• 2014年5月31日

秀丸スタートメニューが引っかかった?

秀丸スタートメニューWindows8のパソコンに秀丸スタートメニューを出して使っているお客様です。
約1年が過ぎましたが、印刷ができなくなったそうで訪問しました。
コントロールパネルからプリンタ項目を出すこともできません。
ずっと砂時計状態になります。
Microsoft Security Essentialsの更新にも失敗しています。
イベントマネージャを確認すると、Word・Excelが複数回クラッシュしている形跡有り。

何か引っかかってるような感触。
試しに秀丸スタートメニューを終了させてみたところ元に戻りました。
そして、秀丸スタートメニューを開始すると、今度は大丈夫です。
再起動しても正常でした。
WindowsUpdateか何かが引っかかったのでしょうか。
サポートサイトには特にそんな情報はありません。
このまま正常に動いてくれるなら良いです。
この障害が再発した場合は、再度メニューを終了してみて頂くようご案内。

このメニューがあると無いとでは、使い勝手がまったく違います。
Word・Excelのメニューも調整。
PDFファイルを開くとタイルのアプリで開いてしまうので、デスクトップ上のReaderをインストールし、設定変更。

  • 2014年5月31日

去年、Windows8のパソコンとiPadを設定したお客様からご依頼です。
色々触っていたらMicrosoftアカウントを登録させられて、Hotmailを作るはめになり、起動時パスワードを入れなければいけなくなったそうです。
自分でローカルアカウントに戻したようですが、パスワードが外せなかったようです。
これを以前の何も入力せずに起動するように設定。

古いパソコンに入っていたトランプゲームのソリティアが欲しいとのこと。
Windows8のゲームだと、Microsoftにサインインだのとうるさい。
探してみました。
Gooゲーム ソリティア 無料ゲーム
↑ここなら何も登録せず、インストールもせず、変な広告の心配もせずに遊べます。(BGMの音量は注意)

パソコンとiPadで紀伊國屋の電子書籍サービスを使いたいそうで、案内にそって設定して行ったら、タイルのアプリがインストールされたようです。
これは私も試してみました。
まず、紀伊國屋書店のアカウントを取得。
クレジットカードの番号はまだ入力は必須ではありません。
iPad miniとNexus7でKinoppyを無料インストール。
電子書籍を購入してみました。
支払いに進むと、クレジットカード以外にポイント利用とギフトカード、それからNTTの「フレッツ・まとめて支払い」が利用できます。
フレッツパスポートIDを取得して、限度額を設定すると、限度額までNTT経由で支払いができる仕組みです。
フレッツひかりの回線接続時のみ支払い可能にすることもできます。

Kinoppy Kinoppy

  • 2014年5月28日

詐欺ソフト再び(PC Power Speed)

PC Power Speed
昨年にお客様が詐欺ソフト(OnlineVault)に契約してしまって、クレジットカードで引き落としをされてしまったのを解約手続きを取って解約できていたのですが、今月、同じ会社の別詐欺ソフト(PCPowerSpeed)の引き落とし(395円)をされてしまったらしい。
パソコンからはアンインストールしてある。
去年見せていただいた請求とは別の月のものだったか、多分自動更新。
パソコンにインストールされていようがいまいが、自動更新。
ネットでぐぐってもこれはまったくヒットしない。
去年辺りのOnlineVaultについては類似のトラブルが多数ヒットするけど、今年の395円はまったくヒットしない。
これが今年の始まりなんだろうか。
そして、同じパターンで延々と続くのでは・・・。

この「pcpowerspeed.com」、アクセスすると、自動的に「pcpowerspeed.com/ja/」の日本語ページにリダイレクトされる。
そして、それ以降何かあれば「英語で」となる。

これ、絶対日本人は泣き寝入りするって舐められてる。
PC Power Speed日本人は「カモ」だってね。むかつく。
とりあえず、クレジットカード会社に今後一切この会社の引き落としをしないよう交渉してもらうようアドバイスしたけど、簡単にすむかどうかはやってみないとわからない。
去年解約した証拠(ログ)はある。
いい加減クレジットカード会社も何か対策するべきだと思う。
英語圏に解約バイトを雇いましょうか。

