• 2016年9月21日

パソコンの画面の上のほうが縮んでしまった、パソコン買い換えたほうが良いのか?とご相談です。
液晶の故障なら訪問せずに修理に出すようですが、見てみないとわからないので訪問しました。

PC:富士通 FMV LIFEBOOK A531/CX
CPU:Core(TM) i3-2310M (2.10GHz)
Memory:2GB
OS:Windows7 Pro SP1 32bit → Windows10 Pro 32bit
HDD:160GB(パーティションはCのみに)

LAN:Aterm WG300HP
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:NetHome

これは、上下に隙間ができていて、つまり解像度が合っていないのでした。アイコンや文字も大きくなっています。
適切な解像度が表示されず設定できません。
デバイスマネージャでディスプレイアダプタ「Intel(R) HD Graphics 3000」 にビックリマーク。
Windows10にアップグレードされた際に、ドライバが対応できなかったようです。
メーカーのサポート情報ではWindows10対応は外れています。
Intelのホームページで自動検出をかけると、チップセットのアップデータが見つかり、インストールすると解像度が適切に設定できました。
メモリが少ないので、ついでの機会にメモリ増設しましょう。
詐欺ソフト「WinZip Registry Optimizer」が入っていたのでアンインストール。

WinZip Registry Optimizer

 

 

  • 2016年9月15日

Windows 10 (64bit) の Windows Update で 「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」のダウンロードが45%で進まなくなりました。
半日過ぎても45%のまま、お客様もアップデートを丸1日待ったそうです。(これを待ったのかは不明)
ネットでググるとまさに今日のアップデートでこけているらしい。

Microsoftはそういう報告はまだ確認できていないとか言ってるらしいけど、ネットの被害者達は対処法を見つけていました(感謝)。

Windows 10 のWindows Update で、更新プログラム(KB3189866)のダウンロードが終わらない場合の対応方法

Windows Update カタログから手動で「「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」」をインストールすると、無事完了。
完全にシャットダウンしてから電源を入れ直し、設定のWindowsUpdateで最新であることを確認できました。

この時点で回復ドライブを作成。

  • 2016年9月14日

 

メモリ2GBのパソコン、イベントビューアに「LogonUI.exe」の障害が見られます。
「コンピュータの信頼性と問題の履歴を確認」でも「Windows Logon User Interface Host」で「動作が停止しました」と履歴があります。
これは起動と終了の画面のプロセスです。
これはWindowsUpdateで修復されるかもしれませんし、されないかもしれません。
しばらくは様子見した方が良さそうです。

LogonUI.exe

メンテナンスとセキュリティ

  • 2016年9月14日

パソコンに何か始まって、あれこれ触ったところ起動できなくなったそうです。
最初の待受場面で止まっているとのこと。
パソコンを送って頂き確認したところ、起動できました。
単に時間がすごくかかっていたのかもしれません。

PC:東芝 Dynabook B24/23TB (PB24-23TSCB)
CPU:Celeron Dual-Core N3050(Braswell)/1.6GHz/2コア
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:500GB
Memory:2GB

9/11にエラーがたくさん出ています。
セットアップしたのは6/19なのに、9/11からしかログがありません。
ログの上限は20480KBで、まだまだ余裕。

WindowsUpdateの履歴を確認すると、WindowsUpdateで適用になったのは、「KB3176935」「KB3176937」「KB3176938」。
Office2007のServicePack3インストールとその他のOfficeがらみのアップデートがされています。
こちらは一太郎をお使いなので、Officeは添付ファイルを開くだけの目的で2007で充分なのです。
こちらのインターネット回線は、CATV(J:COM)の1Mコース。
しかも、このパソコンはメモリが2GBしか無く、増設も不可能でした。
この機会にメモリ増設しようと思っていましたがビックリです。
トラブルの原因を今月の Anniversary Updateでは無いかと疑っていましたが、それはまだこれからダウンロードです。
Anniversary Update(Windows 10,バージョン 1607 の機能更新プログラム)まで我が家で済ませて、念の為回復ドライブを作成します。

それにしてもWindows10でメモリ2GBはひどい。こちらの初期設定は大変でした。
メモリ最低要件が2GBであって、推奨ではない。
WindowsUpdateはうちのFTTH回線でも半日かかっても延々とダウンロードが続いている。
かつてWindowsVistaでメモリ512MBで動かないパソコンを売った店がありましたが、Microsoftもメーカーも量販店も何も変わっていません。
インターネットの1Mプランもパソコンの初期設定やWindowsUpdateではあり得ません。
こんなものを勧めるなんてPCデポ程では無いが、お客様へのサービスとしてはあり得ない。

Dynabook B24/23TB (PB24-23TSCB)

  • 2016年9月3日

HP P6-2160.jpそのOzzioパソコンは、Windows10になってから起動したりしなかったりするようになり、とうとう起動できなくなったそうです。
修理を検討しましたが、修理屋さん曰く「この機種は電源か基盤かまたは両方逝ってしまうケースが多くて、正直言って修理はお勧めしない」とのこと。
修理後も不安が残るパソコンは修理する側にとってもリスキーです。
他のパソコンにハードディスクを取り付けてみたりしましたが起動できず、OSのDVDもシリアルも紛失でしばらく放置していましたが、今回スペック高めのパソコンが処分になった為、ハードディスクを取り付けてみたところ正常に起動しました。
ハードディスク以外全部変わったのにOSの認証も通りました。

PC:HP P6-2160.jp
OS:Windows7 Home Premium SP1 64bit→Windows10 Pro 64bit
Memory:4GB→8GB

 

