• 2018年2月10日

ASUS Zenfone4 Maxを買ったよ

Zenfone4 Max

Zenfone5の液晶を割ってしまって、購入後3年なので買い替えを検討しました。
比較検討したのはiPhone SEだけ。
海外で使えるスマホの代表的なのがASUSとiPhone。
他にもあることはあるけど、私のネットワークに入れて良い候補に入らない。

Zenfone4 Max(ZC520KL)

見た目、iPhoneっぽい(笑)。
Zenfone5よりちょっとだけ大きい。本当はもうちょっと小さくなってほしい。
片手で操作できるくらい、胸のポケットに収まるくらい、そうiPhone SEがそれだった。
もちろんSIMフリー、トリプルスロット、デュアルSIMデュアルスタンバイ対応、4,100mAhの超ロングバッテリー、リバースバッテリー内蔵。デュアルレンズカメラ。
カタログはここ

すごいっすね、モバイルバッテリー持たなくて良い。
microSDカードは最大256GBなので、ネットに繋がらない場所に動画や音楽を持ち出すことも可能です。 
ひとつ要注意なのは、「手袋モード」が無くなったこと。
IngressやポケモンGo、バイクで使う人にはかなり重要かも。

Googleアカウントで同期しているので、移行はすごく簡単。
ただ、2段階認証だけは全部やり直す必要がある。
意味を考えれば当然ですね。
銀行・株取引や、暗号通貨などやる人は、壊れてから買い換えるより、早めにサブスマホは購入しておいた方が良さそうです。
ましてや、ショップで交換してきちゃうといったいどうなるのか・・・。
私はショップでスマホを契約したことがないので想像もできません。
何もかも1台だけで済ませたいという人が少なくないけど、恐ろしいことですよ。

 

  • 2017年11月19日

マウスコンピュータ

パソコンがすぐに落ちてしまうそうです。
いきなり落ちる。
購入後6年のWindows7を10にUpgradeしています。
この頃はWindowsUpdateの度に、旧OSからアップグレードしたパソコンは何をされるかわかりません。
個人用で、最近はiPhoneが便利でさほど使っていないのですが、年賀状印刷の時期でもあり、修理に時間がかかって使えなくなるのも困ります・・・。
修理しても別のパーツが故障する可能性も無い訳ではありません。
修理するか買い替えか悩んだ末、買い替えとなりました。

PC:マウスコンピュータ LUV MACHINES mini 77S-S1
OS:Windows10 Home 64bit
CPU:Intel(R) Celeron(R) Processer 3865U (2コア / 1.80GHz/2MB キャッシュ)
SSD:240GB
Memory:8GB(8GBx1)

LUV MACHINES mini A5サイズの小さなパソコン、ディスプレイの後ろにガイドを取り付けてセットしました。一体型パソコンみたい。
SSDタイプも増えてきましたね。光学ドライブは市販品を外付けで購入。

WindowsUpdateを全部実行
Canon NOD32 アンチウイルスセットアップ
インターネット設定(GoogleChrome)
メール設定(MS-Outlook、Gmail)
MS-OFFICE Pro 2010セットアップ
筆ぐるめセットアップ及びデータ移行
Dropboxセットアップ
プリンター設定
LINE設定

なぜか音が出ません。
音声ケーブルを接続して、パソコン上も認識してるのに音が出ません。
これは、ディスプレイ側の差込が甘かったのでした。
もっとグッと差し込むと音が出ました。

旧PCは訪問時起動しましたが、バックアップ途中でフリーズしました。
強制終了してPCよりハードディスクを取り出して、新PCにUSB接続してデータ救出(Desktop、Documents、Picture、筆ぐるめデータ、メールデータ、iTunes)
帰った後でまだデータが残っているとご連絡があったので、GoogleDriveでデータを受け渡し。
GoogleDriveホント便利。

マウスコンピューター/G-Tune

  • 2017年11月11日

Macで年賀状印刷【筆ぐるめ for Mac】

WindowsパソコンからMacに乗り換えのお客様、筆まめをお使いでした。
Macで宛名印刷できるソフトを探すと、「筆ぐるめ 2018 for Mac」が見つかりました。
筆ぐるめクラウドを使うとクラウド上にバックアップができます。

元のWindowsパソコンで筆まめファイルを探しましたが、なぜか見つかりません。
筆まめの履歴にもありません。
検索しても見つかるのはゴミ箱の中の、1年以上前のファイルだけです。
それだけでも無いよりましと仰せですが、どうにも腑に落ちません。
一旦パソコンをお預かりし後日電源を入れると何とか動くようになり、筆まめファイルがDropboxの中から見つかりました。
旧PCの筆まめでこれを開き、住所録をCSV形式でバックアップ。
私のMacに筆ぐるめ 25 体験版をインストールして、CSVを変換したところ、Macの筆ぐるめで住所録が使えるようになりました。

筆ぐるめ

筆ぐるめ

筆ぐるめ

筆まめに比べると筆ぐるめは項目数が少ないので、全部を移行という訳にはいきませんが、宛名印刷には問題無いでしょう。
Windows版と全く同じという訳でもありませんのでご注意を。

  • 2017年10月11日

ガラケーからスマホへの乗り換えを検討のお客様に、ガラケーとは別にスマホ+MVNOを導入することにしました。
ガラケーを急いでやめる必要はまったくありません。

スマホ:ASUS Zenfone 3
通信(MVNO):So-net 0sim データ+SMS対応プラン
保護フィルム貼り付け、クリアケース装着。
SIMカード・MicroSDカード装着。

Zenfone3 Zenfone3 Zenfone3

Googleアカウント、アマゾンKindle、Gmail、Youtube、Googleマップ設定。
通信契約はSo-netの0simで、500MBまでは無料。上限は5GBで1600円。
但し、3ヶ月全く使用しないと解約されてしまうので注意が必要です。
いきなりガラケーから乗り換えて、使い方がわからないとかバッテリーが無いとか突然電話が使えなくてパニックになるのも怖いです。
しばらく使って慣れてきてから通信契約を変更してもかまわないのです。
ドコモやau、Softbankなどのキャリア契約と違って契約期間の縛りがありませんから、電話番号を移したくなったらその時移せば良いです。
そして、自宅では自宅のWiFiに接続すれば0simの通信を使用しません。
問題はメールアドレスで、固定回線のプロバイダ契約と同様です。
面倒でも乗り換えれば月額5000円くらい違うはずで、1年で60,000円。5年で300,000円と考えていただきたい。
メールアドレスは最初からプロバイダやキャリアのものを使わず、Gmailなどを使っておいたほうが後々面倒がありません。
フリーメールだとダメなサービスもたまにはありますが、そういう時だけに使うようにしておけば乗り換えもさほど面倒になりません。

 

  • 2017年6月10日

外出先で使う軽くて小さなノートパソコンをご依頼頂きました。
これが機器選定に悩みました。
予算が許すならもちろんPanasonic Let’sNOTEでしょう。
でも、そこまでかけるほどの使用でもないそうで、でも、なまじな安いパソコンですぐ故障も嫌だし、セキュリティも心配です。
だいたい安いパソコンってCPUやメモリが貧弱で、WindowsUpdateする度にどんどん動作が遅くなります。
それならむしろタブレットの方が使いやすい。
いろいろ探して今回選んだのはこれ。マウスコンピュータ

PC:マウスコンピュータ MB-C250S1
OS:Windows10 Home 64bit
CPU :Intel(R) Celeron(R) プロセッサー N3450 ( 4コア / 4スレッド / 1.10GHz / IBT時最大2.20GHz / 2MBキャッシュ )
HDD:1TB
Memory:8GB
液晶:11.6型ノングレア

受注生産で工場は長野県の元イーヤマ。
約1週間で納品しました。
昔は安いBTOパソコンで売り出して、電源が弱いとか言われてましたが、最近は工場を元イーヤマ工場に集約して、修理やサポートも短期間で対応しているらしい。
ともあれ、他に比較検討するような機種もありません。
ぜひとも、長野県で頑張っていただきたいので、見守っていきたいと思います。

納品前に初期設定。
最初からこのパソコンはCortanaがしゃべってました。
WindowsUpdateをすべて実施。
回復ドライブ作成。
ソフトは「MS-OFFICE2010」「Adobe Reader」インストール。
取扱説明書(PDF)へのショートカットをデスクトップ上に貼り付け。
セキュリティは「Defender」を有効。
社内でNASに接続、プリンター設定(自動で認識)。
まだどんな使い方をするか未定なので、外出先からのネット接続は、スマホのテザリングか、フリースポットを使用。
会社内でまめにWindowsUpdateをするようにしましょう。

  • 2017年5月10日

中古パソコンをお探しのお客様にちょうど良いのがありました。
このパソコンは元々Windows7でしたが、無料アップグレード期間にWindows10 Proにアップグレードしておいたものです。
10にアップした際には正式なドライバがなかったりしてちょっと苦戦しましたが、その後はなかなか調子が良くて、DELLの中では良質だと思います。

PC:DELL LATITUDE E4310(13.3inch)
OS:Windows10 Pro 64bit
HDD:320GB
Memory:4GB

メーカーの詳細
http://www.dell.com/downloads/jp/products/latit/latitude_e4310.pdf

  • 2017年5月8日

RaspberryPi3のUbuntu MATEインストールで、初回はSDカードの相性問題にはまった。

そして、新しいSDカード(Silicon-power 16GB SP016GBSTH010V10SP)で再度挑戦。

パソコンはWindows10、SDFormatterでSDカード(Transcend 4GB)をイレースフォーマットでフォーマット。

「WIN32DiskImager」でSDカードに「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をインストール。



電源ON!

Ubuntu MATE

Ubuntu MATE

Ubuntu MATE

Ubuntu MATE

Ubuntu MATE

UbuntuMATE

UbuntuMATE

やった!

Raspberry Pi

  • 2017年5月7日

前に買ってそのまま放置していたRaspberry Piを連休の間にやってみようと思い立った!
材料は買ってあるので、簡単だってネットで言ってるからさらっとやってみる。

RaspberryPi3 RaspberryPi3

親切な皆さんがネットでたくさん書いてくださってます(感謝!)。
RaspberryPi入門
OSはとりあえず一番簡単だという「Ubuntu Mate」にしてみました。

パソコンはとりあえずWindows10でやってみました。
SDFormatterをインストールして、SDカード(Transcend 4GB)をイレースフォーマットでフォーマット。
DownloadUbuntuMateから、とりあえず「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をダウンロード。
「ubuntu-mate-16.04.2-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz」をダウンロードして、7zipで解凍。
「WIN32DiskImager」でSDカードにインストール。
はい、ここまで順調。確かに超簡単。

モニターはテレビにhdmiケーブルで接続して電源投入。

RaspberryPi3 carnel panic

Karnel panic( ;∀;)

SDカードの相性問題とかあるらしい。
Raspberry PiでSDカード相性が原因で起動エラーを繰り返す時の対処法
Raspberry PiでMicro SDカードが壊れたときの対処方法
RPi SD cards(SDカードの相性に関する情報)
Linuxで直せるというのでUbuntuにSDカード繋いでみる。

RaspberryPi3

dmesg | tail

dmesg | tail

sdc2が認識できません。
フォーマットもできません。
今回のSDカードはTranscend TS4GUSDHC4
相性に関してこの型番では何も情報は無いけど、同社のSDカードでちらほらNGはあるみたい。
とりあえず別のSDカードを購入して試すことにします。

で、このSDカードはiMacのディスクユーティリティで削除できて、3.75GBのSDカードになりました。
sdc2は破壊されたのか・・・?

  • 2017年4月19日

データ復旧成功

起動できなくなったパソコン、ハードディスクはCドライブが全く何も無くなっており、取り外して他のPCに接続してみても、Ubuntuに接続してもまったく何も見えず、OSのCDで修復もできない状態でした。
それ以上の費用も時間もかけるほどでは無かったので、ハードディスクは残してパソコンはVistaなので処分。

今回、データ復旧のソフトを試してみました。
試したソフトは「EaseUS Data Recovery」。
無料体験版では0.5GBまでのリカバリ(累計2GB)が可能です。
Windows版とMac版、iPadやiPhone対応版もあります。
ハードディスクをUSB接続してスキャンすると・・・、クイックスキャンでは何も見つかりません。
続いてディープスキャンすると、1時間ほどかかったでしょうか、元のデータらしきフォルダ・ファイルが検出されました。
アドレス帳や筆ぐるめ住所録も検出され、リカバリできました。
復旧したいファイルやフォルダの場所がわかる人なら、これはお勧めです。

datarecoverry_1

データリカバリ完了

  • 2017年4月13日

QNAP ST-231QNAP TS-231のUSB接続したプリンター設定で手こずりました。
TS-231の前に、TS-120を使っていて、これでもUSB接続でプリンターを使っていました。
その時は特に難しいこともなく、さらっと設定できちゃったのですが、TS-231とWindows10ではまりました。
UbuntuとMacOS10.12.4(Bonjour)では問題無し。
ネットワークでプリンターまで接続はできるし、ドライバーも入りますが、印刷はできません。
プロパティを見ると、ポートが何もチェックが入っていません。
ポートを追加しようとしても見つかりません。
手入力でIPアドレスを指定しても設定できません。
これはQNAPのサポートサイトで設定方法が見つかりました。
QNAP NAS 経由でネットワークプリンターを設定する方法

http://192.168.0.xxx:631/printer/qnapts231pr3(サービス名)
とポート番号指定して設定して印刷できました。

思い出しましたが、前に同じNASをお使いのお客様で、パソコンがWindows10に強制アップグレードされた際に、同じようにNASにUSB接続したプリンターが印刷できなくなりました。その時もポートにまったくチェックが入っていませんでした。
Ubuntuは自動でポート番号を認識していますが、Windows10は番号を指定しないと設定できなかったのでした。