ウイルスバスター2008アップグレード・・・してません

そのお客様はウイルスバスターをお使いで、最近2008にアップグレードしたのだそうです。でも、パソコンを確認すると、2006です。
お客様は「お金を払い込んだから2008のはず・・・」と仰います。
こういうケース、とても多いです。
お金は確かに払い込んであるでしょう。期限も延長されています。
でも、パソコンのウイルスバスターはお金を振り込んだだけではアップグレードはされません。
アップグレードはトレンドマイクロのホームページから無償でできます(延長更新の際に2008で値上げしているので「無償」というのはおかしいが)。
でも、パソコンの推奨スペックが2007で256MBだったのが、2008では512MBに上がっています。
これでは、インストールすると間違いなくパソコンが遅くなります。
せっかくのFTTHなのに・・・、意味がありません。
セキュリティソフトをアップグレードする為に、メモリ増設しなければいけません。
そんなことは何も知らないまま、お客様は画面に出る案内どおりにお金を先に振り込んでしまい、振り込んでしまったら、例え使えなくても返金されません。
いくらパソコンは自己責任とは言え、セキュリティソフトの業界って、やり方が良くないと思います。
こういうケースがたくさん出ることを予測できた上で、パソコン初心者は泣き寝入りするとわかっていて、何も手を打たないところが問題だと思います。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA