• 2019年2月11日

Windows10でスリープが出なくなった

Windows10にアップグレードしたパソコン、スリープが出なくなりました。

コントロールパネルの[電源オプション]-[電源ボタンの動作を選択する]で、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックし、シャットダウン設定項目の「休止状態」にチェック。

 

  • 2019年2月6日

Officeのメニューが英語になる

突然EXCELとPOWERPOINTのメニューが英語になってしまったそうです。
PC:NEC Lavie NS150/K
CPU:Intel® Celeron® プロセッサー N4000
HDD:500GB
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:4GB

WORDは正常です。こういう障害は以前にもありましたが、ネットでググると、今回は去年頃からあるようです。EXCELのオプションで言語設定を確認しても正常です。「アプリと機能」で修復しても未改善。リセットするとMicrosoftアカウントのパスワードが必要になるので、覚えていないなら資料を探していただかないとできません。このパソコンは購入時に業者に設定してもらって、そのメールアドレスはOfficeのセットアップと同時に作成して、使っていないそうなので、最悪パスワードリセットもできません。

どうにか見つけ出してもらえたので、とりあえずWindows10のメールで設定。ウイルスバスターもこのメールアドレスで設定されていました。

で、リセットしてもNGでした。

Windows 10 Fall Creators Update以降が搭載されたPCにプレインストールされたOffice2016は、Microsoft Store版で、Microsoft Storeアプリの右上[・・・]-[ダウンロードと更新]で更新すれば修復されるようです。ただ、このお宅はインターネット回線がADSLで、ネットが非常に遅い。とりあえずPOWERPOINTのみ更新して、その他は全部キャンセル。更新が完了したら、EXCELも修復されていました。デスクトップ版とMicrosoft Store版ではOfficeはシステムが違っており、会計ソフトとの連携などでMicrosoft Store版では対応できない場合はデスクトップ版を再インストールすることになります。

ADSL回線は厳しいです。最初から何だかパソコンが遅いと思いましたが、CPUのせいと回線のせいだと思います。今後もWindowsUpdateがらみで不具合やパソコンの遅くなる現象は避けられないでしょう。使わない時もできるだけ起動して放置しておくしか対処法はありません。耐えられなくなったらFTTHに乗り換えですね。

 

  • 2019年2月2日

一太郎の登録キー紛失

前回訪問時に、一太郎のバージョンアップしようとして、旧バージョン(2008)の登録キーが見当たらず、ジャストシステムに問い合わせメールを出しました。すぐにメールが来て、本人確認の上サポート側でUserID登録、引き続きパスワード設定。改めて一太郎2016をインストール及びユーザー登録。

インストール及びユーザー登録完了。一太郎2016バージョンアップ完了。画面タイプをクラシックタイプに設定。旧ツール設定引き継ぎ。

[スタート]→[JustSystemsツール&ユーティリティ-JustSystemsツール&ユーティリティ][一太郎]メニューから[一太郎2018 画面タイプ切替ツール]→[クラシックタイプ]

クラシックタイプのメニューからオリジナルタイプのメニューへ切り替える場合

[表示]-[オリジナル]-[オリジナルタイプのメニューを使う]

これができるのはジャストシステムの偉いところ。Microsoftより顧客への思いやりがあると言えましょう。

 

  • 2019年1月26日

プリンター設定完了できない

一番単純なプリンター機能のみのプリンター(CANON TS203)、本来USB接続するだけで繋がるはずが繋がりません。プリンター付属のCD-ROMではセットアップ途中のプリンターの接続まで認識するものの、完了できません。

サポートサイトからドライバーのみダウンロードしても、同じところで止まります。

パソコンを再起動してもNG、USBケーブルを替えてもNG、差し込むUSBの口を替えてもNG、持参した中古パソコンでは問題なく繋がります。

完了できないプリンターの設定を残し、接続ポートを手動でUSBに設定。すると・・・、印刷できましたよ。何なんでしょうね。でも、このままずっと繋がっていれば良いですが、原因不明ですからまた繋がらなくなる可能性もあります。

疑わしいのはWindowsUpdate.,このパソコン、非常にスペックが低く、ビックカメラで薦められて購入したものですが、Windows10なのにメモリ2GB(増設不可)。CPUは安定のCeleron。使用頻度が著しく低く、この日もWindowsUpdateがずっと続いています。昔、WindowsVistaにメモリ512MBで売った店がたくさんありましたが、あんな感じです。そんなだから量販店(PCデポでなくても)は信用できない。そんなお宅にJ:COMは1Mコースのインターネットを契約させて、さすがに回線はFTTHに乗り換えましたが、このパソコンは今後も良くなることは無い(断言できます)。それで、お客様も別の中古パソコンも検討したいと仰せでしたが、まだパソコンが新しいので諦められないのです。

  • 2019年1月13日

正月早々EXCELが落ちる

新年早々、EXCEL2010が起動できません。こんなふうに薄くなって応答無しになり、強制終了してしまいます。

ネットで報告されているとおり、WindowsUpdateトラブルです。

KB4461627をアンインストールすると治ります。

[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[更新の履歴を表示する]-[更新プログラムをアンインストールする]で、「KB4461627」を検索すると簡単です。

下記で記載の「インストールされた更新プログラムを表示」で検索では検索されませんでした。

Excel 2010 (KB4461627)、2019 年 1 月 2日の更新プログラム

  • 2018年12月26日

パソコン画面にマウスの矢印のみ

年末のお客様よりのSOS。パソコンを起動すると、真っ暗な画面にマウスの矢印のみ表示の状態になりました。このままずっと待っても変わりません。
PC:DELL Vostro
OS:Windows7 Professional SP1 64bit
Memory:8GB

2012年購入、7年弱です。2020年1月にはWindows7なのでサポート終了、Officeもさすがにもう2003はやめなければいけません。買い替えではありますが、とりあえず業務を続けなければいけません。

セーフモードでは起動できるので、大急ぎでバックアップを取ります。たいていはNASに保存されているのですが、最近のデータと一部のデータがパソコン内にあります。セーフモードもネットワークはNGです。セーフモードとネットワークで起動すると、画面は真っ暗です。何でしょうね・・・。

ふと思いついて、別のユーザーアカウントを作成してみると、通常起動できました。このアカウントで、元のアカウントの設定を同じにして、データも見れるようにしました。何とか年末を乗り切った・・・。

  • 2018年12月18日

経理用パソコンが起動できなくなったとのこと。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

オリジナル セットアップ CD-ROM から Windows セットアップを起動して、このファイルを修復できます。

修復するには、最初の画面で ‘R’ キーを押してください。

自作パソコンでOSはXP。サポート終了しているけどネットに繋がずに使っているそうで、セットアップCD-ROMなんて無いので困ってしまったそうです。それにしてもなんと懐かしいエラーメッセージ。何度このエラーと格闘したことか・・・。一応まだ取ってありますよ、WindowsXP。

OSのCD-ROMで起動しようにもDVDドライブがボタンを押しても出てきません。BIOSはAward Biosです。外付けのDVDドライブを接続して、[Advanced BIOS Features]でBoot順序を変えて内蔵CD-ROMドライブは無効にしてOSのCD-ROMで起動。

セットアップ開始画面で「R」を押して回復コンソールで起動。

windowsにログインし、壊れたsystemを修復。

dir system

ren system system.bak

copy d:\windows\repair\system

  ↑ここは今回は「d」でした。

そして、exitしてパソコン再起動。無事起動できました。うちのUSBマウスは認識できないので、キーボードだけで動作確認。これ以上何も触らず、とにかく早くバックアップを取って頂きパソコンは買い替えですよ。起動できたとは言え、何だかんだとエラーが出ています。これ以上はダメです。

  • 2018年12月9日

iTunesがダウンロードできない

お客様のiPhoneがパスワードロックかかってしまって、iTunesで初期化するしかなくなりました。仕方ないのでiTunesのインストールをしようとしたら、MicrosoftのWindowsストアに飛ばされてサインインしろと・・・、このパソコンはMicrosoftサインインのパスワードを紛失しておりパスワードリセットもできない状態です。Outlook.jpのメールを登録と同時に作ってメールは全く使っていなかったので、本人確認が不可能なんです。これもひどい。後で探したところ、今までのiTunesのダウンロード方法が見つかったので覚書。

パソコン(Windows10)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

↑とても丁寧に解説されています(感謝!)

これをクリックするとWindowsストアに飛ばされて、WindowsアプリのiTunesをダウンロードになって

サインインなんてしたくない。いらん。

Windowsをクリックしても何も出ないけど、そのまま上に戻れば

確か一度はやったのですが、たまたま見つけてできてしまったので、こんなに探すのに苦労するとは思わなかった。

  • 2018年11月10日

プリンター「brother MFC-J997DN」が使えなくなったそうで訪問しました。パソコンはiMac。このプリンターはプリンター・スキャナ・FAXの複合機で、有線LAN接続されており、IPアドレスは固定されています。iPhone・iPadからも印刷・スキャンできて、FAX受信はDropboxに自動でアップロードし、メールにPDFにして自分宛てに送信する優れものです。

これが時々パソコンからはスキャンできるけど、複合機からはできなくなったり、エラーが出たりします。たいていは複合機の電気の入れ直しや、パソコンの再起動などで直るのですが今回はどうにもならないとのこと。

スマホアプリのFingで確認すると、複合機はグレーアウトしていて、つまり認識されていない。複合機を電気を一旦切って入れ直すと、お客様が途中だったプリンタージョブが開始され印刷がはじまりました。またパソコンからは複合機の管理画面に入れるようになりましたが、まだFingではグレーアウトしています。

以前も別のお宅であったのですが、iMacで有線LANと無線LANを両方接続しているとエラーが出るような気がします。タイミングによっては2台と認識している?今回も両方共接続されているのですが、これを有線LANのみの接続にして、無線LANを無効にして、ルータの電気を入れ直しました。すると、Fingでもはっきり認識され、複合機からのスキャンもできるようになりました。

ブラウザの画面が時々文字が入り切らずはみ出して操作ができなくなるとのこと。これは前回iMacの解像度を下げたせいで、デフォルトに戻して、ブラウザの文字サイズもデフォルトに戻すと普通に表示できるようになりました。これはホームページを作る側がいろんな仕様で作るので、解像度を変更したり、文字サイズを変更したりというところまで対応しきれないというところでしょう。

  • 2018年10月19日

Outlook2016のフォントが変

ある日、Outlookのメール作成画面のフォントサイズが大きくなってしまったそうです。

直せなくて、画面上でフォントサイズを小さくして送信したそうですが、これはあくまでも自分のパソコン上での見え方であって、フォントサイズを小さくして送られた側は逆に小さい文字のメールを受信することになります。

これはズーム機能で拡大されているのだと思います。メール作成画面で、[書式設定]-[ズーム]で拡大して画面を閉じると、次回のメール作成でも拡大状態で表示され、[ズーム]ボタンはグレーアウトしていますが、メール本文をクリックしてアクティブにすると、[ズーム]ボタンがクリック可能になります。

また、フォントが良くないので変更したそうです。確かにOffice2016の遊フォントは評判が悪い。私も嫌いです。見ててイライラします。どうしてこのフォントを採用したのか理解に苦しみます。

フォントの変更は、[ファイル]-[オプション]-[メール]-[ひな形およびフォント]を開き、「新しいメッセージ」、「返信/転送メッセージ」、「テキスト形式のメッセージの作成と読み込み」の3箇所の文字書式を変更。

修正前

修正後

 

そもそも、HTMLの必要のないメールはテキスト形式で送ったほうが良いと思います。