• 2015年4月25日

時々パソコンが止まります。
強制終了して起動し直すと普通に動くし、エラーも出ません。
ただ、あまり使っていないパソコンなので、さほど困ってはいない。
私が設定で困っただけ(笑)。

PC:ASUS K550C
OS:Windows8
CPU:Core i3 3217U(Ivy Bridge)1.8GHz/2コア
HDD:500GB
Memory:4GB

「DelZip179.dll」とか「SideBySide」で調べると、「Microsoft社より配布されている ” Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable Package”」をインストールすると解消するとか、しないとか情報がある。
これが原因かどうかはやってみなければわからない。
ただ、インストールされていた「StartMenu X」をアンインストールしたところ、その後止まる症状は出ていない。
ハード面に不具合があると困ると思ったけど、どうせ保証期間も過ぎているし、来年には多分Windows10にUpdateするし、その時に解消するかもしれないので、今回はこのまま様子を見ることにします。
なまじチャレンジして、Windows8の罠にハマるのもつまらない。

(more…)

  • 2015年4月23日

IEが開けないそうで訪問しました。

PC:ASUS K550C
OS:Windows8.1 64bit
Memory:4GB

詐欺ソフトがたくさん入っていました。
Advanced-system Protector、Baidu、MiPony、RegClean Pro、Right Backup、Yahoo Search、Framed Display、dsrite。
この「Pay By ADs LTD」というのが怪しい。
「プログラムと機能」でアンインストールしますが、なぜかすごく時間がかかります。

IEのアドインや検索も修正。
GoogleChromeをインストール。

Hao123 dsrite Yahoo Search Right Backup

  • 2015年4月2日

InternetExplore11の表示が英語になってしまうそうで訪問しました。
これは、IE9の頃からあるトラブルで、WindowsUpdateで、Windows7 SP1とIEのアップデートがタイミングが同時になった場合に起こる障害とか。
対処法は、
システムの復元とか(未改善)、
IE11の日本語パッチをインストールするとか(インストールできませんとエラー)、
WindowsUpdateでIE11を入れ直すとかあるけど(失敗する)、
いずれも未改善。
過去にも同様のトラブルは経験していますが、その時は日本語パッチをインストールできて解消しました。

見つけた対処法はこれ(感謝)

またまたIEネタ。(^^ゞ 英語表記になってしまったIE11は、一筋縄ではいかなかった話。

メニューバーが英語表記になって困っています

どうやら、IE11のアップデートが失敗してそのまま残ってしまっているようです。本家が無くなるといけないので転載します。

まず、IE11をダウンロードしておく。
コマンドプロンプトを管理者として開く。
下記のコマンドを実行

FORFILES /P %WINDIR%\servicing\Packages /M Microsoft-Windows-InternetExplorer-*11.*.mum /c “cmd /c echo Uninstalling package @fname && start /w pkgmgr /up:@fname /quiet /norestart”

IE11削除

時間はかかったが完了。
再起動して、IE11をインストール。
これで解消しました。

 

  • 2015年3月21日

Youtubeが見れないそうで訪問しました。

Youtube

再生ボタンをクリックしても、再生できません。
他の動画をクリックしても、この絵から変わりません。

それどころか、詐欺ソフト発見!Baidu、ASK、MyStart Search、Conduit Engine、IncrediMail MediaBar 2 Toolbar、DealPly・・・。

Baidu ask Conduit Engine IncrediMail MediaBar 2 Toolbar DealPly

とにかくアンインストール及び設定修復。
「Norton Internet Security」は期限切れなのでアンインストールして、「Microsoft Security Essencials」をインストール。
GoogleChromeではYoutubeは見れるようになりましたが、IE11がまだダメ。
「An error occurred,please try again later,Learn More」と出ます。

IEのリセット、一時ファイル削除して、「Adobe Flash Player」をインストールすると、IEでもYoutubeが見れるようになりました。

「RealPlayer」は使わないそうなのでアンインストール。
アンインストールしただけでは完全には削除されないので、Cドライブのプログラムファィルの中の「Real」フォルダを手動で削除。
すべてのプログラムからも手作業で削除。
「msconfig」からはまだ残っているので、手作業でスタートアップからチェックを外します。
最後にWindowsUpdateをたくさん実行。