  • 2014年5月25日

EPSON EP-906F突然複合機が壊れてしまったそうです。
慌てたお客様、量販店に行って後継機を購入してしまいました。
前のと同じ製品であれば、そのまま付け替えるだけで良かったのですが、後継機では別製品なので、パソコン側に再設定しなければいけません。
せっかくなので、iPhoneやiPadからも印刷できるよう設定しました。
前から課題だった迷惑FAX、今は受信拒否機能のあるものもありますから、次回はその検討もしましょう。

  • 2014年5月24日

キーボードとタッチパッドの場所

タッチパッドあるパソコンを操作していて、どうもマウスのポインタが飛ぶと思ったら、タッチパッドの場所が良くないのでした。
キーボードのホームポジションに手を置くと、どうしてもタッチパッドに手が当たります。
このタッチパッド、キーボードをタッチタイピングせず、どのキーも右手で押す人は、しょっちゅうタッチパッドに手が当たってマウスのポインタが飛びまくります。
つまり、どっちにしてもマウスポインタは飛びまくることになりますね。

マウスを接続して、タッチパッドを無効にした方が良さそうです。
マウスを接続すると自動的にタッチパッドが無効になるのが良いのですが、パソコンによってはいちいち無効にしないといけないものもあります。
これに関して、こんなトラブルがありました。
パソコンのメーカー修理を終えた後、電源を入れるとタッチパッドが反応しなかったのです。
修理担当者は、再度修理し直しになりましたが、これはタッチパッドが無効になっていたのでした。
そのパソコンは、マウスを接続するのと連動してタッチパッドも有効無効が切り替わっていたのですが、そのままシャットダウンして、マウスを外すと、パソコンの電源を入れた時も無効のままなのです。
ややこしいですね。

最近のパソコンは、以前のと違って横長です。
かつてのスクエア型4:3から、ワイド型16:9へと変わって、買い替えたお客様から結構不評でした。
ワープロを打ったり、ホームページを見る時に、縦が短いとスクロールを頻繁にしなくてはならないからです。
画面がこのサイズだと、ノート型はキーボードも同じサイズになってしまいます。
そこで、右側にテンキーが搭載されるわけですが、タッチパッドの場所はテンキーも含めて中央だと、やはりタッチパッドに誤動作がでますから左寄りになるでしょう。
このテンキーも、起動時に有効無効の設定があります。
テンキーが無効のままで、「このキーは押しても出ないから使えないんだな」と思って、ずっと使っている人もいます。

こういう違いは、パソコンを買って使ってみないとなかなかわかりません。
パソコンの使い勝手の違いは、使う側の個人差に左右されるので、一概にどういうのが良いとも言えないですが、長時間入力したり仕事に使うには、やはりデスクトップですね。

 

  • 2014年5月24日

Buffalo WLAE-AG300Nテレビ壁掛け工事をしたお客様です。
今回は録画機器(レグザブルーレイ DBR-T460)の設定。

テレビ(REGZA 58Z8X)にご自身で接続して、ブルーレイの視聴はできているそうです。
チューナー設定とネットワーク設定が必要ですが、この機器には無線LANは内蔵されていないので、前のテレビに接続していた無線コンバータ(Buffalo WLAE-AG300N)を接続しました。
残念なことに今回のテレビの設置位置が無線LANの電波が非常に悪い。
そこで、部屋の反対側のテレビに接続されている無線コンバータ(Buffalo WLAE-AG300N)に接続することにしました。
ネットワークに接続すると、なぜかNASに接続できません。
NASを再起動すると繋がりましたが、このテレビからはNASに保存されている録画は視聴できませんでした。
レグザリンクシェアで、DTCP-IP対応のテレビであれば、どちらで録画した番組でもお互いに視聴ができます。
他のテレビからも今回のDBR-T460に接続できるのを確認しましたが、録画形式が互換性がありません。
NASの録画も非対応。それとNASがもう空きがありません。
リモコンにレグザリンクボタンがありません。レグザクラウドボタンからいくつかボタンを選択して辿り着くのですが、まあ探しましたよ。

