• 2016年4月27日

中古で購入したPanasonicレッツノートをWindows10にアップグレードしました。
Panasonicのサポートサイトによると、この機種はWindows10サポート対象外です。
Windows 10 アップグレード情報

PC:Panasonic CF-B11(CF-B11JWCYS)
OS:Windows7 Pro 32bit→Windows10 Pro 32bit
CPU:Core i5 3320M(Ivy Bridge) 2.6GHz/2コア
HDD:250GB
Memory:4GB

WindowsUpdateでエラーが表示されます。

コード 8007000E

コード8007000E

Microsoftのサポートサイトでは↓
Windows Update エラー 80070008 または 8007000e
で、複数の言語パックが・・・とありますが、日本語しか使用していませんしまったく該当せず、未改善。
セキュリティソフトもインストール前ですし、メモリも少なくありません。

さらにググって見つけた情報(感謝です!)、
WINDOWS UPDATE 8月分 8007000E
WindowsUpdate(ウインドウズアップデート)のエラー8007000Eが出て更新プログラムを更新できないときの対処事例(Windows7)

先にKB3050265をインストールする必要があるとのこと。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352
これでWindowsUpdateを進めることが出来ました。
本当に、普通のユーザーの皆様にはいつもお世話になります。

果てしないWindowsUpdateを丸一日かけて進めます。

WindowsUpdate

Windows10アップデートのアイコンがタスクバーに出ました。
アップデート前に、システム修復ディスクを作成し、システムイメージのバックアップを取っておきました。

そして、Windows10にアップグレード。
SDカードのドライバがWindows10アップグレードと互換性が無いようでアンインストールされました。

Windows10 プログラム互換性アシスタント

無事、Windows10になりました。
このままではSDカードが使えないので、ドライバーを探します。
これもネットでググるとヒットしました(感謝!)。

Windows10 にアップグレードした Let’s note NX2(CF-NX2LEABR)で SD カードを読み書きできるようにするには,Realtek サイトからドライバとリーダーをダウンロードしてきてインストールするといいらしい.

Realtek のサイトから

「Card reader driver for XP,Vista,Win7,Win8,Win8.1,Win10」
「USB smart card (CCID) reader driver」
をダウンロードし、インストール。
これでSDカードが使えるようになりました。

「PC-Diagnostic Utility」で正常動作を確認。

PC-Diagnosticユーティリティ

システム修復ディスク作成、回復ドライブ作成。
あとは、お客様宅での設定になります。

  • 2016年4月25日

レッツノートお客様からのご紹介で、パソコンの購入と設定をご依頼です。
今買うならパソコンはWindows10です。
トラブルの少ないパソコンを選ぶならPanasonicです。
妙な安物を買うくらいなら中古のほうがはるかにマシです。
Panasonicで、1台は新品で、2台は中古にしました。

PC:Panasonic CF-LX5
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Core i5 6200U(Skylake)2.3GHz/2コア
HDD:500GB
Memory:8GB

まず、Microsoftアカウントではなく、ローカルアカウントで設定。

Windows10の初期設定では、簡単設定はいろんなものがネットに勝手に繋がってしまうし、Microsoftに個人情報を送ってしまうのでカスタマイズで必要最小限に設定します。

「SmartScreen オンラインサービスを使って、Windowsブラウザーまたはストアアプリが読み込む悪意のあるコンテンツやサイトのダウンロードから保護することが出来ます。」

↑これだけオン。他は全部オフ。
Cortanaを使いたい場合は、音声認識、手書き入力、入力の個人用設定をオンにする必要がありますが、それはユーザーが判断すれば良いので、最初から何もかもオンである必要はありません。
もちろん、後からオフにすることもできますが、それぞれ設定場所が別らしく面倒です。

リカバリディスク作成、DVD-R3枚、50分ほどで完了。これは一度だけしか作成できません。
つまり、リカバリディスク紛失したり、傷ついてしまったら、有償で購入かメーカーで初期化しなきゃいけません。
どうして一度だけしか作れないようにしたんでしょう?
転売防止でしょうか?

タッチパッドはマウス接続時は自動でOFFに設定。
GoogleChromeインストール。

  • 2016年4月18日

CloudreadyDELLに続いてNECのVistaパソコンにChromeOSをインストールしてみました。
今回使ったのは、Cloudready

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB

このパソコンはBIOSで設定を変更する必要があります。
[詳細]-[USBレガシー機能]を「使用する」

最初はDELLと同様に、USB起動では起動できましたが、HDDにインストールは「CloudReady Installation in Progress」からなかなか先に進みませんでした。
別の日に気を取り直して再度試みると、無事インストールできました。
差し込むUSBの口を変えてみたのが良かったのか・・・???

