MJが3箇所

今日のお客様宅は、ADSLの乗り換えです。
訪問してモデムを設置しようとすると、MJが1つのプレートに3つあります。
1番上に今までのADSLモデムが接続されており、2番目と3番目はモジュラーコードで接続されています。
そして、別の部屋のMJから電話機に接続されています。
つまり、2番目と3番目は戻し配線。
では、1番上に繋げば繋がるのだろうか・・・、今まで繋がっていたんだから。
でも、今までのスプリッタはどこ???
で、リンクアップしません。
「前のADSLにした時にここはMJが増えちゃって、工事費もけっこう払ったのよ。工事の人がモデムを持ってきたけど、スプリッタっていうのは知らないわ。」
そうか、タイプ2(専用線)だったんですね。それならスプリッタはいらないわけです。
ということは、タイプ2を解約しての契約だから、以前タイプ2で使用していた1番上は使用できません。
2番目にモデムを接続して、モデムの電話機側から3番目に接続。
これでOKです。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA