• 2019年9月15日

HPパソコンとASUS無線ルータの初期セットアップ

パソコン購入をご依頼です。無線LANも繋がらないそうで、前回設定したままなら機器も古いはずなので、無線ルータも一緒に新調することにしました。

PC:HP 4QM64PA-AAAB HP15-da0058TU-OHB
CPU:Core i7-8550U
Memory:8GB
SSD:128GB
HDD:1TB 

無線ルータ設置設定(ASUS RT-AC67U)
2FのONUの隣に無線ルータ設置、1Fまで電波は届いています。1Fの奥の部屋に行くと無線が少し弱くなりました。
プリンター設定(CANON MG3530)USB接続。

McAfeeをアンインストール、DefenderをON。数日後起動するとMcAfeeが復活しているので再度アンインストールし、DefenderをON。まじしつこい。
アイコンサイズの表示を「中アイコン」に設定。
マウスポインターのサイズを大きめに変更。
[Microsoft IMEの設定]で、IME入力モード切替で、「画面中央に表示する」をOFF。
Biosで[Action Keys Mode]をDisabledにして、ファンクションキーの動作を旧来と同じに戻す。これ必須。
GoogleChrome、Adobe Readerインストール。規定のアプリ設定。
WindowsUpdate全部実行。
MS-OFFICE Home & Business 2016セットアップ。なぜか一度で認証が通らず、2度サインインして完了。パソコンにインストール済みのOfficeと同梱のOfficeは違うのか?
後で気づいたのですが、HPパソコンは中国産でした。

 

  • 2019年9月1日

無線LANか有線LANか

無線LANの電波が届かないそうで訪問しました。古いのに綺麗でしっかりしたお宅です。壁に釘や穴などほとんどありません。エアコンも据え付けで穴はありません。こういうお宅は無線の電波が飛ばないケースが多いです。昔は本当にしっかり家を建てたもんです。

1階のリビングに光の引き込みがあり、ONUと無線ルータを設置しています。インターネットを使いたい部屋は2階なのですが、やはり壁を一つ超えるごとに電波がすごく弱くなります。エアコンの穴も無いし、部屋には電話のジャックもありません。露出で有線LAN工事はしたくないですね。

廊下に電話のジャックを見つけました。電話線をドアの下の隙間から部屋の中に通しています。それならここにLANケーブルを通線すれば良さそうです。そして部屋の中で電話線と同じように家具の後ろを回しても良いし、適当な場所に無線機を設置しても良いでしょう。お使いになる方と会わないままの工事なので、細いパスタ状のLANケーブルを15mくらいのを置いてきました。工事はスムースに進み、パソコンはパスワードがかかっているので、電源を入れてログイン前の状態でネットの接続のみ確認しました。

後日、状況説明と無線機の接続方法を電話でご説明。パソコンに「更新してシャットダウン」とか「更新して再起動」が出ているのでスタンバイにしてあります。なるべく有線LANでWindowsUpdateを失敗させないようアドバイス。せっかく室内まで有線LANが来ているので、パソコンは有線LANで、スマホは無線LANでと併用をお勧めしました。

  • 2019年8月31日

我が家は4LDK、インターネット回線はNTT フレッツ光マンションタイプで、NTTのルータはブリッジ接続にして、ルータや無線機が東側の部屋にあり、真ん中あたりにキッチンやお風呂があって、そこを挟んだ西側の部屋は、無線LANの電波が弱いです。リビングまでは数箇所壁に穴を開けて、有線LAN工事をしました。西側の部屋には無線中継機も設置しています。リビングには電気の見える化で設置したWiFi接続の「H2V Manager」と「H2V Controler」のセットがあります(これ2012年の製品だけど、どうするんだろう・・・)。このように複数のWiFiアクセスポイントがあって、スマホの設定で時々接続先を切り換えて使用しています。AiMeshはこの切替を不要にする仕組です。

今回は、ASUS「Lyra mini」を購入しました。我が家の無線ルータはASUS「RT-AC68U」で、ファームウェア更新でAiMesh対応しましたが(これはうれしい)、中継機「RP-AC52」はAiMesh非対応です(これは残念)。

設定ではちょっとはまりました。既存のネットワークに有線LAN接続してAiMeshを構築したいのですがうまくいきません。さんざんググって見つけた情報によると、「Lyra mini」のファームウェアを最新にしなければいけないらしい。ルータとは直接有線LAN接続して(間にHUBを経由すると失敗します)失敗した後なら初期化して、ネットに接続したらファームウェアを更新。その後「RT-AC68U」の管理画面からAiMesh検索し構築する。その後で実際に使いたい部屋に有線LAN接続し、優先接続を「イーサネット」に、接続タイプを「有線」に変更しました。SSID・暗号化Keyが「RT-AC68U」と同じになります。

↑これだとLyra Miniはルータと無線LAN接続していてループしてしまう。

昔、Buffaloの無線ルータでローミングという機能があって、それと意味は同じなんですが、当時は部屋を移動すると、離れた無線アクセスポイントの電波を掴んだままになってしまい、スムースに切替ができないケースがあり、設定も普通の人には難しくて、繋がらなくなるとお客様ご自身で復旧も難しくてなかなか勧められませんでした。

今回は家の中で無線の接続先を換えるという作業はまったく無くなりました。西側の部屋のさらにベランダに出て洗濯物を干している間もYoutubeをイヤホンで聞くことができています。今回は既存のネットワークにLyra miniを追加してAiMeshを構築したので設定が面倒でした。最初から新規でAiMesh導入するなら、無線LANの電波テストをして、設置場所と数を検討し、セットで購入するのが良いでしょう。特に全部無線LAN接続で構築する場合、電波の安定する中継場所の選定が重要だと思います。よく中継機を購入したのに駄目だったと言われるのは、その設置場所が電波が不安定だったりして、不安定な電波を中継しても通信品質が悪くなると思われます。また、何台もアクセスポイントを購入するとなると、面倒でも有線LAN工事をした方が値段もその後のメンテナンスの金額も安くなります。

参考:[Lyra] Lyra製品をAiMeshに追加する方法を教えてください

  • 2019年5月5日

そろそろ無線機が古いので交換したいとのご依頼です。
PC:Sony VAIO VPCCW19FJ
OS:Windows10 Home
LAN:ONU、RT-S300SE、WHR-G301NA → NEC PA-WG1800HP
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN

こちらのお宅はなぜか無線LANが不安定で、前回訪問時、無線機が古いのでファームウェアを最新に更新しておきました。今回は無線機を交換です。
交換しても、やはり無線LANが微妙です。間には薄い間仕切りしか無いと思いきや、軽量鉄骨が入っているそうです。繋がらない訳ではありませんが、Skypeなどやると途切れがちで、WiFi接続のプリンターは時々印刷できなくなって、忘れた頃に印刷されたりするとのこと。試しにこの壁を間に挟まないくらいに無線機を移動させてみると、電波状態が目に見えて良くなりました。

だったら、無線機の設置場所を変えましょう!NTTのONUのみ残して、ルータと無線機をパソコンを使う部屋のテレビや電話の近くに移設しました。これで無線LANは安定しました。ついでにテレビも無線LAN接続して、Youtubeの4K動画を見てみました。さすがきれいです。

  • 2018年5月19日

Google Homeが無線LANに切断されるそうで訪問しました。
他のスマホは安定して繋がっているそうで、私のスマホも現地で接続したところ、一度も切れませんでした。
念の為無線機のファームウェアを最新にアップデート。
GoogleHomeは触ってみるとセットアップへと誘導されましたが、このまま再設定するのは必要無いと思うので中断し、電源コンセントを抜き差し、すると正常に動作しました。
取扱説明書を確認すると、繋がらない時は電源の入れ直しと書いてあるので、やはりこれが正解でしょう。
Google Home自体のアップデートは自動でされるので、手動で設定をいじる必要は無いようです。
初めてGoogle Homeを触りましたが、音声認識はかなり良くてSiriよりスムーズかもしれません。

こちらのお宅は無線LANの電波が届かない部屋があります。
このGoogle Homeの電波はそこでも届いているので、無線中継機能もあったら良いのですが。それができるのは「Google WiFi」。
WiFiメッシュネットワーク機能、現在ではこの「Google WiFi」とASUSの「AIMesh」が注目されるところです。うちのASUSの無線ルータはファームウェアでこれに対応しましたが、「AIMesh」を構築するにはもう一台対応機を購入しないといけません。もう一つ中継器を持っているけど、残念ながら対応機種では無かった。うーん、この金額を考えるとまだ有線LAN工事した方がお安い。でも、試してみたいわ。

  • 2018年5月14日

眼鏡を失くしました。グッチのフレームに遠近両用レンズです。
ショック大きい( ;∀;)。。。
実はこれで2回めで、1回めは降ろしたてのアニエスベーの眼鏡でした。
眼鏡というものは失くなるものだという結論に達しました。
無くさないようにチェーンをつけるというのも考えましたが、どうしても気分的に嫌です。
スマホは落としたら追跡機能があるので、眼鏡だってどうにかなりそうなものだと思い、調べたところ・・・。
見つけました!!
ORBIT
眼鏡に装着するアダプタで、スマホのアプリで追跡したり、置き忘れしないようアラーム設定ができます。
この会社の製品はAmazon.comなどで販売されているのですが、この製品はまだ日本では販売されていませんでした。
どうしても試したくて、これが使えるフレームで再度眼鏡を作ろうと思い、輸入しました。
メーカーサイトの販売は海外発送に対応していないので、スピアネットを使いました。
米国から輸入する時はいつもこれを使います。米国のスピアネットで宅配便を受け取ってくれて、日本へ転送するサービスです。
手数料を振り込んでから約10日で届きました。

無事到着。充電してとりあえずサーバーに接続。
 

充電して、スマホにアプリをインストール。
ORBITアカウントを作成して、ログインすると、無料会員登録し、メールで認証し、アダプタの登録までできました。
Bruetooth設定後、GPSの誤作動の際の反応などを確認。
我が家はGPSがちょいちょいずれます。多分建物の構造のせいで、スマホと眼鏡を一緒に置いてあってもちょいちょいアラームが鳴ります。
なので、両方が同じ無線LANで接続されている場合はアラームを鳴らさないよう設定。
これでパソコンからでも、「iPhoneを探せ」のように使えます。

眼鏡自体のつけ心地は何も変わりません。

追記:眼鏡との接着が両面テープなのですが、この隙間に髪の毛が引っかかります。何か良い回避方法は無いかな・・・。

  • 2018年5月4日

ネットがしょっちゅう切れるとのこと。
パソコンもタブレットもスマホも一緒に切れるそうなので、無線機を疑いましたが、1台だけ有線LANのパソコンもあるので、それもだとしたら、ネット回線の問題かもしれません。
無線機も一応交換ご希望なので、これで改善しないならNTT対応になるでしょう。
無線機のファームウェア更新、プリンター(CANON MG7130)も設定変更し、ファームウェア更新。
WindowsUpdate。

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/M
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:8GB

こちらの奥様はパソコンは使いませんが、iPhoneとiPad miniをお持ちです。
パソコンサポートのついでにその無線LAN接続の仕方などをご説明すると、ご自分で入力なさいます。
今回はYoutubeを見るのにブラウザで見ているとのことなので、iPhoneアプリをインストールして、Googleアカウントでサインインまでご説明すると、一緒に見ながらどんどんiPad miniを設定なさいました。
今までまったくパソコンをやらなかった女性は、むしろスマホに向いているかもしれません。

  • 2017年9月2日

無線LANが繋がったり繋がらなかったり不安定とのこと。
訪問してみると、無線機のルータのスイッチがOFFになっていました。
これでは一台パソコンが繋がったら、他のパソコンやスマホは繋がらなくなるでしょう。

PC:富士通 LIFEBOOK AH56/M
OS:Windows10 Home 64bit
Memory:8GB

LAN:Aterm WG600HP(PA-WG600HP)
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM

inbox無線機のファームウェアを最新にアップグレード。
ブラウザにInBoxが入っているのでアンインストール。
毎回InBoxが入っているような気がします。多分、同じ所から入っているんでしょう。
ウイルスバスタークラウドアップデート。
UXスタートメニュー、アンインストール。
富士通アップデート(Qualcomm Atherosドライバ、Bios)。
既定のアプリ設定を変更(ブラウザ・PDF)。
プリンタ設定、確認。

これで解決!と思いきや、無線LANが切断されます。
再起動でも直りますが、また10分位で切断されます。
他のパソコンは問題無し。
高速スタートアップを無効にしても未改善。
幸いこのパソコンは無線機のすぐそばで使用するので、有線LANで使うことにしました。
WindowsUpdateでいつの間にか修復されるかもしれません。

  • 2017年4月8日

iPad airが使えなくなったそうで、初期化すると仰せですが、念の為私が確認することになりました。
「使えなくなった」のは、画面上にAppleIDの認証画面が出ている為でした。これはAppleID・パスワードを入力してOK。
で、使えることは使えるのですが、宅内の無線LANに接続すると、ネットには繋がってSafariやYoutubeも見れるのに、iCloudでは「アカウントの詳細を利用できません」とエラーが出て、App Storeに接続できない。ソフトウェア・アップデートもできない。
Wi-FiをOFFにすると接続できて、ソフトウェア・アップデートもできる。

iPad iPad

LAN:WHR-300HP(ブリッジ接続)
インターネット接続:FTTH
キャリア:フレッツひかり
ISP:OCN

WiFiをOFFにすると接続できるのだから設定は正しい。
他のPCやiPhone、私のスマホを接続しても問題無い。
試しに、私のスマホのテザリングにiPad airを接続してみると、全く問題無い。
この無線機とiPad airの間だけでの問題???
この無線機は暗号化レベルが3種類あって、WPA-PSK-AES、WPA/WPA2-PSK-mixed、WEPを使用しているのですが、WEPはすでに接続できなくなっています。
今回はWPA/WPA2-PSK-mixedに接続すると、ネットは繋がりますがAppleIDの認証が通らず、WPA-PSK-AESに接続するとAppleIDの認証も通りました。
無線機のファームウェアは最新です。
次回は無線機を交換しましょう。

  • 2017年1月26日

Webcaster X400VPC:富士通 ESPRIMO FH52/M
OS:Windows8.1 64bit
Memoty:4GB

PC:富士通 LIFEBOOK AH77/K
OS:Windows10

LAN:RT-200NE、Aterm WR9300N
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:T-com

こちらの無線ルータ「WebCaster  X400V」は平成16年(2004年)3月に発売された製品で、NTTのフレッツセーフティを契約するとルータでセキュリティ対策ができるというものでした。
「フレッツ・セーフティ」に対応したIP電話対応ブロードバンドセキュリティルータ「Web Caster X400V」の販売開始について
ゲートロックというのもありましたね(平成16年12月販売終了)。
無線ルータ自体は3万円代で顧客の買い取り、ルータに装着する無線LANカード(FT-STC-Va/g)はレンタル(600円/月?)でした。
そのフレッツセーフティが、平成20年3月31日にサービス終了。
Web Caster FT-STC-Va/gウイルスクリアへの移行となります。
「フレッツ・ウイルスクリア」の提供開始及び
「フレッツ・セーフティ」の新規お申し込み受付の終了について

お客様各位
フレッツ・セーフティ対応機器「Web Caster X400V」をご利用のお客様へ
<「フレッツ・セーフティ対応機器に関する重要なお知らせ」
(平成17年9月22日報道発表)関連>

平成20年4月に最後のファームウェア更新。
こちらのお客様宅にも派遣されたスタッフがファームウェアの更新をしていったようです。

そして、そのまま使い続けていました。
ウイルスクリアは契約はされていますが、Windows8.1のパソコンには入っていませんでした。
回線はFTTHですが、無線LANカードが54Mbps/11Mbpsなので、速度は落ちます。
ウイルスクリアそのせいかどうかわかりませんが、ウイルスクリアの設定管理ツールで、Windows8.1のみインストールができません。申込設定ツールではねられます。
WindowsUpdateは考えたくもありません。

今回は無線機を買い換えることになりました。
外壁を挟むので、最も無線LANの繋がりの良い機種にしました。
すでに販売終了している機器ですが、これが後継機よりもよく繋がります。
NEC Aterm WR9300N[HPモデル] PA-WR9300N-HP
当然ですが、電波も強くなり、ネットも早くなりました。
ウイルスクリアもインストールできました。
こういう古い機器を使い続けているお宅がたまにあります。
無線機で速度が落ちますし、なによりそういう放置状態が危険です。