ユーザー名変更とOutlook不具合

ある会社さんで、辞めた従業員の使用していたPC(WindowsXP Profetional))のユーザー名を変えたいとご相談を頂きました。

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウント」でユーザー名を変更することはできますが、それで変わるのはユーザーのフルネームだけなのでした。

ログイン画面には前のユーザー名が表示されます。

マイクロソフトのサイトに情報があって、ユーザーを新規で作って、その後環境をコピーすると言うものです。これを試してみました。

http://support.microsoft.com/kb/882563/ja

確かに前のユーザーの環境と同じです。ちゃんと動きます。

メールの送受信も問題なかったので、古いアカウントは削除することにしました。



ところが、新しいアカウントで再起動し、メールソフト(MS Outlook2003)を起動しようとすると、PSTファイル(個人設定ファイル)を前のアカウントの場所に指定しており、見つからないので起動できません。

一旦アンインストールして入れ直しても同様です。



コピーされた環境の中にある、前のユーザーでのOutlookの設定が残っているのでこれをクリアしなければいけません。

通常はその場所は表示されない設定になっているので、下記の通り設定を変更。



[スタート] > [設定] > [コントロール パネル] >[フォルダ オプション] を開く

[フォルダ オプション] の、[表示]タブをクリック

[すべてのファイルとフォルダを表示する] にチェックを入れる

[登録されているファイルの拡張子は表示しない] からチェックを外す

[保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない] からチェックを外す



個人ファイル(PST)の場所は

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook\Outlook.pst

なので、「outlook」フォルダを「_outlook」などとリネームして再起動。



上記ではダメでした。Outlook自体の設定保存場所は

c:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Microsoft\outlook

なので、「outlook」フォルダを「_outlook」などとリネームして再起動。



今度はクリアできました。

これで、新規にOutlookを設定できます。

「_outlook」はもう不要なので削除。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA