• 2017年10月11日

ガラケーからスマホへの乗り換えを検討のお客様に、ガラケーとは別にスマホ+MVNOを導入することにしました。
ガラケーを急いでやめる必要はまったくありません。

スマホ:ASUS Zenfone 3
通信(MVNO):So-net 0sim データ+SMS対応プラン
保護フィルム貼り付け、クリアケース装着。
SIMカード・MicroSDカード装着。

Zenfone3 Zenfone3 Zenfone3

Googleアカウント、アマゾンKindle、Gmail、Youtube、Googleマップ設定。
通信契約はSo-netの0simで、500MBまでは無料。上限は5GBで1600円。
但し、3ヶ月全く使用しないと解約されてしまうので注意が必要です。
いきなりガラケーから乗り換えて、使い方がわからないとかバッテリーが無いとか突然電話が使えなくてパニックになるのも怖いです。
しばらく使って慣れてきてから通信契約を変更してもかまわないのです。
ドコモやau、Softbankなどのキャリア契約と違って契約期間の縛りがありませんから、電話番号を移したくなったらその時移せば良いです。
そして、自宅では自宅のWiFiに接続すれば0simの通信を使用しません。
問題はメールアドレスで、固定回線のプロバイダ契約と同様です。
面倒でも乗り換えれば月額5000円くらい違うはずで、1年で60,000円。5年で300,000円と考えていただきたい。
メールアドレスは最初からプロバイダやキャリアのものを使わず、Gmailなどを使っておいたほうが後々面倒がありません。
フリーメールだとダメなサービスもたまにはありますが、そういう時だけに使うようにしておけば乗り換えもさほど面倒になりません。

 

  • 2017年10月7日

パソコンの調子が悪いそうで訪問しました。
2台のパソコンのうち1台がネットが不安定だったそうです。

PC:NEC VALUESTAR 
OS:Windows10 Home
Memory:8GB

インターネット接続:CATV
ISP:J:COM

まず、ネットが切れるのでJ:COMに電話したところ、無線ルータはサポート外、モデムは正常と言われたそうです。
パソコンメーカーに電話したところ、原因が特定できずシステムの復元を案内され、復元後も改善しなかったそうです。

まず、有線LANでもブツブツ切れています。
無線LANも有効になっているので一応ネットは使えますが、頻繁に有線と無線が切り替わっているようで、切れているのは有線LANの方でした。
こちらはマンションで、埋め込み下駄箱の上にネット設備が収納されています。
壁から宅内の各部屋からのLANケーブルが集まっていて、モデム、HUB、無線ルータが設置されていて、今回のトラブルはHUBの故障でした。
HUBのランプが全点灯→消灯→接続箇所のみ点灯を繰り返していました。

ネットワーク

HUBは撤去。無線ルータのLANポート4つでなんとかします。
全部で6本のLANケーブルのうち、どうしても必要なリビングや遠い部屋の分のみ無線ルータのLAN側に接続し、それ以外は無線LANで接続しました。
今回無線ルータも古いので交換しましたが、なぜかなかなか繋がりません。
一台だけパソコンが繋がり、なぜかWAN側IPアドレスを取得しています。ルータが有効になっていない。
背面の切り替えスイッチは間違いなくルータはONなのに。

昔CATVでこんなことがよくあったものですが、モデムの電源を切って5分ほど放置。
モデムの電源を入れ直し、ランプが点灯したのを確認してから無線ルータの電源をON。
これで正常に動作しました。

アメーバのゲームの画面にビックリマークが出ていましたが、ネットが安定して「Flash Player Pro」をアンインストールしたら出なくなりました。
この「Flash Player Pro」はAdobeの偽サイトです。

アメーバエラー 偽Frash Player

「Byte Fence AntiCalware」「Flash Player Pro」「InternetSpeedTracker」アンインストール。
「Adobe Reader」インストール。
プリンタ設定確認。

ネットワーク

  • 2017年10月1日

プリンタ廃インク限界

廃インクエラープリンターのエラーを放置していたら印刷できなくなったそうで訪問しました。

修理対象機種・料金一覧
を確認すると、製造終了。すでに5年以上過ぎているのでメーカー修理は不可能。
修理出来ても修理代7,000〜13,000円かかります。

【EPSON】廃インク吸収パットの限界エラーの対処方法
によると、廃インクのタンク化とか、カウンターをリセットするツールとかあるようですが、修理して使いたいと思えないので買い替えです。
廃インクのタンク化改造は面白そうでやってみたいけど、直ってもこれ大きくて邪魔なんです。

  • 2017年10月1日

マウスもキーボードも動かない

起動できなくなったパソコンを一旦は修復しましたが、すぐにまた不具合が出たので、もう修理しても無駄と判断しました。
今回導入したパソコンはこれ。超小型パソコン。

PC:MousePro-M590C-SSD-1701
OS:Windows10 Pro 64bit
SSD:240GB
Memory:8GB(8GBx1)

LAN:BN MAX BCW710J2
インターネット接続:CATV
ISP:J:COM

無線LAN接続設定。
メール設定(Thunderbird)
プリンタ設定(EPSON EP-806AW)
回復ドライブ作成。

そろそろSSDのパソコンが一般にも普及してきました。一度SSDにするともう戻れません。
このパソコン、ディスプレイの後ろに取り付けるマウンタが同梱されています。
つまり、一体型パソコンが作れちゃうんですね。面白い。

2017-10-14 10.59.36

付属品 「 VESA マウンタ 」 の取り付け方法 ( コンパクト PC )

ハードディスク故障旧PCは起動するものの、マウスもキーボードも反応せず、まったく使えません。
諦めて新しいパソコンを導入。
前回、住所録ファイルをCSVファイルでエクスポートしておきました。
旧PCを後日確認したところ、ハードディスクに不具合が発見されました。
これを交換修理した場合、リカバリすればWindows7に戻り初期設定して、2020年までで終了。
Windows10をクリーンインストールして再設定すればまだ使えるかもしれませんが、それでもハードディスク以外に不具合が無い、あるいはすぐに別の部分に不具合が出ないとは限らない訳です。
また、強制アップデートでWindows10にされたパソコンはメーカーは推奨しなかったので対応義務は無いし、大きなアップデートの度にトラブルを誘発する「アップグレード版Windows10」と、どの時点で見切りをつけるか、修理にお金をかけるか、という選択になります。
もちろん親の形見のパソコンで、どうしてもずっと使いたいなら延々と修理をしてもかまいません。

 

  • 2017年9月30日

Macの美しさはネジが無いこと。
ゆえに、メモリ増設とかハードディスク交換とか、修理となると外観に傷をつけずにやるのは至難の業。
今回、廃棄するMac miniを分解してみました。

mac mini

蓋の隙間にヘラを差し込んで・・・

mac mini

爪を少しづつ外して・・・

mac mini

蓋を外すと・・・

mac mini

DVDドライブも外して・・・、ハードディスクが出てきた。

mac mini

ハードディスクとファンを外すと・・・

mac mini

ここまで開けないとボタン電池もメモリもいじれない。

mac mini

元に戻すのは絶対イヤだわ。

  • 2017年9月26日

文字化けiBookでAppleWorksを使う」で残した課題、AppleWorksの「cwk」ファイルをLibreOfficeで開けるかどうかの検証をしてみました。
Libre Office 4.2.6や4.1.5.3でなら開けたという情報があり、古いLibreOfficeをダウンロードできるサイトもあり、試してみました。
結論から言うと、全部玉砕しました。

WindowsXPのパソコンを使って、LibreOffice 4.2.6、4.1.5.3両方を試してみましたが、開くことはできても文字化けしてしまいました。
MACやUbuntuでも試そうと思いましたが、昔のUbuntu版 LibreOfficeは仕様が違うようで、なかなかインストールができませんでした。

※ 古いLibreOfficeのダウンロード
Index of /libreoffice/old

  • 2017年9月18日

UbuntuからWindows10へWOLとリモートアクセス

メインマシン(Ubuntu16.04)から、Windows10へWOL(Wake On Lan)設定をしたので覚書。
このパソコンはWindows7からWindows10にアップグレードしたパソコンです。
ルータ(ASUS RT-AC68U)に、Wake On Lan機能があります。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TB)
OS:Windows10 Home 32bit

クライアント側(Windows)の準備。

BIOS設定
 起動時にF2を押してBIOS起動→「詳細」の「各種設定」で、「LANによるウェイクアップ」を「使用する」に設定。

BIOS
デバイスマネージャー設定
 デバイスマネージャーの「ネットワークアダプタ―」項目で、有線LANのプロパティを開く
 →「電源の管理」タブで、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」にチェック。

電源オプション設定
 [コントロールパネル]-[電源オプション]-[電源ボタンの動作を選択する]で、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。
「シャットダウン設定」項目の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す。

MACアドレスを確認
 このルータはネットワーク内の情報を管理しやすいです。

ルータからWOL
 マックアドレスを指定して、「ウェイクアップ」をクリック。

WOL

端末で確認

sudo ethtool eth0 | grep Wake-on
Supports Wake-on: pumbg
Wake-on: g 

「Wake-on: g」ならOK。

端末からWOL

sudo apt-get install wakeonlan

でソフト「wakeonlan」をインストール

wakeonlan xx:xx:xx:xx:xx:xx(MACアドレス)

WOLアプリは?

gWakeOnLan」をインストールしてみました。
MACアドレスがわからなくても、IPアドレスで検索されます。
IPアドレスは固定しました。
左のチェックボックスにチェックを入れて、「Turn On」。

Gwakeonlan

ここまでは、ネットワーク内からのWOL。

次は、ネットワーク外からのWOL。
このルータには、「AiCloud2.0」機能があり、「Smart Access」でネットワーク外からインターネット経由でパソコンにアクセスできます。
スマホアプリを使ってWOLとリモートアクセスができるわけです。

AiCloud

但し、このWindowsPCはWindows10 Homeなので、リモートデスクトップアプリは入っていますが、リモートを受けることはできません。
ネットワーク内なら、Chromeリモートデスクトップがあります。