  • 2015年3月21日

久々に「ASUS Pad TF300T TF300-BL32D」を起動すると、こんなエラーメッセージが。

問題が発生したため、DMClientを終了します

ググってみると、価格ドットコムにこんな情報が・・・(感謝)。

エラー表示が出るのですが

DMClientのデータをクリア後、再起動すると直る。つまりキャッシュのクリア。

1. 設定
2. アプリケーション
3. アプリケーションの管理 (「すべて」を表示する)
4. DMClient
5. データを消去
6. 強制停止
7. TF101を再起動
8. 設定
9. タブレット情報
10. システムファームウェア更新
11. アップデートを確認

問題が発生したため、DMClientを終了します

直りました。
この端末、タブレットにもPCにもなるドッキングタイプの一番最初に出たタイプです。
メモリが1GBしかないので動作が遅くなるのは否めませんが、ちゃんとアップデートもできて使えます。

ASUS Pad TF300T

  • 2015年3月10日

メッセージの文字セットの競合

メールにEXCELの添付ファイルを挿入して送ろうとしたら、EXCELの保存で「互換性チェック」が出たそうで、これはそのまま続行で良いのですが、メールに添付して送信しようとしたら「メッセージの文字セットの競合」が出たそうで、これもあまり心配しなくて良いのですが、いろいろ心配だそうで訪問しました。

互換性チェックは、もともと古いバージョンのEXCELで作られたファイルを、新しいバージョンで開いて上書き保存しようとして、お客様は特に高度な機能を使ったわけでも無いけど目に見えないところでいろんな機能が働いており、それが失われますよとご丁寧に忠告しているわけです。

メールに添付した際のダイアログボックスは、WindowsLiveメールのもので、添付ファイルのファイル名に「〜」があるためです。
これはそのまま送信して良いのですが、ファイル名を変更して「〜」を無くせば何も警告は出ません。

メッセージの文字セットの競合

これはWindowsLiveメールのバグで、「ー」や「〜」がメール本文や、今回のように添付ファイル名に含まれているとUnicodeと見なしてしまうらしい。
OutlookExpress時代からあるので、Microsoftは解消できないのでしょう。
場合によっては文字化けすることもあるかもしれません。
Gmailではこんなのは出ません。

  • 2015年3月3日

プリンタ故障?

富士通 ESPRIMO FH77/EDプリンターが故障したそうで、そろそろパソコンも買い替えようかとご相談です。
量販店でパンフレットもらって、機種も自分で決めていらっしゃる。
でも、今パソコンを買うのはあまりお勧めしない。
ともかくプリンターを見に行きました。
すると、年賀はがきが後ろのトレイに詰まってました。
これを取り除いて印刷ジョブをクリアすると、直っちゃいました。

パソコンも起動だけなぜかちょっと時間がかかるけど、それ以外は全然問題無いこのスペック。

PC:富士通 ESPRIMO FH77/ED
OS:Windows7 Home Premium 64bit
CPU:Core i7 2670QM
Memory:8GB
HDD: 2TB

で、買い換えたいと仰る製品はこれよりもスペックがかなり落ちる。
CPUはCeleronだし、Windows8.1だし・・・。
年末にはWindows10が出るから、Windows8はスルーしたほうが精神衛生上良いと思います。知らないままで良い。
WindowsUpdateして、ケーブルテレビのセキュリティソフトをアンインストールして、MSEをインストール。
前回、ひどく詐欺ソフトに入られてましたが、今回入っていないので、おそらくあまり使ってないのでしょう。

  • 2015年2月26日

無線LANが不安定だそうで訪問しました。
1階にモデムと無線ルータ、2階でパソコンを使いたいのにインターネットが不安定だそうです。
無線機がBuffaloの古いものだったので、とりあえず買い換えることにしました。

PC:Lenovo G510
OS:Windows8.1 64bit

PC:富士通 FMV-BIBLO
OS:WindowsVista SP2 32bit

LAN:NEC Aterm WG600HP
インターネット回線:CATV
ISP:J:COM

SuperFishその前に、今世間を騒がせているLenovoです。
問題の「SuperFish」は入っていませんでした。
でも、Baiduやいろいろ、いろいろが入っています。
全部アンインストール。
IEとChromeのアドインも設定も削除。

無線LANが何故か繋がりません。
この無線LANの設定確認がWindows8や8.1は耐え難いほど面倒くさい。
無線LANが接続されていればさほど問題は無いけど、確認したいってことは繋がらないからなのだよ。

以下、参考(感謝)
[無線LAN] 登録しているプロファイルのSSIDやセキュリティの種類などを確認する方法を教えてください。

Windows 8 / 8.1の無線プロファイル削除方法!PCに保存されたワイヤレス設定はここで確認できる!