  • 2016年8月24日

Windows10にアップグレードした会社さん。
今度はこの一週間、パソコン5台のうち1台だけ、NASのファイルを操作するとフリーズします。
再起動しても、「再起動しています」のまま進まないとのこと。
Windows10で、Anniversary Update後、SSDのトラブルが発生したという情報もありますが、こちらはSSDではありません。
とりあえず対処法は、Updateをアンインストール、つまり取り消すしか無いそうですが、当初1ヶ月間取り消せたのが、10日間に短縮されたそうで、こちらではすでに取り消しはできません。

翌日訪問したところ、直っていました。
Windowsの不具合では、WindowsUpdateで修復されるのを待つしかありません。なまじ応急処置をして、次のUpdateでいろいろ書き換えられてもつまらない。
パソコンは1台余分にありますから、調子が悪い時はそちらで仕事するようにして、Windowsに振り回されないほうが精神衛生上良いと思います。
Windowsが起動しない事態にも備えて、仕事のファイルはパソコンには保存せず、必ずNASに保存するよう習慣付けましょう。

Windows10 Anniversary Update

  • 2016年8月18日

システムの復元

PC:Lenovo X201
OS:Windows7 Pro 32bit→Windows10 Pro 32bit
Memory:4GB

Windows10にアップグレードしたらMS-OFFICEが消えたそうです。
メールもOutlookを使っているので、困っているそうです。
元のOfficeのバージョンは不明。
Windows7にはもう1ヶ月以上過ぎているので戻せません。
システムの復元をしてみましたが、7月まで復元してもOFFICEはありませんでした。
Windows10にアップグレードした時点で削除されたのでしょうか?
でも、OFFICEだけでなくすべてのソフトがありません。
Lenovoはカスタマイズ購入できるので元々こうだったのかもしれませんが、お客様もあまり使っていなかったのか、詳しいことがわかりません。
どんなソフトが入っていたのかわからないのですが、まったくソフトがインストールされていない状態です。
Outlookのバックアップファイルがあるので、ソフトをインストールすれば戻せるかもしれません。
お客様の希望で職場と同じバージョン2010でOFFICEをインストール。

  • 2016年8月13日

楽天メールの画像が表示できない

WindowsLiveメールで楽天ショップから来たメールの画像が表示されません。
「×」がついていて、本来はクリックするとリンク先のショップに行くはずですが行けません。

楽天メール

他のメールは問題無くて、楽天からの一部のメールだけこうなります。
楽天メールの中で、画像が表示できるメールとできないメールとがあるのです。
普通は上の方に「画像を表示」ボタンがあったりして、クリックすると画像が表示できるのですが、これらの楽天メールではボタンが表示されません。
Liveメールの差出人セーフリストに登録してもできません。

一応、メーカーサイトのサポートにこんな案内があります。
[Windows Live メール] 画像が表示されません。
今回は全部確認しても該当しません。

Liveメールのバージョンは2002、Liveメールをアップグレードしたら表示できるようになりました。

  • 2016年7月31日

Windows10にアップグレードしたパソコンがやはり調子が悪い。
特にWindowsUpdateした後はまともに起動できず、青い画面で修復だのを数回繰り返してやっと起動するそうです。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite 

メーカーサイトを確認すると、この機種はWindows10対応から外れています。近い機種(2012年10月)はリストにあるのですが、この2012年5月の製品は無いのです。

起動できず、青い画面で「自動修復」になりますが失敗します。復元になりますが、それも失敗します。

自動修復

自動修復

「次のエラーを後からオンラインで検索してください:BAD_POOL_CARRER」
とか、
「次のエラーを後からオンラインで検索してください:IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」
つまり自分でググれと・・・。
画面に「CEF Initialization Error」とエラーが出ています。
バックアップは失敗しています。

CEF Initialization Error
「BAD_POOL_CARRER」や「IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL」をググると、前からいろんなOSで発生するらしく、原因も様々で要を得ません。
「CEF Initialization Error」は「ウイルスクリア」が怪しいかも・・・。
タスクバーの「ウイルスクリア」にビックリマークがついて、「再起動してください」の吹き出しが出ます。
再起動しても出続けます。
試しにアンインストールしようとすると、「CEF Initialization Error」が出てアンインストールできません。どうやら当たりです。
メーカー提供の「ウイルスバスタークラウドアンインストールツール」を使ってアンインストールすると、正常に起動できるようになりました。

とりあえず、回復ドライブをUSBフラッシュメモリで作成。
外付けHDDにバックアップ。

  • 2016年6月28日

元々はWindowsVistaのパソコンですが、買い替えで不要になったので、色々インストールして検証しています。

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit → CloudReady → Ubuntu16.04LTS→Windows7 Pro SP1 64bit→Windows10
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB→320GB
Memory:2GB→4GB

Windows7を入れた時点で、デバイスマネージャに3つほど不明なデバイスがあります。
Windows7 SP1を入れると、果てしないWindowsUpdateが待っていました。
「確認しています・・・」から、24時間待っても進みません。
ネットでググると情報がありました。
6/10以降、Windows7を新規にインストールしたパソコンで生じているようです。
Windows7の新規インストールにはOffline Updateが必要(感謝!)

初期のWindows7と現在のWindows7に互換性の問題があるようです。
下記のツールでWindowsUpdateしてみました。
WSUS Offline Update
http://download.wsusoffline.net/

すると、Windows6.1-KB3138612-x64.msuのところで止まっているようです。

WindowsUpdate

直接「KB3138612」をダウンロードして、手入力でインストールしてみました。
再起動して、通常のWindowsUpdateを試すと、すぐにアップデートが始まりました。

WindowsUpdate

このまま放置して、Windows10まで続きます。