FTTH工事難航

年明けオープンの会社さんのネットワーク工事と設定をご依頼いただきました。
パソコンはWindows7の方が良いので、早めに購入していただきました。
インターネット回線は、NTTの光ネクストを申し込み。プロバイダは最安のBB Exciteをお勧めしました。

リフォーム中の現場を事前に下見に伺い、壁の中に配管があることを確認。
引き込みは1階、1階を経由して壁の中の配管は2階に繋がっています。
アナログ回線も1回線ありセキュリティに使い、電話とFAXはひかり電話、TVもフレッツTV。
設計担当の方とも一応確認。

当初、12/2のはずだったNTT工事が場所が地中配線で12/2に間に合わないとかで、直前に12/6になり、スケジュール調整に苦戦。
しかも、プロバイダの書類が2日前になっても届かないとのこと。
BB Exciteの申し込みはNTT経由なので、NTTにお客様からお電話して頂くと、直接BB Exciteに電話して欲しいとのこと。
すると、なんとBB Exciteは個人名でないと申し込みできないと今になって仰る。
とにかく、個人名義ならWeb上から当日でも申し込みできるので大丈夫とご説明。

そして当日、NTT工事は午後の予定で、細かい時間は当日連絡が来るとのこと。
ルータが1階になるか、2階になるかわからないけど、とにかく有線LAN工事は必要なのでCat6eのLANケーブルと4芯の電話線を通線しながらNTTさんを待ちます。
すると、先にアナログ回線工事とTV工事の担当者が来て、今日は多分FTTH工事は無理とか仰る。
結局、地中配線では無いらしく、外工事がかなり遠くからになっているらしい。
アナログ回線の工事は1階に引き込んで完了。

TVの工事次第でルータの場所が変わるので相談すると、なぜかTVの場所に来ている同軸ケーブルが使えないとのこと。
ルータからTVの部屋まで露出配線して、間にある壁は穴を空けることになる。
それだと、ルータは1階でも2階でも大変なことです。
1階上の点検口から電気工事などをしているようなので、天井裏を通せばきれいにできそうな気もしますが、NTTの工事では天井裏は入らないとのこと。
そこで、NTTの工事はキャンセルして、いつも頼りにしている工事屋さんに頼むことにしました。

NTTのFTTH工事を待つ間にパソコン2台のセットアップ。
でも、ネットが繋がらないので何もできません。
宅内の通線工事は終わって、外工事を待つ。
17:00くらいに宅内にルータ設定。
外の経路を変更して開通させたそうで、局内の切り替えが2時間くらいかかる。
その後ひかり電話が開通するのにも時間がかかる。
19:00頃ネットは切り替わり、あとは電話。
さすがにお客様もお疲れで、この後の作業は別の日にすることにしました。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA