• 2012年8月16日

メールが2通づつ届く

以前からメールが2通づつ届くそうです。
ただ、1通だけの場合もたまにあるとか。
メールソフトはOutlookExpressで、確認しましたが、アカウント設定は1つだけ(私が設定した)。
ISPはwakwak、転送などの設定も無い。
メールはサーバーに残す設定。
多分メールソフト側の問題とめどを付けて修復することにする。

メールをサーバーに残す設定にすると作られる「 Pop3uidl.dbx」が破損しているらしい。
これを一旦削除して、新たにつくり直されれば治る。
フォルダオプションで隠しファイルやフォルダを表示するように設定変更して、このファイルを検索し、削除。
再度「OutlookExpress」を起動。
起動時には、最後に受信したメールを再度受信してしまったが、それ以降は再受信されなくなりました。

  • 2012年8月11日

ひかり電話から携帯に発信できない

パソコン買い替えをご依頼頂きました。
1ヶ月ほど前に納品したのと同じ機種の色違いをご希望です。

PC:富士通 ESPRIMO FH50/HN
OS:Windows7 HomePremium SP1 64bit
CPU:Intel Core i3-2350M
HDD:約1TB
Memory:4GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN

プリンタも故障しているそうで買い替え、バックアップ用のHDDも追加。
ルータのLANポートが足りなくて、LANケーブルを抜き差しして使っているそうなので、HUBを追加。

プリンタ:CANON PIXUS MG6230
HDD:Buffalo HD-PV500U2-BK/N
HUB:Buffalo LSW3-TX-5EP

メールはWindowsLiveメールを設定。
お気に入り・iTunesデータなどを移行。
会計ソフトの「財務応援Lite Ver.6」が、Windows7に対応していません。
事前に税理士さんに確認していただいたところ、「他のお客様のところでは動いている。すでにこちらでは「財務応援Lite」は使っていないので、もし動かなくても別のソフトで対応する」とのこと。
一応、インストールはできましたが、会社登録画面などが表示できない部分があり、完了できません。
なので、これは税理士さんにおまかせです。
データは外付けのHDDにバックアップしておきました。

FTTHルータとパソコンの周辺に、使っていない器具が色々ついています。
アンテナに繋がっていない同軸ケーブル・意味無く繋がっているFTTHのフィルター・無駄に長いモジュラーケーブル・いつかトラブルの種になりそうな4芯のLANケーブル・被覆の剥けたLANケーブル・切れかかったLANケーブル。
iTunesのデータコピーを待っている間にこれらを整理。
ひかり電話から携帯に発信ができないそうです。
そんな訳無いので電話線をたどってみると、0033アダプタ発見。
これのせいでした。

 

  • 2012年7月31日

Windows7にUpgradeするはずが

PC:Sony Vaio VGC-LA72DB
OS:WindowsVista Home Premium 32bit
CPU:Intel Core 2 Duo プロセッサー T5500
HDD:250GB
Memory:1GB

すごく調子が悪くてもう使えないそうで、それでも元々とても高価なパソコンだったので、Windows7にUpgradeすることになりました。
メモリも増設しなければいけないし、時間もかかるので一旦お預かり。

持ち帰って電源を入れると、「Operating System not found」
一応電源は入ると聞いてました。時々英語のエラーが出るって・・・これ?
一旦、電源を落としてから、再度入れると今度はセーフモードで起動しました。
そして、再起動して通常の起動もできました。
お気に入りだけ取り出して欲しいとのことだったので、それはUSBメモリにコピー。
で、イベントマネージャなどを確認しようとすると、段々動かなくなってフリーズ。
リカバリツールの中の診断ツールをかけると、ハードディスクには異常無しと出る。
でも、動かなくなる。

とりあえず、お客様に報告。
故障の可能性が濃いので、Windows7にUpするのは中止。
修理も不可能ではないけど、そんなに費用をかける価値は無いと思う。
処分を希望とのこと。
どちらにしても、データは抹消したいので、とりあえずリカバリかけてみる。
でも、リカバリする対象が無いと怒られる。
やり直してタイミングによってはリカバリが始まるけど、途中でエラーが出て完了できない。
仕方ないので、本体を開けてハードディスクを取り出し、ディスク以外は処分。
VGC-LA72DB ハードディスクはUSBでUbuntuパソコンに繋いでみる。
すると、ちょっとだけ認識して中にまだデータがあることがわかる。
すぐに認識しなくなる。
ハードディスク これを、Ubuntuのツールでフォーマット、でも途中で失敗する。
パーティション消去。
こんな感じでデータは消去しました。

