ipod miniでトラブル

ipod miniを設定したお客様です。
その後、設定した2台のパソコン両方で「Generic Host Process for Win32 Services」がWindowsにより終了されるとか、「メモリがreadになることはありませんでした」とか、エラーメッセージが頻繁に表示されるようになりました。
前回、ipod miniの接続ケーブルが怪しいとお話したところ、購入店で全部交換してもらったそうです。
050425_0954~001.jpg
また、片方はブルースクリーンが・・・。
050425_0955~001.jpg
ipod miniが一番怪しいと思うのですが、これのドライバや「itunes」をアンインストールしても相変わらずエラーメッセージが出ます。
ブルースクリーンの出たほうは、よく読むと「K7FWFILT.sys」が問題だと出ています。これはソースネクストの「ウイルスセキュリティ」です。まず、これをアンインストールすると、このパソコンはエラーメッセージが出なくなりました。その後でもう一度ipod miniのセットアップをしますと、一度は「メモリがreadになることは・・・」と出たものの、それっきりで正常に使用できるようになりました。
もう1台のほうも、セキュリティソフト関係なのかと思い、「MacAfee Internet Security」をアンインストールしましたが、こちらはエラーメッセージは出続けました。こちらのパソコンは購入したばかりなので、いっそリカバリしたほうが早くて安心です。リカバリして無線とプリンタをセットアップすると、エラーメッセージも出なくなりました。
疲れました。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA