筆王ファイルのデータ救出

お客様の起動できなくなったパソコンからハードディスクを取り出して、ほとんどのデータは取り出せたのですが、困ったのが筆王。
数秒しか起動できないので筆王のバージョンがわからない。
NECのバンドル版だったけど、どうも途中で何かアップグレードだか何かしたような話もある。
データファイルの拡張子は「fzd」。
宿題にして持ち帰って、うちで処分予定のNECパソコンの筆王で開けるか試したけどダメ。
「筆王の住所録ファイルでないか、他のユーザーで使用中です」と拒否。
取り外したハードディスクの筆王のフォルダの中を見ていくと、「筆王EF版(機能限定版?)」とか。
試しに、「FudeWeb.exe」というのを起動してみたら、ちゃんと起動して住所録が開けました(筆王Ver.10.0Aとある)。
そのまま、csv形式や、複製で書き出ししました。

お客様のパソコンには「筆ぐるめforNEC Ver.19」がバンドルされているので、筆ぐるめ形式に変換したい。
筆ぐるめはお試し版(60日間)がダウンロードできるので、これをインストール。
まず、他ソフトからの読み込みでは不可。「筆王2001〜2004住所録」では無いらしい。
複製ファイルも読み込み不可。
CSVファイルから読み込むことにします。

筆王の住所は、「住所1」「住所2」「住所3」と3つに分かれているので、筆ぐるめの形式に合わせて全部結合して一つの「住所」にします。
関数で「=CONCATENATE(Q2,R2,S2)」という感じ。
そして、この列をコピーして、形式を値に指定して同じ場所に貼り付ける。
加工完成したら、CSV形式とEXCEL形式(あったら便利かもしれないし、念の為)で保存。

筆ぐるめからこれを項目を関連付けして読み込み、うまく行きました。
これで筆王からはサヨナラ。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA