ひかりTVと無線LAN

ひかりTVにブロックノイズが出るそうで訪問しました。
訪問の前日からこの現象全く出なくなってしまったそうです(これよく有ります)。
NTTのFTTHひかり電話対応ルータからTVまで直線だと4mほどなのですが、間にドアもあり、FTTH工事の際に工事の人が無線LANを勧めて行ったのだそうです。「無線機4000円くらいですよ」と言ったそうな。

おそらくこれが障害の原因です。
ひかりTVを無線可する無線コンバータは親機と子機のセットで、2万円弱。
しかも、動作の保証はありません。
基本的に、IPテレビは無線LANはお勧めしません。
震災後、1週間ほどひかりTVが見れなくなったそうで、震災のせいで放送が止まったのだと思っていたそうですが、そんなことはありません。
こちらのテレビはSharpのAquos、見れないとき「IPテレビが受信できません」というようなメッセージが出たそうです。
ひかりTV以外にも、アクトビラやTSUTAYA、インターネットを見る機能もあり、それらすべてを「IPテレビ」と呼んでいます。
お客様はそんな機能があることはご存知無かったそうで、他のサービスも見れないかどうかは確認しなかったのですが、推測ですが、震災後停電の際に無線LANの障害が起きて、その後しばらくして自動的に復旧したのでしょう。
停電から電気が復旧した際にネットワーク機器全部同時に電気が入って起動の順番が違うとうまく接続できないことがあります。正しい順序で電源を入れ直すことでこれは修復されます。

そんな障害の可能性があることも含めて、無線LANはお勧めしません。
お客様と相談の上、有線LANを露出配線工事しました。
できるだけ目立たないように配線できたと思います。
無線LANはパソコンで使用するので残します。

パソコンで無線LANを確認しましたが、正常で速度もマンションタイプで普通の速度です。
無線LANでインターネットをしても、ひかりTVには影響の無いことも確認してOKです。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA