• 2016年8月12日

Windows10にアップしたらPDFファイルが削除できない

Windows7からWindows10にアップグレードしたら、PDFファイルの削除でエラーが出ます。

PDFエラー

「エクスプローラーによってファイルは開かれているため、操作を完了できません。ファイルを閉じてから再実行してください。」
これは「プレビューウィンドウ」がONになっている為で、OFFにすれば削除できるのですが、内容を確認(プレビュー)したいので、いちいちON・OFFを切り替えなければいけません。
Windows7の時はこんな手間は無かった。正確にはWindows8からこうなったらしい。

ネットでいろんな人が確認したり、Adobeに問い合わせしたりしているけど、解決策は見当たらない。
デスクトップ上にあるファイルは削除できる。
NASに保存したファイルが削除できない。
この辺は人によっていろんなケースがあるようで、他にPDF関係のソフトをインストールしていると関係するかもしれない。
ショートカット[Alt]+[p]でプレビューをOFF→[Deleat]が最短でしょうかね。

 

  • 2016年8月12日

Windows10でロック画面を表示したくない

Windows10のロック画面、無駄なのでパスすることにしました。
スマホやタブレットでは必要でも、デスクトップパソコンでは必要ありません。

ネットでググッて見つけたのがここ↓
Windows 10 ログイン時にロック画面を表示しない
ところが、[gpedit.msc]で設定変更するはずが、「Windows」+「R」で検索しても出てきません。
このパソコンは「Windows10 Home」でした。Homeではサポートしません。

さらにググッて見つけたのがここ↓
Windows10で不要なロック画面をなくす方法を紹介します。
レジストリにキーを追加する。本家が無くなると困るので記録します。
下記の内容で「○○.reg」のファイルを作成して実行。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Personalization]
“NoLockScreen”=dword:00000001

これでロック画面は無くなりました。

さらにググッて見つけたのがここ↓
windows10でロック画面を表示しない方法
Windows10のアップデートでグループポリシーエディター(gpedit.msc)のロック画面に関する項目は無効化されるらしい。

WindowsUpdateする度に、ますますユーザーの自由を奪うらしい。

  • 2016年8月6日

NUMキーパソコンをWindows10にアップしたら、パソコンを起動時にNUMキーが無効になってしまいました。

PC:富士通 LIFEBOOK AH50/HN
OS:Windows10 Home 64bit
HDD:750GB
Memory:8GB

インターネット接続:FTTH
キャリア:光ネクスト
ISP:BB Excite

F2を押しながら起動して、BIOSを確認すると、起動時のNUMキーはONになっています。
レジストリを修正します。

HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboard

InitialsKeyboardIndicators

の値のデータを、

「2147483648」→「2147483650」に変更。

 

  • 2016年8月3日

タスクバータスクバーが上に行っちゃったり、横に行っちゃったりって、前から時々見かけます。
いずれも設定を弄れるようなお客様ではありません。
今回はWindows10。

元に戻す方法。
タスクバーの何もないところを右クリック→[プロパティ]を開き、[タスクバー]タブで、「画面上のタスクバーの位置」を「下」に設定。

それにしても、どうして移動してしまうのでしょう?
以前はドラッグすると移動しましたが、デフォルトでタスクバーは固定されているので、移動しないはずなんです。
ネットでググると、Windows7ではバグが確認されていて、修正プログラムが公開されています。

Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 の SP1 で画面の一番上に修正: ロックされているタスク バーの移動します

タスクバーのアイコンを右クリックして、タスクバーの何もないところをクリックすると上に移動してしまうそうです。
多分、Windows10にアップグレードされる前にこの状態になってしまったのかと思われます。

  • 2016年8月3日

Windows10でNODとOutlookのトラブル

Windows10にアップグレードしたパソコンの中で、一台だけ調子が悪いそうで訪問しました。
セキュリティソフトの「Canon NOD32 Antivirus」が更新できません。
アンインストールしようとしましたができません。
メーカーサイトにWindows向けアンインストールツールがあったので、これで一旦アンインストールして、再度インストールし直すと治りました。
セキュリティソフトは最新にアップデートしてからWindows10にアップしないといけません。

また、Outlook2003のメール内に記載されているURLをクリックしても、リンク先に繋がりません。
これは、既定のブラウザをGoogleChromeに変更してOK。

  • 2015年12月8日

Windows10でパブリックネットワークになる

Windows10のデスクトップパソコン、有線LAN接続がパブリックネットワークになっているのに気づいた。

パブリックネットワーク

 

Windows7までは直感的に修正できたのだけど、10ではまったく直感的にいかない。

スタートボタン-[設定]-[ネットワークとインターネット]
左側の[イーサネット]をクリックして、接続済みアイコンをクリック。
「このPCを検出可能にする」のスイッチをオンにする。

パブリックネットワーク

これ、多分電話で聞かれても説明できないので書いた。

  • 2015年11月1日

カセットテープに録音したものはカセットテープレコーダーが無いと再生できません。カセットテープ変換プレーヤー テープも何回も聞くうちに劣化します。
これをパソコンで保存できる形式(mp3)に変換してみました。

カセットテープ変換プレーヤー GH-CTPA-BK

USBフラッシュメモリに保存できました。
操作も簡単でなかなか良い商品でしたよ。
このままカセットテープレコーダーとしても使えます。

  • 2015年10月26日

Windows10ちまたでトラブルになっているWindows10へのUpdateの件、個人ユーザーはともかく、法人は絶対NGなのです。
法人は使用可能なOSやブラウザが限定され、トラブルになればその対応にかかる時間も労力もお金に換算されます。
(もちろん個人でも時間=金と考える人は同じ)
そもそもWindows10への予約時、アップグレードする時期は選べるはずだった。そう書かれていた。
Windows10に勝手になってしまうトラブルは、時々あるWindowsUpdateトラブルも同様に、Microsoftの一時的なミスだった。
少し待てばWindowsUpdateで修正される(最終的に修正したんだからいいだろうってスタンス)。

Microsoftの公式ブログから法人向けにアナウンスされています。
[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法

うちにも絶対アップグレードしないPCがあるので、設定してみました。
※ 読んで理解できない人や自己責任を理解できない人は絶対にやってはいけません。「もっとわかりやすく教えて」とかもNGです。

PC:富士通 FMV CE/A509
OS:WindowsVista→Windows7 Professional SP1 32bit

ちなみにこのパソコンはもともとWindowsVistaを7にアップグレードしてもので、WindowsUpdateは自動更新にも関わらずWindows10へのお誘いは出ていません。

事前準備にある更新プログラム「KB3065987」は適用済みでした(Windows8.1の場合はKB3065988)。

設定は、レジストリを編集する方法と、ローカルグループポリシーを編集する方法の2通り。

【レジストリを編集する方法】

[スタート]-[検索の開始]で、「regedit」と入力してEnter。
以下を設定。(なぜかうちのパソコンはこれが設定済みでした。やったのかなぁ、覚えがない)

キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
名前 : DisableOSUpgrade
種類 : REG_DWORD
値 :  1

【ローカルグループポリシーを編集する方法】

[スタート]-[検索の開始]で、「gpedit.msc」と入力してEnter。
以下を設定。

場所
[コンピューターの構成]
 +– [管理用テンプレート]
   +– [Windows コンポーネント]
     +– [Windows Update]
 
項目名: [Turn off the upgrade to the latest version of Windows through Windows Update]
値 : 有効

また、Windows10へのアップグレードを勧めるバルーンがうざい。
実際、弊社のお客様はしつこく出るのでアップグレードしてしまい、結局時間をかけて取り消しをしました。
これは「Microsoft Windows(KB3035583)の更新プログラム」が表示させているので、これをアンインストールすれば出なくなります。

[コントロールパネル]-[WindowsUpdate]の左ペインで、「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック。
「Microsoft Windows(KB3035583)の更新プログラム」をアンインストール。

一旦アンインストールしてもまた自動更新でインストールされてしまうと困るので、非表示に設定。

[コントロールパネル]-[WindowsUpdate]の左ペインで、「更新プログラムの確認」をクリック。
「更新プログラム(KB3035583)」が表示されたら右クリック→「更新プログラムの非表示」。
必要になった時には、「非表示の更新プログラムの再表示」で復活できます。

富士通のサポートサイトではこのようにアナウンスしています。
Windows UpdateからWindows 10にアップグレードされないようにする方法を教えてください。

「Windows 10 Homeにアップグレード」または、「Windows 10 Proにアップグレード」は、繰り返し何度も検出される場合があります。 検出されなくなるまで、本Q&Aの手順を3回程度繰り返してください。

繰り返し何度も・・・(-_-;)

もし、Windows10になってしまったら、30日以内なら元に戻せます。

[設定]-[更新とセキュリティ]を開き、左ペインの「回復」をクリック→「Windows7(Windows8.1)に戻す」をクリック。

PCのスペックによってはすごく時間がかかります。
うちのテレビにHDMI接続しているパソコンはその間ずっと画面は真っ暗でした。
本体のランプが反応しているので、回復途中と見なして放置したところ、数時間後に画面がつきました。

  • 2015年10月18日

Windows10一昨日、お客様から電話が入りました。
「WindowsUpdateを見ると、オプションの「Windows10にアップグレード」にチェックが入っている。パソコンをシャットダウンすると、そのままWindows10になってしまうのでは?どうしたらいい?!」
とりあえず、オプションのチェックを外して様子をみること。
たとえアップグレードされてしまったとしても、1ヶ月以内なら元に戻せるはず。
とにかく私に聞かれても、やってるのはMicrosoftなのです。どうしたら良いかなんてわかるはずない。
ネットの情報を見ていても、必ずアップグレードされるという訳でも無いようなので余計にタチが悪い。
オプションのチェックを外しても、また勝手に入るとか、いろんな情報が出回っていました。

真相は、Microsoftのミス。すでに修正済みらしい。
正式な発表は見当たらないしお詫びももちろん無い。
この2日の間に訪問したお客様のパソコンでは、オプションにそんな項目は見当たりませんでした。
WindowsUpdateは自動更新になっているのが一般的ですが、人によっては手動でやっている人もいます。
アップデートを回避する為に、プログラムを一部入れないようにするとか工夫している人もいますが、それがかえってトラブルの要因になったら・・・と思うと、自動更新にしておくのが無難かとも思います。
MicrosoftはWindowsUpdateでしょっちゅうバグを落としています。その修正もWindowsUpdateでしている訳ですから、なまじユーザーがネットの情報に振り回されて何かを適用したりしなかったりというのは、私はまた危険だと思うのです。
WindowsXPの頃は、ユーザーがOSをカスタマイズして使うこともできましたが、今のWindowsはユーザーにできるだけ何もさせたくないような傾向を感じます。
この5年の間に一番多かったパソコンのトラブルは、詐欺ソフトとWindowsUpdateトラブルです。

私個人は、もうそんなWindowsをメインマシンからは除外しました。
Windowsパソコンも持ってはいますが、どうしてもWindowsでないとできない作業の時以外は電源を入れません。
今回はこのトラブルが収束するまで使わないことにしました。
皆さんもスマホやタブレットもお持ちでしょうから、このようなトラブルが起きた時は、パソコンは起動しないようにしてはいかがでしょうか?
もし、Windows以外のパソコンに興味をお持ちでしたら、喜んでお手伝いしますよ。
WindowsVistaのパソコンが2017年にはサポート終了ですが、このくらいのパソコンでUbuntuパソコンが作れます。

Windows Updateすると半自動的にWindows10がダウンロードされる現象 Microsoftが改修

Windows Updateすると勝手にWindows7/8がWindows10にアップグレードされるエラーが発生

  • 2015年10月16日

メールが送信できない

メールが送信できないご相談を受けることが多いです。
どうしてですか?と聞かれても、困ります。

メールソフトやサーバーがエラーを伝えているはずです。

Gmail

添付ファイルのサイズが大きすぎるようで、上限を超えたと書かれています。

The error that the other server returned was:
552 5.3.4 message size exceeds fixed maximum message size

メールの添付ファイルが上限を超えなかったとしても、 そんな大きな添付ファイルを送られたら、受け取る方も迷惑です。
ファイルサイズを小さくするか、送る方法を変えるかですね。