ロケーションフリーを移設

ロケーションフリー海外からのご依頼です。
マンションに設置しているロケーションフリーを、別の家に設置して欲しいとのこと(写真は我が家のもの)。
機器はSonyの「LF-PK20」、海外では「LF-BOX1」を設置しているとのこと。
ご自身でも以前に試みたけどできなかったそうです。
海外からなのでLINEで打ち合わせ。

現状はNTTのBフレッツマンションタイプで、移設先はCATVですが、契約内容についてはご契約者様は詳しくないので行ってみないとわからないとのこと。
マンションからロケフリを回収して、移設先へ伺いますが、何か問題がある場合は出直しもあり、下見になっても良いとのことで訪問しました。

伺ってみると、E-Mobileのモバイルルータがありました。
これはクレードルに有線LAN接続できるタイプなので、試しにLF-PK20を接続してみました。
ロケーションフリープレイヤーはすでに販売終了しているので、30日間お試し版をダウンロードしインストール。
ネットワーク内では視聴ができますが、外部からの視聴のAVテストには失敗します。
E-MobileのファイヤーウォールをOFFにしてもNG。
仕様を確認すると、UPnPに未対応です。
それに、お客様のiPadの無線LANが不安定です。

ご相談の結果、CATV(鎌倉ケーブルテレビ)でインターネットも追加契約することになりました。
このCATVのコースは上りが遅いので、一番高速な「スピードスター160」コースにしました。

再度、CATV工事と同日訪問して、UPnP対応の無線ルータ(NEC Aterm WG300HP)を設置。
このルータはUPnP対応で、ロケフリ側の自動設定で設定できました。
お客様のiPadが、E-mobileでは若干不安定で、LINEの無料通話でコールを受けて着信しても通話できませんでしたが、CATVではビデオ通話も安定してできました。
ハワイのテレビでも、NTTのBフレッツの時よりきれいに映ったようです。ロケフリ電源おそらく回線が高速になった為でしょう。

配線も整理して、お掃除に困らないように設置しました。
コンセントは、何か障害があった時には電源の入れ直しが必要ですから、何もわからない方でも対応できるようにしました。
その写真もLINEで送って、海外から指示出来るようにします。

ロケーションフリー、良い製品です。
製造終了しているのが本当に残念です。
パソコン用視聴ソフトの「ロケーションフリープレイヤー」も提供終了しているので、アカウントを紛失すると困ります。
また、ロケフリの機器ごとに対応ソフトが違うので、まったく融通がききません。
この商品を高くても買いたい人はたくさんいるでしょう。
本当に残念です。

参考:
「エアボード」「ロケーションフリー」開発秘話(第1回)

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA