NEC LaVie LS550/FをWindows10にアップグレード

Officeお客様買い替えで不要になったパソコンです。

PC:NEC LaVie LS550F21CW(ヨドバシモデル、LS550/FS6Wと同等品) PC-LS550F21CW
OS:Windows7 HomePremium SP1 64bit → Windows10
Memory:4GB
CPU:Core i5 2430M 2.4GHz/2コア
HDD:750 GB

バッテリー(PC-VP-WP119)は死んでいます。
メーカーのサポートサイトで確認すると、Windows10サポート対象ではないとのこと。
でも、リカバリしてWindows10にアップグレードしてみました。
念の為、再セットアップディスク作成。
特に問題無くアップデートできたのですが、Officeの認証が繰り返されます。
認証が通らない症状とは違って、インストール途中でキーは入力を受け付けられ、エラーも出ずインストール完了するのですが、Officeの起動時にまたキーの入力を促され、入力して進むとソフトの再起動へと誘導され、再起動後Officeの起動でまたキーの入力になり、入力して再起動・・・と繰り返してしまいます。

このパソコンはリカバリしてもMS-OFFICE2010がインストールされた状態になります。
Windows10にアップグレードする前に「ProduKey(フリーソフト)」でインストール済みのシリアルは確認してありますが、Microsoftに電話しても、インストール元のCD-ROMとシリアルを持っていないので、サポートを拒否されました。
Windows10にアップグレードする前には使えていたOFFICEなのですが・・・。しかも「ProduKey」で表示されるOFFICEの名称が「Microsoft office Essentials 2010」です。

一旦Officeをアンインストールして、別のディスクでインストールし直しても変わりません。
管理者権限で立ち上げてもダメです。
シリアルキーを持っていればMicrosoftのHPからダウンロードできるのですが、このキーではできないと怒られます。

別に預かった「MS-OFFICE 2010 Home&Business」ディスクのシリアルを入れてみるとすんなり認証が通りました。
どうやら、リカバリしたら別のOFFICEが有効になっていたみたい。
このパソコンは工場出荷時に「OFFICE2010 Home」がインストールされており、初期設定時に「MS-OFFICE2010 Home & Business」に入れ替えた。
それで違う種類のOFFICEのシリアルを入力するとこんな症状になるのかも。
「ProduKey」では出荷時に入っていたOfficeのシリアルが表示されていたようです。
正常に「Office 2010 Home & Business」が動くようになっても、「ProduKey」は出荷時のシリアルを表示させます。
ちなみに、複数あるディスクの中から、特定のパソコンに入っているシリアルを確認することはできます。

インストールされている Office 2013 または Office 2010 のプロダクト キーを特定する方法 

Comments are closed