• 2006年2月23日

CD-ROMが壊れた

PC:Sony Vaio
OS:WindowsMe
インターネット接続:CATV
キャリア:J-com
ISP:Nethome
CD-ROMが出なくなったのでむりやりこじ開けたら、閉まらなくなったのだそうです。
その上マウスが使えなくなり、デスクトップのアイコンが妙に大きくなったそうです。
私が伺うよりSonyのカスタマーサポートに電話する事を薦めたのですが(だって多分壊れてます)、どうしても見て欲しいそうで訪問しました。
で、やっぱり物理的に壊れています。
CD-ROMドライブはまったく破壊されています。
マウスの予備を持っていってみましたが、コネクタがSonyの独自仕様のようで合いませんでした。USBマウスを指してみてドライバのインストール無しで使用可能になるなら使えるでしょう。
アイコンが大きいのは解像度が変わってしまったようで、キーボードだけで画面のプロパティを変更してみましたが、適用にならず、元に戻ってしまいます。
こんな状態ですが、一応インターネットとメールはできています。
このまま使えるようなら使って、だめなら諦めましょう。
修理代払うくらいなら安いのを買ったほうがましです。

  • 2006年2月22日

「Norton Internet Security2006」のトラブル

PC:富士通 FMV-BIBLO NB75J
OS:WindowsXP SP2
LAN:Buffalo WBR-G54/P
インターネット接続:FTTH
キャリア:フレッツ
ISP:Nifty
前にも伺っているお客様ですが、ノートパソコンがインターネットに繋がらなくなってしまったそうです。もう1台あるデスクトップは繋がっています。
無線内蔵ですが、無線スイッチはONになっているとのこと。
確認してみると、ルータまでは接続されています。
いろいろ確認してみると、インターネットオプションでプロキシの設定にチェックが入っていました。これを外すと接続可能となります。
でも、なぜこんなところにチェックが入っているんでしょう?
お客様も覚えがないそうです。
次に「Internet Security2006」のセットアップに失敗するとの事。
やってみますと、インストールをして、アクティブ化をしようとするともうネットから切断されています。オートプロテクトをOFFにすると、接続可となりアクティブ化ができました。
でも、ホームページの表示がめちゃくちゃ遅いです。
どうも、このソフトどこかひっかかってしまったような気がします。
メーカーに連絡して返品したほうが良いでしょう。
アンインストールして正常に動作するようになりました。
ファイヤーウォールソフトがなくなったので、ルータのアタックブロックを有効にして、ウイルス駆除ソフトを別のものを導入していただくようになりました。

last comments
パソコンサポート事例集
パソコンサポート事例集

ホームページの設定が変わっていました 2月に伺ったお客様です。何度も呼んで頂い…

  • 2006年2月19日

無線LANのドライバが入らない

PC:Sony Vaio PCG-GRT55/B
OS:WindowsXP SP2
LAN:Aterm WD701CV、WL54AG×2
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:DION
無線設定をご希望で、プロバイダから無線LANカードをレンタルなさっています。
ところが、無線LANカードのドライバが正常にインストールできません。
一旦削除して入れ直してもどうしても失敗します。
前から使用していたSonyの無線LANカードを試して見ますと、こちらは問題なく接続できます。
「WL54AG」を私のパソコンに接続して見ますと、これも問題なし。
もしかしたら、Sonyの無線LANカードと競合したかもしれません。
こちらでお使いになるそうです。

  • 2006年2月19日

無線ON・OFFスイッチ

随分前に無線設定したお客様です。
新しいパソコンを購入したので設定をご依頼頂きました。
PC:東芝Dynabook TX/770LS(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
LAN:Melco WLAR-L11G-L
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:ぷらら
無線内蔵です。ONOFFのスイッチがパソコンの右脇にあります。
これに気がつかないと接続できないです。
既存のデスクトップについてご質問いただきました。
「NEC Valuestar VT1000J/6」、OSはMeですが、HDDを増設してパーテーションを切り、Windows2000をインストールしたところ、2000で起動すると画面がちいさくなってしまいます。
これは、2000をインストールしたドライブのほうに、正しいディスプレイのドライバが無いものと思われます。他にも足りないドライバがあるかもしれません。
メーカーサイトからこれらはダウンロードできますので、全部確認して必要なものをダウンロードして設定すれば良いでしょう。

  • 2006年2月18日

PCカードスロットアダプタ

PC:富士通 FMV-DESKPOWER ME2/405P
OS:Windows2000
LAN:Corega WN-G54/BBR、WN-AG/CB、RATOC SYSTEM REX-CBS52、Buffalo WLI-U2-KG54
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:DION
無線ルータのIPアドレスとモデムのIPアドレスが初期値では重なってしまうため設定に失敗していました。無線ルータの方を変更して設定。
無線の接続が一瞬繋がったかと思うと数秒で切断されます。
検証機では問題無く、電波も充分届いています。
試しにUSBタイプの無線アダプタを設定すると、これなら問題なく繋がります。
無線LANカード「WN-AG/CB」のドライバはこれ以上の新しいものも無く、どうもPCカードスロットアダプタ「RATOC SYSTEM REX-CBS52」のほうに原因があるような気がします。
お客様の希望によりUSBタイプの方を販売しました。
順調に終わったかのようでしたが、シャットダウン後の再起動でも確認して設定完了した後、お客様が「WN-AG/CB」をハードウェアの安全な取り外しで抜くと、キーボードもマウスも反応しなくなり、再起動できなくなりました。
今回は、お客様がご自身で調整なさるそうです。
やってみるとしたら、しばらく電源を落としておき、休ませてから起動してみる。
周辺機器も「RATOC SYSTEM REX-CBS52」も外して、起動してみる。
という感じです。

  • 2006年2月15日

複合機が使用可能にならない、他トラブル続出

以前に無線と複合機の設定をしたお客様です。
2台あるパソコンのうちの片方が無線LANがとぎれがちです。
いろんなところで無線に繋いでいる為か、ワイヤレスネットワーク接続の利用可能なワイヤレスネットワークの一覧の中で、自宅の無線親機がかなり下になっています。これを一番上に直してみますが、やはり途切れてしまいます。
近所に同じメーカーの無線機もあるようなので、無線チャンネルを11→1に変えてみました。これは当たりです。安定しました。
次にもう片方のパソコン起動時に、「データ実行防止」のエラーメッセージが出ます。
『Generic Host Process of win32 servicesはエラーが発生し閉じられる必要がありました。』
というものが、3-4個でてしまいます。キャンセルで使用は可能です。
hp1.jpg これは、多分SP2を入れた為でメーカーサイトに情報もありました。HPのドライバとWindowsXP SP2のトラブルかもしれません。
HPの複合機が無線LANランプが点灯しているのにもかかわらず有線でないと使えなくなったと思ったら、そのうち電源を入れても正常起動できなくなったとのこと。起動すら出来ないようだと故障の可能性が高いとメールでご説明。
訪問時も症状が変わらないので、メーカーに電話して相談したところ、保障期間は過ぎており、修理は行っておらず、有償で交換になるとのこと。料金は13,000円ほど。
それじゃ新しいのが買えます。
買い替えるなら他のメーカーを検討するも、無線LAN対応というのが他社では家庭用複合機では無いようで、無線プリントサーバーを検討するか・・・、でもパソコンは2台、古いプリンタはまだ使えます。
いっそのこと、それぞれにプリンタを繋いで使用しては?無線LAN対応にこだわるからなかなか無いのです。無線LANにしたって、どうせ印刷したものを取りに来なければいけません。それなら自分の部屋に専用のプリンタを持ったほうが設定も簡単だし、便利なのでは?その方がお値段もずっとお手軽です。
という訳で、HPの複合機は捨てることになりました。それならHPのドライバは必要ないのでアンインストール。付属のソフトもアンインストール、でも、まだエラーが出るので、WindowsUpdateを実行。するとエラーメッセージは出なくなりました。
ついでにもう1台の方もWindowsUpdateして、SP2を入れました。これがまた時間がかかること。
もうひとつトラブル。古いプリンタがうまく接続できないそうで、確認すると、どうやらプリンタのUSBケーブルをパソコンのUSBの違うところに接続すると、その度に「新しいハードウェアが検出されました」と出てしまうのです。プリンタドライバがたくさん表示されて、どれでなら印刷ができるやらわからなくなってしまったようです。
原因がわかったので、接続するところを決めていただき、そこで印刷できるプリンタ設定以外を削除です。
最後にスパイウェア駆除。ご自身でもやってみられたそうですが、Updateはしていないそうです。これは「Spybot」で駆除し切れなかったので、「Ad-aware」で駆除して完了です。
全部で3時間半、おつかれ。

  • 2006年2月14日

1Fから2Fへの無線設定

PC:Sony Vaio VGN-FS31B(無線内蔵)
OS:WindowsXP PS2
LAN:WHR-G54S
インターネット接続:CATV
ISP:Ayu-net
無線設定及び暗号化。無線内蔵なので手入力で暗号化しました。
設定自体はスムーズに完了ですが、実際に使用する2Fに移動してみると、電波が弱いです。

  • 2006年2月4日

イーサネットコンバータ

2台無線+1台有線接続
1台目(有線)
PC:NEC Valuestar
OS:Windows98 SE
2台目(無線内蔵)
PC:東芝 Dynabook TX/650LS
OS:WindowsXP SP2
3台目(無線:イーサネットコンバータ)
PC:東芝 Dynabook 325CDT
OS:Windows98 SE
LAN:WZR-HP-G54、WLI3-TX1-AMG54
インターネット接続:CATV
ISP:OCV
最初は設定できて繋がっていたのが接続できなくなったそうで、訪問時もルータのWANランプが点滅状態です。無線はAOSSボタンで設定されています。
でも、ノートパソコンの1台は無線内蔵です。内蔵のほうで接続できないので、無線コンバータを購入したとの事。
これはやはり内蔵の無線で設定したいので、一旦ルータはリセットすることにしました。
リセットして、モデムと無線ルータの電源を入れ直しすると、有線接続のパソコンはインターネット可能になりました。
CATVならルータは未設定でもインターネットできるのです。
内蔵無線での設定なので、暗号化は手動で行います。
これは特に問題なく完了。
イーサネットコンバータの設定ですが、ノートパソコンの古いほうではうまくいかないので、新しいほうで設定。
イーサネットコンバータの設定は機器自体に保存されるので、設定を済ませてから、古いパソコンに接続してIPを再取得すると、インターネット接続可能となりました。

  • 2006年2月3日

無線スイッチがOFF

1年ほど前に無線設定したお客様です。
突然、無線が繋がらなくなったそうで、もう1台のパソコンは接続できているので、このパソコンだけの問題でしょう。
PC:東芝DynaBook TX/3514CMSWBB(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
LAN:Buffalo WLA-G54
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:Dion
まず、内蔵無線のスイッチがOFFになっています。お客様、このスイッチのことご存知なかったそうです。
これだけかな?とONにしてみますが、まだ繋がりません。
クライアントマネージャ2がインストールされており、接続はよその無線機にしているようです。
これを正しい親機に接続し直してインターネットに接続できました。
推理しますと、最初は無線スイッチがOFFになった為繋がらなくなった。
そこで、お客様は無線機のセットアップCD-ROMを試してみたところ、クライアントマネージャ2をインストール。もともと設定されていたWireless Zero Configurationは停止されてしまったという感じでしょうか。

  • 2006年2月2日

メールの送信だけできない

年末にFTTHで開通したお客様です。
新しいノートパソコンを無線設定しました。
PC:東芝 Dynabook AX/650LS(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
LAN:Buffalo WHR3-AG54
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:ぷらら
もともとがAOSSボタンで設定されているのですが、無線内蔵パソコンを繋ぎたいので、AOSSの暗号を16bitに変換し、手入力して無線設定完了です。
ところが、メールが送信できません。受信はできるのに送信が出来ない。
こちらは以前ADSLで接続でした。今回移転して、FTTHで開通した際に、もしや乗換えではなく新規で引いてしまったのでは・・・。
だから、「pop before smtp」で送信のみできないのではないか・・・。
プロバイダのサポートサイトの情報に従って、他社プロバイダからの接続の場合の設定を試すと、やはり送信できました。
うーん、じゃあ前のアカウントも契約が続いているの・・・?