• 2014年12月3日

台湾メーカーQNAPのNASのレビューの続きです。
ずっと悩んできたバックアップを、データの分類から整理してみました。
既存のNASでもバックアップを自動化はしていましたが、ITに疎いお客様にも提案できる方法をさがしていました。
私、Raidってあまり信用していないのです。
このQNAPのTS-120はaSATAの接続が可能なので、壊れたパソコンから外して余ってたハードディスク(80GB)を接続してみました。

QNAP

接続するとすぐに認識するので、アクセス権を設定。

QNAP

普通のNASはたいていデフォルトでアクセス権有りになってることが多いと思いますが、こちらは割と設定が細かいです

QNAP

外部ドライブにバックアップ設定します。
バックアップジョブの設定は1つに5ディレクトリまでなので、比較的重要で毎日バックアップを取りたいものを一纏めにして深夜2:00に設定。
使う頻度の少ないフォルダを1週間に一度、深夜4:00に設定しました。
最初に実行してみましたが、全部で75GB程度なので、すぐに終わりました。
必要な時はいつでもバックアップできます。
オプションも細かく設定があり、差分バックアップや常時同期も可能です。
それでも、雷や漏電で両方故障なんてこともあり得るので、本当に何があっても消えてほしくないデータをクラウドにもバックアップ。

クラウドバックアップ

Symformは10GBまで無料で使えます。
このサービスは、自分のローカルディスクの容量を寄与する代わりにクラウド容量を使えるようになるという変わった仕組み。
すると、余ったハードディスクの容量を差し出して、クラウド容量に交換できるってことだよね。
このサービスの提供元は、米国のQuantum Corporationで、2012年からこのQNAPで採用されているので、信用しても良いと思う。

ともかく、面白い製品です。
しょっちゅう新しい機能が追加されます。


 

 

  • 2014年11月30日

台湾メーカーQNAPのNASの評判が良いので試しに買ってありました。
しばらく使ってみてそろそろ半年になるのでレビューです。

QNAP ST-120

シリーズでは入門モデル、一番最小のタイプです。
ハードディスクはうちに余ってた500GBをつっこみました。

QNAP ST-120

電源を入れるとすぐにファームウェアのインストールが始まります。
QNAP ST-120

QNAP ST-120

こんな具合で、ちょっと慣れた人なら取扱説明書は必要無いでしょう。
もちろん、ヘルプもちゃんと日本語です。
日本語も変な翻訳ではなく、違和感の無い日本語です。

QNAP TS-120

コントロールパネルもわかりやすいし、センスも良い。

QNAP TS-120

QNAP TS-120

ウイルスチェック付きで、手動更新もできるのでイントラネットでも使える。

QNAP TS-120 QNAP TS-120

androidやiPhone用のアプリも多数用意されていて便利。
多機能なので「初心者にも簡単!」とまでは言わないけど、全部いっぺんに設定できなくてもとりあえず使うことはできる。

しかも、12月に新製品が出るそうで、これが面白そう。
ASUSもだが、この頃値段は高いが良い製品が出てきて、台湾は楽しみなのだ。
QNAP

 

  • 2014年10月29日

Windows10をVistaパソコンに入れてみた

故障したVistaパソコンにWindows10を入れてみた。
前回、このパソコンのLANのドライバが無くてネットに繋がらなかったのですが、BuffaloのUSBのLANアダプタ(LUA3-U2-ATX)を試したところ、これはドライバが入ってネットに繋がりました。

NEC LaVie LL550/JPC:NEC LaVie LL550/J
OS:WindowsVista→Windows10
CPU:モバイルSempron 3400+ 1.8GHz/1コア
Memory:1GB→2GB(1GBx2)
HDD:約300GB

これも、Google日本語入力をインストールして、キーボードを日本語に設定。
「LibreOffice」インストール。
プリンター(Canon MX870)も勝手に認識しました。
この頃のパソコンは機械自体はもう十分なスペックで、OS(Vista)が悪いだけだったので、Windows10にすれば、最近の中国産パソコンより良いかもしれません。

NEC LaVie LL550/J

  • 2014年10月4日

WindowsXP終了で余ったパソコンにWindows10をインストールしてみたら、入っちゃいました(笑)。

PC:HP Compaq nx6310
OS:WindowsXP SP3→Windows7 Pro SP1→ChromeOS(NG)→LinuxMint17 MATE→Windows10Preview版
CPU:Intel(R) Celeron(R) M CPU 430GHz
Memory:512MB→2GB(Max:2GB)
HDD:40GB→80GB

Windows10

スタートボタンからすべてのプログラムが表示されます。
シャットダウンもスタートボタンから表示されます。
マウスでポイントを右上の端まで行かないと出なかった設定メニューは無くなりました。
タイルへのスタートメニューはアプリへのリンクを消すとすっきり。
PC設定メニューのリンクを消して、コントロールパネルをピン止め。
IEはVer.11。GoogleChromeをインストール。
日本語に対応していないので、Google日本語入力をインストール。
LibreOfficeをインストール。
セキュリティはDefenderが有効です。
ネットに接続しなくてもインストール可能です。

Windows10

もう一台、Vistaパソコン(NEC LaVie LL550/J)にもインストールしましたが、LANドライバが対応できずネットに繋がりませんでした。

Windows7そのものです。
プレビュー版なので、来年の4月中旬までしか使えませんが、このまま動作が重くならないなら、なかなか良いなと思います。

  • 2014年8月24日

ASUSの世界最速の高性能無線LANルーター「RT-AC68U」を買ってみました。

ASUS RT-AC68UASUS RT-AC68U

大きいです。すごい存在感。それにチェックのデザインがいい。
ランプを消せるんです。
これ、夜中についてるの嫌がるお客様いましたっけ。

ASUS RT-AC68U

ユーティリティディスク、日本語対応はもちろん、24ヶ国語対応してます。

ルータの初期IPアドレスは「192.168.1.1」、初期ユーザ名・パスワードがマニュアルの後ろの方に書いてあって、探してしまいました。
既存のネットワークに合わせて「Static IP(静的IP)」で設定します。
無線LANのネットワークキーは自分で設定しなければいけません。
最初にファームウェアが更新されました。

管理画面です。
ASUS RT-AC68UASUS RT-AC68U

クライアントの管理がしやすそうです。
何しろ高機能で、マニュアルが日本語ではありますが、非常にあっさりなので、ゆっくりじっくり設定していこうと思います。
 

  • 2014年7月23日

Panasonic KX-PD101DL以前から迷惑FAXが多いと仰っていたお客様、FAX複合機だとずっと電気を入れっぱなしにして、宣伝の迷惑FAXも印刷されてしまいます。
紙代、インク代こちら持ちで非常に腹立たしい。
今回、FAX機能のみ別途購入して設定しました。

Panasonic KX-PD101DL

パソコンラックのキーボードの台に乗るくらいのサイズ。
無線LANでルータに接続すると、スマホでFAXを確認して、不要なFAXはスマホで削除。
2代のiPhoneにアプリをインストールして、どちらでも確認・削除できるようにしました。
これで、いちいちFAXの所に行く必要もありません。

FAXの受信音も穏やかで控えめでなかなか良いです。
印刷したい時だけ用紙をセットして印刷します。
スマホをFAX機の子機登録するので、スマホを電話の子機としても使えます(6台まで)。
ひかり電話ならスマホのアプリを使って子機登録もできますが、それより簡単です。
設定がパソコンからできないのがちょっと辛かった。
Panasonic KX-PD101DL細かいFAX受信設定が、取説を見ないとコードがわかりません。
自分の使い方に合わせて、着信音を鳴らすか、何回鳴らすかとか、FAX設定は必要です。
FAX画像をメールで転送することもできる。
有線LAN接続が無いのが惜しい。

今回はFAX専用での利用ですが、SDカードを装着すると、自動録音も可能。
遡っての録音もできて、SDカードにFAX画像を保存したり、パソコンデータをFAX送信も可能。
先に相手に名乗らせて、通話拒否機能もあります。

いいですねえ、私も欲しくなりました

 

  • 2014年7月7日

ウッディプランニングWindowsXP終了でパソコンの買い替えを検討したところ、対応できないソフトがありました。
日建学院のウッディプランニング(WOODY PLANNING)

建設の設計や営業の複合ソフトで、100万円以上したようです。
インストールや講習数回分も支払い済みで、インストールだけしてそのままになっていました。
今回、パソコン買い換えのご相談ですが、このソフトが移行できるのか確認が必要です。
販売元の(株)建築資料研究所に電話したところ、ALTA(㈱コンピュータシステム研究所)に商品変更をしていたようです。
電話してもなかなかわかる人に繋がりません。

やっと繋がってわかったこと。
ウッディプランニングはサポート終了。
Windows7でも一応動くらしいが、何があってもサポート無し。
「ALTA」は新規で100万円くらいで、今回お客様価格で本体が22万円、インストール(DVDが5枚)で10万円、操作指導が一回5万円だが2回は必要との事で10万円。
合計で42万円かかるとの事。

別のソフトを検討して、「3DマイホームデザイナーPRO8EXツインパツク」を128,530 円で購入することになりました。

  • 2014年6月19日

前からQNAPという台湾に本社を置くメーカーのNASが評判が良くて気になっていたので試してみました。

QNAP TS-120

パーソナルクラウドとソーシャル共有用の1ベイ、ホーム&SOHO NAS
TS-120
非常に高機能で、Windows、Mac、Linuxに対応しています。
不要になったパソコンから外したハードディスク(Hitachi 500GB)を装着したところ、自動的にフォーマットが開始され、ディスクチェックされ、問題無く認識しています。
iPad mini、Nexus7ともに、アプリの無料提供が有り、リモートアクセスが可能です。
マニュアルはHelpと取扱説明書がありますが、ほとんど直感的に設定ができ、高機能ですが、わからない部分の設定は未設定でもほぼ問題無いと思われます。
少しづつ使い方を検討していきます。

QNAP TS-120  QNAP TS-120

QNAP TS-120

【詳細】

シリーズ Home/SOHO
形状 タワー
HDDインターフェース SATA II
外部インターフェース 1xGigabitRJ45, 2xUSB3.0(背面), 1xUSB2.0(前面), 1xeSATA
最大HDD搭載可能数 1
RAIDレベル シングル/Q-RAID
 
シリーズ Home/SOHO
CPU Marvell 1.6GHz
メモリ容量 512MB DDR3 RAM
フラッシュROM容量 16MB
HDD 1 x 3.5″ SATA または 2.5” SATA II/SSD HDD
注意:
1. 最大容量 4TB
2. 本製品にHDDは付属しておりません。別途お買い求め下さい。
HDDトレイ 1 x 脱着式トレイ
LAN ポート 1 x ギガビットRJ-45 イーサネットポート
LED インジケータ Status, LAN, USB, HDD
USB 1 x USB 2.0 ポート (前面); 2 x USB 3.0 ポート (背面)
USB プリンタ, ドライブ, Hub, UPS対応
eSATA 1 x eSATA ポート (背面)
ボタン パワーボタン, USB ワンタッチコピーボタン, リセットボタン
警告ブザー システム警告
形状 タワー型
寸法 168.5(高さ) x 73(幅) x 225(奥行) mm 
重量 本体重量: 1.04kg
総重量: 1.80kg
消費電力(W) スリープモード時: 5W
稼働時: 12W
( 500GB HDD 1台搭載時)
温度 0~40˚C
湿度 0~95% 
電源 外部ACアダプタ(36W) 入力: 100-240V
セキュリティ K-lock セキュリティ
冷却ファン 1 x 静音仕様ファン(5cm, 12V DC)

 

  • 2014年5月31日

去年、Windows8のパソコンとiPadを設定したお客様からご依頼です。
色々触っていたらMicrosoftアカウントを登録させられて、Hotmailを作るはめになり、起動時パスワードを入れなければいけなくなったそうです。
自分でローカルアカウントに戻したようですが、パスワードが外せなかったようです。
これを以前の何も入力せずに起動するように設定。

古いパソコンに入っていたトランプゲームのソリティアが欲しいとのこと。
Windows8のゲームだと、Microsoftにサインインだのとうるさい。
探してみました。
Gooゲーム ソリティア 無料ゲーム
↑ここなら何も登録せず、インストールもせず、変な広告の心配もせずに遊べます。(BGMの音量は注意)

パソコンとiPadで紀伊國屋の電子書籍サービスを使いたいそうで、案内にそって設定して行ったら、タイルのアプリがインストールされたようです。
これは私も試してみました。
まず、紀伊國屋書店のアカウントを取得。
クレジットカードの番号はまだ入力は必須ではありません。
iPad miniとNexus7でKinoppyを無料インストール。
電子書籍を購入してみました。
支払いに進むと、クレジットカード以外にポイント利用とギフトカード、それからNTTの「フレッツ・まとめて支払い」が利用できます。
フレッツパスポートIDを取得して、限度額を設定すると、限度額までNTT経由で支払いができる仕組みです。
フレッツひかりの回線接続時のみ支払い可能にすることもできます。

Kinoppy Kinoppy

  • 2014年4月22日

お客様からご紹介いただいて、パソコンのメンテナンスをご希望です。
主にVistaをお使いですが、Macもお持ちで、パソコンをさほど使いたくないそうです。
Macは娘さんがアメリカから送ってくださったとか。
確かにキー配列が違います。

MacBookPC:東芝Dynabook TX/65H
OS:WindowsVista SP2 Home Premium 32bit
CPU:Intel(R) Core™ 2 Duo プロセッサー P8600  2.40GHz
Memory:4GB
HDD:400GB

PC:MacBook Pro
OS:MacOS X10.7.5
CPU:Intel(R) Core i5
Memory:4GB
HDD:128GB

LAN:WHR-G54S
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:ODN

ADSLモデムがルータタイプなのに、無線ルータでPPPoE接続設定がされているので、モデムで接続して無線機はブリッジモードに変更。
セキュリティソフトが「ウイルスセキュリティZERO」なので、「Microsoft Security Essentials」に変更。
Gmailアカウントをお持ちなので、ODNのメールをGmailで受信設定して、MacBookでもメールを使えるようにしました。
その他不要なソフトをアンインストール。

Facebookやアメーバブログのアカウントを作ってしまったけど辞めたいとのこと。
アカウント削除しました。
Twitterはアカウントを忘れてしまったようです。
長期間使わないでいるとアカウント廃止になるかもしれないので、様子を見ましょう。
WindowsパソコンよりMacBookの方がスペックが高いし、お客様の感性にあっているので、Vistaのサポートの切れる2007年までにMacBookに乗り換えましょう。
インターネットもマンションならフレッツひかりにしても良いですが、現状で困ってなければそのままADSLでも良いです。