• 2006年3月30日

パソコンの起動が恐ろしく遅い

PC:Sony Vaio Sony Vaio PCV-LX52/BP
OS:WindowsXP SP2
LAN:Web Caster V110
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:OCN
ハードディスクに空きが無くて、OCNの接続ツールがインストールできず、インターネット接続ができないのだそうです。
それって入れる必要ないと思うのですがともかく伺ってみました。
訪問してみると、ONUにIP電話対応ルータの「WebCasterV110」が繋がっています。
ランプを見るとどうやら未設定。これを設定すれば良いのです。
設定画面を開こうとすると、パスワードが設定済みのようです。
この機種は初めてアクセスした時にパスワードを設定するので、だれかが設定済みということになりますが、お客様は覚えが無いそうです。
FTTHの開通時には無料設定の作業員が設定したらしき形跡があります。
広帯域の接続で設定した様子。ルータがその時点で無かったのならそれで良いですが・・・。
パスワードがどうしてもわからないので仕方なく初期化しました。
初期化ボタンを先のとがったもので押しながら電源を入れるんですけど、これ難しいですよ。お客様に手伝ってもらいながら初期化。
接続設定は手入力で済ませ、OCNサイトからIP電話の自動設定をします。
これでインターネットとメール・IP電話は使用可能になりました。
フレッツスクエアに接続するためマルチセッションの設定をしたいのですが、どこにも書いてありません。
ネットでググッて、一般人のホームページから方法を見つけて設定完了できました。
再起動をかけると、恐ろしく時間がかかります。
ハードディスクの空きは確かにわずかしかありません。
Vaioのこの機種は、Cドライブ10GB、Dドライブ50GBの仕様で、Cドライブが少ないのです。テレビ録画できるようになった機種だったので、Dドライブは録画用に大きく取ってあるのだと思います。でもDドライブはほとんど未使用です。
不要なプログラムはアンインストールされていますし、Word文書をDドライブに写したってたいしたサイズではありません。
今度どこか調子が悪くなったら、リカバリしてパーティーションを切りなおしましょう。
でも、起動が遅いのは、もしかしたらWindowsUpdateして、SP2が入った為かもしれません。

last comments
奈々氏
奈々氏

古いものにコメントしてごめんね。 >フレッツスクエアに接続するためマルチセッショ…

  • 2006年3月30日

内蔵無線の不良

無線2台設定
1台目
PC:東芝 Dynabook TW/750LSBB(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
2台目
PC:東芝 Dynabook SS1620 12L/2(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
LAN:WLS-L11GSU-L
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:Nifty
以前に設定したお客様なのですが、泥棒に入られて、ノートパソコン2台とデジカメ等を持っていかれてしまったのだそうです。
今回新たに購入して再設定です。
1台目はすんなり接続できましたが、2台めのDynabook SSがどうもおかしいです。
デバイスマネージャに無線LANのドライバが正常に入っていません。
不明なドライバに「!」がついているのがおそらく無線LANです。
再インストールを試みても失敗します。
有線接続してネットに繋げてもインストールできません。
メーカーのカスタマーサポートの判断では、リカバリして直らなければ修理ということでした。
お客様ご自身でやってみてできなかったのは不良だったからでした。
このパソコン、CD-ROMドライブが無いので、リカバリした後が大変です。
バックアップも取れる自信がないとのこと。
相談した末、無線LANカードを使用することにしました。
ちょうど在庫のあった「Buffalo WLI3-CB-G54L」を販売し、CD-ROMドライブが無いので、もう1台のパソコンを使用して、USBフラッシュメモリーにCD-ROMの内容をコピー。これでセットアップできました。
プリンタの設定もCD-ROMドライブが無くてできなかったそうで、こちらはメーカーサイトからドライバをダウンロードしてセットアップしました。

  • 2006年3月29日

夜の工事は怪しい(汗)

昨日の電話工事、18:00訪問のお約束がお客様の帰宅が遅れて18:30頃の作業になって、たった30分の間に夕方から夜になってしまいました。

アパートの電話工事なので、保安器に梯子をかけて作業していると、住人らしき人が不審そうに見ています・・・。

私  「こんばんは」
住人 「こんばんは、何してるんですか?」
私  「電話工事です。」
住人 「暗くてわかるんですか?」
私  「簡単な作業ですから」
・・・
私  「夜作業してると怪しいですよね。(言い訳するのもおかしいけど)〇〇〇の工事なんですよ。」

だから、好きで夜やってるんじゃないってば。

  • 2006年3月28日

VFusen.exe

PC:富士通 FMV-BIBLO NB50E
OS:WindowsXP SP1
LAN:NEC AtermDL180V-C
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:Dion
ごく普通のADSL設定のはずでしたが、モデムを設置して管理画面を開こうとすると、ユーザ名・パスワードのポップアップが出たり出なかったり、出てログインしても管理画面の表示が途中で止まったりします。
インターネットオプションのプライバシー設定が高になっているので、他にも設定が変わっているかも知れず、すべて既定に戻すと表示可能となりました。
設定完了して、パソコンを再起動すると、またホームページが表示されません。
そう言えば、「InternetSecurity2002」(期限切れ)が最初は無効になっていたのを有効にしました。
ファイヤーウォール設定を確認すると、いくつかの遮断設定があります。
遮断の項目を一旦削除して、ホームページを表示させてみると、「InternetSecurity2002」が許可を求めるポップアップが表示されました。
これを許可して、ホームページが表示可能となりました。
それから、「問題が生じたためVfusen.exeを終了します」というエラーメッセージが表示されます。でも、特に問題は無さそうです。
vfusen.JPG 音声付箋ソフトのようです。ネットでもググッてみましたが、特に情報もありませんでした。

  • 2006年3月26日

DVDプレイヤーもネットに接続

有線1台、無線2台接続
1台目(有線)
PC:Sony Vaio PCV-V10B/W
OS:WindowsXP SP2
2台目(無線)
PC:Sony Vaio VG-6KIN
OS:WindowsXP SP2
3台目(無線)
PC:Sony Vaio VGN-S55B
OS:WindowsXP SP2
LAN:WLA2-G54/P
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:OCN
有線接続のデスクトップのみインターネットが出来て、無線接続のパソコンはだめなのだそうで、訪問してみました。
モデムがルータタイプなのでブリッジタイプの無線アクセスポイントをご購入です。
無線も接続されています。ここまでは正しかったのです。
有線接続のデスクトップにフレッツの接続ツールが入っており、ルータは未設定のままでした。
フレッツの接続ツールはアンインストールしていただき、ルータ設定を完了。
これで、全部のパソコンがインターネット接続できるようになりました。
フレッツスクエアも見れます。これはご存じなかったそうです。
ついでにネットワーク接続のDVDビデオプレイヤーの設定もできました。
購入から1年間できなかったのだそうです。
メーカーサポートに電話してもわからなかったそうで、そりゃルータの設定がしてなかったのですから、電話ではわからないですね。

  • 2006年3月26日

モデムの電源を切っておきたい

PC:NEC LaVie LL750/E(無線内蔵)
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-AMG54
インターネット接続:CATV
ISP:Mediatti
無線設定自体はさっさと終わりました。
無線LANカードのセットをご購入でしたが、パソコンが無線内蔵なので、内蔵の方で設定しました。「クライアントマネージャ3」は内蔵の無線ででも設定できるのですが、パソコン側に別の無線接続ユーティリティもあるようなので、「クライアントマネージャ3」は今回は使用しないことにして、アンインストール。
モデムとは別のデスクトップパソコンが繋がっていて、無線ルータをどこに接続したら良いのか悩んでいたそうです。
無線の接続が出来たら、実際に使用したい場所で電波状態を確認。
問題無しです。
夜は全部電気を切ってしまうのだそうで、電源の入れる順番を念入りにご説明しておきました。

  • 2006年3月24日

HP Compaq dc5100 SF/CT

PC:HP Compaq dc5100 SF/CT
OS:WindowsXP SP2
LAN:WBR-G54
インターネット接続:FTTH
キャリア:Bフレッツ
ISP:ぷらら
パソコン購入からセットアップまでをお任せいただきました。
ビジネス用のPCで、コンボドライブ付、MS-OFFICE付で10万を少し超えるくらいです。
一応、量販店も見てみましたが、どうも一般家庭向けの高価なものしか置いていないし、バーゲン品は「何かあるんじゃない?」と勘ぐってしまいます。
そこでこの選択となりました。
既存のネットワークにつなぎ、古いパソコンにインストールしていたウイルス駆除ソフトを引越しし、プリンタ接続。
プリンタケーブルがアンフェノール36ピンなので、新しいパソコンだとUSBしか対応していないのではと、変換ケーブルを用意しておいたのですが、このパソコンちゃんと接続口がありました。
なかなかいい感じです。

  • 2006年3月23日

起動後何も受け付けません

PC:Sony Vaio VGN-S50B
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-G54S
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツADSL
ISP:OCN
電源を入れると、一応起動します。でも、↓こんなメッセージが出て・・・、
generic.JPG それ以降、キーボードもマウスも受け付けなくなります。マウスポインタが動くだけ。
セーフモードでは起動できます。
なんでも、ソースネクストの「ウイルスセキュリティ」が何かおかしくなって、一旦アンインストールしてインストールし直したところ、このようになってしまったとのこと。
とりあえず、正常に動いていた先月末あたりにシステムの復元をしてみました。
すると、インターネットやメールは正常に動作するようになりました。
ただ、「ウイルスセキュリティ」のシステム防御のみ有効にできません。↓
muko.JPG これが出たのでアンインストールしたのでしょうね。
でも、このソフトは深入りしないほうが懸命と思われます。
ウイルス駆除とファイヤーウォールは有効になっていますし、ルータにアタックブロックもあります。「システム防御」機能は今回は諦めましょう。
それ以外は正常です。

  • 2006年3月23日

クライアントマネージャー3

PC:東芝 Dynabook C7/212CMEN
OS:WindowsXP SP2
LAN:WHR-G54S/P
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:Dion
初めて見ました「クライアントマネージャー3」なかなか使いやすかったです。
AOSSボタンで接続設定もスムースでした。
ただ、あんなに簡単だと、何をやったのかお客様は覚えていないでしょう。

  • 2006年3月21日

壊れてないですよぉ

PC:NEC ValuestarNX VC26/3
OS:Windows95 4.00.950 C
LAN:Buffalo LGY-PCI-TL

昨日訪問のお客様からお預かりしたPCです。
壊れてる、感染してるかもとのことで、リカバリしましょうという話になり、おそらくすごく時間がかかるので、PCとリカバリディスク等をお預かりしてきました。
pc.jpg
でも、電源を入れてみるとちゃんと起動します。
とりあえず、リカバリまではしないで済みそうです。
LANポートが無いので増設しなければいけないのですが、ボードの形状が今市販のものとは合いません。
そういえば、前にお客様から「もういらないから」といただいた古いLANボードがありました。これを流用しましょう。
ところが、ドライバのインストールにどうしても失敗します。
一旦削除してまた入れてみる。
再起動をかけてみる。
どうしてもデバイスマネージャーに「!」がついてしまいます。
途中で「あのファイルが無い」、「このファイルが無い」とWindows95のCD-ROMを要求するのですが、それらのファイルはパソコンのWindowsフォルダの中にたいていあります。場所を指定しながらクリア。
ですが、やっぱり「!」がついてしまいます。
もう一度本体の蓋を開けて、LANボードを抜いてまた刺す。
今度は正常に入りました。「!」もありません。
そう言えば、古いパソコンではこういうこともありましたっけ。
インターネットに繋がったところで、IEをVer.5.5にして、ついでにWindowsUpdateもして、トレンドマイクロの「オンラインウイルスチェック」をかけてみました。
でも、感染は無しです。スキャンディスクをかけてエラーも無し、デフラグをして、これで問題無いでしょう。
小さな子供さん用にはこのくらいのパソコンで充分です(どうせ壊すし)。
起動も早くて、インターネットとメールをするだけならかえって快適です。
まだまだ使ってください。