• 2017年6月17日

アカウントが一時的に使用停止になっています新規にパソコンを購入したのでセットアップをご依頼です。

PC:富士通 ESPRIMO FH52/A3
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:1TB
Memory:4GB

今日は有線LANで接続しますが、実際には別の部屋で使用するので、その時は無線機を設置することになります。
ということは、しばらくネットに繋げなくなるので、今日のうちにWindowsUpdateした方が良いのです。
時間はかかると思いますが・・・。
電源を入れて初期セットアップ開始。
セットアップ中にWindowsUpdateをしました。
すると・・・、30分以上ボーッっと待つことに・・・。

やっと終わって、GoogleChromeインストール、Gmail設定。
既存のパソコンと同じに設定します。
プレインストールのMS-OFFICE2016を起動し、認証をすると・・・、通りません。
「ライセンス認証回数が上限に達しているためライセンス認証を実行できません」
Office 製品のライセンス認証ができないお客様へ

つまり、1月に大発生したトラブルで、そのまま改善されてない。
上記は今見つけた記事で、問い合わせの電話番号は、現場ではパソコンには表示されません。
WEBからログインしろとか言われます。
ログインしようとすると正しいID・パスワードを入力してもログインできず、パスワードリセットに進むと、
「アカウントが一時的に使用停止になっています」
と難癖つけられました。
「お客様のアカウントxxxx@gmail.com 使用して大量の迷惑メールが送信されたか、Microsoft サービス規約に違反する行為が行われた可能性があります。」
そんなことはありません(怒)。
続行して、担当者さんの携帯電話のSMSで確認コードを受け取って、使用停止を解除。

Officeはまだです。
認証画面のヘルプをクリックしたところでやっとMicrosoftのサポートの電話番号が表示され、電話が繋がりました。
電話認証になり、アナウンスの声に従い認証IDを入力すると、これも認証できず、
サポートは日本語を話しますが、日本人ではありません。
そして、認証IDが発行され、その通りに入力すると認証が通りました。
さっさと電話を切ろうとするので、どうして認証が通らなかったのかと質問すると、原因はわからないとのこと。
そして、お客さんに迷惑をかけたという認識はありません。

Outlookでメール設定。
もう、時間が無いので、続きは次回に持ち越しました。
つまり、Microsoftの認証がすべて通らないトラブルなのでしょう。

  • 2017年6月13日

突然に日本語の入力ができなくなりました。
IME言語バーも出てきません。
パソコンを起動した時には出ていて、かな入力がONになっているのをOFFにしたところまで覚えています。
ネットでググると、同じ現象で困ってる人が少なからず・・・。

[Windows 7] 言語バーを表示する方法を教えてください。

再起動 NG
「地域と言語」内の「テキストサービスと入力言語」で言語バーをタスクバーに表示する項目を一旦無効→有効 NG
レジストリで「Input Method」を確認。→「Show Status」の値は1で正常。
「ctfmon.exe」をスタートアップに登録 で解決。

MS-IME

既定の言語

 

  • 2017年5月28日

突然Windowsの窓が開いて「応答なし」になり、中は真っ白で、写真を撮ろうとしたら消えました。
まるでウイルスかと思うような現象で、急いでググると他にも同じ現象が出ているようです。

何かのウインドウが一瞬開いて閉じる
最近定期的に謎のウィンドウが一瞬開いて閉じる

officebackgroundtaskhandler.exe

タスク名「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」に「タスクの作成または変更時 – トリガーされた後、1時間ごとに無期限に繰り返します」
気持ち悪いんですけど、犯人はMicrosoftだそうで、私の場合はWindowsはあまり使ってないのでとりあえず放置様子見することにしました。

 

  • 2017年5月21日

WindowsUpdateで失敗が続きました。
エラーコード0x800705b4です。

2017-05-20 18.07.45

再試行してもNG。
日を変えて何度かやってもNG。
失敗しているのは、KB4019472。
2017 年 5 月 10 日 — KB4019472 (OS ビルド 14393.1198)
Windows Update コンポーネントをリセットする方法
Windows Update エラーを修正する
ネットでググると、同様のケースがたくさん・・・。
対応策は、失敗しているKB4019472スタンドアロンパッケージを手作業でインストール(NG)。
WindowsUpdateの詳細オプションで、「Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムも入手します。」のチェックを外してもNG。

端末でDISMコマンドでWindowsコンポーネントを修復。

dism /online /cleanup-image /restorehealth

を試すと、約30分かけて完了。

dism

でも、NG。

トラブルシューティングツールを試しましたが、

WindowsUpdateトラブルシューティングツール

WindowsUpdateトラブルシューティングツール

Service registration is missing or corrupt 未解決 ×

Service Registration is Missing or Corrupt Windows Update Error

なんかレジストリいじる方法が書かれてるけど、気が進まない。

ふと思いついて、Defenderの更新を先にDefenderのソフトから終わらせて、WindowsUpdateで更新プログラムのチェックをかけると、無事完了できました。
その後のパソコンの再起動はとてつもなく長かったけど、とりあえずWindowsUpdateは正常になりました。

WindowsUpdate

  • 2017年5月21日

Outlookでメールの添付ファイルが化ける

winmail.datメールの添付ファイルが開けないのだそうです。
添付ファイルのファイル名は「winmail.dat」。
これはOutlookからのメールでよくある添付ファイルの化けた例です。
受信したソフトはThunderbirdですが、それ以外でも起こります。
試しにそのメールをGmailに転送してみると、添付された写真が正常に受信できました。
このトラブル、大昔からあるんですけどMicrosoftは対応する気が無いんですね。
受信する側の問題ではなく、送信側の問題なんです。
Liveメールが終了したので、とりあえず移行できるソフトとしてはOutlookくらいしか無いのですが、この問題がまた増えそうな気がします。

Winmail.datファイルが添付されないようにするには
Outlook2016で送信したメールの添付ファイルも消えるかWinmail.datになる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/npc/npcs/pdf/100111/answer.pdf

  • 2017年5月16日

Dropboxがインストールできない

会社さんの社内と現場でデータ共有にDropboxを使うことになりました。
ところが、複数台あるパソコンの中で1台だけインストールができません。
「インストーラの使用中に、エラー2が報告されました」
何度やっても、オフラインインストーラでも同じエラー2になります。
後日再度試したところインストールできたそうです。
他のパソコンは別の日にインストールしているので、その時のインストーラに問題があったのかもしれません。
その後、新しいインストーラが出て、同様にインストールできた人がいたようです。

Stable Build 26.4.24

インストーラの使用中に、「エラー2」が報告されました。のエラーには何?

  • 2017年5月16日

パソコンがなかなか起動しない

WindowsVistaからの買い替えで設定をご希望です。
無線ルータも古いので予め買い替えをご提案していました。
新規セットアップかと思いきや、すでに電源を入れてみたそうで、起動のパスワードを紛失されていました。
なんとかパスワードを見つけ出していただき、起動すると、今度はWindowsの更新が表示されて30分以上待っても終わりません。
仕方無いので電源ボタンを長押しして強制終了して、再度電源投入。
今度は起動しました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH42/B1
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

無線ルータ(Aterm WR9300N)設定。
インターネット・メール設定(MS-Outlook2016)。
プリンタ設定(EPSON EP-808AR)及びファームウェア更新。
セキュリティ設定(Canon NOD Internet Security10)。
VIPACCESS設定。

起動をローカルアカウントに変更。
このパソコンは屋外には持ち歩かないし、他にパソコンは無いので設定はなるべく制限。

この前日も、パソコンを納品時に起動に30分以上かかりました。
ネットワークに接続されていない場合に何か問題があるのかもしれません。

]

  • 2017年3月22日

パソコンがどうにも使いづらいそうで、Windows10にアップグレードをご希望です。Windows102013年10月モデル。
無料アップグレード期間は終わってますが、以前アップグレードが始まっちゃって止めたことがあるそうなので、もしかしたらできるかも・・・という感じでチャレンジです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH56/M(FMVA56MW)
OS:Windows8.1 64bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i7-4702MQ CPU @ 2.20GHz、2201 Mhz
Memory:8GB

まず、BIOSをアップグレード(Ver.1.15→1.22)。
メーカーサイトの機種別注意事項を確認。
お客様はデータ等全部消えて良いとのこと。
ただ、アップグレード後起動しないとか、Windows10にできないとかトラブルがあると嫌なので、バックアップディスクを作成。
このパソコンはリカバリディスク作成方法がわかりづらい。
バックアップナビ→次→管理で、「リカバリディスクセットの作成」。
DVD6枚、1回しか作成できません。
セキュリティソフトは「ウイルスバスタークラウド」をアンインストール。
念の為、フリーソフトでプロダクトキーを確認。

3時間ほどかけてリカバリディスク作成。
その後、Windows10アップグレードディスクを使ってアップグレードを試みるも失敗。元の状態に復元されました。
ドライバが問題・・・とか出るので、WindowsUpdateを更に続け、全てアップデートして、再度アップグレードを試みるも失敗。
完璧にはまりました。

お客様とご相談の上、DVD起動によりアップグレードを試みると、ライセンスキーの認証が通りませんでした。ああ、そういうこと・・・。
最初からそう言ってくれれば・・・。

