ウイルスと不良クラスタ

ウイルス駆除の依頼を受けて訪問しましたが、それと文字を入力するとフリーズしてしまうそうで、そんなウイルスの症状は聞いたことがありません。
確認するとウイルスのほうはブラスターの亜種(Welcia)のようです。ところがウイルス駆除の途中でフリーズしてしまいます。専用駆除ツールで一応駆除したものの、文字を入力するとやはりフリーズするので、一旦パソコンをお預かりして時間をかけてスキャンディスクをしたところ、ハードディスクに不良クラスタがあり、その場所がちょうど日本語入力システムのある「IME]フォルダの場所でした。
スキャンディスクにより、ここにあるファイルをすべて移動させてなんとか使えるようになりました。不良クラスタというのは少しはあっても問題が無ければ使えます。ただし、今後不良クラスタが増えていく場合、ハードディスクの物理的損傷の可能性もあり、その場合はハードディスク交換となるでしょう。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA