• 2020年2月21日


パソコン購入をご依頼です。運良く見つかったのがこれ。

ACERPC:Acer XC-886-F78V (Aspire XC-886)
OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:Core i7-9700
Memory:8GB
SSD:512GB

Display:ASUS VZ249HR-J 

Acerは台湾メーカー、SSDはマストです。バランスの良いパソコンです。
初期セットアップでローカルアカウントの選択肢が無くなりました。Microsoftに登録しないとパソコンを使わせない仕様です。そして、登録するとエラー。これは無視して進めました。
MS-OFFICE2019のダウンロードが全く進みません。気配もありません。と思いきや、突然完了。途中の画面がおかしかっただけ?
セキュリティは「NOD32アンチウイルス」。バンドル版のセキュリティソフトはアンインストール。
複合機の設定で、スキャンしてパソコンに送る設定がなぜか通りません。共有フォルダを作成して、他のパソコンからもネットワーク越しにアクセスできますが、複合機からはNG。samba1を有効にしてもNG。これは複合機のメーカーのCanonにお任せすることになりました。

そして、トラブルメーカーのメール設定。
Outlook2019です。メールはドメインメールで、ロリポップ。サポートサイトにちゃんとOutlook2019の設定方法が案内されており、そのとおりに設定すると、一発で完了。これは素晴らしい。
他のISPはOutlook2019の案内はなかなかありません。

ロリポップを含むGMOインターネットグループは新型コロナウイルスの感染拡大に備えて、全パートナー(従業員)在宅勤務切り換えました。行動と判断の速さに敬意を表します。

  • 2020年2月19日

ASAHI-NETのOutlook設定


Windows10パソコンの初期セットアップで、一番リスキーなのがメール設定。特にISPのメール設定。今回もOutlook2010からのデータ移行。ASAHI-NETのサポートサイトにはOutlook2019の設定方法は2016までしかありませんでしたが、それを参考にいくつか試して何とか設定できました。

Officeのセットアップはなぜかエラーが出ます。エラーが出ても完了できました。

  • 2020年2月16日


10年ぶりにご連絡いただいたお客様、Windows7終了に伴いパソコン買い替えのご依頼です。昔はパソコンは10年もったんです。無線ルータも10年前の物なので、これも使えてはいますがセキュリティ上替えるべきなので交換することになりました。さすがに量販店に残っているパソコンは少なく高い。どうせサポート終了は過ぎてしまったので、「大丈夫でしょうか?」と聞かれても、「大丈夫です」と言えるはずもありません。これでも技術者であり、インストラクターです。すぐにIIYAMAのパソコンのカスタマイズと発注を済ませて、約3週間後の納品となりました。古いパソコンはIIYAMAで下取り手配しました。

何もかも変わります。
無線ルータセットアップ(NEC PA-WG2600HS)
スマホとの連動も考えてGmail取得。
GoogleChromeセットアップ。
プリンタ設定(EPSON PM-A820)
MS-OFFICE2019セットアップ。

新しいパソコンの事を勉強しようと思ったら、本を買ってはいけないとご説明。本が出版される時点ですでに情報として古い。必要な情報はいつもインターネット上にあるとお話しました。

作業完了後、お父様の満州時代の話や祖先のお話、そういう事がパソコンやインターネットでわかるようになった話など・・・。進歩が早いのは素敵なことですよ。

  • 2020年2月5日

OUTLOOK2019でメールのパスワードが通らない


パソコンを買い替えたそうで、訪問しました。

dynabook P2-T9KD-BGPC:dynabook P2-T9KD-BG(P2T9KDBG)
OS:Windows10 Home 64bit

LAN:Buffalo WSR-1166DHPL
インターネット回線:FTTH
キャリア:Fiberbit
ISP:Fiberbit

プリンター:EPSON EP812-A

ウイルスバスタークラウドを抱き合わせで買わされていらっしゃいましたが、不要なので返品していただくようご案内。旧PCにはインストールされていましたが、それでも「SpyHunter 5」がインストールされていました。無駄です。