せめてもう少し快適に動いて欲しいので、イベントビューアのログを確認すると、たくさん忠告やら警告やらが発生していました。

イベント1, ApplicationExperienceInfrastucture(Intel Bluetooth Wireless High Speedの警告)
イベント1002,Application Hang (LiveComm.exeのエラー)
イベント 2006, LocationProvider(エラー)
イベント 2001,LMS (MEI driverのエラー)
イベント 1000, Application Error (PG_Logon.exeのエラー)
イベント 1000, Application Error (svchost.exe_PcaSvcのエラー)
イベント 1000, Application Error (wermgr.exeのエラー)
イベント 100, Bonjour Service (3つエラー)

一番面倒だったのがIntelのWiFiドライバ。
富士通アップデートナビで検出するものを全部アップデートしてみたが、Intel PROSet/Wirelessソフトウェア V.19.20.3がエラーになる。

Error [80000000]:This version can not upgrade from the current older product.Please uninstall the older product manually

デバイスマネージャで、古いドライバを削除してDLしたドライバを入れ直してもNG。
で、WindowsUpdateで検出されたオプションのアップデートで適用するとあっさりエラーは消えました。
BonjourのエラーはiTunes使わないのでアンインストール(正しい順番で)。
これでどうやらエラーは無くなりました。
つくづくWindowsUpdateって不具合の修正してるんだよ。
せっかくエラーが消えたので、ダメ元でもう一度だけWindows10にアップグレードを試みました。
が、やっぱりNGでした。ネットでぐぐると、このメッセージは無償アップグレード期間も多発したらしい。

0xC1900101-0x30018
SYSPREP 操作中にエラーが発生したため、インストールはFIRST_BOOTフェーズで失敗しました。

このままWindows8.1のままで、2023年1月10日のサポート終了までお使いになる予定です。Windows10
というわけで、何故か無償アップグレード期間を終えてもできていたWindows10の認証は本当にできなくなったようです。
勝手にアップグレードされたりして、一度でも認証したことがあるなら認証可能らしいです。

  • 2017年3月12日

レッツノートパソコンの電源を入れても何もできないそうで、Vistaパソコンなので買い換えることになりました。
中古パソコンですが、とても良いのが見つかりました。

PC:Panasonic Let’s Note CF-B11
OS:Windows10 Pro 64bit
HDD:320GB
Memory:8GB
MS-OFFICE2010 Home付き。
3年保証付き。

旧PCはSonyのVaio type F VGN-FE53B/W(PCG-7V1N)。
ドライブが一杯になってしまって、お孫さんがUSBメモリにバックアップを取って、いろいろやってみたそうですがうまくいかなかったとのこと。
メモリの中には写真とファイルがありました。

Yahooメール、パスワードを紛失しているので、パスワードリセット。
アドレスブックには何も入っておらず、おそらくメールソフトにYahooメールを設定していたらしい。そのアドレス帳はバックアップ無し。

筆ぐるめソフト、ヨドバシカメラよりDL購入及びインストール。
USBメモリの中にあった筆ぐるめフォルダの中は、使用していないフォルダでした。多分共有フォルダとかその辺の間違いでしょう。

ゲームをUSBにバックアップを取ったとのことでしたが、実行ファイルはありませんでした。

旧PCは起動時に「BOOTMGR is missing」と出ます。
取り外してUSB接続してみると、ドライブは見れますが中は空です。
Ubuntu Diskで起動、確認しても同様。
OS(Vista)ディスクで起動しても、スタートアップ修復では修復できず、
コマンドプロンプトを開いて

bootrec /fixmdr
bootrec /fixboot

を実行し再起動でもNG。

リカバリ領域は生きているので、リカバリ実行。
「VAIOデータレスキューツール」なんてのがあるのでダメ元で実行。
これの内容はWinPEです。
「かんたんデータレスキュー」を実行すると、「アプリケーションエラー」。
「例外 unknown software exception(0xc0000094)がアプリケーションの0x00433803で発生しました。」で終了。
一応、「VAIOハードウェア診断ツール」でチェックするとハードウェアは正常。
「ハードディスク診断と修復」なんてのもあるので起動してみた。
正常。

何をしたんだろう、どうしたらこんなふうになるんだろう。まったく何も無くなってる。
とりあえず、HDDをそのままコピーして、コピーでリカバリしました。
ゲームはフォルダごとコピーしてみると、Windows10でも動きました。
(が、その後動かなくなりました。これは続く・・・)

  • 2017年2月13日

TrusteeriMacのWindows7(Boot Camp)でGmailがフリーズします。
Firefoxでは正常に使えます。
どうやら原因は「Trusteerエンドポイント保護」。すでにバージョンは最新。これをアンインストールすると改善します。
再度「Trusteerエンドポイント保護」をインストールし直すと障害が発生します。
ネットでぐぐったところ「Rapportとの相性が原因で頻繁にフリーズ」という情報が複数見られます。GoogleChrome Ver.50.0.2661.94あたりから始まったとか・・・。
現時点では有効な対処法は見つかっていないようです。