タイムシフトマシン設定をやってみます。これすごいです。録画設定をいちいちする必要がありません。つまり、設定したチャンネルと時間帯は全部録画するんです。空き容量が不足すると古いものから消去されていくのです。
本体の2TBの領域を、通常録画とタイムシフト録画用と分けるようです。
タイムシフト録画したいチャンネルと、時間帯を設定して、どんな使い勝手になるのか試していただき、気に入ってもっとチャンネルを増やしたくなったら、ハードディスクを増設するのが良いでしょう。

Dynabook東芝Dynabook T552/36GK2(PT5236GBHK)があるので、レグザリンクシェアを使えます。
バンドルソフトで「RZプレイヤーExpress(録画視聴)」「RZライブExpress(番組視聴)」「RZポーターExpress(録画持ち出し)」ができます。
タブレット(android、iOS)でもアプリの「Twonky Beam」で録画視聴と持ち出しはできます。
MHLケーブルでタブレットからテレビに出力もできるようです。

テレビの方のクラウドサービスでは、Youtube、もっとTV、TSUTAYA TV、スカパー!オンデマンド、U・NEXT、Yahoo Japan、アクトビラ、ひかりTV、T’sTVに対応。

  • 2014年5月17日

CFD CSSD-P128WJMのプチフリ現象

WindowsXP終了→SSD換装+Windows7

で、SSD換装したパソコンが頻繁にフリーズします。
細かく、数秒ごとにちょっと止まる。プチフリ現象と言うらしい。

PC:富士通 FMV-BIBLO  NF40T (FMVNF40T)
OS:WindowsXP SP3→Windows7 SP1 32bit
CPU:Intel(R) Celeron® M プロセッサー 410
Memory:2GB(1GBx2)上限
HDD:80GB→SSD:128GB(CFD シー・エフ・デー CSSD-P128WJM)

SSD

いろいろ調べてみると、SSDの初期にそういうケースがあったとか、たまに不具合があるとか、最近のものは対処済みだとか、色々あるような無いような・・・。
で、このSSDに関してプチフリがあったという情報も特に無い。
これ今年の4月販売になった商品ですから、「古い」タイプの障害とは考えなくて良いと思います。

SSDのプチフリ対策 – WindowsXP用(感謝)

SSDのプチフリの原因

で、上記のサイトを参考に色々設定を試してみました。
ひとつひとつやって効果があるかを確認したところ、
「ディスクの書き込みキャッシュを無効にする」というので、解消されました。

Cドライブ右クリック→プロパティ→ハードウェアタブ→SSDを選択してプロパティをクリック→ポリシー 「ディスクの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外す。

効果は無かったけど、「仮想メモリを使用しない」というのはいいかなと思うので設定しておきました。

マイコンピュータを右クリック→プロパティ→詳細タブ→パフォーマンス→詳細設定→仮想メモリを開き、 「ページングファイルなし」にチェック。

 

  • 2014年5月17日

パソコン+iPad mini+Kindle+AppleTV

パソコン買い換えと、iPad miniと、Kindleと、AppleTVを購入ご依頼です。

vaioPC:Sony VAIO Fit 15E(SVF1531GAJ)
OS:Windows7 Pro SP1 64bit(Windows8ダウングレード)
CPU:インテル Core i5-4200U プロセッサー
HDD:500GB
Memory:4GB(Max8GB)

無線ルータ設定(PA-WG300HP)

Vaioのビジネスモデルです。
お手紙が入ってました。
ちょっと胸にぐぐっと来ましたよ。
いろんな分野で撤退とか珍しくは無いですが、こんなお手紙を見たのは初めてです。
今後のVaioを暖かく見守りたいと思います。

iPad mini:刻印入りiPad mini Retinaディスプレイモデル Wi-Fi 128GB – スペースグレイ
AppleID再取得。
携帯もiPhoneに機種変の予定があるそうで、タブレットやスマホの画面をテレビに映したいとご相談を頂きました。

HDMI変換アダプタでも良いですが、iPhoneも購入するならAppleTVがオススメという事で、AppleTV購入と設定。

KindleKindle Paperwhite(ニューモデル)も購入です。
開封してみるとすでに電気が入っているみたい。
ほとんど文庫のイメージ。
やっぱり良く出来ていると思います。

Dropboxを設定して、パソコンからでもiPad miniからも、将来的にはiPhoneともファイルのやりとりができるようにしました。

  • 2014年5月17日

Vista不調→パソコン買い替え(Windows7)

パソコン(HP+WindowsVista)の調子が悪いそうでご相談いただきました。
スペック不足やVistaが遅いのであれば、いろいろ増設してWindows7にUPするのも良いかと思うのですが、電源コードの接続口の接触が悪いらしく、なかなか充電が始まらないとのこと。その修理はちょっとお金をかけたくない。
HPは電源関係とバッテリーの故障が多いような気がします。
国内生産なのに、なぜか部品が・・・。

今回のパソコンの用途はお仕事で、プレゼンテーションにも使いたいとのことなので、持ち歩けるノートパソコンの中古購入をご提案しました。
Panasonic Let’sNoteの中古では珍しくリカバリ領域があります。

CF-S9KWEJDS

PC:PANASONIC Let’snote S9 CF-S9KWEJDS
OS:Windows7 Pro SP1 64bit
CPU:Intel Core i5_M520(2.40GHz)
HDD:250GB
Memory:2GB

画面が小さいのでディスプレイを別途購入します。
モニター:BenQ 21.5型 LCDワイドモニタ GW2255HM

訪問してみると、確かにHPのVistaはメモリを8GBも積んでるとは思えない動作です。
ずっとファンが全開です。多分何か具合が悪いのでしょうけど、追求するほどの価値無しとみなします。

新しいパソコンは事前に果てしなくWindowsUpdateを実行。
GoogleChromeインストール。
セキュリティソフト「Microsoft Security Essencials」インストール。
「MS-OFFICE2010 Home & Business」インストール。
「Skype」インストール。
メール設定はGmailをアカウント取得して、Gmailでプロバイダのメールを受信設定。
Facebookで間違ってアカウントが2つできてしまったそうなので、いらない方を削除。
その他データ移行。

「WindowsLiveメール」がインストール済みで、使用しないのでアンインストールしようとしてもなぜかできません。
「プログラムと機能」にある「WindowsLiveおすすめパック」でアンインストールまでいくが、一覧に何も出てこない。
手動で[wlarp.exe]を起動してもダメ。
ネットでググるとMicrosoftのサポートサイトに削除ツールがあるとのこと。

Windows Essentials のアンインストール方法
Windows Essentials アンインストールツール

これでアンインストールできました。
でも、これ意外とぐぐっても出てこないんです。

  • 2014年5月17日

パソコンの調子が悪いとのこと、忙しくて時間の調整が難しいので、宅配便で送っていただきました。

パソコンの電源を入れて、起動するものの、砂時計がずっと回っていて操作ができません。
HDDはセーフモードでは起動します
Diagnosticsをかけると、ハードディスクにエラーが出ました。
パソコンを買い換えるのは今は良くない。
修理するにしても、あまり高く付くとDELLはつまらない。
そこで、SSDに換装することにしました。
320GBのハードディスクですが、実際に使用しているのは50GB程度。
容量の多いものはまた高額になるので、180GBのSSDにしました。

SSDPC:DELL Vostro 1015
OS:Windows7 Proffesional 32bit
Memory:2GB
HDD:320GB→SSD:180GB(Intel Boxed SSD 335 Series 180GB)
LAN:Pocket WiFi D25HW

パソコンからHDDを取り外し、SSDにクローン作成したいのですが、それも失敗すると大変なので、UbuntuパソコンにUSB接続して、必要なデータはバックアップ。
そして、私のWindows7のノートパソコンにHDDとSSD両方を変換ケーブルを使ってUSB接続。
Intelの「Data Migration Software」では、コピー元パーティションよりコピー先がサイズが少ないとコピーできないので、クローンツールの「EaseUS Partition Master」を使って、データをコピーする。
ウィザードを実行すると、全部自動でやってくれる。
約1時間。

SSD

コピーが終わって、パソコンに付け直して、電源を入れると・・・、
正常起動ヽ(`▽´)/

やっぱし、早い。
メモリ増設は不要でした。