• 2014年4月30日

業務用androidタブレット導入

介護サービス会社のお客様から、タブレット導入のご依頼です。
お客様の加入する業界のシステムにタブレットからアクセスしたいとのこと。
お客様はあまり詳しくないのでiPadが良いかなと思いましたが、ASUSのアウトレットを発見。
かなりお安く2台導入しました。

ASUS MEMO PAD

ASUS MEMO PAD

システムのメーカーの営業さんと同日訪問して、設定しました。営業さんもあまりの安さにビックリ。

セキュリティはAvast!をインストール。
業界ソフトのWEB上のトップページへのリンクをHOME画面に貼り付けます。
androidタブレットとして、かなりいろんなことができますが、まずは使ってみて頂いて、徐々にアプリを導入したり、セキュリティをきつく設定していこうと思います。
お客様購入のNexus5も設定。これはASUSじゃなくてLG製でした。

Nexus5

 

  • 2014年4月25日

WindowsXP終了に伴い、Windows7にアップグレードご依頼です。

PC:富士通 FMV-A2200(FMVYNCA00)
OS:WindowsXP Pro SP3→Windows7 Pro SP1 32bit
CPU:Genuine Intel(R) CPU 575@2.00GHz
LAN:Aterm WL300NU-GS
HDD:80GB

元々Vistaで販売されていたのを、ダウングレード権でXPにしてご使用でした。
若干非力なパソコンですが、日常的にはiPhoneを使用しているので、パソコンで無ければ出来ないこと以外は使わないのです。
つまり、iPhoneの方が上。

機器自体にトラブルのないことを、富士通の診断ツールで確認。
MicrosoftのWindows7 Upgrade Advisorで対応可能かを確認。
有線LANアダプタに?がついていましたが、Windows7をインストール。
有線LANは有効になってました。

デバイスマネージャーには不明なデバイスが2つ。
「Microsoft ACPI-Compliant System」
「Intel(R) ICH9M LPC Interface Controller – 2919」

「Intel(R) ICH9M LPC Interface Controller – 2919」は、「IndicatorUtility」をインストールすれば良いとの情報があるけど、インストールしてもドライバーが当たらない事があるらしい。
こちらにお世話になりました(感謝)。

Windows8アップグレード後、不明なデバイス「Microsoft ACPI-Compliant System」を解決する方法

デバイスマネージャーから、ドライバを更新して、自動検索では見つからないので、コンピューターを参照して検索し、コンピューター上のデバイスドライバーの一覧からすべて表示し、メーカー名とドライバ名を指定してインストールする。
[Intel] [Intel ® ICH9M LPC Interface Controller-2919]
[Microsoft] [Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery]
intel ICH9M LPC Interface Controller 2919

Microsoft ACPI-Compliant Control Method Battery

セキュリティは「Microsoft Security Essentials」をインストール。

auの「LISMO PORT」を見つけたのでインストール。
携帯からiPhoneに機種変した際に、曲が移せなかったそうです。
ショップでできないと言われたそうですが、著作権の問題の無いものは携帯からパソコンにバックアップを取って、それをiTunesで読みこめばiPhoneへ移行は可能のようです。

  • 2014年4月22日

お客様からご紹介いただいて、パソコンのメンテナンスをご希望です。
主にVistaをお使いですが、Macもお持ちで、パソコンをさほど使いたくないそうです。
Macは娘さんがアメリカから送ってくださったとか。
確かにキー配列が違います。

MacBookPC:東芝Dynabook TX/65H
OS:WindowsVista SP2 Home Premium 32bit
CPU:Intel(R) Core™ 2 Duo プロセッサー P8600  2.40GHz
Memory:4GB
HDD:400GB

PC:MacBook Pro
OS:MacOS X10.7.5
CPU:Intel(R) Core i5
Memory:4GB
HDD:128GB

LAN:WHR-G54S
インターネット接続:ADSL
キャリア:フレッツ
ISP:ODN

ADSLモデムがルータタイプなのに、無線ルータでPPPoE接続設定がされているので、モデムで接続して無線機はブリッジモードに変更。
セキュリティソフトが「ウイルスセキュリティZERO」なので、「Microsoft Security Essentials」に変更。
Gmailアカウントをお持ちなので、ODNのメールをGmailで受信設定して、MacBookでもメールを使えるようにしました。
その他不要なソフトをアンインストール。

Facebookやアメーバブログのアカウントを作ってしまったけど辞めたいとのこと。
アカウント削除しました。
Twitterはアカウントを忘れてしまったようです。
長期間使わないでいるとアカウント廃止になるかもしれないので、様子を見ましょう。
WindowsパソコンよりMacBookの方がスペックが高いし、お客様の感性にあっているので、Vistaのサポートの切れる2007年までにMacBookに乗り換えましょう。
インターネットもマンションならフレッツひかりにしても良いですが、現状で困ってなければそのままADSLでも良いです。

  • 2014年4月20日

Office for Macインストール

MacBookノートパソコンを購入のご相談を受けました。
職場と自宅とで、たまには外出先で使いたい。特にPowerpointを使いたいとのことです。
今パソコンを購入するのはなかなか悩ましい。
良いのは売り切れだし、Windows8はお勧めできません。
このお客様はあまりパソコンがお得意ではありません。
色々検討して、思い出しました。
業務用にMacBookをお持ちでした。
これに「Office for Mac Home and Student 2011」をインストールすることにしました。

PC:Apple MacBook
OS:MacOS X 10.5→10.5.8

MacOS X 10.5なので大丈夫かと思っていましたが、10.5.8にアップデートする必要がありました。
正常にインストールして認証を通そうとしたら、「インストーラーに問題がありました」と出てしまいました。
仕方なくインストールをやり直してOK。
アップデート実行。
バッテリーが死んでるので購入。

Dropboxを登録して、Windowsパソコンと、iPhoneと、このMacで同期しました。
仕事のホームページを作りたいとのことなので、Google+ページを作りました。
これがあるだけでも随分違います。
いきなり、お金をかけてホームページを作るより、これでネットのサービスに慣れて、それ以上にもっとやりたくなったらホームページも検討しましょう。

  • 2014年4月19日

FMV-BIBLO MG/G73お客様の希望により、WindowsXPのパソコンを7にUpdateします。
リカバリディスクはあります。
DVDドライブが故障しているようなので、外付けのDVDドライブを使います。

PC:富士通 FMV-BIBLO MG/G73(FMVMGG73D3)
OS:WindowsXP SP3→Windows7
CPU:Intel(R)Corei3-330Mプロセッサー
HDD:320MB
Memory:4GB(2GBx2 Max:8GB)

最初に購入した交換用のハードディスクが4Kセクターモデルで、はまりました。
AFT(Advanced Format Technology)搭載のHDDに、富士通のSP適用前のリカバリディスクが対応できない。
リカバリ後に、「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windows を構成できませんでした」と出て、何度も繰り返して完了できません。
 Intel Rapid Storage Technology Driver 9.6以上のドライバが必要らしい。
USBメモリにコピーして、UbuntuインストールCDで起動してコピーしてみましたが、なぜかリカバリディスクを読み取らなくなってしまいました。

念の為、元々のHDDとまったく同じものを再度購入。
再度リカバリを試みるも、またリカバリディスクを認識しません。
これはおかしい。
試しに内蔵のDVDドライブをBIOS画面で無効にすると、正常に動作しました。

セキュリティソフトはMicrosoft Security Essentialsをインストール。
WindowsUpdateを全部実施、富士通Updateも必要なものは実施。
やれやれです。

参考:AFT 搭載 HDD へ交換後のリカバリに成功
↑こちらにお世話になりました(感謝)。

  • 2014年4月18日

NASに保存したExcelファイルをダブルクリックすると、開くのに異常に時間がかかるとのこと。
そういえば別のお客様の会社で、同じ症状を見ました。
調べてみると、あちこちで同じ障害が起こっていますね。

ネットワーク経由で Excel ブックを開く処理が遅い

Office File Validation (OFV) アドインがインストールされた Excel 2003 でネットワーク上のファイル共有から XLS ファイルを開くのが遅い

office file validation add-in

「Office File Validation Add-In」のせいです。
不正に細工されたOfficeファイルを検知するアドインで、3年前くらいからの障害らしいのですが、上記のサイトでは昨年の7月にも更新されています。
つまり、対応しきれず続いてるってこと?誤検知もあるらしい。どっちが不正だ。

法人のお客様でも、あるパソコンは修正プログラムで直ったけど、別のパソコンはダメだったりします。
「MS-OFFICE2003」はサポート終了ですが、対応不可能な会社さんだってあります。
ちなみにお金の問題では無く、業務に支障が出る問題です。
こちらで修正プログラムで解消しないパソコンは、担当者がある程度スキルのある方なので、「Office File Validation Add-In」をアンインストールすることにしました。

それにしても腑に落ちないのは、何で今頃になってこれが発生したのか・・・。

 

  • 2014年4月15日

WindowsXP終了→Windows7

HP COMPAQ nx6310WindowsXP終了でパソコン買い換えて、引退したパソコンです。
試しにWindows7を入れてみました。

PC:HP Compaq nx6310
OS:WindowsXP SP3→Windows7 Pro SP1
CPU:Intel(R) Celeron(R) M CPU 430GHz
Memory:512MB→1GB(Max:2GB)
HDD:40GB→80GB

このモデルは元々カスタマイズ可能な法人モデルなので、増設がしやすいです。
4:3のモニターってやっぱり広く見えますね。
テンキーを使わない人にはやっぱり、ワイド画面でない方が使いやすいです。
だれか使うかしら?

  • 2014年4月13日

WindowsXP終了→買い替え(Windows7)

WindowsXP終了すると聞いて量販店にパソコンを見に行ったところ、店員さんにいろいろ勧められたけどよくわからないとこちらにお電話頂きました。
このお客様あまり詳しくないので、Windows8.1がホームボタンがあるくらいではお勧めできません。
やはり、Windows7のパソコンを手配しました。

PC:富士通 A573/GW
OS:Windows(R) 7 Professional 32bit SP1 (Windows 8 Pro ダウングレード)
CPU:Intel(R) Core(TM) i3-3110M プロセッサー (2.40GHz) 
液晶:15.6型HD 
Memory:4GB (4GB×1) 
HDD:500GB

事前にWindowsUpdateを済ませ、セキュリティソフトは「Microsoft Security Essentials」をインストール。更新プログラムの構成中

前回訪問時に筆王の設定をしたのですが、お客様宅は回線がADSLの遅いコースで、ダウンロード購入にひどく時間がかかったのを思い出しました。
今回はこれもダウンロードしてインストールも済ませようと思いつき、出かける1時間前にパソコンの電源を入れたところ、「更新プログラムの構成中12%でフリーズ。

仕方なく強制終了して、WindowsUpdateやり直して1時間半かけて終わった。
お客様宅には1時間遅れで納品。

無線LAN接続設定。
ご夫婦でアカウントをそれぞれ設定。
メール設定(Thunderbird、Gmail)。
「MS-OFFICE2010 PRO」インストール。
筆王住所録移行。

  • 2014年4月10日

Windows8のセキュリティ

ウイルスバスタークラウドWindows8と8.1のパソコンを購入して、無線LAN接続はできたけど、いろいろわからないので訪問ご希望です。

まず、詐欺ソフト「InBox」が入っていますので、アンインストールして、IEを修復。
NEC Smart Updateが失敗するので修復。
ウイルスバスタークラウドが更新に失敗するので修復。
ウイルスバスタークラウドの個人情報漏洩対策で、電話番号の一部が設定されており、その為に電話番号の中の2文字が入ると、ブラウザでの登録の入力がブロックされてしまうのでした。設定自体を削除。
他のノートパソコンには「Microsoft Security Essentials」を入れておきました。

ウイルスバスタークラウドパソコン起動時にパスワードを入れるのが嫌だそうで、Microsoftアカウントをローカルに変更。
メールは2年前にThunderbirdを入れたのですが、お忘れなのでご説明。

PC:NEC PC-GV326ZZAZ
OS:Windows8.1 64bit
Memory:16GB
CPU:Corei5

PC:NEC VN770/J
OS:Windows8 64bit
Memory:8GB
CPU:Corei7

  • 2014年4月9日

WindowsXP、MS-OFFCE2003サポート終了しました

Microsoft Security Essentials

法人のお客様、WindowsXPサポート終了しました。
いろいろ再点検したところ、詐欺ソフト発見!!(T_T)
InBoxとかBabylonとか全部アンインストールして、古いホームページビルダーとかFFFTPとかJavaとか危険に繋がる可能性のあるソフトはすべてアンインストール。
そして、WindowsUpdateも全部実行。
セキュリティソフトは「Microsoft Security Essentials」を入れてあります。
これはXP向けのウイルス定義の提供が2015年7月14日まで続きます。
タスクバーのアイコンには赤いマークに☓印がついていますが、リアルタイム保護は有効、ウイルスおよびスパイウェアの定義は最新です。
OSの切り替えはさほど難しくないのですが、MS-OFFICE2003関連の古いシステムの切り替えが困難です。
OutlookExpressのアドレス帳のグループ分けにも泣かされました。 

でも、まだまだWindowsXP、MS-OFFICE2003終了サポート業務は終了しません。
出来るわけがない。