Windows8を7仕様にする

秀丸スタートメニューWindowsXPのパソコンから買い替えのお客様、「使い方が何も変わらないのがいい」そうです。
色々検討して、調べて、今回採用したのがこれ。
秀丸スタートメニュー
Windows8でなぜか排除されたスタートボタンから操作する一連を、 すべて復活させます。
Professional版(シェアウェア)だと、起動時にようこその画面やスタート画面を飛ばして、デスクトップを表示させることもできます。
1,050円でこの安心感、すばらしい。
ただ、何かの拍子にスタートボタンが表示されなくなることもあるみたいなので、その際の対処法、「タスクバーを右クリックして、[ツールバー]-「秀丸スタートメニュー」をチェック」。これを付箋に書いて貼っておきます。

画面の左端からスタートメニューを表示させるのをやめることもできますが、何か電話でサポートを受けた場合に出るべきものが出ないと困るかもしれないので、一応残しておきました。タイルの画面からIEを起動した時に、デスクトップのIEが起動するように、インターネットオプション(プログラムタブの「インターネットの開き方」)で設定。
何かの操作でやっぱりタイルのスタート画面が出てしまうことがありますが、その場合も デスクトップかIEを開けば大丈夫。
デスクトップに行けない画面の場合は、キーボードのWindowsキーを押せば大丈夫。
デスクトップ上のアイコンとタスクバーのアイコンで、起動のクリックを統一したいので、シングルクリックで開くように設定(フォルダオプションの「全般」タブ)。
セキュリティは契約中の「ウイルスバスタークラウド」をセットアップ。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA