• 2018年11月18日

Zenfone4でホームボタンが無反応に

突然にZenfone4のホームボタンが反応しなくなりました。とりあえず再起動で直ったのですが、念の為ググってみたところGoogleアシスタントアプリがホームボタン動作不良に関係あるとか・・・、そう言えば最近何もしていないのにやたらとGoogleアシスタントが起動して、その都度キャンセルをしてました。念の為Googleアシスタントアプリを無効化。

[設定]→[アプリ]の右上歯車マーク→[アシストと音声入力]→アシストアプリを「なし」

  • 2018年10月21日

ガラケーからiPhoneへ移行完了

ガラケー(au PT002)とiPhone SEを併用してお使いのお客様、そろそろガラケーをやめても良いそうです。以下手順。

1)移行の準備として、1ヶ月前くらいから、キャリアメールをやめてGmailに切り替える旨を、お友達にメール通知。

2)auに解約しても違約金がかからない期間を確認。

3)ガラケーのバックアップ(これは切り替え後でも大丈夫だが、暗証番号を紛失していると面倒、今回は初期値でした)。

違約金がかからない期間に、いよいよ手続き。間違えると面倒なので、絶対に間違えないように。お客様一人ではハードルが高いので、一連の作業をサポートします。お客様と私の両方の日程調整が必要です。

4)auのMNP予約番号を取得する(auのサポートサイトから可能、または電話、auショップ)

5)SIMをWEBから契約(契約内容や証明書類のアップロードをサポート)

6)SIMカードが届く

7)訪問して、iPhoneのSIMカード入れ替え、設定変更、ガラケーアドレス帳変換、LINE電話番号変更、Dropbox設定。

4〜7はMNPの有効期間15日の間に完了しないといけないので、お客様と私の日程調整が結構大変でした。

auショップに行くと、混んでるし、話が通じなかったり間違えられたり面倒なので、できるだけWEBでやった方が良いです。今回も予約番号の申込みだけで、予約番号は受け取れておらず、お客様にて電話で聞いてもらいました。

今回のSIMはnuro mobileですが、SIMカードを入れ替えて設定ファイルをインストールするだけではダメで、サポートサイトにログインして開通予約をする必要がありました。9:30頃に9:00〜11:00枠で予約して1時間くらいで開通しました。

LINEは念の為トークのバックアップを全部取って、機種変と同じ手順でメールアドレスを設定し、アカウント引き継ぎを有効にした上でSIMカードを入れ替えました。結局電話番号の変更だけで大丈夫だったようです。

ガラケーの連絡先からiPhoneの連絡先への移行は、アプリ「アドレス帳変換ツール」を使用しました。

SDカードにバックアップを取り、パソコンにカードリーダーで接続、「アドレス帳変換ツール」で変換後、iPhoneにメールに添付して、iPhoneで添付ファイルを開くと連絡先に読み込まれる。


【iPhone】SDカードからのアドレス帳の移行

これで、スマホに完全移行です。今迄のSIMカードは解約して返却。もうショップの窓口に行く必要はありません。さよならガラケー。

  • 2018年9月22日

Zenfone5のZenUI Lancherが終了と起動を繰り返す

Zenfone5のZenUI Lancherが突然終了し、起動と終了を延々と繰り返すようになりました。頑張って使いたいアプリを起動すれば何とか使えますが、バッテリーもひどく消耗するしイライラ・・・。再起動、アプリの更新、アプリの入れ直しはNG。「ZenUI Lancher」を削除して、標準の「ASUS ZenUI]にしてもそれも同様になってしまいました。最後の手段は初期化だけどそれは避けたい。

いろいろぐぐって、セーフモードで起動してみることにしました。電源長押し→[電源を切る]を長押しでセーフモードで起動できます。そして、Playストアから別のLancherをダウンロードして適用。

これで何とか直りました。

  • 2018年9月18日

スマホに文章を読んでもらう

年を取って目が弱ってきたので、スマホに本を読み上げてくれる機能を試してみました。iPhoneでもandroidでも可能です。

androidの「TolkBack」は設定したらすべて読み上げになってしまいます。「選択して読み上げ」でも、操作性が悪くイライラ、読み上げる音声もまだまだな感じです。

[設定]-[ユーザー補助]-[TolkBack]、または[選択して読み上げ]

iPhoneでは、「VoiceOver」でできます。

[一般]-[アクセシビリティ]-[スピーチ]-[画面の読み上げ]をオンにして、読んで欲しい画面で、上から2本指でスワイプするとVoiceOverが起動して読み上げが始まります。Kindleで試してみましたが音声もandroidより良い感じです。読む速さを調整することもできます。歩きながら新聞記事を読んでもらうと良いかな。Kindleは自分のPDFをアップロードすることもできるので、自炊した本を読んでもらうこともできそうです。

 

  • 2018年9月15日

OCNモバイルONE契約とモバイルバッテリー

iPhoneをFreetel SIMでお使いのお客様、SIMの使用料支払いのクレジットカード期限切れに気づかず3ヶ月過ぎてしまい、契約解除されてしまいました。再契約もできないので他のSIMを契約することになり、プロバイダがOCNなので、OCNモバイルONEを契約することにしました。これならクレジットカード不要、銀行引き落としです。