CloudreadyChromebookが出来上がりました。
取扱説明書はありませんが、ヘルプに解説があります。
プリンターはUSB又はネットワーク接続されているパソコンでクラウドプリンターの登録をすれば、ChromeOSのパソコンからもネットワークプリンターとして印刷できます。
「chrome://devices/」
あとはGoogleChromeで使っている拡張機能が使えます。
パソコンの詳細を確認するには、拡張機能の「System」が便利。
このスペックで、ネットもメールも、Youtubeもまったく問題ありません。
ただ、起動にやや時間がかかります。

  • 2015年12月3日

Windows8.1→Windows10アップグレード

PC:東芝 Dynabook T552/36GK2015-12-02 22.30.45OS:Windows8.1→Windows10 Home 64bit
Memory:4GB
HDD:約500GB

買ってしまったWindows8.1の最初のタイルの画面がどうしても耐えられずほとんど使っていないそうなので、Windows10にアップグレードしました。
どの程度時間がかかるか予想ができなかったので、一旦お預かりして作業。
やはり、つきっきりで時間をはかる訳にいかず、放置しておいて終了。
メニューをカスタマイズして、画像を開くアプリを「フォト」から「Windowsフォトビューア」に変更したら、Windows7に近くなりました。

  • 2015年9月26日

acer  Aspire遅ればせながらWindowsXPからの買い替えのお客様です。
予算が少ないので機種選択に苦労しました。
今回選んだのはこれ。

PC:Acer Aspire E E5-532-N14D/K
OS:Windows8.1 64bit→Windows10
CPU:Intel Celeron N3050 デュアルコア 1.60 GHz
HDD:500GB
Memory:4GB

acerは台湾メーカーです。お客様はご存知無かったようですが、パソコンに詳しい人には有名です。
ディスプレイのBenQやパーツメーカーのAOpenは傘下企業。
ゲートウェイやパッカードベルを買収した企業グループです。

まず、リカバリディスク作成。
検索欄にrecといれると「Acer Recovery Management」が表示され、USBメモリで作成します。
WindowsXPからあまり操作方法が変わらないようにとのご要望ですが、それは無理というものです。
OutlookExpressも終了して、MS-OFFICEは別のソフトになったのです。
今後も変わるでしょう。
そういう変更が嫌なら、メールはWEBメールにして、MS-OFFICEはLibreOfficeにすれば、
これほどの混乱は無いでしょう。

  • 2015年9月6日

パソコンをWindows10にアップグレードしてしまったお客様からSOSです。何がどうだめだったのかわかりませんが、とにかくだめなので、買い替えたそうです。
この方は株取引をなさるので、この時期にパソコンが使えないのは大変なことです。緊急対応しました。
新しいパソコンを新規セットアップしました。
旧PCはWindows7で、前回は買い換えずに修復していたのですが、今回はお客様購入済みでした。

PC:富士通 ESPRIMO FH WF1/U
OS:Windows8.1 64bit

インターネット・メール設定(Yahooメール、MS-OUTLOOK2013)。
プリンター設定(HP Photosmart 6520)
MS-OFFICE2013 セットアップ。
筆ぐるめデータ移行
写真データ移行。
テレビ視聴設定。

まあ、MS-OFFICE2013のセットアップのめんどくさいこと。
お客様も見てるだけでもイライラ。

休み明けもまだまだ株価は動きそうです。
儲けてください。

  • 2015年8月26日

パソコン電源入らず

FMV FH77/UDパソコンとプリンターの買い替えをご依頼頂き、セットアップとデータ移行をご希望です。

PC:富士通 FMV FH77/UD
OS:Windows8.1  64bit
CPU:インテル(R) Core(TM) i7-4712MQ
Memory:8GB
HDD:約2TB

プリンター:CANON PIXUS MG7530

訪問して、まず、新旧両方のパソコンを並べて起動しようとすると・・・、旧パソコンの電源が入りません。
故障してました!言うのを忘れてたそうです。
がーーーーん!!

メールアドレスもわかりません。
J:COMご契約で、環境設定通知書も見つかりません。
写真がたくさん入っているそうです。
筆ぐるめの住所録も・・・、とりあえず、プリンター設定をして、どうにか環境設定通知書を探して頂きました。
一応、メールは設定できました。
セキュリティソフトは「McAfee for ZAQ」を入れたいのですが、J:COMのサポートサイトからダウンロードはできるものの、インストールの途中の「準備」のところで何も表示されなくなります。

J:COMのサポートページで何か情報が無いか確認したいのですが、サポートページはその後変わっていて、J:COM IDが無いとマイページにログインできません。カードが送られているはずなのですが見当たりません。

ともかくJ:COMに電話して事情を話すと、「McAfee for ZAQ」はJ:COM IDが無くてもインストールできるはずとのこと。
電話でサポートを受けながらもう一度試すと、今度はインストール出来ました。できなかった原因は不明です。
カードの再発行はできないけど、J:COM IDは電話口で教えてもらえました。

旧PCはうちに入院して、データ救出です。

  • 2015年8月9日

VistaからWindows10にアップグレード

Windows10PC:富士通 FMV-DESKPOWER CE50W7
OS:WindowsVista Home Premium→Windows7 Home Premium→Windows10 Home 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 CPU E4300 @1.80GHz 900MHz
HDD:320GB
Memory:1GB→4GB(2.99GB使用)

もともとWindowsVistaだったパソコンをWindows7にアップグレードして使用していましたが、
突然電源が落ちるようになりました。たまたまですが、まったく同じ機種がもう一台あったので、そちらにハードディスクのみ交換して、ついでにWindows10にアップデートしてみました。
まず、「Crystar Disk Info」でハードディスクが正常であることは確認済みです。
電源が落ちるようになったのは、マザーボードあたりの不良かもしれません。
Windows10の予約して、準備ができる前にISOファイルからアップデートを始めたところ、2日ほどかかりました。ファン回りっぱなし。
もちろんVistaよりは快適ですが、Windows7と比べると微妙です。

(more…)

last comments
hiro
hiro

はじめまして 恥ずかしながら 当方もCE50W7を所有し、10へのアップデー…
marumi
marumi

あらら、「0xC1900101-0x20017」はよく出るみたいですね。 今回…
hiro
hiro

放置して完了ですか・・ うらやまし~い ありがとうございました

  • 2015年8月2日

PC:富士通 LIFEBOOK AH42/E
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit→Windows10 Home
HDD:640GB
Memory:4GB

無事Windows10にアップグレードできたパソコンを、お客様宅に納品しました。
無線LAN(Buffalo)の接続は、「ルータのボタンを・・・」と出ますが、失敗するので、ネットワークキーを手入力して接続。念の為、無線機を再起動。
ネットワーク接続のプリンター(Canon MP640)は、プリンターの接続では検出されず、IPアドレスを手入力しても検出されず、ドライバCDを試したところ、「ファイルコピー時にエラーが発生しました:0200」と出ますが、実際には設定できていました。
「ウイルスバスタークラウド」最新をサポートサイトからダウンロード及びインストール、これは問題無し。
富士通のバンドル版の「筆ぐるめ」、「MS-OFFICE2010 Home & Business」も問題無し。
トランプゲームが無くなって、タイルのアプリになりましたが、Microsoftアカウントにサインインせず、ゲストで少しは遊べそうです。

  • 2015年7月31日

Windows10検証用PCをWindows10にアップグレードしてみました。

PC:Panasonic CF-R8
OS:Windows7 Pro SP1→Windows10 Pro 64bit
HDD:148GB
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU U9300 @1.20GHz 1.20GHz
Memory:4GB

もともとVista機をリサイクルしてWindowsにして中古で販売されていたものですから、当然メーカーも保障対象外です。
Windows7ででも最近動作が重くなってきました。

Windows10の予約もしてはいましたが、ISOファイルで主導でアップグレードしてみました。
すでに他に2台のパソコンでアップグレードは経験済みですが、それらはあまりソフトが入っていませんでした。これは全部Windows10に移行できるのか全く不明です。
念のため、システム修復ディスクを作成し、バックアップもNASに取った上でアップグレードしました。
前の2台は1時間くらいで終わりましたが、これは5時間ほどかかりました。ずっと見ていたわけではないので、もしかしたら待ち時間もあったかもしれません。

タイルのアプリを使わなければ、Microsoftへのサインインも必要ありません。
Panasonicのサポートサイトを見ると、Windows10へのアップデートサポートツールが準備中だそうです。ぼちぼちサポートを見守りましょう。