こちらはインターネットマンションで、Fiberbitのメールをご利用ですが、今までお使いのWindowsLiveメールは終了しているので、Outlook2019で設定することにして、それ以外のプリンター設定やユーザー登録はスマホに登録されているGmailですることにしました。これもパスワードが通らないのでパスワードリセット。

ところが、Outlookでメールアドレスとパスワードを入力しても通りません。Fiberbitのサポートサイトを確認しても、Outlook2013までの設定方法しか説明はありません。何度確認してもダメで、試しにパスワード変更を試みるとちゃんとできるので、パスワードは正しかったということになります。

Fiberbitに電話してその旨伝えて、電話で聞きながらの設定となりました。
まず、最初に入力するメールアカウントはメールアドレスの「@」を「-(ハイフン)」に変えたものです。そして、一応先に進めるので詳細を手入力で編集します。
電話で聞きながら作業なのでメモも取れず、記憶は曖昧ですが、受信メールアカウントは「-」を「@」に戻し、送信アカウントは「-」にします。送信ポートは「25」→「587」。
これで設定できました。細かい所を再度確認したいのですが、Outlook2019は編集画面の開き方が難しく思い出せなかった。
この情報はサポートサイトにもどこにも書かれていません。
サポートのお姉さん曰く、いろんなケースがあるので書けずにいるとのこと。異論はあるがお姉さんのせいでは無いのでお礼を述べて終了。

データ移行の為にDropboxを設定。LiveメールからOutlook2019へアドレス帳を移行。宛名職人から住所データをCSVに出力。

心の底からOutlookは使うべきではないと思いました。
そして、みんなGmailに乗り換えるべきと思いました。

そして、やっと設定が終わって、スマホ(らくらくホン)を無線LAN接続したところ変なエラー、インターネットが切断されています。今までも時々こういう事があったそうです。パソコンのデータ移行作業が一時停止されました。
切断されて無線ルータを電気の入れ直しをした後が面倒です。いちいちBuffaloの回線確認が入ります。

もうね、Fiberbitもやめた方が良いと思いました。
でも、マンションの配線が原因なら他のauやSoftbankに替えても同じかもしれません。その辺を管理組合などに確認していただくようご案内。

  • 2019年12月1日

WINDOWS10アップグレード(富士通 AH550/5A)


Windows7終了でお悩みのお客様、富士通の2010年夏モデル、過去にハードディスク交換修理しました。バッテリーは消耗しているし、ファンの音が大きくて本当は買い替えたほうが良いように思いますが、お客様の状況やご性格を考えると、なるべく何も変わらない方が望ましい。悩んだ末に、「ダメだった時は諦めもつくから」とアップグレードを選択されました。パソコンを宅配便で送って頂き作業。

PC:富士通 LIFEBOOK AH550/5A(FMVA555ACC)
CPU:Intel Core i5-450M
OS:Windows7 Home 32bit → Windows10 Home 64bit
HDD:500GB→SSD 240GB
Memory:4GB(2GBx2)

データのバックアップを取って、ハードディスクをSSDに換装。そのままではWindows10のロゴで止まり、インストールができません。
BIOSの[詳細]-[USB設定]で、「レガシーUSBサポート」を「使用しない」に変更。

起動デバイスの優先順位に除外された起動デバイスから、USB HDDを起動デバイスへ追加。

レガシーUSBサポート

起動デバイスの優先順位

これで、一度はUSBデバイスを認識したのですが、どうも安定しないのでDVDドライブでWindows10をクリーンインストールしました。シリアルはパソコン背面のWindows7のものを入力。特に問題無くアップグレード完了しました。

MS-OFFICE2010 Home & Businessセットアップ。LiveメールのデータをOutlookへ移行。
GoogleChrome、Adobe Reader、Dropbox、Photoshop Elements 5.0、VLC media player、てきぱき家計簿マム7、iTunesインストール。リカバリディスク他ソフトウェアディスクもあるので、筆ぐるめなど入るものはインストール。

