• 2010年4月20日

[WS011SH]ActiveSyncで同期

まず、「ActiveSync 4.5 – 日本語」をダウンロードし、インストール。
WS011SHをPCにUSB接続すると、「Pocket PC 同期セットアップウィザードへようこそ」が表示されるので、次へ進む。
同期オプションで同期する情報を選択するのだが、OutlookもMediaplayerも使わないので、ファイルのみチェックを入れて次へ。
「ワイヤレス接続を許可する」画面はそのままで次へ。
完了すると、同期が始まりました。

  • 2010年4月20日

[WS011SH]スペックと感想

知人から頂いたWillcomのAdvanced/W-ZERO3 [es] WS011SH、使用感を記録します。

私にとっては、QWERTYの入力がありがたいです。
同時にテンキーが打てるのもGood。
キーロックのON/OFFがしやすい。
ワイヤレスのON/OFFも良いです。
キーボードの分、やはり端末が大きく重いけど、作業着の胸ポケットに入ればOK。
通話用は、今のWX330Kを使い、WS011SHは無線LAN接続のモバイル端末専用にする予定。
私に取ってはゲームは不要、音楽はiPodで充分。

○ スペック
OS:Microsoft(R) Windows Mobile 6 Classic 日本語版
CPU:Marvell(R) PXA270プロセッサ 520MHz
本体メモリ:Flashメモリ256MB SDRAM 128MB(ワークエリア)
液晶:ワイドVGA(800×480ドット) 3インチ 65,536色
    モバイルASV液晶(タッチパネル/バックライト付)
通信機能:PHS(W-OAM対応W-SIM)
赤外線通信:IrDAR1.2方式/IrMC 1.1方式/IrSS 対応
ワイヤレスLAN:IEEE802.11b/g準拠
内蔵カメラ:約131万画素
カードスロット:MicroSDカードスロットx1、W-SIMスロットx1
接続端子:USB端子(USB2.0 Full Speed(12Mbps))、ACアダプター端子、イヤホンマイク端子(平型)
電源:DC3.7V 充電池:リチウムイオン端子(平型)
サイズ:(幅)約50×(高さ)約135×(厚さ)約17.9
重さ:約157g(充電池を含む。)
連続通話時間:約7時間
連続待受け時間:約500時間(電波状態ランプ消灯時)、 約300時間(電波状態ランプ点灯時)

  • 2010年4月18日

プリンタの無線LAN接続

PC:富士通 BIBLO NF/G50
OS:Windows7
プリンタ:CANON PIXUS MP640

LAN:失念
インターネット接続:ADSL
キャリア:eAccess
ISP:Dion

既存の無線LANに新しいパソコンを追加接続です。
モデムがルータタイプですが、無線ルータもルータ有効になってました。
すべてのパソコンを確認することができないので、無線ルータの設定は変更せずに追加接続しました。

プリンタ本体の無線設定は正常に完了。
パソコン側の設定をし、ネットワークプリンタの検出で見失いました。
再検索しても検出しません。
もう一度、プリンタの本体設定から無線設定の確認をすると、IPアドレスが「192.168.0.xx」になっています。
こちらの無線ルータは「192.168.11.1」。
モデムのIPアドレスは「192.168.0.1」。
これでは接続できません。
プリンタの電源を入れ直すと、「192.168.11.xx」を取得し、パソコン側からも検出し、設定を完了することができました。
ちょっと不思議な現象でした。

このプリンタは、無線の電波状態まで検査してくれます。やや不安定とのこと。
無線ルータとは確かに間に壁を挟んでいますし、洗面所が間にあります。
隣にあるパソコンは電波状態も結構良いのですが・・・。
一応、安定して使えています。

  • 2010年4月16日

OpenOfficeでXMLファイルを開く

Office2007で採用された「Office Open XML Formats」。
これを使ったzipファイルが取引先から届いたので、試しにOpenOffice Ver.3.1で開いてみました。

zipファイルのまま開けました。
文字サイズが大きくなってしまったり、A4サイズに入り切らなかったりと、やはり完全に互換というわけにはいきませんが、開ければ良いだけならOKです。

ちなみに、Office2002、2003でも、
「Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック」をインストールしておいて、zipファイルを解凍して開けば大丈夫です。

  • 2010年4月15日

HootSuiteが便利

Twitterでフォロー数が増えてきたら、この「HootSuite」が便利です。
Web上でつぶやくのはもちろんのこと、リストを管理したり、表示しているサイトについてつぶやくのにとても便利。

FirefoxのPluginもあって、見つけたサイトでつぶやきたいと思ったら、ツールバーのHootSuiteボタンをクリックするだけ。
かなり便利です。

設定などが日本語対応していないのがちょっと不便ですが、使ってみればなんとなくわかります。
Twitterアカウントを複数持っている人にはさらに便利かも。

  • 2010年4月13日

かわいいFollowMeボタン


TwitterのFollowMeのボタン、他のブログにもつけようと思いたち、せっかくだからもっといろんなのが無いかとさがしてみました。
これがかわいかった。
Twitter Buttons
↑ここで自動作成できます。
自分のホームページやブログに合わせてかわいくカスタマイズもできます。

  • 2010年4月7日

PolatwiでTwitterの背景画像をポラロイド風に

Polatwi [ポラツイ]
便利なサービスがあるものです。
簡単に、Twitterの壁紙ができちゃいました。
下手なテンプレートじゃなく、ちゃんと自分の写真をポラロイド風に張り付けてくれます。

  • 2010年4月6日

Return-Pathを偽装する迷惑メール

最近、時々メール件名・送信者・本文が空白のメールが来る。
まったく同時に7通来て、その際、Thunderbirdの受信トレイが真っ白になり、Thunderbirdを再起動すると正常になる。
ソースは↓これだけ。

From - Tue Apr 06 12:41:46 2010
X-Mozilla-Status: 0001
X-Mozilla-Status2: 00000000

添付ファイルは無いし、ウイルスメールではない。
ヘッダを見ると、Return-Pathが全部違う。
送信者も何もかも空白なのに、Return-Pathは偽装?
最近の受信サーバはReturn-Pathが入っていないとスパムとみなされるとか。
Return-Pathを偽装するウイルスはどうやらあるらしい。
まったく目的が不明ですが・・・。

  • 2010年4月4日

DELLの不良部品の所有権

DELL INSPIRONのHDD障害に伴い、お客様はDELLのサポートを受け、HDD交換を手続きされました。
既に保証期間を過ぎているので、交換作業はこちらですることにしてHDDを実費購入したとのこと。
HDDの到着後訪問の予定でした。

DELLの案内によると、

「交換されたすべての不良部品の所有権は、弊社(DELL)に帰属するものとし、通常、返却期限は出荷から10営業日以内となっております。万一、期限までに部品の返却が確認されない場合、弊社は交換部品の料金と諸費用を請求させていただく事になりますので、予めご了承ください。」
とのこと。

バックアップが取れていないのに、返却する訳にはいかないし、そもそも有償で交換用HDDを購入しただけなのだ。なんで所有権がDELLにある?
自分とこのHDDが壊れたのに申し訳ないという姿勢がまったく見られない。
そんなとこから購入しなくたって、市販のHDDで充分なのだ、そんなもんはいらん。
しかも、納期が随分と遅い。
「そんなもんはキャンセルしてしまいましょう!私が持参します」とお客様にご連絡すると、「キャンセルはできない」と言われてしまったそうな。
なのに、待てど暮らせど届かない。手違いか何かで発送されていなかった。
・・・あの、お客様だと思ってます?

で、交渉の末、故障HDDは返却不要になりました。
なぜかわかりませんが、「今回は結構です」と。
で、DELLは「HDD返却不要サービス」を始めたそうです、
料金1500円で、事前に申し込みが必要だそうです。

そんなもんはいらん。

  • 2010年4月4日

WLANmon.exe-エントリポイントがみつかりません

PC:DELL INSPIRON 6000

OS:WindowsXP SP2

「WLANmon.exe-エントリポイントがみつかりません。

プロシージャ エントリ ポイントapsSearchInterfaceがダイナミックリンクライブラリwlanapi.dllから見つかりませんでした。」

↑こんな警告が起動時に出て、OKをクリックしても数回表示され、そのうちパソコンが使用できる状態になる。

此の問題をレポートするようにとトラブルを報告するフォームが出たのでレポートを送信し
たところ、Windowsを最新に更新すれば此の問題は解決されると表示されたので、MSN
WindowsのホームページからWindowsの更新版をダウンロードしたところ、パソコンが非常に遅くなってしまった。
しかも、警告は相変わらず出るとのこと。


そして、ついにパソコン起動しなくなる。

DELLのカスタマーサポートの指示でBIOS画面を確認し、診断ツールによりハードディスク破損と診断され、交換を勧められる。

バックアッププログラムでバックアップを取ろうとしたが完了せず、強制終了になり、再起動後F8を押すと、

「次のファイルが存在しないか壊れているため、Windowsを起動できませんでした。

¥WINDOWS¥SYSTEM32¥CONFIG¥SYSTEM

オリジナルセットアップCD-ROMからWindowsセットアップを起動して、このファイルを修復できます。

修復するには、最初の画面で’R’キーを押してください。」

この時点で弊社にご依頼頂きました。
今は起動はするものの、相変わらず警告が出て2回閉じると使用できるが、すぐに再起動されるとのこと。

長くもたない様子なので、バックアップを優先し、KNOPPIXでCDより起動しバックアップ完了。

HDD交換後、再セットアップ、各ドライバインストール。

「Media Experience」「Power DVD」「Sonic MyDVD」「PaintShopProX」「Photo Album6」インストール。

WindowsUpdate、WindowsSP3にUP。

「MS-Office2003」セットアップ。

取り出したHDDのTempolaryFileから「Norton Antivirus2009」のインストーラを、MyDocumentsからプロダクトキーを見つけてセットアップ、アカウントは正常に継続。

バックアップデータコピー。

とりあえず正常に動作。

ちなみに、「WLANmon.exe」についてのエラーは下記に解説がありました。

Windows XP Service Pack 3 のインストール後、コンピュータを再起動するたびにエラー メッセージが表示される

Buffaloやcoregaの無線ユーティリティがWindowsUpdateの被害にあったみたいですね。

納品に訪問し、無線LANの設定です。
今回はクライアントマネージャを使わずに設定してOK。