• 2013年6月29日

筆王ファイルのデータ救出

お客様の起動できなくなったパソコンからハードディスクを取り出して、ほとんどのデータは取り出せたのですが、困ったのが筆王。
数秒しか起動できないので筆王のバージョンがわからない。
NECのバンドル版だったけど、どうも途中で何かアップグレードだか何かしたような話もある。
データファイルの拡張子は「fzd」。
宿題にして持ち帰って、うちで処分予定のNECパソコンの筆王で開けるか試したけどダメ。
「筆王の住所録ファイルでないか、他のユーザーで使用中です」と拒否。
取り外したハードディスクの筆王のフォルダの中を見ていくと、「筆王EF版(機能限定版?)」とか。
試しに、「FudeWeb.exe」というのを起動してみたら、ちゃんと起動して住所録が開けました(筆王Ver.10.0Aとある)。
そのまま、csv形式や、複製で書き出ししました。

お客様のパソコンには「筆ぐるめforNEC Ver.19」がバンドルされているので、筆ぐるめ形式に変換したい。
筆ぐるめはお試し版(60日間)がダウンロードできるので、これをインストール。
まず、他ソフトからの読み込みでは不可。「筆王2001〜2004住所録」では無いらしい。
複製ファイルも読み込み不可。
CSVファイルから読み込むことにします。

筆王の住所は、「住所1」「住所2」「住所3」と3つに分かれているので、筆ぐるめの形式に合わせて全部結合して一つの「住所」にします。
関数で「=CONCATENATE(Q2,R2,S2)」という感じ。
そして、この列をコピーして、形式を値に指定して同じ場所に貼り付ける。
加工完成したら、CSV形式とEXCEL形式(あったら便利かもしれないし、念の為)で保存。

筆ぐるめからこれを項目を関連付けして読み込み、うまく行きました。
これで筆王からはサヨナラ。

  • 2013年6月18日

パソコン分解

PC:Sony Vaio PCV-HS22BL5
OS:WindowsXP

パソコンがすごく遅くて使えないそうで、XPですから、買い替えしていただきました。
ハードディスクの空きが無くて、ソフトのアンインストールもできないほどで、データ移行などしたらもう本当に動かなくなりました。
起動もできないのでデータ消去する為に分解。
ちょっと大変だったので記録します。

PCV-HS22BL PCV-HS22BL これは取扱説明書どおりに外す。
PCV-HS22BL 背面のカバーを外す時、爪を抑えるのではなく引く。
PCV-HS22BL 上部カバー、内側から抑える爪があります。
PCV-HS22BL 背面カバーも内側の爪を抑えて外す。
PCV-HS22BL 前面カバーも外す。
PCV-HS22BL カバーが全部外れました。
PCV-HS22BL CD-ROMドライブのネジを外します。

PCV-HS22BL ハードディスクが取り出せます。

  • 2013年6月14日

今すぐ325件のエラーを修復します

何かパソコンにエラーが出るそうで訪問しました。

RegClean
 

「RegClean」思いっきり詐欺ソフト。
もちろんアンインストール。

セキュリティソフトの「AVG Free Edition」がウイルスを検出して、隔離したそうです。
こんなの検出。「JS/POPUP」

 

JS/POPUP
「AVG TuneUP」なんてのも入れちゃったとか。
これは詐欺ソフトでは無いけどいらないのでアンインストール。

怪しげなものがないかよーくチェックして、再起動後、さらにウイルスチェック。
JAVAもアップデート。

  • 2013年6月14日

メール遅延

PC:富士通 FMV-BIBLO NF50X
OS:WindowsVista 32bit
Memory:1GB

LAN:PR-S300HI Planex MZK-W300NH
インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:T-COM

メールが送れないそうで訪問しました。

事前の確認では、メールだけでなくインターネットも見れていないようで、無線LANが切断されているか、ルータや局側の障害の可能性もあると思いましたが、訪問してみるとネットは見れています。メールは送信済みには入っていますが、やはり届きません。
NTTやT-comのサポートサイトで障害情報を確認しましたが、特に障害やメンテがあったような情報はありません。

ルータのログを確認してみると、障害ログにネットに繋がらなかった昨夜のログが残っていました。
どうやら、3日前から繋がっていなかった様子。

2013/06/13 22:54:47  LAN2インターフェース リンクアップ
2013/06/13 22:54:28  LAN2インターフェース リンクダウン
・・・(省略)
LAN2インターフェース リンクアップ
2013/06/09 11:42:31  LAN2インターフェース リンクダウン
2013/04/05 04:14:53 PPP-IPCPの確率[接続先1]
2013/04/05 04:14:53 PPPの認証成功[接続先1]
2013/04/05 04:14:53 PPP-LCPの確立[接続先1]
2013/04/05 04:14:52 PPPoE セッション開始成功[接続先1]
2013/04/05 04:14:52 PPPoE AC発見成功[接続先1]
2013/04/05 04:11:32 PPPoE セッション開放[接続先1]
2013/04/05 04:11:32 PPPoE 認証失敗[接続先1]
2013/04/05 04:11:32 PPPoE セッション開始成功[接続先1]
2013/04/05 04:11:32 PPPoE AC発見成功[接続先1]
2013/04/05 04:11:27 PPPoE セッション開放[接続先1]
・・・(省略)

4/5がログの最後なので、これがいつからだったのか不明。
4:11だとルータのファームウェアの更新が関係しているかもしれません。
パソコンをあまり使ってないそうで、久々にメールを送る必要があって今回のトラブルになりました。
T-COMに電話して確認したところ、昨夜からユーザーの大量な一斉メールが原因でメールの遅延障害が起こっているとのこと。
すでに対応済みらしいのですが、遅延が解消されていません。
前日夜に送ったメールが翌日午後に届きました。
対応策として、Gmailを取得しました。
LAN2はPlanex MZK-W300NHが接続しています。
LAN1はひかりTVが接続ですが、これも最近あまり見ていないそうなので、障害があったかどうかは不明。
こちらはネットワーク対応住宅なので、各部屋にLANジャックがありますが、必要な分しかルータから接続をしていません。
今回、リビングにも繋がるように配線をしておきました。
次回また障害が起こったら、有線LANでも障害が起こるかどうか試して頂きます。

インタフェースリンクダウン インタフェースリンクダウン

  • 2013年5月30日

IE10でCookieが有効にならない

cookiePC:NEC LL750/J
OS:Windows8
Memory:8GB

IEでYahooIDでログインして、「ログインしたままにする」にチェックを入れているのに、IEを閉じる度にログアウトされてしまう障害です。
MicrosoftやPCメーカーのサポートに電話しても、あれこれやった挙句にリカバリとか言われたそうです。
IEの設定でもちろんCookieは有効だし、履歴とか一時ファイル・Cookieを全部削除してみてもダメ。
試しにGoogleChromeをインストールすると、そちらでは問題ありません。
Yahooだけでなく、DropboxもIEを閉じる度にログアウトされます。
PC購入し、初期設定して、最初からダメだったようで、それ以外にもプリンタもなかなか設定できなかったとか。

ネットでググって見つけた情報、
IEを閉じただけでログイン情報が削除されます

なんと、ユーザーアカウントを日本語で設定して、特定の文字を含んでいるとCookieが保存されないらしい。
↓これらの文字が怪しいとのこと。
牢 狼 篭 老 聾 蝋 郎 六 麓 禄 肋 録 論 倭 和 話 歪 賄 脇 惑 枠 鷲 亙 亘 鰐 詫 藁 蕨 椀 湾 碗 腕

今回のお客様も含んでいます。
ユーザーアカウントを英字で作成して、そちらでログインすると正常になります。
これじゃ、リカバリしても同じアカウント名で設定したら再発します。
私が初期設定する時はユーザーアカウント名は英字で設定します。
昔からユーザー名を日本語で設定すると色々トラブルがあったのですが、また新しい障害事例が加わりました。

  • 2013年5月30日

電源の入らないPC

PC:NEC LaVie VN750/M
OS:WindowsVista SP2

電源が入らなくなったパソコン、WindowsVistaなので修理する価値は無し。
でも、データは消去しないと処分できないので開けてみました。

VN750


VN750VN750
電源スイッチのとこ、焦げてすすけてますね。
VN750
HannStar、最近ではLCDで勢いのある台湾メーカー。
修理に出したらマザーボード交換で、メーカー修理だと5万弱?

ハードディスクは外してデータ消去しました。

  • 2013年5月26日

ブルースクリーン

ブルースクリーン起動して1分もしないうちにブルースクリーンになってしまうそうで訪問しました。

メーカーの富士通に電話したところ、BIOSを確認したり、セーフモードで起動したりはしたそうで、バックアップを取るように言われたそうですが、1分持たないのでは普通の人では難しい。

訪問して確認すると、

REGISTRY_ERROR

STOP: 0x00000051です。

この 0x00000051、Micosoftの資料によると

Bug Check Code Reference

Bug Check 0x51: REGISTRY_ERROR

The REGISTRY_ERROR bug check has a value of 0x00000051. This indicates that a severe registry error has occurred.

Important Info If You Have Received a STOP Code

If you received a blue screen error, or stop code, the computer has shut down abruptly to protect itself from data loss. A hardware device, its driver, or related software might have caused this error. If your copy of Windows came with your computer, call the manufacturer of your computer. If you purchased Windows separately from your computer, Microsoft provides support. To find contact info for Microsoft or your computer manufacturer, Contact Support.

If you have experience with computers and want to try to recover from this error, follow the steps provided in the Microsoft article Resolving STOP (Blue Screen) Errors in Windows.

These actions might prevent an error like this from happening again:

Download and install updates and device drivers for your computer from Windows Update.

Scan your computer for computer viruses.

Check your hard disk for errors.

REGISTRY_ERROR Parameters

The following parameters are displayed on the blue screen.

Parameter・・・ Description

1・・・Reserved

2・・・Reserved

3・・・The pointer to the hive (if available)

4・・・If the hive is corrupt, the return code of HvCheckHive (if available)

Cause

Something has gone wrong with the registry. If a kernel debugger is available, get a stack trace.

This error may indicate that the registry encountered an I/O error while trying to read one of its files. This can be caused by hardware problems or file system corruption.

It may also occur due to a failure in a refresh operation, which is used only in by the security system, and then only when resource limits are encountered.

原因としては、ハードウェアデバイス、そのドライバー、または関連ソフトウェア、それじゃ何でもありじゃない?
お客様は特に周辺機器やソフトの追加は行なっていません。
あるとしたら、この障害の起こった直前のWindowsUpdateくらい。
セーフモードでは起動できるので、バックアップを取って、まずシステムの復元。
完了しましたと出た後で、失敗と出ます。試しに別のポイントに復元してみましたが、やはり完了しましたと出て、失敗と出ます。
でも、試しに起動してみるともうブルースクリーンは出ません。
復元を確認すると、復元ポイントは残っているのでやはり復元できていないと思うのですが・・・。
しばらく色々確認してみましたが、ブルースクリーンになりません。
富士通の診断ツールでハードウェアの診断は問題無し。
ディスクチェックも問題無し。
WindowsUpdateも全部実行し、再起動して問題無し。
イベントビューアにも特に怪しいエラーはありません。

WindowsUpdateで何かぶつかったのなら、これで修復されたかもしれません。
原因が不明なままで気持ち悪いのですが、これで様子を見ていただくことにしました。
システムの復元が今後もできない可能性については、また別の機会に見ることにします。

  • 2013年5月24日

EXTRA for Windows

PC:富士通 LIFEBOOK A561/CW
OS:Windows7 HomePremium 32bit
CPU:インテル(R) Core(TM) i3-2310M プロセッサー (2.10GHz)
HDD:320GB
Memory:4GB

PC:NEC LaVie LL550/4
OS:WindowsXP SP3
Memory:768MB

プリンタ:CANON MG5430

プリンターの調子が悪いそうで、ご相談頂きました。
文字がかすれるとか、色が出ないとか、そういう感じではなく、印刷がずれるとのことだったので、おそらく機械部分に障害が出ているかと思われ、買い換えることにしました。

今回見繕ったのは、CANONのMG5430。USB接続です。
Amazonで購入手続きをして、お客様宅に届くよう手配しました。

こちらはパソコンで点字をなさるお客様で、スキャナで原稿を読み取って点字変換ができるようご希望です。
前回Windows7のパソコンもご購入いただきましたが、まだWindowsXPが使いやすいようです。
ただ、スキャナで原稿を読み取ったりするなら全く速度が違うので、これはWindows7でやった方が良いでしょう。
自動点訳ソフトの「EXTRA for Windows Version4」をインストール。
MSAAは無しでインストール(必要になったら設定で変更可能)。
原稿をスキャンしてテキストに変換するソフトはまだ考えていなかったようですが、今回購入したプリンタに 「読取革命Lite」がバンドルされています。

  • 2013年4月28日

AppleID確認

お客様、iTunesにログインできなくなりました。
パスワードを紛失したのかと思い、パスワードリセットをかけてもその確認メールが届きません。
。「AppleIDを探す」のページを試しても、該当のメールアドレスが無いと出ます。
他に登録に使う可能性のあるメールアドレスはありません。
最近までiTunesカードで曲を買っていて、結構な数の購入があります。

AppleIDがわからなくなってしまい、問い合わせをしたAppleのカスタマーから返事が来ました。
iTunesの購入した曲を右クリック→「情報を見る」でAppleIDが確認できるそうなのですが、お客様 その「情報を見る」が無いとのこと。
私のiTunesで見たところ、「情報を見る」ではなく「プロパティ」で見れました。
iTunesのバージョンによって違うのでしょう。
その旨、お客様とAppleのカスタマーにCCでメールを送ったところ、Appleのカスタマーからお詫びのメールが来ました。
ちゃんと私とお客様宛てです。
えらいですね。

で、お客様のパソコンで確認したところ、AppleIDのメールアドレスに一文字間違いを発見。
そうです、クレジットカードを登録せずiTunesカードで登録したので、メールでの確認作業が無いのですね。
メールアドレスが間違っていても曲の購入ができてしまう。
その後はずっとIDは記憶されているので、パスワードが正しければサインインできてしまう。
うーん、想像できませんでした。

  • 2013年4月19日

VPN設定が出ない

RT-400KINTTからルータ交換されて届いたRT-400KI、これの新しいファームウェアが出ていて、「VPNサーバ機能を追加しました。」と情報がありました。
Web116.jp

さっそく手動でファームアップして、「ver.05.00.0050」になりました。
が、メニューに追加されるはずの「VPN設定」が出て来ません。
しばらく待っても、再起動しても出て来ません。
上記サイトの電話サポートに電話して、お約束の確認事項に協力して、長く待たされた後、「機器の不良の可能性が高いので、NTTの故障受付窓口に電話してください」とのこと。
そのとおりに電話すると、またお約束の確認事項が始まるので、「Web116.jpに電話して長くかかってこちらにかけるように言われたんですよ」とちょっとイライラを伝える。
すると、また待たされた後にルータ交換すると言う。

ルータが送られてきました。
テレビの録画とかNASでやっているので、それらが終わってからでないとルータの切り替えはできません。
何もネットワークを使っていない時間に送られてきたルータの電源を入れるとすぐにファームアップが自動で始まり、「ver.05.00.0050」になりました。
でも、やはり「VPN設定」とやらは出て来ません。
機器の故障じゃないと思うので、すぐに取り外してもとに戻す。

そしてNTTに再度連絡。お調べしますとのことで、来た返事は・・・、

光ネクストでないとその機能は使えるようにならないのでした。

それならそうと、書いてあれば無駄な時間もかけないのに・・・、
それならそうと、カスタマーサポートが認識していれば無駄なルータ交換もしないのに・・・、
電話に出たあなたがたのせいで無い事はわかってます。
怒って怒鳴って、謝罪要求して、すっきりする人もたくさんいますが、私は逆です。
失った時間とモチベーション、早く忘れるしかできることが見つからない。
せめて、同じ思いをする人が出ないように、ググったら見つかるように記録を残します。

last comments
私も同じでした。
私も同じでした。

当にこの表題の問題で貴ブログに辿り着きました。 貴重な情報ありがとうございます…
marumi
marumi

コメントありがとうございます。 少しでも誰かの役に立てたなら、私の無駄にした時間…