• 2008年2月26日

クリップアートが検索できない

何度か伺っているお客さまですが、MS-OFFICEのクリップアートが検索されなくなっているのに気づいて、訪問をご希望されました。



確認すると、全く検索されない訳では有りません。

「季節」で検索すると・・・、いくつか検索されます。

お客様は「桜」で検索、すると「見つかりませんでした。」という結果。

以前はたくさん検索されたそうです。



私、普段あまりクリップアートを使わないので、どんな風に違うのか今ひとつ分かりません。

試しにクリップオンラインで「桜」キーワードで検索されたクリップを3つほどダウンロードしてみました。

そして、クリップアートの検索で「桜」を試します。

ダウンロードした3つの画像が検索されました。

パソコンのソフトとしてはおかしくないように思われます。

でも、お客様は前はもっと検索されたと仰います。



では、クリップアートを入れ直してみましょう。



まず、MS-OFFICEのCD-ROMを起動して、OFFICEの構成を変更します。

クリップアートインストールのチェックを解除。

再起動後、同CD-ROMでクリップアートを入れ直し。

すると、検索がたくさん表示されるようになりました。



どうやら、クリップアートの検索で範囲が「すべて」になっているにもかかわらず、「Office Online」へは検索していなかったようです。

  • 2008年2月22日

ナンバーディスプレイが表示されない

電話機にナンバーディスプレイが表示されないのだそうです。

KDDIメタルプラスでIP電話(050-xxxx-xxxx)をご利用で、メタルプラスにする前、eAccessのADSLだった時は問題なかったのだそうです。

モデムの電話詳細設定でもナンバーディスプレイを使用する設定になっており、カスタマーサポートに電話しても問題無く、念の為モデムを交換しても改善されず、電話機のメーカーに電話してもMJから電話機を直結すれば表示されるので、電話機側は問題無いとのことだそうで、訪問することになりました。



どこを確認しても上記のとおりで間違い無く、持参した検証用電話機ではナンバーディスプレイは表示されます。

どうやらIP電話(050-xxxx-xxxx)からの着信はナンバーが表示され、普通の番号からの着信はデータエラーとなります。

モデムの設定で、IP電話を使用しない設定に変更するとナンバーは表示されます。

プロバイダからは電話機との相性問題と言われ・・・。



ところが、ちょっと思いついてMJの電話線の極性を反転させて見ました。

すると、改善されました。

ナンバーディスプレイ表示されます。

どうやらこちらのお宅は電話の極性が反転しているのです。

普通は反転していても問題無いのですが、たまたまこちらでは障害に繋がってしまったようです。

昔はYahooBBはよく極性反転アダプタを配っていましたっけ。

  • 2008年2月17日

重複MACアドレス検出

無線LANのお宅ですが、突然インターネットができなくなったとのことで訪問しました。

パソコンは2台ありますが、インターネットに繋がっているのは1台のみで、無線は繋がっています。



PC:Sony Vaio

OS:WindowsXP SP2

LAN:WBR-B11

インターネット接続:FTTH

キャリア:KDDI

ISP:Nifty



ルータが接続できません。電源を入れ直してもできません。

MacはONUや無線ルータのすぐ近くなのに接続をしていません・・・、なぜ?

すると、お客様が1枚の紙を見せてくださいました。



「NiftyひかりOneTシリーズ(旧TEPCO)におけるお客様設備での重複MACアドレス検出について」



これは、無線ルータの故障です。

WAN側MACアドレスが「00:90:4C:4A:00:2A」になってしまうトラブルです。

http://qa.buffalo.jp/eservice/esupport/consumer/esupport.asp?searchtype=normal&id=BUF221



お客様はMacを繋いでみたのだそうで、そうしたらこのような手紙が来たので、Macがだめなのだと思って外したのでした。手紙は2回届いて、「2008年1月下旬には遮断する・・・」と書かれています。



これは修復するにはメーカー修理ですが、もともとADSLの頃に購入した機器なので速度も遅く、買い替えたほうがマシでしょう。

パソコンの調子も悪い、起動が遅いと仰せですが、これはメモリが256MBしかないのに、WindowsUpdateしてSP2に上がっていて、しかも「Norton Internet Security」が入っているためです。

そして、どうせなら有線LAN工事をご希望というお話もあり、再訪問してLAN工事とメモリ増設をしました。



メモリはヤフオクで手に入って、1GBにしました。

Nortonはどうせ期限切れなので、フリーソフトの「AVG」をインストール。

LAN工事は思ったより宅内の配管が複雑で、細くて長く、ドアホンもある為、困難のようです。

FTTHの工事の人も3人がかりで4時間かかったとのこと。

今回は、ONUと無線ルータの間に有線ルータを設置し、無線はブリッジ接続にして、Macアドレスの問題を回避しました。有線ルータの「アタックブロック」を有効にして、ファイヤーウォールはこちらにまかせます。



そして、ドアホンが壊れかけているそうなので、ドアホンの入れ替えと同時で有線LAN工事ができないか、検討することになりました。


  • 2008年2月14日

小さくて静かなデスクトップ

どうもパソコンの調子が良くないそうで、不安なので買い替えたいとのこと。

それならと、数点候補を上げた中からお客様が選んだのがこれ。



PC:EPSON Endevor ST110

OS:WindowsXP SP2



モニター・キーボード・マウスは前のパソコンのものが使えるので本体のみの購入。

本体がとても小さくて、サイズは75×185×195mm。

お客様宅に伺った際に、「箱から出しておきました」と言われて、どこにあるのか探してしまったほど。

今回は本体だけの購入だけど、モニターと一体型に設置できる「専用一体型キット付」らしい。



そしてとても静かです。

あまりに静かなので不安になるほど。

これはすごいかも・・・。

  • 2008年2月13日

無線LANアクセス制限

PC2台無線接続設定



PC:東芝Dynabook MX/390LS

OS:WindowsXP SP2



PC:日立PriusDeck 570D

OS:WindowsXP



LAN:WBR-B11

インターネット接続:CATV

キャリア:J:COM

ISP:NetHome



すでに無線で2台のパソコンを接続中です。

今回はリカバリしてしまったデスクトップパソコンを再度接続したいのがひとつ、

もう1台は新規に接続ご希望です。



こちらは無線の暗号化がされていません。ご相談の上で暗号化しようということになりました。

デスクトップはすんなり繋がりましたが、ノートパソコンのほうが繋がりません。

XPの接続ツールでも、バンドルされている接続ツールでも、クライアントマネージャ3でも繋がりません。

電波は強く、周囲にたくさん無線機があるので、無線チャンネルを変えてみましたが変わりません。

デスクトップが既に無線接続しているので、無線ルータまでは正常です。

セキュリティソフトは「NortonInternetSecurity2006(英語版)」、オートプロテクトやファイヤーウォールを無効にしても繋がりません。また、英語版なので今ひとつ設定がわかりません。



そこで気づきました。無線アクセス制限が設定されていたのです。

前に無線設定したのはよその業者だったとの事。

そうか、それで無線を暗号化していなかったのです。

早く気づけば良かった。

でも、繋がって本当に良かった。

  • 2008年2月13日

フレッツセーフティ

PC:Sharp Mebius

OS:WindowsVista Home Premium

LAN:WebcastarX310、WBC V110M

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:So-net



Vistaの初期セットアップ、画面に何も出ないまま真っ暗の待ち時間が長いです。

不慣れなお客様だと不安になってしまうでしょうね。

今回は長いこと意外は特に問題無し。



「WebcastarX310」にて接続中ですが、これは今年3月でサービス終了する「フレッツセーフティ」です。

サービス終了してしまうので、機械は動いていても新しいウイルス定義への更新はできなくなり、NTTでは新しいセキュリティサービスのウイルスクリアへの変更を案内しています。

お客様に確認しても、再三NTTから手紙が来ているがまだ連絡していないとのこと。

こちらの場合は、レンタルの「WebcastarX310」を外して返せば良いだけでは無く、もうひとつ接続してるひかり電話対応ルータ「WBC V110M」にインターネット接続設定をしなければいけません。

どうやら、その為に出張設定サービスを申込んでもいないそうなので、今回私がやっておきました。

ちょうど良いタイミングでしたね。

  • 2008年2月8日

Intel PRO/Wireless 3945ABG

PC:DELL Inspiron6400(無線内蔵)

OS:WindowsXP SP2

LAN:WZR2-G300N

インターネット接続:FTTH

キャリア:Bフレッツ

ISP:OCN



先日伺ったお客様宅に、無線ルータを持参して再訪です。

まずはクライアントマネージャ3でAOSS接続を試みましたが、失敗に終りました。

このパソコンには付属の無線接続ツールがありますが、これを停止してもダメ。

クライアントマネージャ3をアンインストールして、付属の接続ツールで暗号を手入力で接続すればOKです。



Buffaloサイトで確認したら、クライアントマネージャ3の対応確認済みパソコンのデータの下のほうに、

※1:Intel PRO/Wireless 3945ABG NetworkConnectionでは正常に動作しないことが確認されております。PC搭載の標準接続ツールをお使いください。」

これですね。

  • 2008年2月8日

マウスのプロパティ

DELL Inspiron6400、[マウスのプロパティ]-[ポインタオプション]で、動作項目の「マウスポインタを自動的に既定のボタン上に移動する」にチェックを入れても、再起動すると解除されてしまうのです。

パソコン購入時は正常に動いていたそうですが、しばらくして解除されるようになり、リカバリ直後も正常だったのが、いろいろドライバを入れたりセキュリティソフトを入れた後では、解除されていたそうです。



ネット上をググッてググッて、

マウスのドライバを最新にするくらいしか情報は無く・・・、でも小さく見つけました。

「マウスのプロパティで“その他”を選んで“デフォルトボタン上にポインタを移動”の項目にもチェックを入れたらOK。」

とのこと、さっそく連絡して試していただくと、解決したそうです。



この情報はDELLのサイトには無く、2ちゃんねるでお世話になりました。

  • 2008年2月8日

メール自動返信オプション

メールがおかしいのです。プロバイダはOCN。

送信も受信もできますが、そのお客様のメールアドレスにメールを送ると、送った側に自動返信のメールが帰ってきます。

件名は「[Auto Reply] I am not available 」、内容は「 しばらくメールにはアクセスできません。お急ぎの場合は電話にてご連絡ください。」

なので、皆さんから電話がかかってきます。

メールソフトには自動返信の設定はありません。



ネットでググッて見たら「eコールサービス」というサービスで、まったく同じ自動返信サービスがあるようです。

お客様にはそんなサービスを申込んだ覚えはありません。

念の為「eコールサービス」に電話して確認してもらいましたが、やはり契約は無いそうで、しかもそのメールサービスは昨年9月で終了しているとの事。

同じメッセージを使用しているサービスは存在するかと聞くと、OCN関係ならあるとのこと。

それならおそらくOCNのメールオプションでしょう。



OCNのサポートページからログインして確認すると、Mail ONの自動返信が設定されていました。

これを解除して解決です。

でも、お客様はこの設定をした覚えは全く無いそうで・・・、原因不明です。

ネットで検索しても、ログインしないと出てこないサポートページはヒットしない為見つからず、解決まで遠回り。



余談ですが、この事象をネットで検索した時に、Yahoo知恵袋で全く同じ質問があり、「ウイルスかもしれない、リカバリしてセキュリティソフトを入れなおしたら直った」という回答がベストアンサーに選ばれて解決済みになっていました。

この人はまさか本当にリカバリしてしまったのだろうか・・・。

それともあの質問も回答もおふざけなのか?

  • 2008年2月6日

マイシールドでメール受信不可

PC:東芝 Dynabook TX/66E

OS:WindowsVista

LAN:corega CG-WLBARGSX

インターネット接続:CATV

キャリア:J:COM

ISP:NetHome



買ったばかりのパソコン、自分で初期設定までやっておくつもりだったのですが、途中でわからなくなって中断してしまったとのこと。電源を入れると確かに途中から続きが始まります。

初期設定から続いてセキュリティソフトが自動的にインストールされてしまいます。

約15分待たされて、キャンセルもできません。これはちょっと迷惑。



その間に無線ルータを確認。なんだかランプがおかしいです。

電源ランプは緑点灯で正常ですが、Wirelessランプが消灯、LANポートに何も刺さっていないのに4番ポートのランプが着いて、LANランプが緑点灯、インターネットランプ消灯。

電源を入れ直しても変わらず、初期化を試みましたが初期化されません。

これはもう初期不良。



いそいで購入店に電話して頂き、状況を説明し、明らかに初期不良であることと、出張設定の訪問中であることを伝えると、「これから交換品をお持ちします!」とのこと。

よーし、えらいぞ。



その間に有線接続して、メール設定とセキュリティソフトのアンインストール及び、J:COMのセキュリティソフト「マイシールド」のセットアップ。

ここまで済んだところで無線ルータの交換品が到着。良いタイミングです。

交換すると、すんなり繋がりました。

無線接続設定がすごく簡単です。こんなに簡単じゃあ、普通の方はセキュリティの存在もわからないでしょう。

問題無ければ簡単ですが、失敗したらきっと訳がわからないでしょう。



あとは操作方法をご説明・・・、ところがメールの送受信ができません。

もうすでに送受信テストは済んでいるので、設定に間違いはありません。

「マイシールド」を入れてから?

カスタマーサポートに電話すると、やはり「マイシールド」だろうとのこと。

回避策は、メール受信サーバーの設定で、「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れ、ポート番号は995で使うようにとのこと。



初めて買ったパソコンなのに、お客様は不安になってしまったようです。

でも、私がいる間に不具合起こって良かったじゃないですか。