画像処理ソフトGimpご紹介

ノートパソコンが不調で、新しいパソコンを購入したので設定をご依頼です。
前回、詐欺ソフト駆除で訪問時に国産パソコンをお勧めしたので、量販店で富士通パソコンを探したところ在庫が無く、店員さんに「富士通は生産も部品も国産なので値段が高い」と言われ、NECを勧められたそうです。
えー、部品は国産ってのは間違いです。量販店はNECを売りたいわけですね。
「ウイルスバスタークラウド2013」を無料でつけると言われたそうです。
でも、Windows8.1ならDefenderがあるのでいらないです。
無料でもらっても、インストールしちゃったら更新時は有料ですし、お客様ご自分でできません。
次回は購入も嶋崎が代行することになりました。

ノートパソコンはブルースクリーン出ました。
セーフモードで起動してデータをフラッシュメモリに取って、新しいパソコンに移行。
Windows7ですし、富士通パソコンですし、5年延長保証がまだ有効なので、ちゃんと直してもらったほうが良いと思います。
Gimp

新しいパソコンはOfficeも2013で、昔のOfficeでやっていた処理でできなくなったものもあるそうです。
図形の加工で不便をしているそうなので、どうせ勉強しないと使えないならとフリーソフトの「Gimp」をご紹介しました。
「Photoshop」に近い使い勝手でフリーソフトです。
お客様がやりたい処理には、WordよりもGimpの方がうまくやれそうです。
もっと簡単な処理には「JTrim」がお勧めです。
前回駆除した詐欺ソフトはどうやらその後は再発していないようで安心しました。

参考:解説サイト

GIMP(ギンプ)最新日本語版のダウンロード・インストール方法

GIMP初心者の使い方講座:画面構成や基本操作がスムーズに分かる

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA