IPHONE4SをSIMフリー化してハワイで使う

ハワイに1週間旅行するそうで、その間の連絡用に古いiPhone4sをSIMフリー化してみました。

iPhone4s
Model:A1387
モデル:MD246J/A
バージョン:8.3

まず、下記よりSIM解除ツールを購入。

【正規品公式認証可能】(不正なsim出ません)限定new GPP iPhone4siOS7.1対応 au softbank両対応gevey simロック解除アダプター/日本gevey〓GPP

 

Sim解除

SIM解除成功。
私のFreetelのSIMを装着して解除できたことを確認。
これで旅行当日は

アメリカ Ready プリペイド SIM アクティベーションが簡単! (通話とSMS、データ通信1GB 14日間)

をセットして出かけて、ハワイに着いたら電源ON。
後は取扱説明書に従って、アクティベートすればOKのはず。

iOS 9.2.1へのアップデートが可能だけど、今回はパス。
無線LAN接続して、ハワイで使いたいアプリを設定。

LINEを使えるようにしたかったのですが、既存のアカウントでログインすると、今のiPhoneで面倒なことになるし、LINEを設定するにはSMSで認証するかFacebookで認証する必要があり、Facebookはやってないので、Hungoutを使うことにしました。
Hungoutの方が音声もきれいだし、セキュリティ上も良いでしょう。
しかも、Hungoutはやりとりの履歴をGmailで見ることができて、つまり過去ログを検索できるのです。

マップも、Googleマップを設定。
Dropboxもインストールしましたが、多分すぐ一杯になってしまうので、Googleフォトを設定。

Spotlight検索をすべて無効。
「視差効果を減らす」を有効。

※ アクティベート方法

1)Ready SIMプリペイドカードをスマホにセットして電源ON。
2)キャリア名「T-mobile」と表示される。
3)10分以内にZIPコード(ホノルル空港は「96814」)をSMSで「7850」番に送信→電話番号が割り当てられる。
4)しばらくすると、開通及び詳細を知らせるSMSが受信される。

Comments are closed