• 2014年4月6日

以前から無線LANが不安定で、前回有線LAN工事の事前調査をしていましたが、今回いよいよ工事することになりました。
引き込みの1F〜2Fは配管があり、2Fの廊下にモジュラ-ジャックがあります。
そこにLANジャックを作り、廊下からパソコンのある部屋まで露出配線工事をします。
間にドアがあるので、穴を開けました。
回線がADSLの遅いコースですし、配管もあまり太く無いので、今回はCat5eで施工しました。
これで安心です。
無線機はモデムがLANポート1つのタイプなので、HUBとスマホ用の無線機として残しました。

ウイルスバスタークラウドの契約を複数更新してしまったそうで、現在ウイルスバスタークラウドは1契約でPC3台までインストール可能なので、一つのシリアルをPCに登録し他のシリアルは以後更新しないようにしました。

auのスマホにエラーが度々出るとのこと。

スマホエラー

 

「Googleサービスフレームワーク(com.google.process.gapps)が予期せず停止しました。やり直してください。」

古いandroidスマホなので、機種変した方が良いかもしれません。
さらに調子悪くなってきたら、iPhoneに機種変検討しましょうか。

  • 2014年4月3日

4Kレグザテレビ壁掛工事

テレビの壁掛け工事をご依頼です。
購入手続きから工事、設定までを行います。
今回の工事は家電工事屋キツカワさんと2人作業です。

テレビ:東芝REGZA 58Z8X(外形寸法:幅130.6cm✕高さ85.7cm✕37.4cm)
壁取付チルト金具:FPT-TA14B

ツーバイフォーで壁はパネルになっているので、補強が必要です。
配線を隠すため、テレビの後ろと足元にコンセントを作ります。

東芝REGZA 58Z8X

 

テレビの背面はこんな感じ。

テレビ壁掛工事

作業前

テレビ壁掛工事

 

作業後

録画やその他のいろんな機能については、何をやりたいかで購入するハードディスクが違ってきます。
それによって接続するケーブルも違うのですが、壁掛けにしてしまうと後から接続が困難になるので、接続する可能性のあるケーブルは予め接続し、壁の中を通して下に出しておくことにしました。
ハードディスクはとりあえず普通に録画するタイプのみ購入して設置。
録画用HDD:東芝 CANVIO DESK HD-EB30TK(3.0TB)
これはテレビの後ろに隠れるように設置棚を作ってくれました。

今回無線ルータも交換しました。
NEC PA-WG600HP
今までのBuffaloの無線ルータの不安定さがどうにも解消されず、交換しましたが、テレビの設置位置での無線の電波レベルは充分とは言えません。
テレビでのテストでも不十分と出ますが、特に通信が途切れるとか映像が乱れるということはありませんでした。
ただ、iPadでは不安定なので、1階廊下に設置している中継器に接続することにしました。

既存の録画用NASは認識はして、接続するものの、録画してあるビデオが表示されません。
他のテレビからも表示されないので、何かNAS側に障害が起こっているかもしれません。

3D映像試聴用のメガネも購入しておきました。(東芝FPT-AG02(J))
ブロードバンドサービスも多数あり、とりあえずレグザクラウドサービスに登録して設定しておきました。
他のテレビとの連携にはレグザサーバーが必要ですが、まだこのテレビをよく勉強してからの課題になると思います。
今までのレグザリンクと操作が違います。