IPv6リゾルバサービス

PC:NEC LaVie LL550/K(無線内蔵)

OS:WindowsVista HomePremium

LAN:WHR-G

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:OCN



内蔵無線でインターネットできないとのことで訪問しました。

WindowsVistaなので、クライアントマネージャVで接続しています。

無線が接続されていないので、AOSSで接続し直して、ISPの接続設定を済ませます。

これで繋がるはずなんですが、ホームページが表示されません。

検証機を無線接続してみると、こちらはホームページは見れます。

つまり、このパソコンだけの問題です。



確認すると、TCP/IPのプライマリDNSが「192.168.0.2」になっています。

これを自動取得に変更して確認しますが、やはりホームページは開けません。

どうも、変更してもすぐにDNSが設定されてしまうようです。



怪しげなものがないかプログラム一覧やタスクバーを確認すると、「IPv6セットアップツール」がインストールされており、タスクバーに「IPv6リゾルバサービス」があります。

まず、「IPv6セットアップツール」を起動して、設定を元に戻すメニューを実行。これは効果無し。

次に、「IPv6リゾルバサービス」を停止して、終了。

すると、DNSは設定されなくなりました。原因特定できたのでアンインストール。



後で調べたところ、これはフレッツスクウェアなどのIPv6で公開されているサイトにアクセスするために必要で、セキュリティソフトやルータがV6に対応していないと接続できないらしい。

NTTのフレッツ接続ツールなどと一緒にCD-ROMに入っているそうで、一括でインストールされてしまうとか。

結構ちまたではトラブルになっているらしい。今のところはアンインストールで正解。



で、自宅はBフレッツ回線で、無線ルータと検証機もIPv6に対応しているので試してみました。

正しく設定しないとインターネットも見れなくなって、ルータの管理画面すら開けなくなってしまいます。

実際そうなって慌てました。WAN側を切り離すと管理画面が開けるようになったので、設定を元に戻してルータメーカーのサポートサイトで正しい設定を確認。

無線ルータで「ブロードバンド放送を使う」設定に変更し、「IPv6セットアップツール」をダウンロード及びインストール。

「IPv6リゾルバサービス」が常駐し、「フレッツスクエアV6」が視聴可能になりました。

つまり、正しく設定しないとトラブル満載です。



まったく・・・、勘弁してくださいよ。

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA