• 2016年9月30日

WU1/XVistaパソコンが来年2017年4月11日に終了します。
今回は早めに買い替えのご相談です。
ノートパソコンで、頻繁に持ち歩くわけではないけど、たまには持って出るとのこと。
今回のお勧めはこれ。

PC:富士通 LIFEBOOK WU1/X
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:8GB
HDD:500GB

DVDドライブは内蔵されていないので、外付けを別途購入(ASUS SDRW-08D2S-U LITE)

このパソコンは前にも販売したのですが、バッテリーがネジ止めの蓋の中で、ネジを外さないとバッテリーを外すことができません。
メモリーは4GB内蔵しているところに、別途4GBオプションでついてくるので、これも事前に増設。
お客様ご自身で購入するにはちょっとハードルが高いです。

パソコンの初期設定はローカルアカウント。
プライバシー関係を極力公開しないよう設定。
Windows10 AniversaryUpdateを事前に済ませます。
これも恐ろしく時間がかかり、ほぼWindowsUpdateが終わって最新になったのを確認してから、回復ドライブを作成。
富士通のパソコンはこれまではリカバリメディア作成ツールなどがあったのですが、この機種はWindowsの回復ドライブを勧めています。
これをする為に16GBのフラッシュメモリを購入していたのですが、これ、16GB全部は使えない仕様で失敗しました。
急いで32GBのを買いに走り、回復ドライブを作成。
これもすごく時間がかかります。

事前にできることを全て済ませて、お客様宅にて無線LAN設定。
メールはWebメール(Gmail、Hotmailなど)。
GoogleChromeをインストール。
ネットワークプリンタ設定(EPSON EP-807AB)。
筆まめをダウンロード購入して、住所録を移行。

  • 2016年8月29日

VistaからWindows10にグレードアップしたパソコン、しばらく我が家で動作確認や検証に使っていましたが、今回お客様に中古パソコンとして販売しました。

PC:NEC VALUESTAR VN770/S(PC-VN770SG6C)
OS:WindowsVista Home Premium SP1 32bit→Windows7 Pro SP1 32bit→Windows10 Pro 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E7400 @2.80GHz 2.80GHz
Memory:4GB
HDD:500GB

詳細
マニュアル

インストール後しばらくして、背面のUSBが使えなくなりましたが、数日後また使えるようになりました。
デバイスマネージャで、「ほかのデバイス」に「コプロセッサ」「マルチメディア コントローラー」「基本システムデバイス」の3つにビックリマークがついています。
多分、Nvidia関連とかでしょうが、ドライバー無いものは仕方ありません。
古いパーツまでは無理。

お客様宅で、インターネット・メール設定(Thunderbird、Gmail、Outlook.com)。
複合機設定(Brother DCP-J557J)
iCloud設定。
iTunes設定。
Googleドライブ設定。
「MS-OFFICE PERSONAL 2007」、「POWERPOINT VIEWER」インストール。


写真データの移行にGoogleドライブを使いました。
写真の整理をしがてら新しいパソコンに移行して頂きます。
先日自宅で試したBuffaloのUSB2.0対応ディスプレイ増設アダプタ「GX-DVI/U2」を使って、既存のディスプレイを接続し、マルチディスプレイに設定しました。
こちらでもDisplayLinkを使いましたが、まったく問題ありませんでした。

「Microsoft Publiser」の代わりに「Inkscape」を、「Photoshop」の代わりに「JTrim」インストール。
マルチディスプレイにしてかなり使いやすくなりました。

マルチディスプレイ

  • 2016年7月10日

Windows10Windows7のWindowsUpdateトラブル」の続き。
VistaパソコンをWindows10にアップグレードしてみました。
もちろん、サポート対象外です。
ハードディスクは余ってた中古の容量の大きい物に交換、メモリも余ってたので増設しました。
Windows7は64bit版をクリーンインストール。

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit → CloudReady → Ubuntu16.04LTS→Windows7 Pro SP1 64bit→Windows10
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB→320GB
Memory:2GB→4GB

WindowsUpdateではトラブりましたが、Windows10アップグレードは特に問題無くできました。
デバイスマネージャに残ったビックリマークのデバイスは、メモリースティックとFelica Portと思われます。
これらは不要なので無効にしました。

CortanaはMicrosoftアカウントでログインしないと使えないので、位置情報をOFFのまま普通に「WebとWindowsを検索」にします。

cortana

下記のサイトにお世話になりました(感謝)。

Windows 10 を古いパソコンにインストールしてみよう

christal disk info christal disk mark

バッテリーがすぐに無くなってしまいます。放電すると若干持ちが良くなりました。
「バッテリ・リフレッシュ&診断ツール」のWindows10用が見つかったのでインストールしてみましたが、「バッテリが接続されていないか、未サポートのバッテリです。」とのこと。
購入すると新品で1万以上。中古で7000円ほどでした。

  • 2016年7月7日

新規PC購入とセットアップ

お客様よりご紹介で、新規PCの購入とセットアップをしました。

ノートパソコンをご希望で、今回ご提案したパソコンは2種類。

ASUS VivoBook X540LA 64584円(4色有り)

富士通 LIFEBOOK WU1/X 94800円(黒のみ)

お客様の選んだのは富士通。

PC:富士通 LIFEBOOK WU1/X
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i3-6100U
HDD:500GB
Memory:4GB→8GB

LAN:NEC ATERM WG600HP
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:J:COM

システム修復ディスク、回復ドライブ作成。
無線ルータ設置設定(NEC Aterm WG600HP)。
メール設定(メール、J:COM)。
富士通ユーザー登録。
プリンター設定(Brother DCP-350C)。
iCloud設定。

メモリ増設をしました。
Windows10ではメモリ増設時は、普通のシャットダウンではいけません。

パソコンの電源を切る

取扱説明書に書いてありますが、多分みんな読まないでしょう。
[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[回復]-[今すぐ再起動する]-[PCの電源を切る]

電源を切る

バッテリーはカバーの内側。取り外すのがちと面倒です。

LIFEBOOK WU1/X

つまり精密ドライバーを持ってないと、外せません。

LIFEBOOK WU1/X

LIFEBOOK WU1/X

パソコンが起動できない時に、バッテリーと電源コードを外して放電していただくのですが、これはお客様ご自身では難しいですね。

薄くて軽いパソコンですが、薄いかわりにDVDドライブがありません。
ASUSの「SDRW-08D2S-U LITE 」を別途購入。
無線ルータを導入したので、任天堂DS、iPhoneと連携。

 

  • 2016年6月19日

量販店お勧めのパソコン

Vistaパソコンからの買い替えで、パソコン初期設定をご依頼です。

PC:東芝 Dynabook PB24-23TSCB
CPU:Celeron Dual-Core N3050(Braswell)/1.6GHz/2コア
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:500GB
Memory:2GB

インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:J:COM

パソコン本当は好きでないお客様、仕事で使わない訳に行かないのだそうです。ノートパソコンですが、外に持ち出しはしないし、家の中でも有線LANで同じ場所でしか使いません。
なので、初期設定も極力何もMicrosoftに送信しないよう各項目をOFF。
アカウントもローカルアカウントで設定。
今どきメモリ2GBで売るのか・・・。
ネットも恐ろしく遅い。一番安いコースとのことなので、おそらくj:COMの1Mコース。
遅いパソコン+激遅インターネット。設定はなかなか進みません。
○○○カメラで安いと言われて購入したそうで、インターネットも乗り換えると早くなると勧誘されたそうですが、だったらメモリ2GBで売るか?
「ウイルスバスタークラウド3年分」も買った方が良いと言われて購入。
これは勿体無いけど、どう考えてもまともに使えると思えないのでインストールはしないことにしました。
セキュリティはDefenderで良いです。
J:COMはネットもメールもウイルスチェック無料です。
念の為J:COMのお客様ページにログイン(J:comID取得)して、適用になっていない分は適用にしました。

「MS-OFFICE360」が付いていますが、お客様は一太郎ユーザー。
MS-OFFICEは前のパソコンに付属していた「MS-OFFICE2007」をインストールしました。使わないけど、もしかしてメールに添付でWordやExcelファイルを送ってくる人がいるかもしれないので、その際に開ければ良いだけ。
将来的に必要になったらその時に考えれば良い。

とにかく、Defenderの更新だけでもすごく時間がかかって、何をするのも遅くなります。
プリンター設定(USB接続)。
メール設定は、BiglobeとJ:comのメールですが、Windows10のメールではアドレス帳がpeopleとか非常に使い勝手が悪いし、直感的に使える気がしないので、BiglobeのWEBメールを使うことにしました。
旧PCのWindowsメールからアドレス帳をCSVでエクスポートして、Biglobeのアドレス帳にインポートして移行完了。これなら今後パソコンを買い替えてもリカバリしても大丈夫。

次回何かご依頼の際には、メモリ増設とインターネットをフレッツ光マンションタイプに乗り換えたほうが良いでしょう。

Biglobeメール

  • 2016年5月19日

WindowsVistaパソコン買い換えで不要になった調子悪いVistaパソコンをWindows10にアップグレードしてみました。
もちろん、メーカーサポートではサポート対象外。

PC:NEC VALUESTAR VN770/S(PC-VN770SG6C)
OS:WindowsVista Home Premium SP1 32bit→Windows7 Pro SP1 32bit→Windows10 Pro
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E7400 @2.80GHz 2.80GHz
Memory:4GB
HDD:500GB

不具合の可能性もあるパソコンで、電源オプションの設定で休止もスタンバイもOFFにしているのに、しばらく放置すると画面が真っ暗になってしまいます。
まず、WindowsVistaの内蔵リカバリで、リカバリ。
その最中にもすぐに画面が真っ暗になってしまうので困りましたがなんとか完了。
セットアップ画面で、国または地域の設定が「北朝鮮」になっててビックリしました。
画面は真っ暗にならなくなりました。不具合解消?
工場出荷時のソフトがいくつか入りません。
テレビ関係ダメみたいですが、これは想定内。

Windows10次にパーティションを変更してWindows7をインストール。
デバイスマネージャを確認すると、いくつか「ほかのデバイス」に入ってビックリマークがついています。
WindowsUpdateを一晩放置して実行。
Windows10のお誘いタスクバーに出たので、これを進めます。
すると、マイクロソフトソフトウェアライセンス条項の同意を求める画面が出ました。
ここで「同意しない」と選べばWindows10へのアップグレードは回避できる。
でも、問答無用でアップグレードされた場合はこれは出ないのかな?
朝起きたら10になっていた人もいます。

SDカードが認識しなかったので、Realtecのサポートサイトからドライバをダウンロードしました。
他に何か使えなくなった機能があるのかどうか、テレビ関係は不要です。
「他のデバイス」に入ってしまったのが不要なドライバなら良いですね。

  • 2016年4月27日

中古で購入したPanasonicレッツノートをWindows10にアップグレードしました。
Panasonicのサポートサイトによると、この機種はWindows10サポート対象外です。
Windows 10 アップグレード情報

PC:Panasonic CF-B11(CF-B11JWCYS)
OS:Windows7 Pro 32bit→Windows10 Pro 32bit
CPU:Core i5 3320M(Ivy Bridge) 2.6GHz/2コア
HDD:250GB
Memory:4GB

WindowsUpdateでエラーが表示されます。

コード 8007000E

コード8007000E

Microsoftのサポートサイトでは↓
Windows Update エラー 80070008 または 8007000e
で、複数の言語パックが・・・とありますが、日本語しか使用していませんしまったく該当せず、未改善。
セキュリティソフトもインストール前ですし、メモリも少なくありません。

さらにググって見つけた情報(感謝です!)、
WINDOWS UPDATE 8月分 8007000E
WindowsUpdate(ウインドウズアップデート)のエラー8007000Eが出て更新プログラムを更新できないときの対処事例(Windows7)

先にKB3050265をインストールする必要があるとのこと。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352
これでWindowsUpdateを進めることが出来ました。
本当に、普通のユーザーの皆様にはいつもお世話になります。

果てしないWindowsUpdateを丸一日かけて進めます。

WindowsUpdate

Windows10アップデートのアイコンがタスクバーに出ました。
アップデート前に、システム修復ディスクを作成し、システムイメージのバックアップを取っておきました。

そして、Windows10にアップグレード。
SDカードのドライバがWindows10アップグレードと互換性が無いようでアンインストールされました。

Windows10 プログラム互換性アシスタント

無事、Windows10になりました。
このままではSDカードが使えないので、ドライバーを探します。
これもネットでググるとヒットしました(感謝!)。

Windows10 にアップグレードした Let’s note NX2(CF-NX2LEABR)で SD カードを読み書きできるようにするには,Realtek サイトからドライバとリーダーをダウンロードしてきてインストールするといいらしい.

Realtek のサイトから

「Card reader driver for XP,Vista,Win7,Win8,Win8.1,Win10」
「USB smart card (CCID) reader driver」
をダウンロードし、インストール。
これでSDカードが使えるようになりました。

「PC-Diagnostic Utility」で正常動作を確認。

PC-Diagnosticユーティリティ

システム修復ディスク作成、回復ドライブ作成。
あとは、お客様宅での設定になります。

  • 2016年4月25日

レッツノートお客様からのご紹介で、パソコンの購入と設定をご依頼です。
今買うならパソコンはWindows10です。
トラブルの少ないパソコンを選ぶならPanasonicです。
妙な安物を買うくらいなら中古のほうがはるかにマシです。
Panasonicで、1台は新品で、2台は中古にしました。

PC:Panasonic CF-LX5
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Core i5 6200U(Skylake)2.3GHz/2コア
HDD:500GB
Memory:8GB

まず、Microsoftアカウントではなく、ローカルアカウントで設定。

Windows10の初期設定では、簡単設定はいろんなものがネットに勝手に繋がってしまうし、Microsoftに個人情報を送ってしまうのでカスタマイズで必要最小限に設定します。

「SmartScreen オンラインサービスを使って、Windowsブラウザーまたはストアアプリが読み込む悪意のあるコンテンツやサイトのダウンロードから保護することが出来ます。」

↑これだけオン。他は全部オフ。
Cortanaを使いたい場合は、音声認識、手書き入力、入力の個人用設定をオンにする必要がありますが、それはユーザーが判断すれば良いので、最初から何もかもオンである必要はありません。
もちろん、後からオフにすることもできますが、それぞれ設定場所が別らしく面倒です。

リカバリディスク作成、DVD-R3枚、50分ほどで完了。これは一度だけしか作成できません。
つまり、リカバリディスク紛失したり、傷ついてしまったら、有償で購入かメーカーで初期化しなきゃいけません。
どうして一度だけしか作れないようにしたんでしょう?
転売防止でしょうか?

タッチパッドはマウス接続時は自動でOFFに設定。
GoogleChromeインストール。

  • 2016年4月18日

CloudreadyDELLに続いてNECのVistaパソコンにChromeOSをインストールしてみました。
今回使ったのは、Cloudready

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB

このパソコンはBIOSで設定を変更する必要があります。
[詳細]-[USBレガシー機能]を「使用する」

最初はDELLと同様に、USB起動では起動できましたが、HDDにインストールは「CloudReady Installation in Progress」からなかなか先に進みませんでした。
別の日に気を取り直して再度試みると、無事インストールできました。
差し込むUSBの口を変えてみたのが良かったのか・・・???

CloudreadyChromebookが出来上がりました。
取扱説明書はありませんが、ヘルプに解説があります。
プリンターはUSB又はネットワーク接続されているパソコンでクラウドプリンターの登録をすれば、ChromeOSのパソコンからもネットワークプリンターとして印刷できます。
「chrome://devices/」
あとはGoogleChromeで使っている拡張機能が使えます。
パソコンの詳細を確認するには、拡張機能の「System」が便利。
このスペックで、ネットもメールも、Youtubeもまったく問題ありません。
ただ、起動にやや時間がかかります。

  • 2015年12月3日

Windows8.1→Windows10アップグレード

PC:東芝 Dynabook T552/36GK2015-12-02 22.30.45OS:Windows8.1→Windows10 Home 64bit
Memory:4GB
HDD:約500GB

買ってしまったWindows8.1の最初のタイルの画面がどうしても耐えられずほとんど使っていないそうなので、Windows10にアップグレードしました。
どの程度時間がかかるか予想ができなかったので、一旦お預かりして作業。
やはり、つきっきりで時間をはかる訳にいかず、放置しておいて終了。
メニューをカスタマイズして、画像を開くアプリを「フォト」から「Windowsフォトビューア」に変更したら、Windows7に近くなりました。