TEPCO光からBフレッツに乗り換え

PC:Hitachi Prius Note PCF-PN33K
OS:WindowsXP SP3
Memory:256MB
LAN:WHR3-AG54、RV-S340NE
インターネット接続:FTTH
キャリア:TEPCO→Bフレッツ
ISP:So-net

マンションに入っていたTEPCO光がBフレッツに切り替えることになり、強制的に工事になったそうです。
ISPはSo-netのまま変更無しですが、無線ルータの設定変更が必要なようで、お客様ご自身でも設定を試みたそうですがうまくいかず、ご依頼頂きました。

訪問すると、Buffaloから何か宅配便が届いたとか。
「機器を頼んでくれたんですか?」と聞かれますが、そんな勝手に機器発注なんてするはずありません。
箱を見ると「レンタル品」との記載と、So-netのシール。
お客様は心当たりが無く、受け取って良いのか、間違いで返品するべき物かわかりません。
私も今日、どっちを設定するべきかはっきりしていただかないと困ります。
すぐに、BuffaloとSo-netに電話して頂きました。

私の見る限りでは、今お使いの無線ルータは、お客様ご購入のものであり、別途レンタルは不要です。
しかも、LAN接続の無線アダプタとのセットモデルなので、レンタルするにしてもおかしな組み合わせです。
また、お客様のパソコンはメモリも少なく、無線ルータだけ新しい物に交換しても速度が上がるとは思えません。
とにかく、既存の無線ルータをブリッジ接続に設定変更。
NTTのRV-S340NEでPPPoE接続設定。
これでインターネットに繋がりました。
光の工事担当は、「NTTのルータとBuffaloの無線ルータのどちらで繋いでも良い」と言ったそうですが、この方法が正しいです。

設定完了後、So-netから電話が来て、お客様無線器のレンタルを申し込みになっているそうです。
必要無いのでキャンセルなんですが、キャンセルするにしても手続きが面倒なようです。
どういう経緯なら、LANタイプの無線アダプタセットがレンタル申し込みになってしまうのか、この頃のISPはどこも訳分からんチンです。
そして、私が設定した無線機はやはりレンタル品では無かったので、このまま継続でOKです。

パソコンもかれこれ7~8年使っていますし、メモリを増設しないとセキュリティソフトも入れられません。
今後、パソコンを買い換える機会があったら、一緒に無線ルータを買い換えることをお勧めします。
新しい物ほどパソコンも無線機も設定は簡単です。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA