• 2002年8月11日

無線ISDNルーター

無線2台設定
1台目
PC:NEC Valuestar PC-VT9002D
OS:WindowsXP
2台目
PC:NEC LaVie PC-LS50H34DV2
OS:Windows98
無線機器:Melco WLAR-128G、WLI-PCM-S11
インターネット接続:ISDN
ISP:OCN
ISDNはTAが故障していると電話が通じない。こちらも故障しており、電話がだめなのでとりあえず訪問して、予備のTAを接続して修理に出した。
ISDNはフレッツ(常時接続)の場合と、そうでない場合とでは設定が違うので要注意、お客様に確認しても、勘違いしていることもある。フレッツでないなら、接続しているか切断されているかの確認をよく理解してもらわないと思わぬ料金がかかったりする。
2ヵ月後、インターネットに繋がらなくなったと連絡を受けて再訪問。WLAR-128Gの通信ログを見てみると、どうやら深夜に日付が変わってすぐに誰かが課金制限までインターネットを使用したようである。もう一台は子供さんのものなので、家族会議を開いていただくことになりました。とりあえず、1日の課金制限を1500円→0円に変更。

  • 2002年7月7日

初期化ボタン押しちゃった

無線3台設定
1台目
PC:Sony Vaio PCG-863B
OS:WindowsMe
2台目
PC:Sony Vaio
OS:WindowsXP
3台目
PC:東芝DynaBook Satellite
OS:Windows95
LAN:Melco WLAR-L11G-L
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:OCN
特に問題なく接続したのですが、2ヵ月後繋がらなくなったと連絡を受け再訪問。いろいろやってるうちに無線機の初期化ボタンを押してしまったそうです。そりゃ繋がらなくなります。

  • 2002年6月1日

シティテレコムかながわ+IO-data WN-B11

PC:富士通FMV-Deskpower M/405
OS:Windows98
無線機器:IO-data WN-B11
インターネット接続:CATV
ISP:シティテレコムかながわ
どうしても設定できず、再訪問。その後この無線機は設定の為にIPアドレスを1つ消費することが判明、つまり、ケーブル会社からIPを追加申し込みしないと設定できない。毎月オプション料金1,000円かかる。購入時に店員にシティテレコムかながわで使うと言って薦められた商品だったのでクレームとなり、別の商品と交換して設定完了。

  • 2002年5月29日

J-com+プラネックス GW-NS11H

PC:富士通FMV-Deskpower NE9/1130
OS:WindowsXP
無線機器:プラネックス GW-NS11H
インターネット接続:CATV
キャリア:J-com
ISP:Net Home
J-comは昔ルーターの使用を認めていなかった。しかし、セキュリティの面でもルーターを認めないというのは難しく、正式に認めるようになった。しかし、もともとパソコンに指定したコンピューター名を付けたり、プロキシの設定などがある為、ルーターを設定する際、このコンピューター名をルーターにつけ、プロキシの設定は解除しなければならなかった。J-comのCD-ROMを使ってしまうと、自動的にこれが設定され、ルーター設定ができなくなってしまう。プロキシの設定があると、ルーターの管理画面に入れなくなってしまうからである。メーカーのサイトにはこの設定方法が紹介されているのだが、「繋がっていないのにどうやって見るの?」と当時よく聞かれました。今でもCD-ROMから設定してしまって、J-com仕様になってしまったIEを元に戻せない人は多いと思われます。
なお、今はJ-comはコンピューター名などは指定しなくなりました。