古くて動かないXP→Windows7

動きが遅くて遅くてどうしようもないパソコン(WindowsXP)から買い替えのご依頼です。
でも、古いパソコンには大事なデータがある上に、ご本人からは具体的にどこにそのデータがあるのか、何のソフトなのかよくわかりません。
これは何とか動かしてみないとわからないのです。
しかもお急ぎです。
今回選んだのはこれ。
CPUにCeleronは避けたかったのですが、納期の速さを優先しました。
インターネットが遅いので、さほど気にならないでしょう。
今回、無線ルータも導入。

LIFEBOOKPC:富士通 FMV LIFEBOOK A553/GX(FMVA0300XPB730)
OS:Windows7 Pro SP1 32bit
CPU:Intel(R) Celeron B730 prossesor (1.8GHz)
Memory:2GB→4GB
HDD:320GB

LAN:Aterm PA-WG300HP
インターネット接続:ADSL
キャリア:SoftbankBB(ReachDSL)
ISP:NexyzBB

遅いはずです。メモリが256MB。
そこにWindowsXP SP3とウイルスバスター2009が入っていて、何かやる度にウイルスバスターが動作を止めている。
リスクはありますが、ウイルスバスターを止めないと何もできません。
特に怪しげな動きもないのでウイルスバスターを停止。
インターネット回線もReachDSLで、めちゃくちゃ遅いです。
WindowsUpdateなどは事前に済ませて来ましたが、それでも遅い。
それでも、いくつか不要なソフトをアンインストールしていくと、何とか動き始めました。

メールはThunderbirdをセットアップして、表示スタイルをOutlookExpressとほぼ同じにカスタマイズ。
セキュリティソフトは「Microsoft Security Essentials」をセットアップ。

一太郎こちらは一太郎をご使用なので、パッケージ版の優待版を購入してインストールしました。
一太郎も新しいバージョンはメニューや画面が変わっていますが、こちらはクラシック画面に切り替えが可能です。
こういう思いやりは大切です。
何しろ、色々変わるとお客様対応しきれません。
一太郎は使っているけどATOKは使いません。
住所録があるそうなのですが、年賀状印刷ソフトとかでは無くて、一太郎から開いていたとか。
拡張機能にある「住所録」でした。
これをエクスポートして、新しい一太郎にインポート。

ウイルスバスターは3年分払ってしまったそうですが、払っただけでソフトを更新していませんでした。
もったいないけど、今後も更新の度に悩んでしまいます。
それなら更新の必要の無いソフトを入れておいたほうが良いでしょう。
もう何も払わなくて良いようにします。

それにしても、このNECの古いLavie。スペックが低くて遅いというだけで、実に良く働いています。
どこか熱を持っているとか、異音がするとか、異常や不具合は見当たりません。
ただ、静かに真面目に非力なスペックで働いているのです。
何だかメモリ増設してあげたくなりましたよ。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA