• 2016年12月31日

scansnap自炊の道具を譲っていただいたので、この機会に書籍や書類のデータ化をすることにしました。

機器は富士通の「ScanSnap S1500M」。
他の製品を使ったことが無いので比較してませんが、この付属のソフト「ScanSnap Manager」の出来が良くて、紙詰まりの際もリカバリが楽です。

昔読んだ本のどこかに書いてあったあの文章・・・と探したい時、デジタル化しておけば検索をかけることができます。
家電品の取扱説明書もこれで紙は保証書のみで済みます。
うちの会社も家庭もやっとペーパーレスが実現できそうです。

  • 2016年11月30日

蔵衛門御用達インストールとデータ移行

建設業のお客様のパソコンがWindowsVista終了に伴い、買い替えしました。

PC:富士通 ESPRIMO D583/NW
OS:Windows10 Pro 64bit
Memory:8GB

ディスプレイ:ASUS VX238H-P

「蔵衛門御用達8 Standard」 のインストールディスクが見つかりません。
仕方無いのでバックアップを取って、「蔵衛門御用達 体験版」インストール。30日間試用できるので、その間にディスクを探していただきます。
そして、後日見つかったのですが、これはWindows10否対応です。
とりあえずインストールできるかもしれませんが、ただでさえWindows10は何が起こるかわかりません。
一旦使えてもいつ使えなくなるかもしれないのでは怖いので、やはり買い換えることにしました。
体験版をアンインストールして、「蔵衛門御用達17」をインストールするとそのまますぐにデータは移行されました。

思えば、ほんの15年前は写真をアルバムに貼って、手書きで書類を書いていたものです。しかも提出先の数だけ作らなければいけませんでした。
CADはバカ高くて、フリーソフトの「JW_CAD」がどれだけありがたかったか・・・。
この蔵衛門は、その頃「トリワークス」がフリーソフトで公開していて、私も工事会社で使いました。
今では社名も「株式会社ルクレ」と変わり、工事業界では欠かせないソフトとなっています。

  • 2016年11月8日

電源の入らないiMac、データ消去しないといけないので分解しました。
液晶は磁石でくっついているだけでした。

iMac

ねじはHexの一番小さいので、全部外せれば意外と簡単。

iMac

iMac

  • 2016年8月28日

GX-DVI/U2BuffaloのUSB2.0対応ディスプレイ増設アダプタ「GX-DVI/U2」が使わないままだったので、Windows10で使えるかどうか試してみました。

PC:富士通 FMV-DESKPOWER F/G70T(FMVFG70TB)
OS:Windows8.1→10 Home 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM) i5 CPU   M 430  @2.27GHz 2.27GHz
Memory:4GB
HDD:1TB

Sharp Aquos LC-22P1(22V型)に接続しました。
メーカーのドライバはありませんが、接続してみるとDisplayLinkのドライバが自動でインストールされました。
一旦画面が真っ暗になりましたが、再起動すると認識してマルチディスプレイができました。
ただ、ディスプレイの位置が左右逆に設定しても、再起動すると元に戻ってしまいます。
フルHD(1920×1080)には設定できませんが、うちではこのテレビは電子ピアノの前に設置しているので、Windows7の時同様に楽譜を表示させたりできそうです。

マルチディスプレイ

  • 2016年7月18日

DELLパソコンの不要品が出たのでWindows10にアップグレードしてみました。

PC:DELL LATITUDE E4310
OS:Windows7 Professional SP1 64bit→Windows10
HDD:
Memory:4GB

DELL LATITUDE E4310

ハードディスクは余ってた中古に交換、メモリも余ってた中古で増設。
Windows7をクリーンインストールすると有線LANも使えない状態。
とりあえず余ってる無線LANアダプタを付けて、DELLのサポートサイトからドライバを探します。
WEB上でスキャンして、一括でダウンロードとインストールまでできるようになっていますが、実際には途中で進まなくなり、手作業手探りで必要そうなドライバをインストールしていきました。
ちなみにWindows10対応については「Windows10へのアップグレードをテストしていない商品」だそうです。

BIOSのアップデートが検出され、「Dell Latitude E4310 System BIOS(E4310A14)」をインストールしようとしたら、A07を先に入れろと怒られました。

不明なデバイスがひとつ。

SMO8800

これは「Free fall sensor」だそうで、「ST Microelectronics Free Sensor Driver」をインストール。
下記のサイトにお世話になりました(感謝!!)。

DELL LATITUDE E4310 をWindows10化!(不明なデバイス対応)

必要かどうかわかりませんが、「Dell Data Protection | Access(DDPA)」もインストール。

dell data protection
そして、進まないWindowsUpdate。
今回も「wsusoffline」でWindowsUpdate。
これはさっと終わったのですが、再起動後に普通のWindowsUpdateをすると、また「確認しています」のまま進まない。
早朝から始めて放置して出かけて夕方戻っても「確認しています」のままで、そのままさらに放置すると、「確認しています」のまま再起動を促される。「インストール」の文字が出ない。
指示通りに再起動するとWindows10のお誘いが出たので「すぐにアップグレード」を選択。
これも果てしなく時間がかかるので放置。
時間はかかったけど、一応Windows10、問題無く動いています。

  • 2016年7月14日

東芝のテレビだけChromebitが繋がらない
で、繋がらないChromebit、この為にテレビを買い換えるのもあり得ない。
今回はアンプをネットワーク対応のものに買い替えたので、アンプを経由して繋いでみました。
DENON AVR-X1300W

DENON AVR-X1300W

うまくいきました!!
Chromebitが使えます。
ただ、GoogleChrome上でキーボードの入力が認識しません。
ログイン時には入力できるのです。
LINEもログインはできるけど、文字入力がNG。
マウスは認識するので、テレビでネット動画が見れるようになりました。

Chromebit

  • 2016年7月7日

新規PC購入とセットアップ

お客様よりご紹介で、新規PCの購入とセットアップをしました。

ノートパソコンをご希望で、今回ご提案したパソコンは2種類。

ASUS VivoBook X540LA 64584円(4色有り)

富士通 LIFEBOOK WU1/X 94800円(黒のみ)

お客様の選んだのは富士通。

PC:富士通 LIFEBOOK WU1/X
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel Core i3-6100U
HDD:500GB
Memory:4GB→8GB

LAN:NEC ATERM WG600HP
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:J:COM

システム修復ディスク、回復ドライブ作成。
無線ルータ設置設定(NEC Aterm WG600HP)。
メール設定(メール、J:COM)。
富士通ユーザー登録。
プリンター設定(Brother DCP-350C)。
iCloud設定。

メモリ増設をしました。
Windows10ではメモリ増設時は、普通のシャットダウンではいけません。

パソコンの電源を切る

取扱説明書に書いてありますが、多分みんな読まないでしょう。
[スタート]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[回復]-[今すぐ再起動する]-[PCの電源を切る]

電源を切る

バッテリーはカバーの内側。取り外すのがちと面倒です。

LIFEBOOK WU1/X

つまり精密ドライバーを持ってないと、外せません。

LIFEBOOK WU1/X

LIFEBOOK WU1/X

パソコンが起動できない時に、バッテリーと電源コードを外して放電していただくのですが、これはお客様ご自身では難しいですね。

薄くて軽いパソコンですが、薄いかわりにDVDドライブがありません。
ASUSの「SDRW-08D2S-U LITE 」を別途購入。
無線ルータを導入したので、任天堂DS、iPhoneと連携。

 

  • 2016年6月17日

Windows10で中国語入力設定

Windows10パソコンで、中国語の入力設定をしてみました。

[スタート]-[ 設定]-[時刻と言語]-[地域と言語] と開き、 [言語を追加する] をクリック。
「中文(台灣)をクリックして、[オプション]をクリック。

地域と言語

一覧から、使用する言語を選び、使用する地域のバージョンを選びます。ダウンロードがすぐに開始・・・のはずが、グレーアウト。
私のパソコンはローカルアカウントで使用しているので、これをMicrosoftアカウントに切り替えると設定ができて、辞書データのダウンロードが始まりました。
キーボード項目で、[Microsoft Bopomofo]をクリックして、[オプション]をクリック。

keyboardraiout

[詳細設定を開く]をクリック。

[General]タブで、[UI font setting]の項目を「Large font」に設定。
これは繁体字は画数が多くて小さいフォントだと見づらいため。

keyboard

[Keyboard]タブで、レイアウトを[Standard」に設定。

keyboard

設定した後はローカルアカウントに戻します。

繁体字のフォントを下記サイトからインストールしました。
Free Chinese fonts
Tag Archives: Traditional Chinese Font

入力システムを切り替えて

bopomofo

入力します。

 

  • 2016年4月25日

Panasonicのネットワークカメラ「BL-C131」をQNAP NAS「TS-120」で監視設定してみました。
カメラは無線LAN接続、IPアドレスは宅内ネットワークで固定。
外出先からもカメラの画像を見る為にダイナミックDNSを設定。
我が家は、ASUS提供のサービスを使います。
これはASUSの無線ルータを購入すると無料で使えるサービスです。

※ 参考
DDNSの設定方法

QNAP NASにはカメラ画像や動画を監視する「Surveillance Station」があります。
WEBで設定できるので、パソコンにインストールなどをする必要がありません。
複数のカメラを好きなレイアウトで表示できます。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

時間帯を指定して、カメラに動くものを検知すると録画を開始し、メールで通知します。

ネットワークカメラ

このNAS(TS-120)では、録画チャンネル2つが無料で使用でき、つまりカメラ2台まで無料で録画できます。
それ以上は1チャンネル59.99$(約6,706円)で最大8チャンネルまで接続可能。

カメラの画像や動画はスマホアプリ「IP Cam Viewer Lite」でも見れます。

Surveillance Station IP カメラ互換性一覧

 

 

 

  • 2016年4月18日

CloudreadyDELLに続いてNECのVistaパソコンにChromeOSをインストールしてみました。
今回使ったのは、Cloudready

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB

このパソコンはBIOSで設定を変更する必要があります。
[詳細]-[USBレガシー機能]を「使用する」

最初はDELLと同様に、USB起動では起動できましたが、HDDにインストールは「CloudReady Installation in Progress」からなかなか先に進みませんでした。
別の日に気を取り直して再度試みると、無事インストールできました。
差し込むUSBの口を変えてみたのが良かったのか・・・???

CloudreadyChromebookが出来上がりました。
取扱説明書はありませんが、ヘルプに解説があります。
プリンターはUSB又はネットワーク接続されているパソコンでクラウドプリンターの登録をすれば、ChromeOSのパソコンからもネットワークプリンターとして印刷できます。
「chrome://devices/」
あとはGoogleChromeで使っている拡張機能が使えます。
パソコンの詳細を確認するには、拡張機能の「System」が便利。
このスペックで、ネットもメールも、Youtubeもまったく問題ありません。
ただ、起動にやや時間がかかります。