Windows8.1 wifiプロファイルの削除方法

無線LAN苦労して確認しても間違ってはおらず、結局これはLenovoのトラブルらしく、設定を修正して繋がりました。
ネットワークアダプタのプロパティで、詳細設定にある、「WMM」の値を無効にすると繋がりました。
これでしばらく様子を見て、やっぱり不安定になるようだったら有線LAN工事も考えましょう。
それと、携帯が壊れかけているので、スマホも検討です。

  • 2015年2月22日

突然インターネットができなくなったそうで、緊急出動しました。
が、私が到着すると正常動作しています。
「さっきまでダメだったのに・・・」
念の為怪しげなものが無いか確認すると、多少詐欺ソフトの気配はあり、それは削除及び修正しましたがたいしたことは無さそうです。

次のお客様宅でわかりましたが、シマンテックが犯人でした。

Symantec Endpoint Protection が 侵入防止定義 20150220.001 をダウンロードすると Internet Explorer がクラッシュする

ノートン使用のPCでIEがクラッシュして使えなくなる障害、破損した定義ファイルを配信したのが原因

だいたい、Microsoftの製品を使うこと事態がリスキーで、メーラーでも、ブラウザーでも、なるべくMicrosoft以外を使ったほうがトラブルは少ない。
セキュリティソフトに関しては、なぜか「Microsoft Security Essencials」がノートラブル。
どうせ、高額なソフト入れてても詐欺ソフトは防げないのだから、トラブルの少ない方がお勧め。
パソコンを買うと最初からおまけでついてたり、店がおまけでくれるのは、1年後や2年後に何も考えずに更新してお金を払う人や、やめたくても自分でアンインストールできなかったりどうしたら良いのか分からない人が多いから。
私が今までに「Microsoft Security Essencials」を入れたお客様方、だれも感染なんてしてませんよ。
最近では、たとえ更新費用払っちゃった直後でもアンインストールした方が、来年悩まなくて良いし、トラブルも少ないって割り切りました。
スマホの解約と同じ、例え違約金かかっても解約したほうが、最終的な累計金額は安くなる。

それにしても、一言も謝らないのね、ノートン先生。
ノートンを提供しているケーブルテレビが謝ってたわ。

ノートン

  • 2015年1月27日

パソコンのインターネットが繋がらなくなったそうで訪問しました。
iPadは繋がるので、パソコンに問題がありそうです。

確認すると、無線LANが無効になっています。
このパソコンは無線LANの切り替えは、ファンクションキーでするのですが、押しても無反応。
コントロールパネルから直接有効にしてインターネットは繋がりましたが、どうして無効になったのか、切り替えができないのも気になります。
また同じ事が起こるかもしれません。
故障だと困るので、東芝のサポートに電話してみました。

無線LANのON/OFF切り替え方法を、「画面の右上にマウスを持って行って・・・」と説明されるけど(そんな方法はかえって面倒)、ファンクションキーで切り替えできないのはおかしいと主張すると、さらに話は変わり、
どうやら、Windows8.1にUpdateして、ドライバーが対応しない為のようです。
試しにリモートサポートを受けてみました。
「東芝サービスステーション」を起動して、サポート側が画面を一緒に確認しながらマーカーソフトで指示を出すので、こちらでその通りにクリックしていきます。
リモートサポートで先方が作業してくれる訳では無いのですね。

東芝リモートサポート 東芝リモートサポート

必要最小限Updateするべきドライバーが4つ、「Toshiba Function Key」、「Toshiba System Driver」、「Intel Rapid Strage Technology Driver」、「Realtek Wireless Lan Driver」。

結構時間がかかりました。
途中止まったように見え、完了したのかどうかわかりにくい。
これで直りましたが、他にもUpdateすべきドライバーがたくさんあって、サポート担当曰く、「全部まとめてアップグレードすることもできるけど、1つづつやった方が良い」とのこと。

リモートサポート終了後、重要そうなのをやってみましたが、本当に時間がかかり、途中で表示されるポップアップ画面の内容によってはお客様には難しそうなので、何か問題が無ければやらなくて良いとお話ししました。
なぜ無線LANが無効になったかは不明です。Windowsを8.1にUPした時点では無線LANは繋がっていましたし、あれこれ自分でトライするようなお客様ではありません。WindowsUpdateも画面に指示が出たから従っただけです。