Chrome リモート デスクトップを使って他のパソコンにアクセスする

  • 2017年9月17日

パソコンを起動しようとすると、こんな状態で起動できないとのこと。

This Product is covered by one or more of the following patents:
US5,307,459, US5,434,872, US5,732,894, US6,570,884, US6,115,776 and US6,327,625

(略)

CLIENT MAC ADDR:(略) GUILD:689DADFF-F56D-11E8
-8B14-F88F412C38B3
PXE-E53:No boot filename received

PXE-M0F:Exiting PXE ROM

Boot Failure
Press any key to continue

訪問して、電源コードや他のケーブル類を一旦外して、再度接続して電源ボタンを押すと、すごく時間がかかったものの起動しました。
Windows7だと思ってOSのディスクなど持参していましたが、Windows10にアップグレードされていました。
回復ドライブは作成してありません。
スタートボタンがクリックしても無反応で、「Internet Explore」や「コントロールパネル」、「Edge」が開けません。
詐欺ソフトが複数インストールされています。

まず、最初の英語のエラーメッセージでは、起動の時点で必要なファイルに辿りつけないと言っているので、Windowsかハードディスクの不具合の可能性があります。ハードディスクの故障なら、交換修理になりますが、それ以外の部分に異常が無いという保証は無いし、すでに6年ほど使用しているパソコンですから、いっそ買い換えたほうが良いのでは?とも思います。

スタートボタンが反応しない件は、右クリックなら表示されます。
イベントビューアにはたくさんのエラーが出ています。
左のクリックは再起動してもNG。
高速スタートアップを無効にしてもNG。
詐欺ソフト(Universal Driver Update、Advanced PC-Care、PlaceEngine Client、Hao123)をアンインストールして再起動してもNG。
「Orbitum」はアンインストールできなくなっていました。スタートアップから削除。
ネットの情報だと、子供がインストールしてしまったという書き込みが多いので、ゲーム関係のサイトからダウンロードされたのではないかと思います。

必要な変更を完了できませんでした。
パラメーターで無効なWindows機能名が指定されました。
エラーコード:0x800F080C

MicrosoftのトラブルシューティングツールでもNG。

トラブルシューティングが完了しました。

見つかった問題
 必要なアプリケーションが正しくインストールされていません。
 タイルデータベースが壊れています。

上記2項目に×が付いています。

セキュリティはJ:COMの「マカフィー for ZAQ」が入っていましたが、どうせ無駄なのでアンインストールし、DefenderをON。
ネットでググると色々皆さん苦戦されているようです。
やはり、最初のエラーが気になります。
時間とお金をかけて何とかしても、すぐにWindowsUpdateで何か起こるかもしれません。
ネットでも、一旦修復しても再発したという情報もあります。
とりあえず、IEやコントロールパネルはタスクバーにピン止めして開けるようにしました。
スタートメニューが開けないこと以外は何とか使えるようになりました。

お客様とご相談の上、この状態でしばらく使うことになりました。

Microsoft トラブルシューティングツール トラブルシューティングが完了しました。

  • 2017年9月11日

MACで半角カタカタ入力

MACでは、半角カタカナの入力が無効になっているのに初めて気づいた。

半角カタカナの入力

  • 2017年9月10日

FAX複合機 brother MFC-J997DN

MFC-J997DN7年前に購入したCanon Pixus MX870、しばらくUbuntuでドライバ関係のトラブルが続き、次の候補としてPC-FAX機能のあるものを探していました。
迷惑FAXを印刷せずに見るだけで削除したい。
できればFAXを印刷せずにパソコンに取り込みたい。
WindowsよりもUbuntuやMacで使いたい。
パソコンFAXソフトで「まいと〜く」は昔からありますが、それだと今のパソコンには内蔵されなくなったモデムを接続し、Windowsパソコンを常時起動しておかなくてはいけません。
インターネットFAXサービスもありますが、送信のみだったり、月額料金制だったりします。
7年前は結構印刷量もありましたし、印刷品質にも多少拘りがありました。
結果、その前に購入したcanon MP610の方がカラー印刷や写真印刷はきれいで、故障しても中古で同じ製品を購入して、NASにUSB接続してネットワークプリンタとして継続使用しています。
比較検討したのはEPSONですが、今回、悩んだ末にインク交換前に決めた製品がこれ。

brother MFC-J997DN
ブラザーは昔のMymioでは使っていなくてもクリーニングでインクがどんどん消耗すると評判が悪かったのですが、ひさびさにネットで情報収集するとUbuntu用ドライバの提供もあるので導入してみました。
結論から言うと大成功です。

印刷・スキャン機能は、Ubuntu、Mac、Windowsで問題無し。
受信FAXはパネルで内容を確認することもでき、メールに添付して自動送信もでき、Dropboxに転送も可能です。
これで出先でもFAX受信を確認することが出来ます。
スマホでの操作も可能。特にiPhone・iPadではアプリをインストールしなくても印刷ができます。
PCファックスの受信はWindowsしか対応していないのですが、受信したFAXのメール転送やDropboxに転送できるなら問題ありません。
前の複合機より少しサイズは小さくなりました。
給紙、インク交換も前面からできて便利です。