• 2019年7月9日

音声入力のすゝめ

前田裕二さんの「メモの魔力」が人気ですが、私はメモという”物”が残るのが苦手です。思いついたことをすぐに書き留めたかったり、すぐに書き留めないと頭の中を通り過ぎてしまいます。岡田斗司夫さんのように付箋に書きまくったりもしましたが増えまくって困る。運転中に思いつくと大変。以前からこれは課題でしたが、この頃は音声入力の精度が上がってきました。最近の音声入力の方法をまとめてみました。

iPhoneアプリの「メモ」→Macの「メモ」に共有。


Googleアプリの「Documents」→GoogleDriveで共有。

Gmail、文章は全部音声入力。


GoogleHomeで買い物リストに入れてしまう→スマホのHome画面にショートカットを出しておく。


最近はメモを全部自分のslackに入れています。まず、自宅ではGoogleHomeで思いついたことを何でもSlackに入力。これはIFTTTで作りました。

「スラック ○○」と言うと、slackの投稿用のメールアドレスに○○の内容でメールを送信する」slackは後で内容を整理します。

GoogleHomeはちょっとコツがあって、わかりやすく言ってあげないと、「すみません、お役に立てそうにありません」と謝られてしまいます。犬を飼ったことのある人ならわかるはず、わかりやすいコマンドってやつです。Google先生の日本語対応が非常に充実していて、これをユーザーが使うほど、より進化が加速します。私達の老後の為にGoogleを育ててやるってこと。買う(使う)=育てる、支援するってこと。

老眼は皆が通る道、長時間のパソコン作業はもちろん、小さなスマホ画面の入力はほとんど拷問です。もっと年を取った時の為に楽しい老後への準備をしましょう。

追記:メモは苦手ですが、前田さんの考え方は好きです。

  • 2019年5月23日

スタートメニューに削除したアプリが残る

アンインストールしたソフトがスタートメニューには残ってしまうことがあります。もちろんソフト自体は存在しないので起動はできません。Windows7以前は右クリックで「この一覧から削除」でできましたが、Windows10ではユーザーの自由にはさせてくれません。デスクトップ上にショートカットすら作らせたく無いようです。

[ファイルの場所を開く]で、下記を開き、削除したいショートカットやフォルダを削除。

「C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs」

  • 2019年2月11日

Windows10の「最近使ったファイル」表示させない

Windows10にアップグレードしたパソコンのエクスプローラで、クイックアクセスの読み込みにえらく時間がかかっているので、履歴を消して「最近使ったファイル」も表示させないことにしました。

[ファイル]-[フォルダーと検索のオプションの変更]のプライバシー項目で履歴消去、チェックボックスもオフ。

  • 2019年1月9日

会社のパソコンが毎朝9:20になるとひとりでに起動してしまうそうです。

深夜だと怪談かと思うところ、またはテレビパソコンで録画予約があるのか・・・、いえいえ、これは会社のパソコンです。

BIOSの電源管理で、「時刻による電源ON」が設定されていました。前に使っていた社員さんが設定したのですね。設定を変更すれば起動しなくなります。

  • 2018年9月14日

iPhoneでメールに写真を添付する

iPhoneでメールに写真を添付する方法です。
そのまま添付すると、iPhoneの写真はサイズが大きいので、受信する相手に通信料がかかってしまって迷惑なので、サイズを変更します。
まず、iPhoneに入っている標準のメールアプリを起動します。
メール作成をして、宛先やタイトルを入力して、メール本文の何も無いところをタップすると、メニューが出ます。
このメニューの右矢印をタップして、「写真またはビデオを挿入」をタップ。
写真を選びます。
画像サイズのメニューが表示されます。「大」「中」「小」そして「実際のサイズ」の4種類から選べます。
どの程度の縮小が良いかは、自分宛にメールして試して見てください。

  • 2018年7月30日

FacebookでサイトへのURLを入力するとエラー

Facebookでたまに見かけるリンクエラー。

リンクのURLは正しく見えるのだが、マウスを合わせると・・・

URLの末尾に「%E2%80%AC」が追加されていて、その為エラーとなります。この方はiPhoneアプリから投稿するとこうなるのだそうです。

下記のサイトによると、

iOSでマストドンへのURLコピペがうまくいかない?

「%E2%80%AC」はテキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字・・・

だそうです。

unaristさんのTwitterによると

%E2%80%ACは POP DIRECTIONAL FORMATTING と呼ばれる、テキスト方向の指定を解除するUnicodeのメタ文字で、例えばiOSのTwitterアプリの投稿画面から全文をコピペしたらなんかついてきた。

どうも、対応できるのはFacebookのようで、一応不具合の報告を送信。

Facebookアプリを別のもの(Facebookページマネージャなど)で試してみるのも有りかと思います。

 

  • 2018年5月4日

SQLITEファイルの内容を見たい

販売管理ソフトからダウンロードしたログ(sqlite)のバックアップを簡単に見たいとのご要望があり調べてみたところ、驚くほど簡単なソフトがあったのでご紹介。

DB Browser for SQLite

ほとんどのOSで対応していて、操作方法も直感的にGUIで簡単。

  • 2018年2月11日

LINEの引っ越し(android)

スマホの買い替えでLINEを引っ越ししました。
スマホを機種変した人がショップで結構失敗しているので、引っ越し手順を記録します。
時々LINE側で変更されることもあります(念の為)。

旧スマホ・新スマホ共に無線LAN接続。
メールアドレスは登録済み。
Facebook連携はしていません。

1)旧LINEで「アカウント引き継ぎ設定」
[設定(歯車マーク)]-[アカウント引き継ぎ設定]

アカウント引き継ぎ アカウント引き継ぎ

2)旧LINEでトーク履歴をGoogleドライブにバックアップ
[設定(歯車マーク)]-[トーク]-[トーク履歴のバックアップ・復元]-[Googleドライブにバックアップ]

トーク履歴のバックアップ トーク履歴のバックアップ

3)新スマホにLINEインストールし、ログイン、電話番号で認証

4)トーク履歴の復元
[設定(歯車マーク)]-[トーク]-[トーク履歴のバックアップ・復元]-[復元]

5)スタンプを再ダウンロード

これで完了。

  • 2018年1月7日

Windowsのバージョンとサポート期間の覚書

Windowsのバージョンとサポート期間がややこしいので覚書。
確認方法は、[スタート]-[設定]-[システム]-[バージョン情報]で「Windowsの仕様」を確認。

バージョン提供開始日

メインストリーム
サポート終了日

延長サポート終了日
Windows Vista SP22009/5/262012/4/102017/4/11
Windows 7 SP12011/2/222015/1/132020/1/14
Windows 82012/10/26
Windows 8.12013/10/182018/1/92023/1/10
Windows 102015/7/292020/10/132025/10/14
Windows 10(Ver.1507)2015/7/292017/5/9
Windows 10
November Update(Ver.1511)
2015/11/102017/10/10
Windows 10
Anniversary Update(Ver.1607)
2016/8/22018/3/xx (仮)
Windows 10
Creators Update(Ver.1703)
2017/4/52018/9/xx (仮)
Windows 10
Fall Creators Update(Ver.1709)
2017/10/172019/3/xx(仮)

参考:Windows ライフサイクルのファクト シート

なお、パソコンメーカーのアップデートサポート期間は別である。

  • 2018年1月5日

iPhone・iPadでOfficeファイルを編集してクラウドに保存

出張先でOfficeファイルを編集してメールに添付して送りたいとのこと。
お客様はOffice365のアカウントを持っているので、iPad、iPhoneにWord・Excelアプリをインストール。
Office365にサインインします。
クラウドサービスはDropbox、GoogleDriveを使用しています。

まず、編集したいファイルをDropboxに入れておきます。
iPhone・iPadのExcelを起動し、ファイルを開き、編集する。
メニュー左から2番めのマーク→「コピーを送信」→「別のアプリケーションで送信する」→「Gmail」を選択。

EXCEL EXCEL EXCEL EXCEL

Gmailの新規作成画面に添付されるので、メール作成して送信。
Dropboxに名前をつけて複製保存はできますが、上書き保存は出来ないようです。

パソコンやiPadで頻繁に編集するなら、WordやExcelで常時OneDriveに保存するのが良いかもしれません。
スマホに空き容量が充分でない場合は、Officeアプリはサイズが大きいので必要な時だけ入れれば良いでしょう。