  • 2012年7月28日

NASに接続したプリンタの設定

Windows7 Professionalで、NASにUSB接続したプリンタの設定がちょっと面倒だったので記録。
プリンタは、CANON PIXUS iP4100。
Windows7用のドライバはWindows提供とのこと。
今回、マイネットワークからインストールしようとしても、ドライバを検出できませんでした。
近いものはあるのですが、この型番を検出できません。
一旦USBケーブルで直接接続すれば良いのでしょうが、ちょっと設置場所が離れてて面倒です。
そこで、一旦ローカルプリンターとしてLPT1接続でインストール。
既存のドライバでは検出されないので、WindowsUpdateして「iP4100」をインストール。
マイネットワークからも近いドライバを選択してインストール。
そして、マイネットワークから設定した「lp(NASの名称)」の 方のプリンタのプロパティで、ドライバを「iP4100」に変更。
プリンター

  • 2012年7月22日

LANケーブルが4芯

PC:NEC LaVie LL870/C
OS:Windows7 HomePremium 64bit→SP1
Memory:4GB

インターネット接続:CATV
ISP:AYU-Net

CATVのAYUネットの切り替え工事が済んで、ケーブルモデムが変わったらインターネットが繋がらなくなったそうです。
ケーブルTVなら設定なんていらないはずなんですが、ともかく訪問しました。
無線LANは接続されていて、エアステーションのインターネットスタート画面が開いています。
ステータスは未接続。
どうもおかしいので、モデムと無線機間のLANケーブルを確認すると、ケーブルが4芯です。
LANケーブルを交換して接続出来ました。
何か古いネットワーク機器に付属していたLANケーブルでしょう。
今回のケーブルTVのコース変更で1000BASE-Tになったので、接続できなくなったのだと思います。

LANケーブル

  • 2012年7月11日

画面が真っ黒に

PC:DELL Vostro460
OS:Windows7 Professional SP1 64bit
Memory:8GB

朝パソコンを立ち上げたら画面が真っ黒で、アイコンが増えているそうです。
起動すると、タスクバーにNASのエラー通知が表示されるとのこと。
最近流行りのウイルスかもしれないので、とりあえずシャットダウンしておいて頂き、翌日緊急で駆けつけました。

ウイルスクリアは正常に機能しているようです。
NASナビゲーションで、NASに?マークがついており、NASのエラーは「 I52:不明なエラーが発生しました。」と出ています。
i52:不明なエラーが発生しました
でも、NASはトラブル発生時にはメールで知らせるように、お客様と私のメールアドレスが設定してあります。
今回は来ていません。

まず、画面の色は設定で変更して元に戻りました。
アイコンが増えていたのは、隠しファイルが表示する設定に変更されていたなで、表示しない設定に戻しました。
お客様最初、これらをゴミ箱に入れてしまったそうで、もしかしたら捨てちゃいけないかもしれないと思い直し、元に戻したそうです。
何もいじらずにご連絡いただいたので良かった。

NASのエラーは、ファームウェアの更新の通知でした。

NAS Navigator2の最新版へのアップデートをお願いいたします。

ファームウェアVer.1.51以降、オンラインアップデート機能の追加とエラー・情報コード追加に伴い、
お使いのNAS Navigator2バージョンによっては、TeraStationがオンラインアップデートを検知した場合、
以下のエラーが表示されます。
————————————
“I52:不明なエラーが発生しました。”
————————————

なんて人騒がせな・・・。

ウイルスクリアのログを確認すると、7/9にいくつかのcookieの削除と、
「8:52,C:¥dell¥DBRM¥Reminder¥TrayApp.exe,TROJ_GEN.FC5CBG7,不正プログラム,削除済み」
がある。
これは、「Dell Backup Recovery Manager」だから、誤検出ということになる。

壁紙とフォルダオプションの変更がなぜ起こったのかわからないのが気持ち悪いところですが、とりあえずしばらく様子見です。

 

  • 2012年6月30日

複合機のメール設定

今まで使っていたレーザー複合機が故障したそうで、新しく中古で購入したレーザー複合機の設定をご依頼です。

複合機:CANON image RUNNER iR-ADV C5030

かなり高機能な複合機で、通常はリース契約を結ぶところです。
今回は、受信したFAXを印刷はせずメールに転送したり、ネットワークHDDに保存したり、スキャンしたデータをメール転送したいそうです。

設定画面はパネルからと、接続したパソコンのブラウザからもできます。
レンタルサーバーで取得して専用のメールアドレスを設定しましたが、送信するとそのまま止まります。
かなり長くたつとエラーリポートが印刷されます。
送信前に受信するとか、認証が必要とか色々試してみましたが送信されません。
ネットでぐぐっても何も情報がヒットしません。

複合機中古なのでマニュアルが付属せず、メーカーサイトからダウンロード。
これがたくさんあって、PCの画面上で全部見るのも辛い。
全部印刷すると陽が暮れるので、必要なページのみ印刷。

なにしろ多機能なので、いろんな設定がたくさんあって、自分の目的のために必要な事と必要でない事とを振り分けます。
複合機でスキャンしてメールに添付したり、受信したFAXをメールに転送したりする為に、メール設定が必要で、これがなぜかうまくいかなかったのは、複合機のメールのポート番号が25に固定されている為でした。
これを変更するのは管理者でもダメで、サービスマンが訪問して変更するしかないのだそうです。
なので、接続の契約をしているwakwakのメールを設定すると送られるようになりました。

また、受信したFAXをネットワークHDDの指定のフォルダに転送する設定もできました。
これはアドレス帳にパスを設定し、転送設定をするだけでした。

上記を両方共すべてのFAX受信に適用して、受信したFAXはメールに添付して送られ、ネットワークHDDのフォルダに入るようになりました。

 

  • 2012年6月7日

Outlook2007でエラー

Outlook2007を起動する度にエラーが出ています。

アドイン"Reademption Helper Outlook Extension"(C:\Program Files\NTTE\virus clear\virus clear4\TMAS_OL\Redemption.dllはOutlookで読み込むことができず、無効化されました。製造元から最新版のアドインを入手してください。最新版がない場合は、アドインをアンインストールしてください」

と出て、OKするとOutlookは使用できます。
outlook2007エラー
ウイルスクリアと何か引っかかっちゃったんでしょうか。
ネットでググると[ツール]-[オプション]でアドインから「Redemption Helper Outlook Extension」を無効にするとの情報がありますが、確認してもこちらのOutlook2007にはこの項目がありません。
ウイルスクリア側では、迷惑メールのフィルターはOFFです。
これを一旦有効にして、Outlook2007を起動するとエラーは出ませんでした。
そして、再度迷惑メールのフィルターをOFFにしてみると、起動時のエラーは出なくなりました。

 

  • 2012年6月7日

GateLock取り外し

gatelockPC:Sony Vaio VPCCW19FJ
OS:Windows7 HomePremium SP1 64bit
Memory:4GB
LAN:RT-S300SE、Web Caster GateLock X300、WBR-B11
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN

インターネットもメールも使えなくなったそうで訪問しました。
おそらく無線LANのトラブルかと思われますが、機器の電気の入れ直しをしてもダメだったそうです。
訪問して、正しい順序で電気を入れ直すと、ネットに繋がりました。
でも、こちらのネットワーク機器の構成がトラブルの種です。

ONUーRT-S300SE(ひかり電話対応ルータ・初期状態)ーGateLock X300(PPPoE接続)ーWBR-B11(無線アクセスポイント)

GateLockはコンピュータウイルス対策機能付ルータで、かつてルータでセキュリティ対策ができる良いサービス「フレッツセーフティ」の機器だったのですが、NTTは平成19年にあっさりこのサービスをやめてしまいました。
今はただのルータです。
こちらのお宅ではまったく余分なルータで、PPPoEの設定はRT-S300SEですれば良いので外したいのですが、ISPのOCNの書類とGateLockの設定で接続IDが違っています。
これではGateLockが外せません。
OCNのサポートページでログインしようとしてもログインもできません。多分変わっているのでしょう。

OCNに電話して事情を話すと、お客様番号がわかっていれば、Web上から接続ID・パスワードが確認できるとのこと。
確かにありました。
OCNマイページ(会員サポート/手続き)で、「ID/パスワード 確認・再発行」で、お客様番号・お客様名・郵便番号・登録の電話番号を入力すると、画面上に電話番号が表示され、そこに2分以内に登録の電話番号から電話をかけると、Web上に接続ID・パスワードが表示されるシステムです。
認証IDは変わってもお客様番号は変わらないのですね。
郵送してもらうしかないと思っていたので助かりました。

これでRT-S300SEが設定でき、GateLockは外せました。
無線機のIPアドレスを新しい環境に合わせて固定します。
無線機も古いので、ついでの時にこれも入れ替えましょう。

  • 2012年6月6日

点字の墨字印刷

PC:NEC LaVie LL550/4
OS:WindowsXP SP3
Memory:768MB

去年プリンタを買い替えたお客様です。
点字ソフトの「ブレイルスター for Windows」をお使いで、墨字印刷をB5サイズですると左端の行番号が印刷されないのだそうです。
A4サイズなら印刷されます。
前のプリンタでは印刷されていたそうです。

プリンタの用紙設定をB5に設定すると、ちゃんと切れずに印刷されましたが、文字サイズなど全体が縮小されています。
この「ブレイルスター for Windows」用紙のサイズ設定がありません。
つまり、ソフト側では用紙サイズを変更することはできず、プリンタの設定に合わせて調整されてしまうようです。
パソコンのプリンタ設定でB5を標準設定にしておいて、このソフト以外では都度用紙サイズを変更することはできますが、お客様面倒だそうです。
じゃ、なぜ前のプリンタでは印刷できたのでしょう?

おそらく、前の(同じCANON)プリンタでは、用紙の基準が左上だったのではないでしょうか?
点字の墨字印刷では結構右側は余白が多いので、印刷されない部分が無いのかも。
今度のプリンタは中央に用紙を合わせます。それで左の行番号分だけ印刷されていないように見えるのかと思われます。

追記:その後、ブレイルスターの印刷画面に余白の設定があるのをお客様見つけて、それを調整して行番号は印刷されるようになったそうです。