Kavoウイルス、リムーバブルメディアからの駆除

お客様のパソコンのKavoウイルスは駆除できましたが、まだフラッシュメモリやメモリースティックが全部感染しています。
今回は検証機としてLinuxMintのノートパソコンを持参しました。
このウイルスはWindowsにしか感染しません。
感染パソコンのウイルスチェックを待っている間に、LinuxMintで開いて削除、予防の「autorun.inf」フォルダの作成もできました。
ただ、このパソコンメモリースティックは接続できません。
そこで、お預かりして自宅のパソコンで駆除することにしました。
Macで開けましたが削除ができません。アクセス権が無いと出ます。
Ubuntuでも開けましたがやはりアクセス権が無いと出ます。
そこで、Windows98のいつでもリカバリできるパソコンで接続してみました。
もちろん、セキュリティソフトは「CANON NOD32 アンチウイルス」を入れて、定義は最新。レジストリで自動取り込みもしない設定にしておきます。
メモリースティックを入れても、自動取り込みをしなければ感染しません。
「autorun.inf」「cubp.bat」「mrsne.bat」の削除ができました。予防用の「autorun.inf」フォルダを作成。
念の為、NODでメモリースティックをウイルスチェック。感染無し。
念の為、98パソコンもウイルスチェック。感染無し。
ただ、お預かりしたメモリースティック3枚のうちの2枚はどのパソコンでも認識しません。なんででしょう???
※これは後ほどメモリーカードリーダーを新しいものを購入したところ認識しました。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA