• 2007年5月2日

Vistaの内蔵無線

PC:富士通 FMV-DESKPOWER CE70W7/D(無線内蔵)

OS:WindowsVista Home Premium

CPU:インテルョ Core” 2 Duoプロセッサー E4300 1.80GHz

Memory:1GB

LAN:Buffalo WBR2-G54

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:Nifty



WindowsXPのPCから買換えで、無線の接続設定と、メール等の移行をご希望です。

無線は内蔵されているのですが、こちらのお宅は電波が届きにくく、ハイパワータイプの無線アダプタをご利用でした。



今回も、内蔵無線ではまったく親機を検出しないようです。

内蔵無線を無効にしてから、量販店で無料で提供されていた、メーカーのドライバCD(Vista対応)を使ってみました。

ところが、インストール途中、無線LANカードをカードスロットに差し込むとパソコンがフリーズしてしまいます。

一旦「!」マークのついたドライバを削除してからインストールをやり直してみましたが、やはりスロットに差し込むとフリーズします。

カードスロット側の不良でしょうか?でも、他にカードタイプの機器が無いので試すことができません。



もう一度内蔵無線を試しますがやはり親機を検出できません。

古いパソコンでネットに繋いでいろいろ確認しますが、メーカーサイトでも特に情報は無く、問題無いはずです。

そうこうしているうちに、ふと見ると親機を検出しています。しかも、電波がけっこう強い。

この内蔵無線、電波開始してから親機を検出するまでに時間がかかるようです。

無事に無線接続できました。



メールは「OutlookExpress6.0」からエクスポートして、「Windowsメール」へインポート。

これはスムーズにいって、アドレスもメールデータも移行できましたが、アドレス張の「表示名」が文字化けしてしまいました。

お客様に確認するとたいした数でも無く、半分くらいは不要なアドレスだったので、手作業で訂正。

セキュリティはプロバイダNiftyの「セキュリティ24」をセットアップして問題無し。

プリンタはCANONの「Pixus iP1700」。VistaのドライバでOKでした。



今回はカードスロットは使わずにすみました。他に使わないなら良いですが、不良の可能性も残したままです。

それにしても、このスペックでもお客様には「Vistaは遅い」と言われてしまいました。

  • 2007年4月29日

CompaqにUbuntuインストール(再び)

PC:Qompaq DeskPro ENS/P500/6b/9/64c

OS:Winsows2000→Ubuntu 6.10

HDD:10GB

CPU:Pentium 3 500MHz

Memory:128MB→256MB

chipset:Intel 810e



前回、インストールに失敗したCompaq、オークションでメモリを安く購入して、再度GUIのインストールを試しました。





















CD-ROMでUbuntuを起動した時点で、下記のようなエラーメッセージが出ます。

=====================

GNOME 設定デーモン (gconfd) を起動する際にエラーが発生しました。

テーマやサウンド、バックグラウンド設定などが正しく適用されないかもしれません。

最新のエラーメッセージ : 

・・・・(省略)・・・・

GNOME は次回のログインの時にも設定デーモンの再起動を試みます。



===================

でも、インストールはできそうなので実行。

今度は最後までインストールできました。





 

Windowsと操作方法が似ているので、初心者にも優しいLinuxと言われています。

もちろん、IEやOEはありませんが、Firefoxがすぐに使えます。

「MS-OFFICE」も入っていませんが、「Open Office」が入っているので、データベースも使えます。



ネットワーク上のHDDにもすんなり入れました。

ただ、日本語のファイル名が文字化けします。



MediaPlayerが無いので、GyaoとかYahoo動画とか、これを使うWEB上のサービスは使えません。



プリンターは、メインの複合機はLinuxに対応していませんでした。

ネットワークHDDに接続してプリントサーバー接続になっている「CanonのPixus iP4100」は、ネットワークプリンタの設定で「Windowsぷりんた(SMB)」を選択すると、自動で設定をしてくれて、「iP4000」のドライバでOKでした。



Ubuntuのすごいところは、必要なソフトが簡単にダウンロード及びインストールできるところです。

それから、Windowsと違ってAdministrator権限での起動やログインができませんから、勝手に侵入して設定を変えられるという心配が無いのだそうです。

ウイルスの心配も「0」とまではいきませんが、かなり確立は低いそうです。

これでOS自体がフリーソフトというのはやはり魅力です。



  • 2007年4月18日

「Antivirus2007」セットアップ

PC:EPSON Endeavor NJ2000

OS:WindowsXP SP2

CPU:Celeronョ M プロセッサ 430 1.73GHz

LAN:無線内蔵



このお客様は、使っていたノートパソコンにお酒をこぼしてしまったそうで、電源が入らなくなってしまったとのこと。

乾かしてもダメだそうで、WindowsMeだし、修理にお金をかけるよりは買換えをお勧めしました。



ノートパソコンが良いけど自宅でしか使わないので、大きめで作業がしやすいこれをお勧めしました。

インターネットとメールができて、DVDが見れて、WORD・EXCELが使えれば良いので、OSはVistaにはせずXPで、Officeも2007は変わってしまって使いづらいので無しにして、前のPCに付属のVer.2000を使うことにしました。



セキュリティソフトは「Norton Antivirus2007」がバンドルされているのでこれをセットアップ。

それにしても、Ver.2007のセットアップに時間のかかること。途中のスキャンをキャンセルしても30分以上です。



もう1台あるデスクトップの「Antivirus2005」が期限切れなので、一緒にセットアップ。

こちらもVer.2007に入れ替えますが、本当に時間がかかってたまりません。


  • 2007年4月17日

WindowsXPのパソコンを買いたい

PC:EPSON Endeavor NA102

CPU:Celeron(R) M 1.06GHz

Memory:512MB

OS:WindowsXP SP2

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:OCN



仕事で使うノートパソコンを至急見繕って欲しいと依頼されて、選んだのがこのパソコンです。

WindowsXPのパソコンを探すのに苦労しました。

この頃は量販店ではみんなVistaになってしまって、このスペックでVistaを積んだら重たくって耐えられません。

また、1週間後には使いたいとの事で、2日で届いたのは助かりました。

B5サイズのモバイルPCで重さは1.1kg。とても軽いです。



セキュリティソフトは「CANON NODアンチウイルス」を入れて、会社のネットワークに接続設定とプリンタ設定。

「MS-Office」はこれもVer.2007を入れると使いづらいので、古いパソコンで使用していたVer.2000を使うことにしました。



この頃、こういうご相談が多いです。

  • 2007年4月16日

DELLにUbuntu

PC:DELL Optiplex GX150

OS:Windows2000→Ubuntu6.10

HDD:20GB

Memory:256MB



Ubuntuはある程度のスペックのPCに入れたほうが、その威力を発揮すると思い始めてきたので、思い切ってDELLのPCにインストールしてみました。



Ubuntu 6.10 Desktop CD 日本語ローカライズ版」でインストール。所要時間約1時間。

何か失敗した様子です。





































完了してここを参考にFlashと[gstreamer]関係のプラグインをインストール。

DVD再生ソフトをインストールして、DVDを挿入してみると、「Totemは・・・・プラグインが無い為再生できませんでした。」と怒られる。



Flashは正常に再生されています。



それから、うちのメインプリンタ(EPSONの複合機)はドライバが対応していません。

CANONのPIXUSのほうはサポートサイトにダウンロードで対応していましたが、この形式が「rpm」で、Ubuntuではこれに対応していない為、「deb」に変換しなければいけないとか。



これは初心者でも簡単に・・・というわけにはいかないようです。

忙しい中、暇を見つけてやっているので、記録しておかないとわからなくなってしまいます。

本日はここまで。

  • 2007年4月14日

Sony PCV-R53にUbuntuインストール

PC:Sony Vaio PCV-R53

OS:Windows98→Windows2000とUbuntu6.10デュアルブート

HDD:10GB+18GB

Memory:128MB



前回、OSを2000に上げたものの、やはりテレビ視聴ソフトの「Gigapocket」が正常に動作しないので、今回はDドライブにUbuntu6.10をインストールしてみることにしました。



日本語ローカライズ版はメモリが192MB無いと無理なので、「PC (Intel x86) alternate install CD」を使って、テキストモードでセットアップ。

ソフトウェアの選択とインストールでまたも長く止まってしまったが、なんとか進みだして一安心。

インストールは時間はかかりましたが完了。

再起動後、Updateもかなり時間がかかりながらも完了。

すぐにインターネットが見れます。



でも、動作はあまり速くありません。パソコンのスペックがこの位だと、Windows2000よりは遅いかも。

WindowsXPをのせるよりは軽いでしょう。

いろいろ設定をいじればもう少し快適になるのかな。

とりあえず、成功。

  • 2007年4月14日

Ubuntuセットアップ

PC:Qompaq DeskPro

OS:Winsows2000→Ubuntu 6.10

HDD:10GB

Memory:128MB



「初心者にも優しいUnix」と評判の「Ubuntu」をインストールしてみました。

解説ページ



Ubuntu 6.10 Desktop CD 日本語ローカライズ版

↑これをダウンロードして、CD-ROMに焼いてインストール。

CD-ROM一枚でインストールできるそうなので、手順に従いやってみましたが、途中で動かなくなってしまいます。

関連のサイトを見ていくと、どうやらGUIでのインストールはメモリが192MB以下だとダメとのこと。

で、本家サイトに 「PC (Intel x86) alternate install CD」があって、これだとテキストモードでインストールが可能だそうで。

HDDは10GBしかないので、全部消去してインストールしました。

かなり時間がかかると思ったら、「ソフトウェアの選択とインストール」で動かなくなり、失敗のメッセージが出ます。

仕方ないのでスキップして、インストール完了しましたが、HDDから起動してもGUIの画面は出ません。



スペックの低いPCには「Kubuntu」のほうが良いそうなので、再度ダウンロードしてCD-ROMに焼き、インストールをやり直し。

すると、やはり「ソフトウェアの選択とインストール」で止まります。

うーん、これはパソコン側に何か原因がありそうです。





  • 2007年4月10日

静的ルーティング設定

PC:富士通FMV-ESPRIMO E3220

OS:WindowsXP SP2

LAN:PR-200NE

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:アルファWEB

プリンタ:EPSON LP-M5500F



ルータにパスワードが設定されている為、CD-ROMでの設定ができず、WEBからの設定。プロバイダの接続設定は問題ないが、フレッツスクエアの接続設定が面倒。

CD-ROMを使えば「□フレッツスクエア使用」にチェックを入れるだけなのに、WEBからだと、「静的ルーティング設定」の設定が必要。解説ページ



なぜか、ホームページのFlash動画部分が表示されず真っ白、インストールを促すメッセージも出ない。これはFlashの再インストールが必要と思われます。



  • 2007年4月6日

団地の無線LAN

PC:Sony Vaio VGN-C50HB(無線内蔵)

OS:WindowsVista Home Basic

LAN:WHR-G54S/V

インターネット接続:FTTH

キャリア:Yusen

ISP:Yusen



長いお付き合いのお客様です。

今までは家族で1台のパソコンを使ってきましたが、今回お嬢様が自分専用のパソコンを購入。

無線ルータを導入して自分の部屋での使用をご希望です。



Vistaの初期設定はやはり30分以上かかりました。

既存のパソコンの側にONUが設置されているので、無線ルータもそこに設置。

無線設定を済ませてから自分の部屋に移動すると・・・、電波が弱いです。

間には薄い壁があるだけのようなんですが、ちょうど鉄筋の柱でもあるのでしょうか。

一応繋がっていますのでインターネットはできますが、もしもっと弱くなるようだったら無線ルータの設置場所を検討したほうが良いでしょう。

団地の柱は無線がダメなことがあります。

  • 2007年3月30日

宅内LANの仕方

PC:Sony Vaio VGN-C90S

OS:WindowsVista

LAN:Buffalo WBR-G54/P

インターネット接続:CATV

ISP:It’sCOM



このお客様宅はマルチメディアコンセントを採用していて、8部屋にLANコンセントを設置してあります。

こういう場合、どこか1箇所を基地局として、全部の部屋へのLANの配線を集めているか、どこかにLANや電話やTVアンテナの配線を管理するBOXを設置している場合とがありますが、こちらは前者で、基地局に7個のLANコンセントがあります。

その仕様上、モデムはここに設置することになり、ルータのポートが4ポートしかないので、今回HUBを増設することになりました。

7本のLANケーブルが壁に延びます。

電気のコンセントも全く足りないのでタップを使います。

どう整理しても美しくありません。

できれば設置用の棚を作りたいです。



これだけの数だとどう整理しても邪魔ですね。

LANコンセントを設置する数が多い場合は、管理のBOXを設置して、その中にHUBを設置したほうが、管理もし易いしきれいに出来そうです。