• 2011年9月25日

ゴミ箱を空にできない

PC:Sharp PC-AE30L
OS:WindowsXP SP3
インターネット接続:FTTH
キャリア:KDDI
ISP:auひかり

セキュリティソフト(CANON NOD32 アンチウイルス)の更新をしようとして失敗、電源を入れると青い画面になるそうで訪問しました。
電源を入れると、確かに青い画面ですが、これはディスクチェックです。少し時間がかかりますが最後まで完了させて、その間にたくさん何かを削除していました。
終ると起動でき、不良クラスタは0。

「CANON NOD32アンチウイルス」の期限はやはり更新されていません。
でも、手続きをしたならメールで確認が来るはずなのに、それらしきメールが見当たりません。完了しなかったのでしょうか?
クレジットカード決済にしたそうですが、確かに引き落とされたかどうかも未確認です。
高価なソフトではないので、重複しても良いとのことで、正しく更新手続きをして、確認メールも受信できました。
もし、あとで確かに支払っていることが確認できたら、メーカーに問い合せて返金してもらうと良いでしょう。

ディスク容量に空きが少ないです。
不要なソフトをアンインストール。
ゴミ箱を空にしようとしましたが、空になりません。ゴミ箱を開くこともできません。検索中が延々と続きます。
ゴミ箱が壊れたかもしれません。
マイクロソフトのサポートを参考に↓
Windows XP または Windows Vista でごみ箱を空にできない 
コマンドプロンプトでゴミ箱を再生成します。

rd /s C:\recycler

ちょっと時間がかかって不安になりましたが、ちゃんと終了して、ゴミ箱が空になりました。
空にしたら、ディスク容量が2GBも増えました。

あとは、問題なさそうです。
それにしても、メモリ1GBのXPが意外と動作が軽くて使いやすいです。
これは多分、Windows7とかに買い替えるとガッカリするでしょうね。

  • 2011年9月24日

WindowsXPから7へ買い替え

パソコンの起動ができなくなったとお電話頂き、バッテリーを一度外してからつけ直して電源を入れてもらったところ、起動はできるようになったものの、すごく時間がかかるようになったそうです。
購入後7年ほどたっており、ハードディスクか基板の故障っぽいので、修理費を払って修理してもまた別の場所が故障するかもしれないと考え、買い替えをお勧めしたところ、パソコン買い替えと設置設定をご依頼頂きました。
インターネットとメールとワープロしか使わないお客様に見繕ったのはこれ。↓ 

PC:LIFEBOOK A540/CW
OS:Windows 7 Home Premium SP1 (32bit版)
液晶:15.6型HD液晶 [1366×768]
メモリ:2GB(1GB×2)
HDD:160GB
CD/DVDドライブ:スーパーマルチ

パーティション変更、C:90GB、D:46GB
バッテリー設定をバッテリーの寿命を延ばすため、80%充電モードに変更。
無線LAN接続設定。
WindowsUpdate全部完了。
「MS-OFFICE XP」Word/Excelのみインストール。

Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック」インストール。

Office アシスタントを使用するには、Microsoft エージェント 2.0 またはそれ以降が必要です。 この製品は Office System Pack に含まれています。

なんてエラーが出るので、Microsoftの修正プログラムをインストール。

これはMicrosoftエージェントがWindows7には含まれていない為発生するエラー。

WindowsLiveメールの評判が悪いので、「Thunderbird」セットアップ。
「IE」が不調になった場合のために「GoogleChrome」セットアップ。
IE9の設定変更(お気に入りやメニューバー、ツールバー回り)。
セキュリティソフト「AVG Free Edition」セットアップ。
とにかく、前と極力変わらないようにセットアップ。
壁紙も同じ画像を設定。
プリンタ設定。

ここで、プリンタの印字が黒のみ出ない。
クリーニング数回しても効果無し。がーん。
長いこと使わなかったので、プリンタのノズルが詰まったのでしょう。
クリーニングで直らなければ買い替えです。

  • 2011年9月24日

「ブレイルスター for Windows」を試す

PC:LIFEBOOK A540/CW
OS:Windows 7 Home Premium SP1 (32bit版)
メモリ:2GB(1GB×2)
HDD:160GB

点字文書作成ソフトの「ブレイルスター for Windows 体験版」をインストールしてみました。
まず、キーボードの6点入力を確認。問題無し。
ソフトインストール後、管理者権限設定を右クリック→「管理者として実行」で開き、パソコンのユーザー名とパスワードを登録。
起動するのに、いちいち右クリック→「管理者として実行」は面倒なので、常に管理者権限で実行するよう設定変更。
デスクトップ上にできたブレイルスターのアイコンを右クリック→[プロパティ]→「互換性」タブを開き、「特権レベル」項目の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック。

使い方は私にはわからないので、検証はここまで。

 

  • 2011年9月23日

フリーのセキュリティソフト「COMODO Internet Security」

最近評判の良いフリーのセキュリティソフト「COMODO Internet Security Ver.5.5」をインストールしてみました。
ネットで色々記事になってはいるものの、ホームページが変わっていてダウンロードページがなかなか見つかりませんでした。

セットアップ画面は英語で進んで、
インストール製品を選択する画面で、「Antivirus」と「Firewall」にチェックを入れて、
COMODOのDNSサービスは使わないので、「I do not want to use COMODO SecureDNS Servers.」にチェックを入れて、
あとは画面に従って完了。
再起動。

日本語パッチはここ
配布リストからダウンロードして解凍し、「C:Program Files¥COMODO¥COMODO Internet Security¥translations」に入れる。
COMODOの画面右上の「その他」→「設定」→「デザイン」を開き、言語に「日本語」を設定。
再起動。

と簡単に書きましたが、実際は再起動後、何かスタートアップとぶつかったのか、COMODOは起動せず、IEも開けず、COMODOアンインストールもできないトラブル発生。
タスクマネージャも開きません。シャットダウンできません。
仕方ないので電源長押しでシャットダウンして、電源を入れ直すと、今度はちゃんと起動できました。
データベースの更新にすごく時間がかかりました。

COMODOの設定で、「Defense+」と「Firewall」をトレーニングモードに設定。
早速ウイルススキャンを実行すると、「JWord」関係を検出してくれました。
これは「Avira AntiVir」はスパイウェアとはみなしませんでしたが、一応いらないので駆除。
「Avira AntiVir」も動作が軽くて良かったんですが、起動の度に広告が出るのがやっぱりうざかった。

しばらく使ってみます。 

 

 

 

  • 2011年9月18日

ファイヤーウォールが無効になっています

PC:富士通 ESPRIMO
OS:Windows7 SP1 64bit
Memory:4GB

PC:SHARP INTERNET AQUOS
OS:WindowsVista SP2 HomePremium 32bit
Memory:1GB

LAN:CG-WLBARGNH
インターネット接続:CATV
キャリア:J:COM
ISP:NetHome

プリンタ、USB接続からネットワーク接続に変更。

「ウイルスバスタークラウド」アンインストール。
「マイシールド」セットアップ。
「マイシールド」は韓国の「アンラボ」製品「ウイルスブロック」で、J:COMユーザーは無料で使用することができます。
Nortonやウイルスバスターに比べて動作は軽く、契約更新の必要が無いので使い勝手は良いと思います。
「INTERNET AQUOS」の方は、「ウイルスバスタークラウド」アンインストールに失敗した形跡があり、私の作業中も一度は失敗しました。
タスクバーから 「ウイルスバスタークラウド」を終了しておいて、アンインストールすると完了できました。

その後、 INTERNET AQUOSの方に、「ファイヤーウォールが無効になっています」と警告が出るそうですが、実際にはマイシールドで有効になっています。
これはVistaのトラブルでたまに見かけます。SP2では出ないと聞いていましたが、出てました。
WindowsUpdateでSP3にすると直るのかもしれませんが、このパソコンメモリが1GBしかなく、SP2でも重たいし、ビデオ録画くらいしか使わないそうなので、今回は気にしないということで良いでしょう。
今後、メモリを 増設したくなったらその時にUPできると思います。

  • 2011年9月17日

FacebookからPicasaウェブアルバムへ

これは、ブラウザがChromeならエクステンションの「Move Your Photos」を入れて、もうめちゃくちゃ簡単。
こんな画面が出るので、写真やアルバムを選択して、下の「upload」をクリックするだけ。

 

Chromeの進歩が早くて、IEがどんどん不便になっていきます。

 

 

  • 2011年9月17日

PicasaウェブアルバムからFacebookへ

Google+に関連して機能がUPしたPicasa
何と言っても下記が魅力です。

Picasa と Picasa ウェブ アルバムのヘルプより抜粋

無料の容量アップ: Google+ では写真用に無料の保存容量をご利用いただけます。その場合、写真は自動的に 2,048 ピクセルにサイズ変更されます。Picasa ウェブと同様に、15 分以下の動画のアップロードは無料です。

FacebookにPicasaウェブアルバムからインポートしてみました。
Facebookで「Picasa」で検索すると、2つ出てきます。


「Picasa Uploader」はPCに「Picasa」をインストールしてUpload。
これは、こんな風にボタンが追加される。あとは画面に従うだけ。
 

「Google Picasa Importer」はPicasaウェブアルバムから直接インポート。

 
↓ 「Proceed」で進んで、インポートしたいアルバムのURLをコピー

 


このURLはウェブアルバムの右側に出ているリンク。


↓ 「Get Album」で進んで、写真を選択


↓ 選択して「Continue」で進んで、Done!


 

  • 2011年9月15日

LAN工事しましょう

そのお客様は、メールでお問い合せいただきました。
2階にあるパソコンを1階に降ろしたいとのこと。
家の構造は鉄骨で配管の有無は不明、住宅メーカーに確認したところ、無線LANしかないのではないかと言われたそうです。
鉄骨だと無線LANも電波が届くかどうかわかりません。
最悪光に変えても良いとのこと。
1階にもMJがあるそうなので、もしかしたらモデムを1階に設置すればいいだけかもしれませんが、お客様よくわからないようだったので、訪問することにしました。
工事不可能だった場合は、無線LANの電波テストをするつもりで無線ルータ持参。

結果は、壁の中に配管があり、1階にモデム設置が可能でした。
でも、将来的に2階は子供部屋になるので、1階〜2階もLANケーブルを通線し、元々入っていた電話線も念の為残し、2階でもインターネット可能にしました。
1階のモデムからパソコンまで、部屋の反対側なので露出配線で、その途中にテレビがあり、そこでも将来的にHUBで分岐ができるようにしました。

光にしても良いと仰っていましたが、毎月の料金が跳ね上がるので、このままが良いでしょう。
めでたし、めでたしです。

  • 2011年9月7日

Windowsファイル保護

突然エラーメッセージが出るようになったそうです。

Windows ファイル保護 (WFP) Windows を正しく動作させるために必要なファイルが、認識できないバージョンのファイルに置き換えられています。システムの安定を維持するために、これらのファイルを元のバージョンに復元する必要があります。 Windows SP2 を挿入してください。

メッセージを無視して、一応パソコンは使えるようです。
ネットでググると、いくつか情報が出てきます。

Windows ファイル保護機能について
WindowsXPでシステムファイルチェッカーを実行する方法

[スタート]-[ファイル名を指定して実行]-「SFC /SCANNOW」
これをお客様にご案内しました。

完了後再起動しても、エラーは出なかったのですが、メールを開くとまた同様のエラーが出るそうです。
怪しいのは、最近添付ファイル付きで届いたメール。
削除して構わないそうなので、そのメールを完全削除して、再起動後、「SFC /SCANNOW」。
これでエラーが出なくなったそうです。

多分、WindowsVistaや7から送られたメールかと思われます。
セキュリティソフトは入っているので、おそらくウイルスではなく、Windowsメールなどから添付ファイル付きで古いパソコンにメールが来た際にトラブルになっているのかと思います。
今回は電話のみでの対応でした。