パソコンのメンテナンス、WindowsUpdate、東芝Update、ウイルスクリアは契約変更が必要になっているので、この機会に解約。Defenderを有効にしました。余計に入ってしまったMcAfeeなどをアンインストール。メモリが4GB。なんだか動作が遅いので次回メモリも増設しましょう、でもCPUがCeleronなので効果が体感できるかどうかは微妙です。

iPhone8 Plusメンテナンス、連絡先確認、Dropbox確認、TouchID設定。震災があったのでモバイルバッテリーを代理購入。

こちらは電話はガラケーのまま、iPhoneとiPadをご利用です。ガラケーは無理にやめなくても良いですが、メールは少しづつiPhoneのGmailをメインに切り替えていくことをお勧めします。

 

  • 2018年9月14日

iPhoneでメールに写真を添付する

iPhoneでメールに写真を添付する方法です。
そのまま添付すると、iPhoneの写真はサイズが大きいので、受信する相手に通信料がかかってしまって迷惑なので、サイズを変更します。
まず、iPhoneに入っている標準のメールアプリを起動します。
メール作成をして、宛先やタイトルを入力して、メール本文の何も無いところをタップすると、メニューが出ます。
このメニューの右矢印をタップして、「写真またはビデオを挿入」をタップ。
写真を選びます。
画像サイズのメニューが表示されます。「大」「中」「小」そして「実際のサイズ」の4種類から選べます。
どの程度の縮小が良いかは、自分宛にメールして試して見てください。

  • 2018年8月10日

いつまで経っても楽譜が読めない私、ピアノの先生から良いiPhoneアプリを教わりました。

[音名]ピアノフラッシュカード

 

見ながらピアノで音符の音を弾くと、どんどん練習できます。もともと紙で作られたものをアプリ化したようです。ピアノの音を認識して、正しく弾けるとどんどん点数が上がります。

ただ、私の場合老眼なので、iPhoneだと小さくて辛い。iPadだとなぜかアプリが落ちる。

そこで、使っていないテレビ(22型)+AppleTVでミラー化してみました。

バッチリです。

うちの電子ピアノはYAMAHAのネットに繋がるので、こういうアプリがあれば良いのにね。

  • 2018年7月27日

中古でお安く手に入れたiPhone6はやはりバッテリーがへたっているので、バッテリー交換を試みる。せっかくだから大容量にする。

Deeproの交換キットが非常に良かった。工具が前にiPhone5で交換した時のものより格段良く、マニュアルもわかりやすい。iPhone5では液晶を開けるのに結構苦労したけど、iPhone6は吸盤で簡単に開いた。外すネジも下の2つと、プレートの7つだけ。

バッテリーの接着テープもするっと取れた。

左:旧バッテリー 右:交換バッテリー

  

バッテリーのコネクターを固定して、バッテリーもセット。

そして、外したコネクターを元に戻していく。これが一番難しかった。外すのは簡単だが、取付は指先の微妙な感触で小さなコネクタをはめていく。(後から考えたら上のプレートは外さなくても作業可能かも・・・、バッテリーの両面テープを外す時うまく固定できれば)液晶をはめて電源を入れると無事起動した。バッテリーライフは大容量を確認できないそうで、ベンチマークアプリ「AIDA64」をインストール。ご機嫌です(●^o^●)

 

  • 2018年7月25日

iPhone最新モデルは10万以上します。スマホというよりパソコンです。でも、中古だったらもっと安くで入手することができます。今までiPhone5にアクティベーション解除のゲタを履かせて、FreetelのSIMで使っていましたが、iOSバージョンアップ10.3.3で打ち止め。今回はiPhone6をメルカリで購入してみました。Phone6以前の機器はSIM解除非対応です。だから安い。13,000円ほどです。アクティベートが必要なので、アクティベートカードを購入。そして、iPhone5で使用していたFreetel SIMを使いたいので、iPhone6で使えるSIM解除アダプタも購入。iOS11.4.1までアップグレード。これでPokemonGoも遊べます。ただ、バッテリーはやっぱりヘタっています。バッテリー交換もしてみましょうかね。

   

  • 2018年7月16日

会社の社員同士でスマホを活用して、LINEで無料通話、現在地を共有して業務のスピード感をUPさせたいとご相談を受けました。

機種選定は、すでにご利用中のスマホはiPhoneですから、ITに詳しくない人のサポートする事を考慮して同じiPhoneに。最新機種は高額ですが、現役機種の中で一番古いiPhoneSEあたりなら4万ほどです。または、良質な中古でiPhone6あたりなら2万ほど。但し、保証は一切無し。これは、新品だって保証期間でもどうせ故障すれば修理で使えない期間が出るわけで、中古でも故障したらまた中古を買っていけば良いとのこと。

通信契約は、メインスマホで使用しているのはauですが、今回は格安SIMで、So-netの0SIMにしました。社内では会社の無線LANに接続です。LINEを使うのでデータ通信+SMSの契約。500MBまではデータ通信は無料。SMSの150円分だけ。0SIMの通信速度が遅いという悪評番もあるのですが、こういう使い方でどの程度不便があるか試してみて、不便なら別のSIMに乗り換えれば良いだけです。

外出中の社員の位置を把握するには、Appleの「iPhoneをさがす」でも良いのですが、パソコンで見るにはiCloudのサインインが面倒で、何か無いか調べたところ、Googleの位置共有が便利でした。

パソコンでなく、iPhoneのアプリなら色々多機能なものも使い勝手の良さそうなものも多数ありましたが、パソコンではこれくらいしか見つかりませんでした。

Googleマップのメニューに「現在地の共有」があり、これに共有したい相手のGoogleアカウントを登録。メールアドレス・メッセージ・LINEなどで共有相手と接続して、共有を開始します。Google側の設定で「ロケーション履歴」はオンに設定。自分の為にもなかなか便利ですよ。