• 2015年2月26日

無線LANが不安定だそうで訪問しました。
1階にモデムと無線ルータ、2階でパソコンを使いたいのにインターネットが不安定だそうです。
無線機がBuffaloの古いものだったので、とりあえず買い換えることにしました。

PC:Lenovo G510
OS:Windows8.1 64bit

PC:富士通 FMV-BIBLO
OS:WindowsVista SP2 32bit

LAN:NEC Aterm WG600HP
インターネット回線:CATV
ISP:J:COM

SuperFishその前に、今世間を騒がせているLenovoです。
問題の「SuperFish」は入っていませんでした。
でも、Baiduやいろいろ、いろいろが入っています。
全部アンインストール。
IEとChromeのアドインも設定も削除。

無線LANが何故か繋がりません。
この無線LANの設定確認がWindows8や8.1は耐え難いほど面倒くさい。
無線LANが接続されていればさほど問題は無いけど、確認したいってことは繋がらないからなのだよ。

以下、参考(感謝)
[無線LAN] 登録しているプロファイルのSSIDやセキュリティの種類などを確認する方法を教えてください。

Windows 8 / 8.1の無線プロファイル削除方法!PCに保存されたワイヤレス設定はここで確認できる!

Windows8.1 wifiプロファイルの削除方法

無線LAN苦労して確認しても間違ってはおらず、結局これはLenovoのトラブルらしく、設定を修正して繋がりました。
ネットワークアダプタのプロパティで、詳細設定にある、「WMM」の値を無効にすると繋がりました。
これでしばらく様子を見て、やっぱり不安定になるようだったら有線LAN工事も考えましょう。
それと、携帯が壊れかけているので、スマホも検討です。

  • 2015年2月22日

突然インターネットができなくなったそうで、緊急出動しました。
が、私が到着すると正常動作しています。
「さっきまでダメだったのに・・・」
念の為怪しげなものが無いか確認すると、多少詐欺ソフトの気配はあり、それは削除及び修正しましたがたいしたことは無さそうです。

次のお客様宅でわかりましたが、シマンテックが犯人でした。

Symantec Endpoint Protection が 侵入防止定義 20150220.001 をダウンロードすると Internet Explorer がクラッシュする

ノートン使用のPCでIEがクラッシュして使えなくなる障害、破損した定義ファイルを配信したのが原因

だいたい、Microsoftの製品を使うこと事態がリスキーで、メーラーでも、ブラウザーでも、なるべくMicrosoft以外を使ったほうがトラブルは少ない。
セキュリティソフトに関しては、なぜか「Microsoft Security Essencials」がノートラブル。
どうせ、高額なソフト入れてても詐欺ソフトは防げないのだから、トラブルの少ない方がお勧め。
パソコンを買うと最初からおまけでついてたり、店がおまけでくれるのは、1年後や2年後に何も考えずに更新してお金を払う人や、やめたくても自分でアンインストールできなかったりどうしたら良いのか分からない人が多いから。
私が今までに「Microsoft Security Essencials」を入れたお客様方、だれも感染なんてしてませんよ。
最近では、たとえ更新費用払っちゃった直後でもアンインストールした方が、来年悩まなくて良いし、トラブルも少ないって割り切りました。
スマホの解約と同じ、例え違約金かかっても解約したほうが、最終的な累計金額は安くなる。

それにしても、一言も謝らないのね、ノートン先生。
ノートンを提供しているケーブルテレビが謝ってたわ。

ノートン

  • 2015年1月27日

パソコンのインターネットが繋がらなくなったそうで訪問しました。
iPadは繋がるので、パソコンに問題がありそうです。

確認すると、無線LANが無効になっています。
このパソコンは無線LANの切り替えは、ファンクションキーでするのですが、押しても無反応。
コントロールパネルから直接有効にしてインターネットは繋がりましたが、どうして無効になったのか、切り替えができないのも気になります。
また同じ事が起こるかもしれません。
故障だと困るので、東芝のサポートに電話してみました。

無線LANのON/OFF切り替え方法を、「画面の右上にマウスを持って行って・・・」と説明されるけど(そんな方法はかえって面倒)、ファンクションキーで切り替えできないのはおかしいと主張すると、さらに話は変わり、
どうやら、Windows8.1にUpdateして、ドライバーが対応しない為のようです。
試しにリモートサポートを受けてみました。
「東芝サービスステーション」を起動して、サポート側が画面を一緒に確認しながらマーカーソフトで指示を出すので、こちらでその通りにクリックしていきます。
リモートサポートで先方が作業してくれる訳では無いのですね。

東芝リモートサポート 東芝リモートサポート

必要最小限Updateするべきドライバーが4つ、「Toshiba Function Key」、「Toshiba System Driver」、「Intel Rapid Strage Technology Driver」、「Realtek Wireless Lan Driver」。

結構時間がかかりました。
途中止まったように見え、完了したのかどうかわかりにくい。
これで直りましたが、他にもUpdateすべきドライバーがたくさんあって、サポート担当曰く、「全部まとめてアップグレードすることもできるけど、1つづつやった方が良い」とのこと。

リモートサポート終了後、重要そうなのをやってみましたが、本当に時間がかかり、途中で表示されるポップアップ画面の内容によってはお客様には難しそうなので、何か問題が無ければやらなくて良いとお話ししました。
なぜ無線LANが無効になったかは不明です。Windowsを8.1にUPした時点では無線LANは繋がっていましたし、あれこれ自分でトライするようなお客様ではありません。WindowsUpdateも画面に指示が出たから従っただけです。

  • 2014年12月24日

パソコン修理

お客様からのご紹介でご依頼です。
パソコンを正常起動できないとのこと。
ちょっと遠いので、パソコンを送っていただきました。

PC:東芝 Dynabook T351/34CW
OS:Windows7 HomePremium 64bit SP1
Memory:4GB
HDD:640GB

 電源を入れると

Windows failed to start. A recent hardware or software・・・

Windows failed to start.

Windows7のDVDで起動して、Windowsの修復を試みて、スタートアップ修復になり、システムの復元へと誘導されました。
時間がかかりましたが復旧。

スタートアップ修復
起動して確認すると、セキュリティソフトが複数入っています。
「ウイルスバスタークラウド2011」と「ウイルスセキュリティ」。これらをアンインストールして、「Defender」をON。「Microsoft Security Essencials」をインストール。
東芝PCあんしん点検サービスでパソコンをチェック。すべて良好。

東芝PCあんしん点検サービス
イベントビューアを確認すると、「LLHDClient.exe」が障害を起こしています。これは東芝のリモートサポートを受けると入る「LAPLINKヘルプデスククライアント」。もう必要無いのでアンインストール。
「WDLMW BrtWDLMW」のエラーが大量に出ていますが、これはBrotherの関係で、気にしなくても良さそうです。

イベントビューア
WindowsUpdateと、FlashのUpdateをして、詐欺ソフトはいなさそうです。

  • 2014年12月22日

PC:DELL Vostro 3750
OS:Windows7 Pro SP1
HDD:500GB
Memory:6GB

LAN:PR-400KI、WHR-300HP2
インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:So-net

起動時に黒い画面になってしまうとのこと。
訪問して確認すると、

Warning:The battery is not recommended・・・

PC Diagnosticsでチェックすると、

Error Code 2000-0132

これはバッテリーの交換時期だと言っています。
つまり、バッテリーがNGなので、バッテリーを外せばOKです。
バッテリー取り寄せましょう。

DELL DELL

  • 2014年12月10日

パソコン起動しない

PC電源いれたら黒い画面で、

キーボードエラー

システムバイオスがシャドウされました。ビデオバイオスがシャドウされました。マウスが初期化されました。キーボードエラー。

PC:富士通 FMV-Deskpower CE/B40
OS:WindowsVista SP2

ビープ音 長2回、チッチッチと音がする。
富士通の診断ツールで異常無し。
スタートアップ修復でも異常なし。
ケースを開けて、メモリを抜き差し。
CPU回りの埃を掃除機で吸い取り。
電源投入→OK。
チッチッチの音は変わらずする。

キーボードエラー

このまま様子を見ていただくことになりました。
WindowsVistaだし、どうせあと2年です。
修理する必要があるなら、Windows7にUPした方が良いです。
何があっても良いように、バックアップ方法を確認。
Gmail設定。

  • 2014年11月15日

ハードディスクPC:Sharp PC-CW50T
OS:WindowsVista→Windows7 Professional SP1 32bit
CPU:Mobile SMD Sempron(tm) Processor 3400+ 1.80GHz
Memory:2GB
HDD:80GB→SSD:256GB

Cドライブの空きが無いパソコンですが、もともと容量が60GBしか無いので、何かアンインストールしてみたって大した効果はありません。
ベンチマークはこんな感じ。

ベンチマーク

業務で使っていて、有償のソフトなどもあるし、使い勝手も良いので買い替えはしたくないそうです。
そこで、SSDに換装してみました。
今回のSSDはMicron製。

SSD

まず、「EaseUS Partition Master 」でパーティションコピーをしてみましたが、どうもHDDにエラーがあるようです。パソコンに装着して起動しようとすると起動しません。

>Hard disk boot sector invalid

 ディスクチェックをかけて、不良クラスタは無いことを確認。
Windowsのスタートアップ修復でもダメ。
Windowsでのバックアップはできましたが、システム修復ディスク作成を試みましたが作成できません。

ドライブから、回復できないエラー情報が戻されたため、書き込みに失敗しました。(0xC0AA0301)

ハードディスクから小さく音がします。「チッチッチ・・・」。

このSSDのサポートサイトでツールが公開されているので、そちらを試してみました。
Acronis True Image HD 2014

これでディスクごとクローンすると、今度は正常に起動しました。
すごく早い。感動の早さです。

SSD

  • 2014年10月15日

ハードディスク故障したお客様、この時期にパソコン買い換えはしたくない。
来春にはWindows10が出るし、しばらくは不具合も出るので、できれば半年後つまりあと1年は待ちたい。
そこで、SSD換装することにしました。
もとのHDDからSSDにドライブをクローンしようと試みましたが、エラーがかなりあるようで通常のクローンは不可能でした。
セクターバイセクターでパーティションコピーを試みましたが、これもHDDから音がして、恐ろしく時間がかかっています。
これは無理か・・・。

SSDに換装しました。

SSD

メーカーは、エルピーダを買収した、Micron。
SSDずいぶん安くなりました。
Windows7をクリーンインストールしました。

すごく快適です。
メモリ増設よりSSD換装。
一度でも換装を経験すると、もう普通のHDDには戻れません。

BiosUpdate、WindowsUpdate。
デバイスマネージャーには不明なデバイスが3つ。
「Microsoft ACPI-Compliant System」
「Intel(R) ICH9M LPC Interface Controller – 2919」
マルチメディアコントローラー
上2つは前にも対処したことがあるので、同様になんとか見つけて手作業でインストール。
WindowsXP終了→Windows7
マルチメディアコントローラーは不明だけど、今のところ何も使えない機能が無いので、不要なものかもしれません。
このパソコンはテレビも見れるタイプですが、今回は不要。

Microsoft Security Essencialsインストール。
お気に入り、連絡先、iTunes、筆王2008、データ移行。
音声、動画、DVD再生確認。

ベンチマーク

  • 2014年10月13日

パソコンに何か入ってから調子が悪く、正常にシャットダウンできなくて、強制終了を繰り返したそうです。
訪問すると、とりあえず起動しました。
「File Extractor」「WinZip Driver Updater」が入っています。

WinZip Driver Updater

アンインストールし終える前にフリーズし、やはり強制終了になります。
システムの復元は長時間待った末に失敗しました。
この時、ハードディスクから定期的に小さく音がしています。
読み込もうとして読み込めないようなそんな音。

PC:富士通 FMV Deskpower F/D70D(FMVFD70DC)
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU P8700 @2.53GHz 2.53GHz 
Memory:4GB

BIOSを確認すると、こんな・・・

BIOS

ハードディスク故障

これは絶対故障。
来春にはWindows10が出るのに、今買い替えはあり得ません。
SSDに換装することにしました。(続く)