拡張子「wlmp」のファイルを何とかしようと試みましたが、Windowsムービーメーカーは無くなりました。うちにある「WindowsLiveムービーメーカー」でも、バージョンが違うとはねられました。

うん、ファンの音は相変わらずしますが、前より静かになったような気がします。富士通の本当の国産ノートをまだまだお使いいただきます。

LIFEBOOK AH550/5A

  • 2019年10月12日

PC:IIYAMA STYLE-15FH062-i7-UHSG
OS:Windows10 Home 64bit(DSP)
M.2 SSD:500GB
Memory:8GB(8GBx1)
CPU:Intel(R) Core i7-8565U
Office:MS-OFFICE Home & Business 2016

お客様チョイスの赤いパソコンです。結構きれいな赤です。天板のロゴは無し。ファンクションキーは従来通りで安心です。OSはちゃんと最新でした。

キーボードの文字のフォントが何気に可愛いです。

OSがDSP版なのでシリアルキーを変更する必要があります。Officeも同じですがこのコインで削ってシリアルを入力するのが嫌いです。買ったばかりのピカピカのパソコンを削り屑で汚させる神経が嫌いなんです。これはMicrosoftの方針でメーカーのせいでは無いでしょう。

IIYAMAは日本産でサポートも良いです。前に1度だけ不良に当たって、修理は3日で帰ってきました。

  • 2019年9月22日

点字を打つパソコン

点字翻訳をなさるお客様、今回もWindows7からWindows10への乗り換えをご依頼です。

点字入力には6点入力[s][d][f][j][k][l]を同時に打てる必要があります。前回も探すのに苦労しましたが、今回は各メーカーに問合せをしてみました。

東芝Dynabook すべて対応OK
HP 動作検証情報無し
VAIO 動作検証OK
富士通 すべての機種での保証は無し

仲間の情報では、

Surface 動作検証OK
DELL 動作検証OK

店頭で試してみました。

HP OK
ASUS NG
ACER NG

スペックや価格等検討して選んだのがこれ

PC:4QM64PA-AAAB HP15-da0058TU-OHB
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i7-8550U
Memory:8GB
SSD:128GB
HDD:1TB

訪問前にWindowsUpdateは全部実行。
無線ルータも古いので買替え(ASUS RT-AC670)、AIプロテクション有効。
Office Home & Business 2016セットアップ、Microsoft登録(OCNメールアドレス)
WindowsLiveメール→Thunderbird1乗り換え及びデータ移行。
プリンター設定(Canon MG5430)USB接続。
筆まめソフト代理購入及びセットアップ、データ移行。
読取革命は提供終了していますが、付属のCDよりインストール。

点字ソフト「ブレイルスター for Windows Ver.4」セットアップ。
パソコンの解像度が高い為文字が小さいので、解像度を少し下げました。アイコンサイズは中に設定、マウスの矢印のサイズも大きめです。
ファンクションキーの動作がFnキーを押しながらになっているので、BIOSで設定変更。それでも[Ins]キーがFnキーを押しながらになってしまいます。こういうのやめて欲しい。

 

  • 2019年9月15日

HPパソコンとASUS無線ルータの初期セットアップ

パソコン購入をご依頼です。無線LANも繋がらないそうで、前回設定したままなら機器も古いはずなので、無線ルータも一緒に新調することにしました。

PC:HP 4QM64PA-AAAB HP15-da0058TU-OHB
CPU:Core i7-8550U
Memory:8GB
SSD:128GB
HDD:1TB 

無線ルータ設置設定(ASUS RT-AC67U)
2FのONUの隣に無線ルータ設置、1Fまで電波は届いています。1Fの奥の部屋に行くと無線が少し弱くなりました。
プリンター設定(CANON MG3530)USB接続。

McAfeeをアンインストール、DefenderをON。数日後起動するとMcAfeeが復活しているので再度アンインストールし、DefenderをON。まじしつこい。
アイコンサイズの表示を「中アイコン」に設定。
マウスポインターのサイズを大きめに変更。
[Microsoft IMEの設定]で、IME入力モード切替で、「画面中央に表示する」をOFF。
Biosで[Action Keys Mode]をDisabledにして、ファンクションキーの動作を旧来と同じに戻す。これ必須。
GoogleChrome、Adobe Readerインストール。規定のアプリ設定。
WindowsUpdate全部実行。
MS-OFFICE Home & Business 2016セットアップ。なぜか一度で認証が通らず、2度サインインして完了。パソコンにインストール済みのOfficeと同梱のOfficeは違うのか?
後で気づいたのですが、HPパソコンは中国産でした。

 

  • 2019年8月23日

Panasonic CF-N9をWindows10にアップグレード

お客様の2014年中古購入したレッツノート、2010年販売の製品です。

Windows7のサポート終了に伴い、買い替えも検討しましたが、お客様の使用状況で現状全く問題無く、パソコンの調子も良いので、SSD換装してWindows10 64bitをクリーンインストールすることにしました。


PC:Panasonic CF-N9(CF-N9NWWKDS)
OS:Windows7 Pro 32bit SP1→Windows10 Pro 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i3 CPU M350
Memory:4GB
HDD:150GB→SSD(250GB)換装

32bitから64bitになったのでメモリも4GB使用可能になり、SSDなのでかなり快適です。ドライバーはメーカーサイトからダウンロード。Officeは今まで2003でしたが、Office2007があるのでこれをインストール。今回このお宅のパソコンは全部Windows10になり、Officeも2007と2019になって、2003を本当に終了させました。今回はNTTのウイルスクリアも解約。全部DefenderをON。

 

  • 2019年5月21日

去年ノートパソコンを購入したばかりのお客様ですが、新しいパソコンをご依頼です。去年のパソコンがスペック貧弱で使用に耐えなかった。量販店に言っても多分大手メーカーの一体型を薦められるだけでしょう。本人からのリクエストは、CD-ROMドライブがあることと、キーボードが大きいのが欲しい。今回購入したのはこれ。

PC:EndeavorST190E(光ディスクドライブモデル)
OS:Windows10Home64bit
SSD:256GB
Memory:8GB(4GBx2)
ディスプレイ:ASUS MX259H

小さなパソコンで、ディスプレイの後ろに隠れてしまいます。光ディスクドライブモデルで無ければ、ディスプレイの後ろに取り付けて一体型のようにもできます。ディスプレイはフレームがほとんど無くて、組み立てるのに緊張しました。大きめのディスプレイですが、大き過ぎるほどではありません。液晶はノングレア、これ大事。ディスプレイにモードの切替があって、切替も簡単。丸い台座もGoodです。

無線LAN接続、複合機設定(EPSON EP-880AB)ファームウェア更新、メール設定(Gmail)、iTunes設定、iCloud設定、筆ぐるめ設定、データ移行(MyDocuments、Picture)

今どきのキーボードは薄くて小さいのが流行りですが、お客様はそれが苦手だそうで、大きくてキータッチのしっかりした「コードレスコンパクトキーボード(KG-1328) 」「コードレスホイール付きレーザーマウス(MG-1329) 」のUSB受信機タイプを選んでみました。設定最初から簡単に認識しました。

Windowsの初期設定で他のパソコンのように喋りださないので、音が出てないのかな?と思いましたが、音は出ていました。さすが早いです。何をやるにもクリックした後の待ち時間が無くて設定もデータ移行もどんどん進みます。

「MS-OFFICE Personal2019」セットアップ、これシリアル入力のみでMicrosoft登録無しで使えました。すばらしい。
筆ぐるめのインストールのみなぜかすごく時間がかかりました。

このセット、かなり気に入りました。お薦めです。ディスプレイは私もこのタイプ欲しい。なまじな一体型よりずっとお薦めです。Youtubeで4K動画を再生してみましたが、とても綺麗でした。