WINDOWS10アップグレード(富士通 AH550/5A)


Windows7終了でお悩みのお客様、富士通の2010年夏モデル、過去にハードディスク交換修理しました。バッテリーは消耗しているし、ファンの音が大きくて本当は買い替えたほうが良いように思いますが、お客様の状況やご性格を考えると、なるべく何も変わらない方が望ましい。悩んだ末に、「ダメだった時は諦めもつくから」とアップグレードを選択されました。パソコンを宅配便で送って頂き作業。

PC:富士通 LIFEBOOK AH550/5A(FMVA555ACC)
CPU:Intel Core i5-450M
OS:Windows7 Home 32bit → Windows10 Home 64bit
HDD:500GB→SSD 240GB
Memory:4GB(2GBx2)

データのバックアップを取って、ハードディスクをSSDに換装。そのままではWindows10のロゴで止まり、インストールができません。
BIOSの[詳細]-[USB設定]で、「レガシーUSBサポート」を「使用しない」に変更。

起動デバイスの優先順位に除外された起動デバイスから、USB HDDを起動デバイスへ追加。

レガシーUSBサポート

起動デバイスの優先順位

これで、一度はUSBデバイスを認識したのですが、どうも安定しないのでDVDドライブでWindows10をクリーンインストールしました。シリアルはパソコン背面のWindows7のものを入力。特に問題無くアップグレード完了しました。

MS-OFFICE2010 Home & Businessセットアップ。LiveメールのデータをOutlookへ移行。
GoogleChrome、Adobe Reader、Dropbox、Photoshop Elements 5.0、VLC media player、てきぱき家計簿マム7、iTunesインストール。リカバリディスク他ソフトウェアディスクもあるので、筆ぐるめなど入るものはインストール。

拡張子「wlmp」のファイルを何とかしようと試みましたが、Windowsムービーメーカーは無くなりました。うちにある「WindowsLiveムービーメーカー」でも、バージョンが違うとはねられました。

うん、ファンの音は相変わらずしますが、前より静かになったような気がします。富士通の本当の国産ノートをまだまだお使いいただきます。

LIFEBOOK AH550/5A

Comments are closed