台湾で無線LAN設定

台湾でお世話になった宿泊先のパソコンをメンテナンスしちゃいました。
詐欺ソフトをアンインストール。
中国製のセキュリティソフトはアンインストール。
「Microsoft Security Essencials」をインストール。

こちらは、どうもネットワーク内にルータが見当たりません。
なのに、どうして複数台パソコンが繋がってるんだろう・・・。
回線はケーブルテレビで、IPアドレスを確認してもやっぱりルータはありません。
で、工事したところに電話して聞いてみても、質問に質問で答えてくださる(笑)。
何か問題があるのか?って、繋がってればいいって問題ではありません。
分岐はHUBがあるけど、HUBはHUBであってルータではない。
いろいろ探していただくと、ルータが見つかったけど電源コードが見つからない。
そこで、家電店に行って買ってきました。

ASUS RT-N12ASUS RT-N12
さすがASUSはお膝元です。
日本より種類が多い。日本に出しているのは高機能で高額なものだけらしい。
もう少しお手軽価格のものがありました。
管理画面を開くと、すぐ日本語です。実にわかりやすい。
こちらの建物はコンクリート造りなので、1階から2、3階に無線の電波が届きません。
客室には無線機をお客さん用に設置しているので、これは事務所用と分けられてちょうど良いと思います。

ずっと使えなくて困っていたQNAPのNASも使えるようになりました。
これも台湾製で、最近私も注目している機器です。
もっと時間をかけると、いろんなことのできる面白い機器ですよ。
ああ、時間が足りません。

家電店で見る限り、値段はほとんど日本と変わりません。
ちなみに、台北で宿泊したホテルの無線機はこれでした。
Buffalo

回線はADSLで、すごく遅くて、iPad miniの無線では、ニコニコ動画が見れませんでした。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA