• 2016年4月29日

回復ドライブ中古のWindows7パソコンをWindows10にアップグレードして、DVDでシステム修復ディスクと、USBメモリで回復ドライブを作成しました。
回復ドライブにはシステムファイルを含めて3.03GBとか3.11GBでした。
作成に2時間くらいかかったかも・・・(時間を測るのを忘れました)。
さらにシステムバックアップを取ると完璧なのですが、それにはUSB接続のハードディスクを購入する必要があります。
DVDで作成はなぜか失敗します。
うちはデータはすべてNASに保存していて、データ自体は500GBのNASで半分も使っていないのですが、Windowsのシステムバックアップはサイズが200GB以上にもなるので、NASに保存するかどうか迷います。

つくづくWindowsというのは面倒なOSです。

  • 2016年4月27日

中古で購入したPanasonicレッツノートをWindows10にアップグレードしました。
Panasonicのサポートサイトによると、この機種はWindows10サポート対象外です。
Windows 10 アップグレード情報

PC:Panasonic CF-B11(CF-B11JWCYS)
OS:Windows7 Pro 32bit→Windows10 Pro 32bit
CPU:Core i5 3320M(Ivy Bridge) 2.6GHz/2コア
HDD:250GB
Memory:4GB

WindowsUpdateでエラーが表示されます。

コード 8007000E

コード8007000E

Microsoftのサポートサイトでは↓
Windows Update エラー 80070008 または 8007000e
で、複数の言語パックが・・・とありますが、日本語しか使用していませんしまったく該当せず、未改善。
セキュリティソフトもインストール前ですし、メモリも少なくありません。

さらにググって見つけた情報(感謝です!)、
WINDOWS UPDATE 8月分 8007000E
WindowsUpdate(ウインドウズアップデート)のエラー8007000Eが出て更新プログラムを更新できないときの対処事例(Windows7)

先にKB3050265をインストールする必要があるとのこと。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352
これでWindowsUpdateを進めることが出来ました。
本当に、普通のユーザーの皆様にはいつもお世話になります。

果てしないWindowsUpdateを丸一日かけて進めます。

WindowsUpdate

Windows10アップデートのアイコンがタスクバーに出ました。
アップデート前に、システム修復ディスクを作成し、システムイメージのバックアップを取っておきました。

そして、Windows10にアップグレード。
SDカードのドライバがWindows10アップグレードと互換性が無いようでアンインストールされました。

Windows10 プログラム互換性アシスタント

無事、Windows10になりました。
このままではSDカードが使えないので、ドライバーを探します。
これもネットでググるとヒットしました(感謝!)。

Windows10 にアップグレードした Let’s note NX2(CF-NX2LEABR)で SD カードを読み書きできるようにするには,Realtek サイトからドライバとリーダーをダウンロードしてきてインストールするといいらしい.

Realtek のサイトから

「Card reader driver for XP,Vista,Win7,Win8,Win8.1,Win10」
「USB smart card (CCID) reader driver」
をダウンロードし、インストール。
これでSDカードが使えるようになりました。

「PC-Diagnostic Utility」で正常動作を確認。

PC-Diagnosticユーティリティ

システム修復ディスク作成、回復ドライブ作成。
あとは、お客様宅での設定になります。

  • 2016年4月25日

レッツノートお客様からのご紹介で、パソコンの購入と設定をご依頼です。
今買うならパソコンはWindows10です。
トラブルの少ないパソコンを選ぶならPanasonicです。
妙な安物を買うくらいなら中古のほうがはるかにマシです。
Panasonicで、1台は新品で、2台は中古にしました。

PC:Panasonic CF-LX5
OS:Windows10 Pro 64bit
CPU:Core i5 6200U(Skylake)2.3GHz/2コア
HDD:500GB
Memory:8GB

まず、Microsoftアカウントではなく、ローカルアカウントで設定。

Windows10の初期設定では、簡単設定はいろんなものがネットに勝手に繋がってしまうし、Microsoftに個人情報を送ってしまうのでカスタマイズで必要最小限に設定します。

「SmartScreen オンラインサービスを使って、Windowsブラウザーまたはストアアプリが読み込む悪意のあるコンテンツやサイトのダウンロードから保護することが出来ます。」

↑これだけオン。他は全部オフ。
Cortanaを使いたい場合は、音声認識、手書き入力、入力の個人用設定をオンにする必要がありますが、それはユーザーが判断すれば良いので、最初から何もかもオンである必要はありません。
もちろん、後からオフにすることもできますが、それぞれ設定場所が別らしく面倒です。

リカバリディスク作成、DVD-R3枚、50分ほどで完了。これは一度だけしか作成できません。
つまり、リカバリディスク紛失したり、傷ついてしまったら、有償で購入かメーカーで初期化しなきゃいけません。
どうして一度だけしか作れないようにしたんでしょう?
転売防止でしょうか?

タッチパッドはマウス接続時は自動でOFFに設定。
GoogleChromeインストール。

  • 2016年4月25日

Windows10で写真の取り込みができない

デジカメ写真の取り込みができないそうで訪問しました。
おや、Windows10になっています。
勝手になったかな?お孫さんがやったのかもしれません。
MicrosoftアカウントがJ:COMメールでログインになっています。
いろいろ変わったので、わからなくなってしまったようです。
ファイルの場所は元の場所で変わっていなくても、設定が変わればわからなくなります。

PC:富士通 FMV FH77/UD
OS:Windows10 Home  64bit
CPU:インテル(R) Core(TM) i7-4712MQ
Memory:8GB
HDD:約2TB

Gimp写真はSDカードからの取り込みで、My Cloudプレイが起動しますが、よくわからないようなので、見慣れた「Windowsフォトビューアー」が起動するように設定変更。
写真の編集をするのに、「JTrim」「Gimp」をインストール。
昔Photoshopを購入していらしたのですが、ソフトが新しいOSに対応しなかったので、Gimpをご紹介していました。
それと、一番簡単な写真加工ソフトの「JTrim」もインストール。
昔、私が講習会で使ったテキストをお分けしました。
Gimpは20周年Ubuntuでも使っていますし、JTrimは2007年以降更新がありませんが、Windows10でも使えています。
どちらもすごい。

それにしても、Windows10で使いにくいアプリの上位3位に入りそうなのが、「フォト」と「メール」です。
このパソコンはWindows10アップグレード対象ですが、メーカーのサポート情報によると、たくさん注意事項があります。
GoogleChromeでプリンターの値段を確認しようとしたら、ショッピングサイトは見れない制限がされてました。

  • 2016年4月25日

Panasonicのネットワークカメラ「BL-C131」をQNAP NAS「TS-120」で監視設定してみました。
カメラは無線LAN接続、IPアドレスは宅内ネットワークで固定。
外出先からもカメラの画像を見る為にダイナミックDNSを設定。
我が家は、ASUS提供のサービスを使います。
これはASUSの無線ルータを購入すると無料で使えるサービスです。

※ 参考
DDNSの設定方法

QNAP NASにはカメラ画像や動画を監視する「Surveillance Station」があります。
WEBで設定できるので、パソコンにインストールなどをする必要がありません。
複数のカメラを好きなレイアウトで表示できます。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ

時間帯を指定して、カメラに動くものを検知すると録画を開始し、メールで通知します。

ネットワークカメラ

このNAS(TS-120)では、録画チャンネル2つが無料で使用でき、つまりカメラ2台まで無料で録画できます。
それ以上は1チャンネル59.99$(約6,706円)で最大8チャンネルまで接続可能。

カメラの画像や動画はスマホアプリ「IP Cam Viewer Lite」でも見れます。

Surveillance Station IP カメラ互換性一覧

 

 

 

  • 2016年4月20日

GoogleChromeとLiveメール起動不可

新規セットアップしたばかりのパソコンでトラブルです。
4/15の夜からGoogleChromeとWindowsLiveメールが起動できません。
GoogleChromeは「ページが反応しません」、WindowsLiveメールは「Windows Liveメールを起動できませんでした。正しくインストールされていない可能性があります。ディスクの空き容量とメモリが不足していないことを確認してください。(0x80041161)」と出ます。

WindowsLiveメール

無線LANは接続していますし、IEではインターネットは正常にできます。
他のパソコンは正常です。
ChromeやLiveメールを開こうとするとパソコン自体が激遅になり、タスクバーにセキュリティソフトやあるべきアイコンがありません。
お客様の仰るようなChromeやLiveメールだけのトラブルではなく、Windowsがトラブっているように見えます。
セーフモードで起動して、もう一度再起動すると、今度はタスクバーにセキュリティソフトも出て、GoogleChromeやLiveメールも起動出来ました。
想像ですが、WindowsUpdateで何かひっかかったのでは無いでしょうか?

その後、WindowsLiveメールで4/15受信のメールが削除できないそうですが、削除できなくても気にしなければ差し支え無いので、次回伺った時に対応することにしました。

  • 2016年4月18日

CloudreadyDELLに続いてNECのVistaパソコンにChromeOSをインストールしてみました。
今回使ったのは、Cloudready

PC:NEC LaVie LL750/M(PC-LL750MG)
OS:WindowsVista Home Premium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU 2130MHz
HDD:160GB
Memory:2GB

このパソコンはBIOSで設定を変更する必要があります。
[詳細]-[USBレガシー機能]を「使用する」

最初はDELLと同様に、USB起動では起動できましたが、HDDにインストールは「CloudReady Installation in Progress」からなかなか先に進みませんでした。
別の日に気を取り直して再度試みると、無事インストールできました。
差し込むUSBの口を変えてみたのが良かったのか・・・???

CloudreadyChromebookが出来上がりました。
取扱説明書はありませんが、ヘルプに解説があります。
プリンターはUSB又はネットワーク接続されているパソコンでクラウドプリンターの登録をすれば、ChromeOSのパソコンからもネットワークプリンターとして印刷できます。
「chrome://devices/」
あとはGoogleChromeで使っている拡張機能が使えます。
パソコンの詳細を確認するには、拡張機能の「System」が便利。
このスペックで、ネットもメールも、Youtubeもまったく問題ありません。
ただ、起動にやや時間がかかります。

  • 2016年4月14日

auのADSL終了

FTTHau one netのADSLご利用のお客様、ADSLサービス終了のお知らせが来たそうで、FTTHに乗り換えるのか、乗り換えるとしてどこを契約するのかご相談です。
以前にKDDIの事前調査を受けた時は、壁の中の引き込みが不可能と言われたそうです。
いろんなところから勧誘が来るそうですが、お客様はあまりネットをつかっておらず、メールをたまにするくらいです。

私の提案では、とにかくトラブルの少ない事が最優先。
NTTフレッツ光+BBExcite+ひかり電話を契約して、メールアドレスはGmailに切り替えることにしました。

2年ぶりに伺ったお客様ですが、パソコンが本当にきれいです。
ああ、使ってないんだなぁ・・・という感じ。
せっかくなのでメモリを上限まで増設しておきました。

FTTH工事は、エアコンの穴を通してもらうことになりました。
もしかしたら私が穴を空けることになるかも・・・と思って準備してましたが、大丈夫でした。
メールアドレス変更を知り合いに通知するのが難しいそうなので、その場でアドレス帳の全員宛に、BCCで一斉メールでお知らせを送りました。
ついでにテレビにもLANケーブルを接続してアクトビラを見れるようにしました。
せっかく光になったんだから、使いましょうよ。

  • 2016年4月13日

お引越しをしたお客様のFTTH引き込み工事に立ち会い、電話・LAN・TVの工事及び設定をしました。
電話機も機種の提案と購入をして、事前にパナソニック デジタルコードレス電話機「VE-GD72DL-W」を購入して持参しました。
最近の電話機は、迷惑電話対応機能や録音機能が充実しています。

こちらのマンションは今までVDSLで光を引き込んでいたようなのですが、NTTはVDSLの新規申し込みを終了しており、ギガマンション(光配線)での契約となりました。
プロバイダは最安のBBExcite、メールはとりあえずauのメールアドレスをプラン変更で継続しましたが、以前のように2〜300円では済まないそうで、もったいないので徐々にGmailに移行することになりました。
引っ越しからFTTH工事まで少し期間があったので、ホームページを見てメールをするくらいできるよう、モバイルルータをお貸ししました。

ひかり電話なので、ルータとパソコンと複合機(FAX付)と、電話機をそれぞれLANケーブルと電話線で接続しなければいけません。
ルータと電話機は近くなのですが、パソコンと複合機(FAX付)が別の部屋です。
これは前の住まいの時も同様で、LAN・電話の配線工事をしました。
途中にテレビがあるので、テレビのところでLANをHUBを経由させておきました。これは、将来的にテレビもLAN接続すると思われるためです。

LAN工事

LAN工事
テレビが映りません。
すべて接続はしていますが、「接続されていません」とメッセージが出ます。
前の住まいからそれほど遠くない場所で、同じ市内です。
おかしいと思ったら、テレビの視聴設定をやりなおす必要があったのでした。

壁に穴を空けてLAN配線をし、モール施工で仕上げました。
電話は一つの番号でFAX兼用ですが、普段あまり使わないので、まず複合機に接続して、複合機から電話機側への戻し配線をしています。
電気のコンセントも数が少ないので、7つ口でコードの長いものを購入し、予め家具の後ろを通しておきました。

今回は、いろいろと訪問してみないとわからない事が多かったので一人で全部やりましたが、さすがに疲れました。
本当はBSアンテナ工事もしたかったのですが、マンションの位置が悪く無理でした。

  • 2016年4月10日

ChromeOSWindowsVistaが来年終了します。
お客様の買い替えも進んでいますが、今回は不要になったWindowsVistaのパソコンにChromeOSをインストールしてみました。

PC:DELL Studio 1555
OS:WindowsVista HomePremium SP2 32bit
CPU:Intel(R) Core(TM)2 Duo P8700 3MB L2キャッシュ, 2.53GHz, 1066MHz FSB
Chipset:Intel PM45+ICH9M
Memory:4GB
HDD:500GB

今までに何度かChromeOSを試してみましたがまだまだでした。
今回は問題ありません。
ChromeCastを購入していますが、それと同じです。
テレビへもhtmlで出力できています。
USBメモリから起動することもできますし、パソコンにインストールも、デュアルブートも可能です。

Vistaからの買い替えで、ネットとメールしかやらないなら、これはお薦めです。
・・・と思ったら、USB起動では起動できますが、HDDにインストールは「CloudReady Installation in Progress」から先に進みません。
残念・・・。

※ 2016/4/19追記
NECでインストールに成功し、試しにDELLも再度試したところ、これも成功しました。

※参考(感謝!!)
neverware
古いノートPCをChromebookとして復活させてくれるアプリ『CloudReady』
VaioTypePにChromeOSをインストールしてみた
「CloudReady」で古いPC/MacをChromebookに