パソコン買い替えとデータ救出

PC:富士通 FMV Deskpower CE50K5
OS:WindowsXP
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:ぷらら

奥様よりマウスがおかしいとご相談を受け訪問しました。
マウスが故障なら買い替えなければいけませんが、どうもそうではなさそうとの事。
ご主人様に直接お話しを伺うと、マウスとキーボードが使えなくなるとのこと。
それはおそらく、画面は映ったままPC本体が止まっているのです。
マザーボードの故障かと思われます。
修理は可能ですが、もう買い替えた方が良いのでそのまま機種選定して発注しました。

1週間後納品です、一体型PCすごく薄い。

FH50/GNPC:富士通 ESPRIMO FH50/GN
OS:Windows7 HomePremium 64bit
CPU:インテル(R) Pentium(R) プロセッサー B960 (2コア/2.20GHz)
メモリ:4GB (4GB×1) [デュアルチャネル対応可能]
HDD:約1TB
ドライブ:スーパーマルチドライブ
ディスプレイ:20型ワイド スーパーファインVX液晶 (本体一体型) [1600×900]
TV機能:地上デジタル (ハイビジョン/ダブル録画対応・Windows(R) Media Center)
Webカメラ:内蔵 (有効画素数 約130万画素)
もう少しで売り切れるところを富士通の担当者さんが頑張ってくれました(感謝)。

古いパソコンは電源を入れても約5分で止まる為、データのバックアップが完了できません。
HDDを取り出して検証用PCにUSB接続し、必要なデータを取り出します。
まともに起動しているところを見ていないので、何がどこにあるのか手探りです。
デジカメのユーティリティの写真データ・お気に入り・メールデータ・筆まめデータなどを救出。

新PCは地デジチューナー付きでしたが、残念ながらアンテナの方が地デジに未対応でした。
一太郎をお使いでしたが、今回は「一太郎ビューア」を無料ダウンロードして良しとしました。
宛名印刷ソフトはバンドルされている筆ぐるめでも旧住所が読めれば良いかと思いましたが、試したところエラーが出て読めませんでした。
ダウンロード販売で「筆まめSelect2012」をインストールして、旧住所録を全部移行。

メールはノートパソコンの方では「MS-Outlook2010」をお使いですが、「OutlookExpress」からのデータ移行が難しいので、「WindowsLiveメール」に移行しました。
こんな手順↓。
Outlook Express → Windows アドレス帳 → Outlook 2010

まず、OutlookExpressのアドレス帳データ(拡張子wab)を取り出し、Windowsアドレス帳にインポートし、Outlook2010のアドレス帳にインポート。
その上で、アドレス帳はノートパソコンにも移すことができました。
ノートパソコンとデスクトップの両方でメールを使えるようにします。

「MS-OFFICE2003」「AVG Free Edition」その他デジカメやプリンタのユーティリティソフトをインストール。
インストール。
プリンタ設定(CANON iP3100)、スキャナ設定(EPSON GT-S600)

今回ついでに無線ルータを導入し、別のノートパソコンを無線接続しました。
7年も使ったパソコンからの乗換だと、同じように環境を整えるのはかなり大変でした。
いろいろ変わってしまってます。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA