」ボタンでポップアップを消します。そして、GoogleChromeのタブをすべて閉じる。これは画面右上のメニューにあります。


これだけです。iPhoneでは出ないと思います。androidのスマホはご用心。

  • 2018年3月2日

中古のiPhone5、液晶パネル交換はできたものの、PokemonGo!なんてやると1時間でバッテリーが無くなる始末。
Appleがバッテリー交換を格安でやっていますが、それはiPhone6以降。
iPhone の修理 – バッテリーと電源

再び勇気を出して、自力でバッテリー交換をやってみました。

iPhone5

パネル交換の時に、交換パーツに付属していたツールを使ってみましたが、この吸盤は全然ダメ。
慎重、且つ結構強引にホームボタン側の脇から隙間を開けていきました。

iPhone5

iPhone5

iPhone5

新しいバッテリーと、取り外したバッテリー。表と裏。

iPhone5 バッテリー iPhone5 バッテリー

これを元通りに装着して、蓋を閉めて、充電しようとケーブルを繋ぐとリンゴのマークが表示されて、結構待ち時間が長かったけど、めでたく起動できました。
あ、バッテリーの両面テープ貼るの忘れた・・・(汗)。

パーツはここから購入しました。
BIG HEART

  • 2018年2月11日

ASUSのZenfone5の液晶を割ってしまいました。
絶対に落とさないよう、落下防止のコードをつけていましたが、ジャケットのポケットに入れた状態で、車のドアに挟んでしまったのです。ショック大きい。
購入後約3年。もちろんメーカー保証は終了。
問い合わせメールへの返事によると、修理代は、検証料金:5.000円、修理料金:5.000円、部品料金(LCD):7.000円、合計17,000円(税抜)。
機器は初期化されるそうです。
フィルムを貼っているので割れても破片は飛び散らず、若干割れたあたりの反応が鈍いのですが、一応使えるのでゆっくり悩みます。

すごく使っているので、そろそろ容量もメモリも不足気味。
買い替えも良い時期かとも思いますが、後継機としてすごく欲しい機器も特に無し。
修理に出して戻ってくるまで1〜2週間、携帯電話・LINE無しは絶対無理。
タブレットにSIMカードを移し替えて・・・と考えましたが、サイズが違う。
考えた末に、Zenfone4 を購入し、Zenfone5は自力で修理を試みることにしました。
どちらにしても、SIMカードはMicroSIMから NANO SIMに交換が必要です。
SIMカードはNifMo(シェア)、サイズ変更をWEB上から申し込んで2営業日で新SIMカードが発送されました。
新スマホにSIMカードを挿入して動作確認を済ませた上で、旧スマホの修理にかかります。

ネット上に、同じく自力で修理した人の情報が結構あります。
以前、iPhone5のパネル交換に挑戦した時の道具が使えます。
アマゾンでパーツと両面テープを購入。

Zenfone5をシャットダウンし、SIMカードやSDカードを外して、ネジを外します。
小さなネジ4個、少し大きいネジ7個。1箇所シールが貼ってあります。
これを外した形跡があると、保証期間でも保証が無くなるのでしょう。

Zenfone4 Max Zenfone4 Max

蓋がパカッと開き、基盤とパネルを繋ぐケーブル・コネクタを外します。

Zenfone4 Max 基盤 Zenfone4 Max

黄色いフィルムを外して保管。
コネクタの白い押さえを上げるとケーブルが抜けます。

Zenfone4 Max Zenfone4 Max Zenfone4 Max 

基盤を抑える2つの爪を少し抑えて、基盤が外れました。

Zenfone4 Max

バッテリーからケーブルを剥がしておきます。
次に、パネルを剥がすのですが、接着されているのでドライヤーで接着を暖めながら、隙間にピックを差し込んで浮かせて行きました。
結構大変。ゆっくり焦らずに・・・。
でも、割れているので細かい破片がこぼれてちょっと指を切っちゃいました。

Zenfone4 Max

左が壊れたパネル。右が交換用。下の絶縁用シートとか、カメラの回りの丸いシートも移しました。
写真を撮りわすれましたが、黒いフレームに両面テープを丁寧に貼っていきます。

Zenfone4 Max

ここに基盤を戻すのですが、先に下のケーブルを差し込みます。
この辺、写真を撮り忘れているのは、気持ちに余裕が無かったんですね。
後は元通りにケーブルを差し込んで行きます。ゆっくり、ゆっくり。

Zenfone4 Max

ケーブルを接続したら、蓋を閉める前に電源をON。
ちゃんと起動ができました。

Zenfone4 Max

後は、ネジを全部閉めて、SIMカードやSDカードを挿入して、カバーも閉めて、動作確認。
完璧です、うれしい!!

 

  • 2018年2月10日

ASUS Zenfone4 Maxを買ったよ

Zenfone4 Max

Zenfone5の液晶を割ってしまって、購入後3年なので買い替えを検討しました。
比較検討したのはiPhone SEだけ。
海外で使えるスマホの代表的なのがASUSとiPhone。
他にもあることはあるけど、私のネットワークに入れて良い候補に入らない。

Zenfone4 Max(ZC520KL)

見た目、iPhoneっぽい(笑)。
Zenfone5よりちょっとだけ大きい。本当はもうちょっと小さくなってほしい。
片手で操作できるくらい、胸のポケットに収まるくらい、そうiPhone SEがそれだった。
もちろんSIMフリー、トリプルスロット、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、4,100mAhの超ロングバッテリー、リバースバッテリー内蔵。デュアルレンズカメラ。
カタログはここ

すごいっすね、モバイルバッテリー持たなくて良い。
microSDカードは最大256GBなので、ネットに繋がらない場所に動画や音楽を持ち出すことも可能です。 
ひとつ要注意なのは、「手袋モード」が無くなったこと。
IngressやポケモンGo、バイクで使う人にはかなり重要かも。

Googleアカウントで同期しているので、移行はすごく簡単。
ただ、2段階認証だけは全部やり直す必要がある。
意味を考えれば当然ですね。
銀行・株取引や、暗号通貨などやる人は、壊れてから買い換えるより、早めにサブスマホは購入しておいた方が良さそうです。
ましてや、ショップで交換してきちゃうといったいどうなるのか・・・。
私はショップでスマホを契約したことがないので想像もできません。
何もかも1台だけで済ませたいという人が少なくないけど、恐ろしいことですよ。

 

  • 2018年1月5日

iPhone・iPadでOfficeファイルを編集してクラウドに保存

出張先でOfficeファイルを編集してメールに添付して送りたいとのこと。
お客様はOffice365のアカウントを持っているので、iPad、iPhoneにWord・Excelアプリをインストール。
Office365にサインインします。
クラウドサービスはDropbox、GoogleDriveを使用しています。

まず、編集したいファイルをDropboxに入れておきます。
iPhone・iPadのExcelを起動し、ファイルを開き、編集する。
メニュー左から2番めのマーク→「コピーを送信」→「別のアプリケーションで送信する」→「Gmail」を選択。

EXCEL EXCEL EXCEL EXCEL

Gmailの新規作成画面に添付されるので、メール作成して送信。
Dropboxに名前をつけて複製保存はできますが、上書き保存は出来ないようです。

パソコンやiPadで頻繁に編集するなら、WordやExcelで常時OneDriveに保存するのが良いかもしれません。
スマホに空き容量が充分でない場合は、Officeアプリはサイズが大きいので必要な時だけ入れれば良いでしょう。

  • 2017年10月29日

IPHONE SEセットアップ

iPhone SEずっとガラケーを使ってきたお客様から、スマホ導入のご依頼です。
ガラケーを維持し、別途iPhone SE+格安SIM(MVNO)をご提案。
最新のiPhoneは10万超え。このiPhone SEは片手で操作ができるサイズ。
しかもけっこう手頃なお値段。
通信契約はSo-net 0 SIM。500MBまでは無料です。
それ以上使うようになったら、いつでもコース変更検討すれば良いです。
携帯キャリアのように2年縛りとか解約違約金とかありません。

自宅の無線LANに接続設定。
DTIメールの設定を試みるも失敗。
確認したところ、「DTI Legacy Mail」では送信設定不可。
Gmailでも同様に送信設定不可。
DTIにログインして、メールのシステムを「DTI Cloud Mail」に変更して、Gmailで受信することにしました。
Gmailなら今後はパソコンを買い替えてもスマホを買い替えても何も問題ありません。

保護フィルム貼り付け。
LINE設定(セキュリティきつめ)。
iCloud設定。


 

  • 2017年10月11日

ガラケーからスマホへの乗り換えを検討のお客様に、ガラケーとは別にスマホ+MVNOを導入することにしました。
ガラケーを急いでやめる必要はまったくありません。

スマホ:ASUS Zenfone 3
通信(MVNO):So-net 0sim データ+SMS対応プラン
保護フィルム貼り付け、クリアケース装着。
SIMカード・MicroSDカード装着。

Zenfone3 Zenfone3 Zenfone3

Googleアカウント、アマゾンKindle、Gmail、Youtube、Googleマップ設定。
通信契約はSo-netの0simで、500MBまでは無料。上限は5GBで1600円。
但し、3ヶ月全く使用しないと解約されてしまうので注意が必要です。
いきなりガラケーから乗り換えて、使い方がわからないとかバッテリーが無いとか突然電話が使えなくてパニックになるのも怖いです。
しばらく使って慣れてきてから通信契約を変更してもかまわないのです。
ドコモやau、Softbankなどのキャリア契約と違って契約期間の縛りがありませんから、電話番号を移したくなったらその時移せば良いです。
そして、自宅では自宅のWiFiに接続すれば0simの通信を使用しません。
問題はメールアドレスで、固定回線のプロバイダ契約と同様です。
面倒でも乗り換えれば月額5000円くらい違うはずで、1年で60,000円。5年で300,000円と考えていただきたい。
メールアドレスは最初からプロバイダやキャリアのものを使わず、Gmailなどを使っておいたほうが後々面倒がありません。
フリーメールだとダメなサービスもたまにはありますが、そういう時だけに使うようにしておけば乗り換えもさほど面倒になりません。

 

  • 2017年6月25日

auのiPhone5でDocomo系格安SIMを使う

20170625005auのiPhoneはDocomoやSoftbankのiPhoneとは通信方式が違うので、Docomo系格安SIMで使用する事ができませんでした。
自己責任で、脱獄したりSIM解除アダプタを使えば通信できるのですが、私もSIMロック解除アダプタを使用して、時々圏外になったり、シャットダウンするとダメだったり、4回起動し直しして復旧させたりとけっこう苦戦したものでした。

が、この新しいSIM解除アダプタ「SmartKing X」で安定して使用可能となりました。

実は最初は手こずりました。というのも、元々使っていたFreetelのSIMカードが突然通信できなくなり、他の端末(Nexus7、Zenfone5)でもNGで、SIMカードの有償交換を依頼しました。交換直後はNexus7で動作確認したのですが、iPhone5では「不正なSIM」とか出て、SIMカードを認識するものの、通信できない状態に陥りました。
その後はNexus7でもZenfone5でも通信不可です。

メーカーにメールで問い合わせて指示された確認事項に、「設定」→「もっと見る/その他」→「モバイルネットワーク」
→「通信事業者」→「NTT DOCOMO 4G」を選択とあり、Nexus7でこれをやったところ、通信が回復しました。
端末1台で回復した後は、他のスマホ(タブレット)でも通信可能です。

iPhoneをシャットダウンしても電源を入れれば正常に繋がります。
iOS 10.3.2にアップデートしても問題ありません。