• 2015年7月16日

パソコンが起動できなくなったそうで訪問しました。
スタートアップ修復になって失敗して、回復オプションが出ているようです。
リカバリされては困るので、中止してシャットダウンして、一旦電源コードとバッテリーを外し、再度電源を入れ直すとWindowsの更新を時間をかけてやって起動できました。

システムの復元、イベントビューアを確認すると、7/15の夜のWindowsUpdateの後起動できなくなったことがわかりました。

スタートアップ修復 システムの復元

  • 2015年7月15日

Windows Server 2003サポート終了

今日、7/15でWindows Server 2003がサポート終了しました。弊社のお客様でもお使いの会社さんがありました。
WindowsXPとOffice2003のサポート終了の際に、これも念頭に入れて対応してきました。販売管理ソフトが古くて、Windows7以降には対応しておらず、サポート終了後どうするか相談の末、同ソフトのクラウド版に乗り換え、データを移行していただき、サーバー機は先月のうちに、早めにLANケーブルを外して、うちであまってた小さなモニターをつけて、スタンドアローンにしていただき、どうしても過去のデータを見たい時のみ、単独で起動して見る。絶対にUSBメモリなどは接続しないことにしました。

  • 2015年7月13日

NASのハードディスクが故障したお客様、ハードディスクを交換すれば良いのですが、これを機会に買い換えることになりました。
今のNASを導入した時は、比較検討するほどの製品が無かったのですが、今は良い製品が出ています。

最近人気の「QNAP」、自分でハードディスクを選んで購入し、組み込みます。
初心者向けでは無いかもしれませんが、どうせ私が設定するのなら同じこと。
拡張性も高くて気に入っています。
こういうNASを導入しながら、会社の業務に合わせて、フォルダやアクセス権を設定するのは、業務の効率化や社員のセキュリティへの意識を向上させるのにも役に立つと思います。

  • 2015年7月10日

パソコン4台ある中で、1台のみウイルスクリアの更新ができなくなりました。
更新ツールも接続できません。IPV6がNG?
有線LANでなら更新できました。
このパソコンのみ無線LAN接続でしたっけ。
無線アクセスポイント(BuffaloWHR-G301N ブリッジ接続)を電源を入れ直すと接続可能となりました。
そういえば、たまにこちらは無線が繋がらなくなり、その度無線機の電源の入れ直しをしています。
無線機のファームウェアは最新です。
次回は無線機も買い替えましょう。

  • 2015年7月7日

突然NASトラブル

NASからエラー通知メールが来ました。
メールには「緊急ではありませんが・・・」とあったけど、すぐに緊急事態になった。
自宅から遠隔でパソコンを操作し、NASの状態を確認すると、一応データはコピーできそうなので、全データをパソコンにコピーを試みました。
すると、なぜか一番重要なファイルがコピーできません。
なぜか、ウイルスクリアがウイルス検出して、せっかくコピーしたファイルをどんどん削除します。
ウイルス感染はおかしい。誤検出と思われます。
とにかく、翌日訪問して、恐る恐るウイルスクリアを無効にすると、ほとんどのデータはバックアップできましたが、一番重要なEXCELファイルだけがコピーできません。コピーしようとすると、NASが落ちます。
ちょうどこの重要なファイルの部分がエラーになっているみたいです。
どうにもならないので、NASをお預かりしました。

さんざん悩んで、ふと気がついたのがNASのフォルダ内のゴミ箱。
中にEXCELファイルのtempファイルがたくさんあります。
その中でサイズの大きい物の拡張子を「.xls」に変更すると、元のEXCELファイルになりました!
このゴミ箱、ソフトによっては上書き保存する度に既存のファイルをゴミ箱内にtempファイルとして作るらしい。
普段は迷惑だったけど、そろそろゴミ箱いらないかなと思ってたけど、なんと今回は救われました。