 

 

  • 2014年10月13日

セーフモードでしか起動しない

パソコンがセーフモードでしか起動しなくなったそうで修理しました。

PC:DELL Vostro 3750
OS:Windows7 Professional SP1 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i3-2310M CPU @2.10GHz 2.10GHz
HDD:
Memory:6GB

まず、一応起動しますが、すぐにフリーズします。
セーフモードで起動して、DELLのDiagnostics で診断しましたがエラーは検出されません。

 DELL Diagnostics 

システムの復元で1ヶ月前に戻したところ起動したので、DELLのバンドルのセキュリティソフトなどをアンインストール。WindowsUpdateと、DELLのUpdateも実行。
セキュリティは「Microsoft Security Essencials」をインストール。
再起動すると画面が真っ暗なままです。

DELL Vostro

カーソルも出ません。ハードディスクのアクセスランプは反応しています。
強制終了して、スタートアップ修復になりましたが、修復できず、システムの復元になりましたが、これもエラーが出て復元できず。

システムの復元

でも、再起動すると今度は起動できます。

Windowsのディスクチェックをかけてみました。
すると、再起動後ログイン前にスケジュールのオプションになり、再起動。
再起動されると、また真っ暗です。
何かおかしい。待ってる間にネットでググってみると、Windows7のチェックディスクでいろいろ障害が話題にはなっているが、これと言って解決策が提示されていない。
回答には、リカバリだのメーカーに電話だの、ハードディスク故障だのといろいろあるけど、メーカーの保証期間は終わっているので、多分修理は4〜5万と言われる。
つまり買い換えろってお話しになる。
アクセスランプは反応していて、なんだか正常なように感じる。

思い切って放置してみました。
すると、起動しました。
つまり、ディスクチェックをしていたようです。画面に表示されないものの、ログが残っています。
ということは、ディスクチェックが見れない以外は問題無いのか?
イベントビューワに「0x80041003 」のエラーが出ているが、これは無視して良いらしい。
念の為、ウイルスチェックを完全でかける。


 Checking file system on C:

The type of the file system is NTFS.
Volume label is OS.

A disk check has been scheduled.
Windows will now check the disk.

CHKDSK is verifying files (stage 1 of 5)…
199168 file records processed. File verification completed.
741 large file records processed. 0 bad file records processed. 2 EA records processed. 102 reparse records processed. CHKDSK is verifying indexes (stage 2 of 5)…
249530 index entries processed. Index verification completed.
0 unindexed files scanned. 0 unindexed files recovered. CHKDSK is verifying security descriptors (stage 3 of 5)…
199168 file SDs/SIDs processed. Cleaning up 158 unused index entries from index $SII of file 0x9.
Cleaning up 158 unused index entries from index $SDH of file 0x9.
Cleaning up 158 unused security descriptors.
Security descriptor verification completed.
25182 data files processed. CHKDSK is verifying Usn Journal…
36838208 USN bytes processed. Usn Journal verification completed.
CHKDSK is verifying file data (stage 4 of 5)…
199152 files processed. File data verification completed.
CHKDSK is verifying free space (stage 5 of 5)…
27176433 free clusters processed. Free space verification is complete.
CHKDSK discovered free space marked as allocated in the
master file table (MFT) bitmap.
CHKDSK discovered free space marked as allocated in the volume bitmap.
Windows has made corrections to the file system.

209715543 KB total disk space.
100607288 KB in 164726 files.
92632 KB in 25183 indexes.
0 KB in bad sectors.
309887 KB in use by the system.
65536 KB occupied by the log file.
108705736 KB available on disk.

4096 bytes in each allocation unit.
52428885 total allocation units on disk.
27176434 allocation units available on disk.

Internal Info:
00 0a 03 00 e0 e5 02 00 60 59 05 00 00 00 00 00 ……..`Y……
ee 04 00 00 66 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ….f………..
e0 64 28 00 50 01 26 00 50 01 26 00 00 00 26 00 .d(.P.&.P.&…&.

Windows has finished checking your disk.
Please wait while your computer restarts.